2021年シーズンの開幕1軍メンバーが決まりました。



キャンプからA班でアピールした選手に加えて、オープン戦で結果を出した選手が選出されました。





投手は森脇の離脱がありましたが、オープン戦を戦ったメンバーがそのまま選ばれました。

ギャレットが間に合ったのが大きいです。

オープン戦で、結果を出した佐野の使い所も注目ですね。








野手は、サードの佐藤、ユーティリティ&ムードメイカーの熊代が外れました。


サードに関しては、中村が間に合った事もあり、実績のある佐藤よりも、ロマンのあるブランドンを選びました。




外野は、2軍で打撃好調だった西川が滑り込みで1軍入りです。ライオンズは打ち勝たなくてはいけないチームなので、西川の打撃は戦力となります。



内野のバックアップ&ムードメイカーの山田、内外野を守れる山野辺の2人が熊代の代わりでしょうか。



山野辺よりも、呉の方が打撃の状態は良さそうですが、キャンプからA班で頑張ってきた山野辺を選びましたね。


辻監督は代打をあまり使わないので、結局はどちらを選んでも同じかもしれませんが・・。




ルーキーの若林、ブランドンも開幕1軍です。

おめでとうございます!!


しっかりアピールすれば選ばれるという流れは、良いですね。


後は、選んだはいいが、まだ伸びしろのあるルーキーを、ベンチの置物にならないように出番を作ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク