埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: FA

ライオンズでは、FA補強の可能性は低いですがゼロではないので、今季のFA注目選手をあげます。





Screenshot_20210919-083836~2




大瀬良を獲得したら、足りない先発ローテが1枠埋まります。


山崎を獲得すれば、平良の先発転向により、ローテも勝ちパも埋まります。


宮崎を獲得すれば、中村の後継者問題が解決します。



あれもこれも足りないので、取れるなら取りたいですが、ソフトバンクや楽天のような金満球団ならともかく、ライオンズには無理です。




又吉はCランクなので可能性もありますが、最近はCランクでも年俸が高騰しますし、ライオンズはFA交渉があまり上手くないので難しそうです。



今までも、FAに参戦していない訳ではなく、小谷野や福田には参戦しましたが負けています。



タンパリングは禁止されていますが、実際はお抱えのマスコミを使って、シーズン中から接触していますので、交渉時にはある程度決まっていると思われ、ライオンズにはあまり縁がないですね。




現実的には、岡田の残留交渉が最優先で、残りの補強はドラフトと外国人になると思います。


今季の低迷は、選手の不調や辻監督の采配と言うよりも、主力の流出ペースに育成が追いついて居ないというのが原因だと思います。




菊池が去った後のエースとして見込んでいた、多和田の離脱という想定外はありましたが、適切な補強をしなければ来季も苦しい展開になってしまいます。



まだまだシーズン中なので、諦めるには早いですが、万が一このまま行けば、おそらく今季のチームの低迷の責任は辻監督が取らされると思います。




数年前の田辺政権のように迷走していれば、監督を変える事でチームも変わるかも知れませんが、現状は、戦力が足りていないのが低迷の一番の理由ですので、球団も責任を感じてもらいたいですし、来季は適切な補強が出来るようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





















ライオンズファンお馴染みのFA問題の話です。



森、山川、外崎、源田といった主力選手のFAが近づいています。この4人はFA取得の時期も近いことから、金銭的にも全員の残留は難しい可能性もあります。


片岡、栗山、中島、中村の時と状況は似てますね。



あの時は、栗山、中村に全力慰留で、片岡、中島は流出やむなしの判断をしました。



ただ、片岡はセ・リーグの巨人入りが噂されていましたし、中島はメジャー志向でしたので、対戦しない分いくらかましではありました。


しかし、今はライオンズコレクター石井一久のいる楽天が確実に手を出してくるので、敵となる可能性があります。




コロナ禍により西武グループは金銭的にも厳しい状況です。




金がないなら環境と情に訴えるしかありませんが、

渡辺GMのコミュニケーション能力と、残留した栗山、中村の高待遇を見て、残りたいという気持ちが強くなる事を期待したいです。






岸や浅村のように、昨日まで応援していた選手を突然嫌いになる事はライオンズファンとして、とても悲しい事ですので考えたくありません。

 


当然、全員残留の道を考えたいと思いますが、



もし全員は残せないのであれば、好き嫌い抜きに、戦力的にポジション別貢献度を見ても、


森、源田、外崎、山川の順に残したいです。




その中でも、捕手では12球団No.1の貢献度の森友哉は残したいです。




個人的には、

森には、ソフトバンク柳田や、ヤクルト山田クラスの大型長期契約を提示してもらいたいと思っています。



捕手は育てるのが難しいですし、外国人で補えません。




森が残れば、捕手の心配はなくなりますし、捕手というポジションはベテランになればなるほど、経験が活かされるポジションでもあります。



万が一、怪我などで捕手が難しくなったとしても、あの天性のバットコントロールは唯一無二ですし、戦力には変わりないです。




まだシーズン中ですし、ここからの反撃も信じてはいますが、

チームとしては2年連続で得失点差がマイナスになる可能性があります。




勝敗に大きく影響する、この得失点差の改善は必須課題です。




ただ、


チームを強化するにも、中心なき組織は機能しません。




今のライオンズは投打共に森のチームです。



森という投打の要を軸として、足りない戦力を獲得、育成、強化していく道を進みたいです。



球団としても、ライオンズでは今までにない、大型長期契約を誠意として見せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















ちょっと前ですが、元巨人の上原がFAに関する持論を述べました。

裏切り者扱いするのはおかしいとか、メジャーみたいに自動FAにするべきだという内容でした。



このツイートに対して、

楽天浅村の妻が「100億いいねをしたい」とコメントしたことで炎上してしまったとの事です。



ライオンズファンが浅村を裏切り者扱いするのでそういうコメントしたんだろうと思った方から、批判のコメントが多数送られたのだと思います。


うちも大変だったんですよーみたいな感じですしね。

当然炎上しますよね。




FAに関してはそれぞれが自分の立場で持論を展開してます。



元選手の上原からしたら選手目線の発言ですし、浅村の妻は、浅村が裏切り者扱いされてるのを心配しての発言でしょう。



しかし、

FAは選手の権利ですが、応援や批判をするのもファンの権利です。



ファンは選手の活躍に一喜一憂します。

なのにFAに関しては、感情を押し殺せと言うのは選手ファースト過ぎです。


選手もファンあってのプロ野球と言うのであれば、ファンの権利を無視するのは良くないですね。



移籍して批判されても、しょうがないと思えないメンタルならそれまでの選手です。



個人的には浅村本人は批判されてるからこそ、一昨年はライオンズ戦で頑張ったように思います。


正直浅村には良い感情はありませんが、言葉ではなく野球選手としてプレイで示すのが筋ですし、そのくらいの図太さは必要です。



今年はコロナ渦によりどの球団も経営が悪化してますが、一律に減らすことはしないという選手会の意見が通りました。


選手の力が強くなるのは良いことですが、



ファンに対しても選手ファーストにならないようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






FA申請が締め切りました。

今年は、ヤクルト山田、中日大野、西武増田と大物が残留という結果となりました。




特にヤクルト山田や西武増田は移籍が濃厚と思われており、移籍先として楽天入りがシーズン前から囁かれていた中での大逆転残留でしたね。

今年は複数年が功を奏したFA戦線でもありました。





FA宣言した中では、

ヤクルト小川が注目されます。



報道では残留交渉では4年8億程度との事です。


悪い条件ではないですが、このくらいなら資金力のある球団以外でも参入してくる球団があると思います。

報道では珍しく日ハムが調査との事です。



4年10億くらいの提示をするんでしょうかね。


巨人が来れば、金銭的にも環境的にも巨人でしょうね。




我がライオンズは、DeNA井納に興味という記事が出ましたが、


多分行かないと思われます。




増田が残留しましたし、後は外国人を取って終わりそうです。


戦力はあって困ることはないので、井納でも小川でも取れるなら欲しいですが、支配下枠の問題もありますし、予算の問題もあります。



特に予算は、今後控える主力野手のFAの事も考えないといけないので、FA獲得するなら必須の複数年はきついですね。


増田残留は守護神補強したのと同じなので、後は足りない部分を外国人やトレードで補強したいです。

足りないのは中継ぎ左腕です。



小川が手術しましたし、そもそも小川は対左に強い訳ではありません。


斎藤大や武隈、佐野にも期待はしたいですが、対打者というよりも自分の投球をするのに精一杯です。

即戦力を考えるなら外国人獲得を急いで欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








増田の残留が正式に決まり、生涯ライオンズ宣言も出ました。


主力投手として生涯ライオンズとなるのは西口以来ですね。


ファンの心もぐっと掴みましたので、後は体のメンテナンスを整えて長く活躍してもらいたいです。





以前のライオンズはFA取得選手に対して、シーズン終了後まで交渉はしないという球団でした。




他球団はFA取得選手に対して、タンパリングは禁止ですが、実際はマスコミを使いアプローチをしているそうです。


選手からしたら、良い条件でシーズン中から熱心に誘ってくれる他球団と、シーズン終わるまで話をしないライオンズでは流出も当たり前です。



記事にもありますが、渡辺GMになってからは対話重視でシーズン中から話すようになりました。





今回はそれが功を奏したと記事にありますが、もちろん対話重視は大切ですが、

増田に関しては4年12億という条件が良かったのだと思います。





マネーゲームになればもっと出す球団はありますが、今年はコロナの影響もあり、どの球団も経営が厳しいです。



増田にしても、

普通の感覚を持っていれば、12億は妥当、年齢的にも4年は大盤振る舞いだと分かるはずですし、このまま残れば引退後の面倒も見てもらえます。


他球団が取りに行きづらい、絶妙な条件提示をしたと思います。





渡辺GMになってから、秋山はメジャーに行きましたが、増田、金子、十亀と残留させました。

大変なのは再来年からです。




2022年オフの外崎、2023年オフの森、山川、源田のFAに対してどうやって残留させるか今から動いて欲しいです。



個人的には、チームとしても個人としても結果の出なかった今年こそ、長期の複数年を結ぶチャンスだと思っています。

FA取得前年に複数年を結ぶ事が多いですが、前例のないことをやることが誠意になると思います。



マネーゲームでは勝てないので、増田にしたような絶妙な条件提示とコミュニケーションに加えて、ライオンズとして前例のないことを選手にして欲しいですね。



それで無理なら銭ゲバ選手だったと諦めます。




渡辺GMも再来年から大変なのは分かっていると思うので、どんな手を使うのか期待します。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ