来季も「特例2020」適用により、1軍登録29人→31人、ベンチ入り選手が25→26名です。




今シーズンの辻監督の総括でも書きましたが、





根本的な解決にはなりませんが、

選手の調子を見極めた起用をする、既存戦力の最大化を行えば、選手層の薄さを今よりはカバー出来ます。


今季は、特例2020が適用されても、辻監督は1、2軍の連携やベンチ入りマネージメントがあまり上手くないので、特例のメリットを活かせませんでしたね。




今年は、投手10人、野手16人での一般的な運用が多かったですが、辻監督は控え野手をあまり使わないですし、ライオンズはスタメン野手と控えの差が大きいので、控え野手は万が一の保険や休養日用という位置づけです。




正捕手森がスタメンなら怪我以外での途中交代は考えづらいので、


来季は、中継ぎ負担も考えて状況によっては第3捕手をベンチ外にして、投手を増やした柔軟な運用をしてもらいたいです。





ライオンズは、先発の実力不足に加えて、辻監督、西口コーチも心配性ですぐに変えたがるので、

先発が早期降板することが多く、中継ぎ投手の枚数が必要です。

 


今年は、

先発1人、勝ちパの増田、平良、森脇の3人、同点や僅差のビハインドで投げる投手はギャレット、平井、宮川で3人、左で小川1人、大差で投げる投手は田村など2人の合わせて10人が基本でした。

基本はこれで良いです。



しかし、

先発をすぐに降板させてしまうので、今シーズン中盤から後半にかけて、中継ぎ負担がかなり大きかったので、あと1人投手をベンチ入りさせるべきでした。


もしくは、早期降板した先発は中5日で登板させるなり投手運用に工夫が必要でした。



ベテランは別ですが、特に終盤、先発不足でブルペンデーを行ったり、中継ぎの負担がかなり増えているのに、


中6日も空けて、5回も投げられない先発投手に、また中6日空ける必要はなかったです。


中継ぎがよく潰れなかったと思います。




あと1人入れるなら、

十亀や榎田を先発させずに2軍に置いておくくらいなら、第2先発的な役割でベンチ入りさせても良かったです。



中継ぎは、先発に比べて評価されづらかったり、酷使による怪我で何年もできなかったり過酷なポジションです。
 

勝つために必要な酷使は良いと思ってますが、必要以上に頼らないように柔軟にベンチ入り選手をマネージメントして欲しいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク