本日は、ライオンズ今井達也、オリックス山本由伸との同学年対決です。


甲子園優勝投手は今井です。


現状は、山本由伸に差をつけられていますが、今井も負けないポテンシャルを持っていますので、頑張りたいです。






本日のスタメンは、

20210421_180145


栗山が5番でスタメン復帰です。

不調の中村は休ませずに、4番サードでスタメンですね。



【結果】

今日の山本由伸は全体的に球が高めで、手も足も出ない投球ではなかった事もあり、8安打放つも、

2対4で敗戦です。


いつもなら同点なら、7回から勝ちパを投入するライオンズ首脳陣なのですが、今日は今井と心中した試合でした。

負けは悔しいですが、今井がここまで成長してくれた嬉しさと、これを今後の糧にしてほしい期待もある試合となりました。






【投手】

今井

7回106球7安打4三振2四球4失点

MAX159キロのストレートを投げるなど、いつも通り力強いストレートを投げてましたが、今日はスライダーが多めの投球でした。

今井の場合は、球威があるのでゾーン内で暴れる分には問題なく試合を作れています。

今日はスライダーが多かった事もあり、抜け球も少なく、山本由伸に負けない投球をしていました。


最後、宗にカーブをホームランされましたが、悔いが残る一球です。

多分、今井以上に森が悔いを感じているでしょう。



宮川

1回18球2三振無失点

今日は変化球主体の投球でしたが、良い投球をしました。カーブで目線を上げて、高めのストレートでファールを打たせて追い込み、最後は低めのフォークで三振というお手本のような流れでした。




【野手】

源田が3安打。

今年は若林、源田の1、2番が頑張っています。

中村に久しぶりのタイムリーも出ました。



最近はミスショットが増えた中村ですが、期待するのは長打です。


若林、源田の活躍で、出塁、盗塁とチャンスメイクはしてくれますが、長打がないので得点が伸びません。



中村は不調ではありますが、今日の内容は悪くはなかったです。



今のライオンズ打線に連打を求めるのは酷なので、長打の期待が出来る中村の復活が待たれます。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



















スポンサードリンク