今季のライオンズ打線は、秋山の幻影を追いかける1年でした。



記事では得点圏打率を上げたいとのことで、確かにそうですが、数字を見れば源田はよくやったと思います。



本来は9番辺りを打たせたい選手ですが、今季も3割を超える打率に本塁打もあるトップバッターありきの打線を継続させようとしたため、2番源田が機能せずに、繋がりのある打線になりませんでした。



ソフトバンクのように、相性や調子に合わせて1番を代えていく柔軟な打線を組めれば良いのですが、辻監督は打順を固定したがるので厳しいですかね。


ソフトバンクは柳田を中心に打線を考えています。



ライオンズにも森、山川というリーグ屈指の打者がいるので、2人を中心に打線を考えれば出来ない事ではないです。





金子、源田、外崎、栗山辺りで相手や調子に合わせて1番を決めて、

森、山川の前にランナーを出せる打線の構築を考えて欲しいです。



辻監督が柔軟な打線構築にむかないのであれば、1番は外崎が良いです。


9番に金子が入るので、源田と並ばせると非力になるので、長打もある外崎を挟みたいです。



今季は若手のお試し枠的な感じで若手を1番に入れましたが、一番多く回ってくる打順ですし、1番だけ浮いていて打線になってなかったので、若手は下位に置きたいですね。



源田には打撃もレベルアップしてもらいたいですが、相手に与える怖さがありません。




源田を1番にするなら2番に怖さのある森を置くなど、

秋山の代わりを探すのではなく、1、2番はセットで考えてもらいたいです。


ライオンズはソフトバンクと比べて選手層が薄いですが、スタメンのレベルはそんなに変わりません。


打順の組み合わせ次第では、しっかりソフトバンクとも戦えるので来季も辻監督の手腕に期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









スポンサードリンク