予算の少ないライオンズにとっては貴重な外国人枠は、来季もニール、ギャレット、メヒア、スパンジー、あと多分新外国人投手で行くようですね。


今年苦しんだ打線を担う外国人野手は、スパンジーとメヒアです。



スパンジーは良く言えば意外性、悪く言えば不安定な打撃です。


シーズン中、チャンスに強い時期もありましたが、あの打撃がシーズンの半分くらい出来れば、大きな戦力です。


波が大きいので、安定させるために今年の経験を活かしてもらいたいです。


守備力が低く不安定なのですが、外野よりもサードの方がマシなので、中村との併用でサードの起用メインで行きたいですね。

期待するのは打撃です。



シーズン中に成長する姿を見せてくれた外国人なので、来季は開幕から期待させて欲しいですね。





メヒアは人気もあり、ライオンズの功労者です。


が、戦力としては余剰人員になります。


貴重な外国人枠をメヒアに使うくらいなら、本気で優勝を目指すなら、同じ年俸で良いので外野を守れる外国人を獲って欲しかったですね。



ポジションは山川のいるファーストか、中村、栗山のいる指名打者です。



なので、貴重な外国人枠をバックアップで使うことになりますね。


代打がメインになると思われますが、あまり向いてはないです。



日本で長くやっているので、弱点も露呈しています。

アウトローです。



攻略法があるので、間違えなければ抑えやすい打者です。


また、解説者からはメヒアはポイントが近いので、もっとポイントを前にすれば打てると言われてましたが、今更打ち方を変えることはしないと思われます。





外国人がちゃんと守れる外野手なら金子、木村がライバルなので固定起用も出来たのですが、メヒアとスパンジーだと山川、中村、栗山といった打線の軸になる選手たちと併用になります。




来季は選手の使い方が非常に大事になってきます。


辻監督の腕の見せ所になりますね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




スポンサードリンク