本日より2021年シーズンの開幕です。


ライオンズはギャレット以外の外国人が不在、経験の浅い先発ローテーション、森脇不在の中継ぎ、主力野手の調整遅れといった懸念材料があります。





その中で、

ライオンズが優勝するためには、打線の復活が必要です。



森、山川という球界を代表する打者を活かすためにも、

1、2番を担う打者の活躍は必須です。


個人的には、外崎に担ってもらいたいですが、オープン戦は打撃の状態が悪かったです。

当面は、金子、源田、鈴木辺りが担う事になると思いますが、出塁率にこだわって何とか塁に出てもらいたいですね。




基本は金子、源田、鈴木で回す形になるでしょうが、ソフトバンクのように、中軸は固定して、調子や相手の投手に合わせて、日替わりの1、2番でも良いのですが、

そこまでの戦力層があるか、辻監督が柔軟に出来るかという問題もあります。




戦力層に関しては、若手の覚醒が必要ですので、辻監督は、特に若林、ブランドンといった伸びしろのあるルーキーを、ベンチの置物にせずに使ってもらいたいですし、


今期こそは、

1、2軍の入れ替えも含めて、選手の調子、相性をデータで見て、既存戦力を最大化出来る采配を期待してます。





今期を集大成と位置づけている辻監督ですが、


暗黒期のライオンズを変え、結果を出している監督ですので、結果を出して来季以降も続けられるようにしてもらいたいです。




予想オーダー


1金子(中)
2鈴木(左)
3森(捕)
4山川(一)
5栗山(DH)
6外崎(ニ)
7中村(三)
8木村(右)
9源田(遊)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








スポンサードリンク