埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

10.19メットライフドームの日ハム戦は、松坂大輔のラストゲームです。



試合前には、引退会見が行われました。



引退は、今年のキャンプのブルペン練習中に、何の前触れもなく、右打者の頭付近にボールが抜けた事が大きかった様です。



右手の痺れが影響して、指先の微妙な感覚がコントロール出来なくなっての事です。



晩年は怪我との戦いと話していましたが、満身創痍の中、本当に頑張りました。本人も批判されても諦めずにここまでやってきた自分を褒めたいと話していましたが、最後まで松坂大輔としてマウンドに立つことを目指してくれた事は、ファンとして感謝したいです。



家族の話になると涙も見せました。引退後は、家族との時間を増やすとの事です。

今回の引退試合の注目度を見ても、松坂大輔の存在感は別格です。野球界のトップに立った事も、怪我をしてドン底を見た事もある稀な選手です。



野球界に恩返ししたいとも話をされていたので、その経験を活かして、

いずれはライオンズに指導者として戻って来てもらいたいです。



20211019_144802







会見後には、先発として日ハム戦に登板しました。

全5球、最速は118キロでした。


四球でしたが、この状態でもストライクが入りましたね。今日の投球からも、満身創痍が伝わりました。剛速球はもう投げられないけど、マウンドに立ったヤクルト伊藤智仁の引退登板を思い出しました。



この状態でもファンのために、マウンドに立ってくれた事に感謝です。


Screenshot_20211019-182010~2





試合終了後には、グラウンドを1周しファンに挨拶をされました。



そして、最後は松坂大輔がプロとして育った、ここ所沢のマウンドに挨拶へと行きました。


Screenshot_20211019-214942~2




チームメイトや松坂と縁のある日ハム選手たちが集まり、松坂をマウンド上で5回胴上げを行いました。


Screenshot_20211019-215401~2





12月4日に行われるライオンズサンクスフェスタにも参加をされるようなので、ファンへのメッセージはまたそこで聞けそうです。



ナイターですし終電もあるのでと、引退セレモニーはファン感でと松坂は話していましたが、西武鉄道を使ってメットライフドームに行くという流れを理解した、最後までライオンズっ子でした。




今ではパ・リーグも人気リーグとなりましたが、松坂が入団した頃は、まだまだパ・リーグは人気が低く、テレビでは巨人戦ばかりの時代でした。



松坂がライオンズに入った事で、パ・リーグの注目度も上がり、ライバルたちと切磋琢磨し、パ・リーグ各球団の努力もあり、魅力的なリーグになりました。



実績だけでなく、一野球選手としてもプロ野球界に多大な貢献をしてくれました。


プロに入り23年間、その前からもずっと注目されていましたので、本当に長い間お疲れさまでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














ライオンズは、伊藤翔投手がトミー・ジョン手術を行った事を発表しました。






今季はシーズン序盤は中継ぎとして、1軍で戦力にもなりました。


一時的でしたが、球速も150キロを出すなどキレの良い変化球と共に、シーズン序盤は好調でした。


結果は出ませんでしたが、先発不足から、中継ぎで好調だった伊藤が先発に回ることもあり、今季の飛躍に首脳陣からも期待をされていました。


ただ、その後制球難に加えて、球の力も落ちていき降格となり、イースタンでも打ち込まれる事が増えました。


イースタン後半には、徐々に腕を下げて投げるようになり、最終的にはサイドスローくらいの位置から投げるようになりました。



サイドスローになってからは、球速も140キロを切るようになり、制球もまだ改善されていないので、心配でしたが、肘を痛めていたようです。


ないとは思いますが、

制球難克服のためのあえてサイドスローなら良いのですが、肘の痛みから腕が下がりサイドスローになってしまったでは、管理的にも良くないです。





トミー・ジョン手術ですので、来季は絶望、復帰は再来年となります。




しっかりリハビリすれば、元通り投げられるようになる手術です。



人によっては、手術後の方が球速が上がる人もいます。

個人的には、伊藤翔はキレの良い変化球を投げられるのが長所の、変化球投手だと思っています。



ただ、その変化球を活かすにも基本となるストレートがあってこそです。サイドでも140キロ以上は出したいです。


復帰後も本格的にサイドスローに転向するなら、平井のようにスライダーを活かす投手として、活路を見い出したいです。


結婚もして、家族のためにという思いもあると思いますが、まずは焦らずにリハビリをして、復帰後は100%の力が出せるようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















松坂大輔投手の引退会見が19日に決まりました。








心身ともに疲弊している事から、先延ばしされていましたが、メンタル的には会見に臨めるようになったと言う事でしょう。



晩年は体が言う事を聞かなくなり、昨年行った頸椎の手術後には痺れが取れないと言う、プロ野球選手にとってはトドメとも言える体の状態です。


長い間、ライオンズだけでなく、プロ野球界に貢献してくれたレジェンドです。



体はしんどいと思いますが、松坂大輔さえ良ければ、球団を上げて引退セレモニーを行い、出来ればマウンドで投げる姿を見せてもらいたいです。






会見では、今後の事にも触れると思います。



ライオンズに残ってもらいたいですが、今の所そういった情報はなく、どちらかと言えば残らないと言う風潮です。







ライオンズは、首脳陣の進退発表はシーズン後です。


来季からは2軍監督が空く見込みですが、まだ1軍はシーズンを戦っていますので、そういった発表はなさそうです。



監督でお客さんを呼ぶ時代ではありませんし、名選手が名コーチになるとは限りません。


ただ、時代のトップを走ってきた松坂大輔が経験してきた事は唯一無二です。



ライオンズに残り、指導者への道を進んでもらいたいです。



(追記)



19日、日ハム戦の先発をすることになりました。





体はボロボロだと思いますが、ファンのために投げてくれて有り難いです。


プロ初登板も東京ドームの日ハム戦でしたが、今でも鮮明に思い出せます。テレ玉も急遽放送しましたし、テレビに釘付けで見てました。



球団の計らいもあり、19日の日ハム戦は、

この日限定で松坂大輔は背番号18を付けてマウンドに立ちます。



今季は苦しいシーズンとなっている、宮川哲の話題です。




今季の振り返りも兼ねて、現状の様子について宮川にインタビューがありました。







今季はフォーム修正が上手く行かずに、不安を抱えながらシーズンを迎えました。



シーズン中も、試行錯誤しながらの日々で打たれる事も増え、解説者からもフォームを指摘される事もありました。



9月に入りフォームはしっくり来ていると言うことですが、イースタンではあまり良い投球を見せていません。




空振りが取れるのが宮川の強みです。


その空振りが取れるストレートを軸に、決め球にもなるパワーカーブ、フォークも持っています。


ライオンズ投手陣は左打者に弱いですが、宮川の場合はむしろ左打者の方が抑えているのも強みです。



本来は、球の力がある投手なので、ゾーン内で勝負が出来る投手でもあります。



しかし、



四球を連発したり、ストライクを取りに行って打たれたりと、強みを全て消してしまう程、制球に大きな課題があります。

 


今季は制球の改善のために、フォーム修正に取り組んだようですが、本人的にはようやくしっくり来たフォームが出来たようです。





1軍に早く上がりたいでしょうけども、

焦って今季中に間に合わせようとしたり、目先の結果を取りに行ってフォームを崩すくらいなら、今季はフォーム固めに時間を費やしても良いと思います。





宮川は、ライオンズの中継ぎ陣に必要な投手です。



ハマった時の投球を見れば、勝ちパに居てもおかしくない球を投げています。


それに、もし本人の希望通り平良を先発転向させるなら、宮川の成長は不可欠です。



空振りが取れる中継ぎ投手は、ライオンズに必要な投手です。



来季こそは開幕から、盤石の勝ちパに、宮川が名を連ねる事を期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













今季限りでの引退を表明した、平成の怪物こと松坂大輔投手の話題です。




球団は何かしらのポストをオファーしていると思いますが、まだシーズン中でもありますし、正式な発表はまだです。



本人の心身の状態と、コロナ禍の現状でどういう形で引退セレモニーをするかは分かりませんが、セレモニーを行えばその場で今後の事が発表されると思います。





松坂大輔の拠点はアメリカですので、個人的には指導者としてライオンズに残って欲しいですけど、残らないのではないかと思っています。



その中で、ゴシップ記事ですが情報が出ました。





情報の信頼性は微妙な所ですが、気になるのはライオンズ球団が投手コーチなどのオファーをしていないという所です。



ライオンズのコーチ陣は、比較的安く自前で賄う風潮があるので、松坂大輔は名誉職的なポジションにして、コーチは自前でと言う事は有り得そうです。




まだシーズン中ですし、奇跡のクライマックス進出は諦めてはいませんが、おそらく辻監督は今季までとなり、松井稼頭央2軍監督の昇格になりそうです。




個人的に、私が松坂大輔が好きと言うのもありますが、2軍監督も空きますし、松坂が現場で指導者をやりたいなら、今なら現役選手への威光もありますし、将来のための経験としてやらせて見てもと思います。





指導者にとって大事な要素はたくさんありますが、その中でもコミュニケーション能力は大事な要素です。




内海と比べて、面倒見の良さや指導力という部分は、現役時代ではあまり見かけませんが、松坂は同世代や年上からは好かれていますので、人脈はあります。



その中からコミュ力の高い人をコーチとして呼んで、年下の選手たちとの橋渡しをやって貰えば良いと思います。




スター選手が優秀な指導者になるとは限りませんが、松坂大輔はライオンズ球団的にも特別な存在です。ライオンズの人気を底上げし、ポスティングでは多額の金銭を球団にもたらしてくれました。



あまりトークが達者なタイプではありませんので、ライオンズのスターがバラエティーで微妙な感じになるくらいなら、指導者としての道をライオンズで進んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












































↑このページのトップヘ