野球はエースと4番とよく言われています。


ライオンズで言えば、高橋光成と山川穂高です。



当然、2021年のライオンズは、この2人の出来にかかってきます。


高橋はエースとして勝てる投球を、山川は4番として勝ちに導く打撃


が出来れば、上位に行ける可能性も高まります。








エースと4番が表のキーマンなら、裏のキーマンは、

中継ぎと外野手です。





昨年は、中継ぎの頑張りで2位争いに残る事が出来ました。


中継ぎは負担の大きいポジションなので、毎年活躍するのは難しいです。


それでも、増田、平良、森脇、ギャレット、宮川と昨年同様のパフォーマンスが出来、表のキーマンの活躍があれば、今年も上位争いが出来ます。


中でも期待したいのは、平井が担っていた勝ちに繋げるための便利屋枠を、新たに担う投手です。



ライオンズは打線のチームなので、火がつけば、1イニングでの大量得点も可能です。




最後まで試合を諦めないためにも、望みを繋ぐ投手としては、

田村に期待したいです。







打線では、サードと外野手が課題ですが、中村、スパンジーでサードを回せれば、打線の迫力は維持できます。



スパンジーをサードに専念させるためには、若手外野手が出てこなければいけません。


期待してるのは、高木です。



守備難ですが、打撃に魅力があります。


フェニックスリーグでは、あまり活躍出来ず、キャンプでもA班に抜擢されながらも、状態が良いとは言えません。


今のままなら、山野辺が追い越しそうです。







優勝するためにはストロングポイントを伸ばし、ウィークポイントを減らして行きたいです。


ライオンズは打線のチームなので、迫力ある打線が組める様に、若手の飛躍と辻監督の柔軟な打線の組み方に期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク