楽天の来季監督はGMの石井一久が監督になるそうです。


最終手段で来ましたね。


平石を首にして子飼いの三木を監督にするも成績が落ち責任問題になりましたが、三木は複数年なので首には出来ないし、2軍監督に降格させたら新監督も選手もやりづらいだろうということで、監督より格上のGMである石井が監督をやることになったのでしょう。


これで結果が出なければ流石に石井も首でしょう。


楽天は嫌いですが、話題性の面では面白いですね。

来季は今以上に楽天には勝ちたくなりますね。


面白くなってきました。

来季が待ち遠しいです。





ただ采配は未知数ですが、舐めてかからない方が良いです。



楽天はオーナーのワンマン球団なので、実際GMの石井にどこまでの権限があるのか分かりませんが、

選手からしたら自分の契約を決める責任者に直接アピール出来るのでモチベーションは高まるでしょう。


来季、試合で活躍しなくてもベンチで盛り上げ役をやる楽天の選手がいたらその選手は絶対契約を意識してる選手です。



注目しましょう。




石井が監督をやるとなると、

元ライオンズ勢は張り切りそうですね。


特に涌井、岸、牧田はライオンズ時代から石井組でしたので、監督のためにと頑張るでしょう。




岸なんかはすぐにどこかしら痛くなる選手ですが、来季は無理してやろうとするかもしれませんね。


元ライオンズ勢が張り切ることで、楽天生え抜き組と溝が出来て内部崩壊してくれたら楽なのですが。。。

石井は無駄にコミュ力高いのでどうでしょうか。


私は1軍の首脳陣には分析力とコミュニケーション能力が必要だと思ってます。



石井にはコミュニケーション能力があります。

もし分析力に長けたコーチが入閣すると非常に厄介ですね。



しかし、

今後、楽天ライオンズを加速させないためにも来季は絶対楽天に大幅に勝ち越して、楽天ライオンズにした元凶の石井に引導を渡しましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク