昨日のイースタンでは、調整登板した今井が昨年までの悪癖だった、シュート回転するストレートによる制球難を露呈してしまいました。




今年はオープン戦でもここまで悪くなかったので、心配にはなりますが、


本人の試合後コメントでは、

変化球やクイックの調整を課題として上げていました。







これだけ荒れたストレートを投げながら、本人も分かっていない訳はなく、開幕もすぐなので、とりあえずは、


シュート回転するストレートとは付き合いながら、変化球で切り抜けていくという事だと思われます。




軸となるストレートを修正だろとも思いますが、悪いとこではなく、良いところに目を向ければ、




昨年と比べると、変化球、特にスライダーが良くなり、本人曰く、速いスライダー、遅いスライダーと2種類のスライダーも投げます。合わせて、カットやチェンジアップなど、

キレのある変化球主体の投球をすれば、それなりにローテーションピッチャーとして投げられます。




ストレートの制球は投げてみないと分かりませんが、

筋トレの効果もあり、150キロを超えるストレートが常時投げられます。


今井は、変化球のキレ、ストレートの速さと昨年より成長をしています。





2軍相手だと、シュート回転する乱れた制球のストレートでも、速さもあり抑えてしまいますし、


チーム事情や今井のポテンシャルの高さから、1軍で先発として投げながら修正していく事になると思われます。





いずれは、ストレートを思うようにコントロール出来るようにしてもらいたいですし、

出来るようになれば、日本球界屈指の投手になれる素材です。





昨日は乱れていましたが、オープン戦では、良かったですし、投げてみないと分からないと思いますが、

リードする森が、ストレートが駄目なら、どう対処するのかという所も大事になってきます。



今井、森のバッテリーでまずは開幕2カード目の日ハム戦を戦ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







スポンサードリンク