埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: FA

岡田雅利捕手が、FAを行使してライオンズに残留する事が決まりました。


20211130_122212




3年契約を結び、生涯ライオンズ宣言も出ました。



ライオンズが好き、他のチームに行く事は考えられなかったと、ファンにとっては嬉しいコメントもありました。







チームにとって必要な2番手捕手です。



面倒見の良い性格からも、将来的には指導者としての道も考えられるため、このままライオンズを支える存在で居てもらいたいです。



森友哉からは、残るのは当たり前だと言うような事を言われたそうですが、森もライオンズに残留する前フリであってもらいたいです。



岡田は残留するからには、来季からも戦力として活躍してもらいたいです。



攻守共に負担の大きな森を、首脳陣が安心して休ませる決断が出来るように、打撃も向上させたいです。




守りは岡田、打撃は柘植と言う風潮がありますが、岡田は柘植程長打を打てる訳ではありませんが、確実性は岡田の方がありますし、状況に合わせたケースバッティングが出来れば、打線の中でアクセントになります。




来季はもう少し試合出場が増えるように、コンディションを整えてもらいたいです。




岡田が試合に出れる状態をシーズン通して維持してくれれば、柘植と合わせて1軍捕手は安泰ですので、ルーキーの古賀捕手をじっくりファームで育成出来るのも大きいです。






後は、森友哉の複数年契約が結べるかです。


森にとっての精神的な助けになる岡田の存在は、残留に向けてポジティブ要素ですので、岡田も森の残留に一役買ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











今季FA権を取得した岡田捕手の、残留報道です。





FA行使の可能性や、ソフトバンクが調査などの報道もあり、不穏な空気も流れましたが、残留の報道です。





本人は、西武が好きでこのチームで優勝したいと、ファンとしては嬉しいコメントをされたとの事です。


今季は監督人事など、スポニチの報道に振り回される事もありましたが、この記事は本人に取材したみたいなので信じたいですね。



(追記)

栗山と岡田のやり取りからも残留で大丈夫ですね。








岡田が残るのは朗報です。

来季も捕手のバックアップの心配はなくなりました。


岡田捕手は性格的にも面倒見の良い選手ですし、まだ早いですが将来的にはおそらく指導者としてチームに貢献出来る人材です。


ライオンズは予算内編成なので、条件は高すぎなければ良いのですが、長くライオンズに貢献してもらいたいです。


チームへの貢献度も高く、将来的に指導者の道もあり、正捕手森と信頼関係を築いている岡田捕手の残留は、ただの2番手捕手の残留以上の効果はあると思います。



これで来季は、ドラ3古賀捕手をじっくり育成出来ます。





後は、正捕手森の複数年契約です。



森の良き相談相手でもある岡田の残留で、森もライオンズに残る選択をしてもらえればラッキーですが、どうなるでしょうか。



浅村の時は仲の良い熊代が居ても出ていってしまいましたが、ライオンズが優勝するためには森は浅村以上に欠かせない人材です。


条件は勿論のこと、岡田選手にも森の残留に手を貸してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














2021年のパ・リーグは、オリックスバファローズが制しました。

20211027_213450

優勝おめでとうございます。

25年ぶりです。イチローがいた頃以来ですね。


山本由伸、吉田正尚と言う投打の柱が居ながら勝てなかった数年間でしたが、ライオンズOBでもある中嶋監督が就任し、ファームで育てた若手選手たちが大きく飛躍したシーズンでした。


ライオンズ的には、オリックス銀行と呼ばれた貯金カードがなくなり、逆の立場となってしまった事は悔しい所です。



来季は巻き返したいですが、

今季FAを取得したライオンズ岡田捕手が、FA行使を視野に入れているとの報道です。









勝手に岡田は残るものだと思っていましたが、貴重な第2捕手であり、ムードメーカーであり、犠打のスペシャリストである岡田の流出は避けなくてはなりません。



FAの場合、本来はタンパリング禁止ですが、実際は常態化しているので、宣言してから悩むことはないです。



本当に宣言するようなら、おそらくチーム関係者は分かっていたと思うので、ドラフトで即戦力捕手を獲得したのは、岡田流出に備えた補強でしょう。





正捕手森の良き相談相手でもあるので、岡田にはライオンズに残ってもらい、森の残留にも一役買ってもらいたいです。


また、万が一森が怪我をした場合、第2捕手の岡田がいれば、守備面のみなら大きくチームを壊さずにいられるので、貴重な存在です。




獲得調査しているソフトバンクが本気で来れば、金銭的には勝てません。


ライオンズは限られた予算内で編成するので、マネーゲームまでする必要はありませんが、面倒見の良い岡田なら、将来的に指導者やスタッフなどの仕事でも戦力になると思われますし、引退後の雇用などの条件を出して太刀打ちしたいです。



ソフトバンク以外にも、ロッテやオリックスも大ベテラン過ぎずに戦力として使える経験のある捕手は欲しいでしょうし、セ・リーグなら第2捕手としてもっと需要はあると思います。



補償が不要のCランクですので、FA行使されると残留は難しいです。


渡辺GMは、正捕手森の複数年契約が最優先ではありますが、岡田の流出阻止にも誠意を持って臨んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ライオンズでは、FA補強の可能性は低いですがゼロではないので、今季のFA注目選手をあげます。





Screenshot_20210919-083836~2




大瀬良を獲得したら、足りない先発ローテが1枠埋まります。


山崎を獲得すれば、平良の先発転向により、ローテも勝ちパも埋まります。


宮崎を獲得すれば、中村の後継者問題が解決します。



あれもこれも足りないので、取れるなら取りたいですが、ソフトバンクや楽天のような金満球団ならともかく、ライオンズには無理です。




又吉はCランクなので可能性もありますが、最近はCランクでも年俸が高騰しますし、ライオンズはFA交渉があまり上手くないので難しそうです。



今までも、FAに参戦していない訳ではなく、小谷野や福田には参戦しましたが負けています。



タンパリングは禁止されていますが、実際はお抱えのマスコミを使って、シーズン中から接触していますので、交渉時にはある程度決まっていると思われ、ライオンズにはあまり縁がないですね。




現実的には、岡田の残留交渉が最優先で、残りの補強はドラフトと外国人になると思います。


今季の低迷は、選手の不調や辻監督の采配と言うよりも、主力の流出ペースに育成が追いついて居ないというのが原因だと思います。




菊池が去った後のエースとして見込んでいた、多和田の離脱という想定外はありましたが、適切な補強をしなければ来季も苦しい展開になってしまいます。



まだまだシーズン中なので、諦めるには早いですが、万が一このまま行けば、おそらく今季のチームの低迷の責任は辻監督が取らされると思います。




数年前の田辺政権のように迷走していれば、監督を変える事でチームも変わるかも知れませんが、現状は、戦力が足りていないのが低迷の一番の理由ですので、球団も責任を感じてもらいたいですし、来季は適切な補強が出来るようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





















ライオンズファンお馴染みのFA問題の話です。



森、山川、外崎、源田といった主力選手のFAが近づいています。この4人はFA取得の時期も近いことから、金銭的にも全員の残留は難しい可能性もあります。


片岡、栗山、中島、中村の時と状況は似てますね。



あの時は、栗山、中村に全力慰留で、片岡、中島は流出やむなしの判断をしました。



ただ、片岡はセ・リーグの巨人入りが噂されていましたし、中島はメジャー志向でしたので、対戦しない分いくらかましではありました。


しかし、今はライオンズコレクター石井一久のいる楽天が確実に手を出してくるので、敵となる可能性があります。




コロナ禍により西武グループは金銭的にも厳しい状況です。




金がないなら環境と情に訴えるしかありませんが、

渡辺GMのコミュニケーション能力と、残留した栗山、中村の高待遇を見て、残りたいという気持ちが強くなる事を期待したいです。






岸や浅村のように、昨日まで応援していた選手を突然嫌いになる事はライオンズファンとして、とても悲しい事ですので考えたくありません。

 


当然、全員残留の道を考えたいと思いますが、



もし全員は残せないのであれば、好き嫌い抜きに、戦力的にポジション別貢献度を見ても、


森、源田、外崎、山川の順に残したいです。




その中でも、捕手では12球団No.1の貢献度の森友哉は残したいです。




個人的には、

森には、ソフトバンク柳田や、ヤクルト山田クラスの大型長期契約を提示してもらいたいと思っています。



捕手は育てるのが難しいですし、外国人で補えません。




森が残れば、捕手の心配はなくなりますし、捕手というポジションはベテランになればなるほど、経験が活かされるポジションでもあります。



万が一、怪我などで捕手が難しくなったとしても、あの天性のバットコントロールは唯一無二ですし、戦力には変わりないです。




まだシーズン中ですし、ここからの反撃も信じてはいますが、

チームとしては2年連続で得失点差がマイナスになる可能性があります。




勝敗に大きく影響する、この得失点差の改善は必須課題です。




ただ、


チームを強化するにも、中心なき組織は機能しません。




今のライオンズは投打共に森のチームです。



森という投打の要を軸として、足りない戦力を獲得、育成、強化していく道を進みたいです。



球団としても、ライオンズでは今までにない、大型長期契約を誠意として見せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















↑このページのトップヘ