昨日の試合は今井達也のワンマンショーでした。



5回117球2安打8三振7四死球無失点


初回からストレートが荒れてはいましたが、平均球速152キロと、物凄い球を投げ続けました。




ライオンズのエース候補と言われて数年、ポテンシャルの高さは分かってはいますが、

なかなか殻を破れない姿に、やきもきしながらも、やはり気になり、

今井に関しては、特に何度もブログで書かせてもらいました。


下の記事内にも、過去記事リンクを貼ってるので、良かったら読んで下さい。






今年は、球速と変化球のキレが成長しています。


昨日の試合でも、その成果が発揮されました。



昨年までは、四球を出してから崩れる投球が多かったですが、

球数は増えましたが、四球を怖がらずに、物凄いストレートを投げ続けた姿は、大きな成長だと思ってます。



昨日は右打者にはストレートを5割、スライダーを4割程度投げたのに対して、左打者には8割近くストレートを投げました。


捕手の森は、外中心のリードをしますが、今井はストレートがシュート回転するので、左打者なら外に逃げますが、右打者の外に投げると真ん中に入るリスクを考えた結果だと思います。

今井の球を良く理解したナイスリードでした。


今年はスライダーが良いので、頼れるボールがあると言うのも大きいですね。






ライオンズは優勝を目指しているので、

シーズンは結果が大事です。


結果的には、独り相撲と言われるかもしれませんが、無失点でもあります。


四球を怖がらずに投げ続けられた事は、自信として、さらなる飛躍を期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






スポンサードリンク