埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

今季のライオンズで最も飛躍し活躍した選手といえば、平良海馬投手です。



Screenshot_20211225-081402~2






昨年新人王を取り、今季はライオンズの守護神を務め、日本代表まで登り詰めた投手です。






今季の飛躍には投球スタイルの変化もあります。







剛速球投手から、球の速い変化球投手にモデルチェンジしました。





昨年と投球割合と比べると、


ストレート55%→39%
スライダー11%→26%
カット15%→18%
チェンジアップ8%→15%





特にスライダーが良く、被打率は.098と最も低くなっています。



平良自身は、ストレートの質的に空振りが取れずにファールになるので、無駄な球数を減らすために変化球を使っていると話しています。




昨年オフ、先発投手転向の希望を出していましたが、将来的に先発を希望するなら、長い回を投げるためには、変化球も使いながら球数を減らすことも必要な事です。






来季は、セットアッパーか抑えかまだ決まってないと話している事から、中継ぎをやる気持ちはあると思いますが、投球スタイルの変化からは将来的な先発も見据えていたのかも知れません。





ただ、投手の基本はストレートです。




変化球を活かすためにもストレートの質を高めることは必要です。





昨年までのストレートゴリ押し投手のイメージから、今季は他球団も変化球に手こずったと思いますが、来季は開幕から球の速い変化球投手と認識した上で打席に立ちます。




今季のデータをもとに研究もしてくるでしょうから、平良ももう1段階レベルアップしたいです。






平良は、山本由伸の様に、支配的な投球がしたいと話していましたが、山本由伸はどの球種でもカウントも空振りも取れます。



平良のストレートは、松本航投手の様に空振りを取るストレートではないかも知れませんが、本人も言っている様にファールになると言うのは、球威がある証拠です。




打者からしたら、160キロ近いストレートは当然警戒しますし、その中での変化球だから効果が出ます。



投げられるうちは、速いストレートを武器に、変化球も使う投球をしてもらいたいです。




とはいえ、平良もどの球種も被打率が低く、山本由伸程ではありませんが、どの球種でも勝負出来る投手です。




レベルアップも必要ですが、体が万全なら来季も大丈夫だと思います。





しっかり怪我を治し、どの球種でもカウントも空振りも取れる投手へと、さらなる高みを目指してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














今回で3回目となる、ライオンズ期待の若手投手、上間、渡邉、井上投手の話です。





昨年のフェニックスリーグで存在感を出し、キャンプではA班に抜擢された、ライオンズ期待の若手投手たちです。




キャンプでは、井上、上間、渡邉の順でアピールが出来ましたが、練習試合、オープン戦と、上間が抜け、ローテ入りも果たしました。








前半戦は、


上間が順調に成長していき、渡邉はイースタンではイマイチでしたが、1軍の中継ぎで存在感を出し、井上はファームでも制球に苦しんでいる状況でした。










シーズン終盤は、


上間は、ファームで離脱し1ヶ月登板がなかったですが復帰し調整中、渡邉は1軍のローテ入りを果たすも課題が浮き彫りに、井上はファームでようやく状態を上げてきたといった状況でした。









そして、2021年シーズンが終わり、現在の状況にも変化がありました。




上間

ご存知の様にトミー・ジョン手術により、来季は絶望です。育成契約となり、来季はリハビリの年になります。


イースタンでは完投をするなど、先発投手として長い回を投げられ、防御率1.58、WHIP1.19、K/BB1.19と、奪三振こそ少ないですが、来季の飛躍に期待したい投球を見せていました。


球速は140程度とあまり出ませんが、元々、空振りの取れるストレートを投げられる投手ですので、リハビリをしっかり行い、復活させたいです。


1軍で戦力になるためには、制球や変化球にも課題がある投手ですので、復帰後直ぐに1軍とは行きません。


再来年は、ファームが主戦場となりますので、そこで圧倒的な成績を出し、後半戦くらいに1軍に呼ばれるようになりたいです。





渡邉

来季はローテ入りの期待がかかる投手です。


今季は9試合に先発し、防御率3.44、WHIP1.33、K/BB1.10、とまずまずでしたが、奪三振率5.40、与四球率4.91ですので、奪三振率を上げて、与四球率を減らしたいです。


課題は、長い回を投げる事と、対左打者です。

QS22.2%を改善するために、スタミナ強化に加えて、投球の引き出しも増やしたいので、カーブの精度を上げて緩急も使えるようにしたいです。



対右.167、対左.259と一時期は.300を超えていた左打者対策には、秋季練習ではスライダー、カットの精度を上げて、バックドアの習得にチャレンジしました。


今季は左打者にはスプリットを多投し、効果もありましたが、高めに抜けたり、落ち切らなかったりしていたので、バックドア習得に加えてスプリットの精度も上げてもらいたいです。



まだ新外国人が決まらないので、来季のローテは分かりませんが、ローテ入りしてもらわないと困る投手ですので、しっかりトレーニングを行い、万全の状態でキャンプを迎えたいです。






井上

3人の中では今季もっとも苦しんだシーズンでした。


キャンプでは球威のあるストレートを武器に、上間、渡邉よりもアピールが出来ましたが、イースタンでは、奪三振率5.29、与四球率4.57と制球に苦しみました。


今季は中継ぎとなり、シーズン後半にはファームの守護神も務めました。シーズン終盤には状態が上がり、1軍昇格をするなど来季に向けて期待をされている投手の一人です。



秋季練習ではフォームの見直しを行いました。球種によってフォームが変わらないように、修正を行っています。

来季も中継ぎをやるなら、制球はもちろん、武器であるストレートの球速も、常時150キロ出るようにしたいです。


変化球はスライダーがメインになっていますので、空振りが取れるように精度を高めて行きたいです。


怪我持ちで入団した経緯もあるので、連投に耐えうる体作りにケアも継続的に行ってもらいたいです。








3人共1年前は、ほぼ横並びでしたが、置かれた状況に差が出てきました。



現状だと来季は、上間はリハビリ、渡邉は1軍ローテ候補、井上はファームです。


ただ、渡邉、井上はオフやキャンプ次第で良くも悪くも状況は変わります。



年齢的には、次世代の投手たちではありますが、毎年新しい期待の若手が入ってきますし、期待されている内に、結果も出したいです。



ライオンズはファームの投手が足りていない状況ですので、これ以上怪我人を出さないように、まずは怪我をしづらい体作りとケアを行ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










大卒育成ルーキーの、赤上優人投手です。



Screenshot_20211207-110933~2





大学1年の時に投手に転向した、最速155キロ右腕です。





今季はイースタンで、中継ぎとして12試合に登板しました。


Screenshot_20211207-110019~2


奪三振率7.15 与四球率10.5


三振を取れる魅力はありますが、与四球率がかなり高いです。


同じ育成ルーキーの豆田投手同様に、三振は取れるがそれ以上に制球難と言う現状です。








武器は、速いストレートです。


イースタン序盤は150キロを連発し、空振りも奪っていました。速くて空振りの取れるストレートは魅力的ですし、早期の支配下入りも期待されていました。ただ、次第に制球難が目立つようになり、制球を意識し過ぎてか球速も落ちていき、与四球率も悪化していきました。




変化球は、カーブ、スライダー、チェンジアップと投げ、中でもチェンジアップは決め球として使う事もあり、空振りを奪う事もありました。







課題は、制球です。



与四球率がかなり高く、せっかく速いストレートを投げられても活かしきれていません。



ただ、制球を意識し過ぎて球速を落としてしまっては意味がないので、投球フォームも含めて自分に合ったものを掴みたいです。






イースタン序盤の活躍から、支配下の可能性も見えていましたが、苦しんでいます。



しかし、フェニックスリーグでは活躍し、イースタンではK/BB0.69でしたが、フェニックスリーグではK/BB2.25と結果を出せました。



ただ、制球改善のためなのか、ダイナミックさが減り、こじんまりした印象を受けたので、赤上投手の良さは消さずに制球をまとめたいです。




150キロのストレートに、チェンジアップのコンビネーションで抑えていくスタイルです。



速い球に加えて落ちる球を持っているので、開花すれば中継ぎとして期待も持てます。



現状は制球改善に苦しんでいる状況ですが、育成投手ですし、思い切って尖った能力を鍛えたいです。



投手としての経験が浅い分、伸びしろもあると思うので、オフもしっかりトレーニングをして来季を迎えてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











新たに育成契約を結んだ、中熊大智選手です。




Screenshot_20211207-154955~2





育成契約3年が経過しましたが、ちゃんとレベルアップしていますし、新たに育成契約をしてもらえました。







中熊選手は、打撃に魅力のある捕手です。




今季のイースタンでは、


Screenshot_20211207-154425~2

OPS.631 長打率.310 出塁率.321

三振率13% 四球率7%




コンタクトが良く三振が少ないのは良いですが、パワー不足でもあります。

 



ホームランバッターではありませんので、ミートに優れているのは良い事ですが、1軍クラスの投手だと球も強いので押し込まれないように、2軍クラスが相手ならもう少し長打も欲しいです。





1塁と捕手をやっていましたが、1塁としては打撃力が足りないですし、ポジション的に足りないのは外野手ですが、人数的に飽和してますので、捕手として守備力も高めたいです。







個人的には、中熊選手の目指すところは、現コーチでもある上本氏のポジションです。



森、岡田、柘植の1軍捕手陣は、森がFAしなければ数年は安泰です。




岡田がベテランになってきましたが、ドラ3古賀捕手を取りましたし、打撃が向上してきた牧野捕手もいます。




来季のイースタンは、古賀、牧野捕手が中心になると思いますので、中熊選手としては使い所のある捕手になれるように、強みを伸ばしたいです。



上本コーチが現役の時は3番手捕手でしたが、代打の切り札として打撃面での役割もありました。




中熊選手も守備はイマイチですが、打撃の良い捕手です。



上本コーチの様に、3番手捕手ではありますが、ベンチの置物ではなく、使い所もある選手へとなりたいです。



現状は、そこそこ打てる捕手ですが、打てる捕手へとレベルアップしたいです。


まずは支配下契約をしてもらえるように、コンタクトは維持したまま、もう少しパワーを付けて、打てる捕手になってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













来季は勝負の3年目となる、育成の出井敏博投手です。



20211207_121925





今季はBCリーグに派遣されるなど、色々な経験をした1年でした。



イースタンでは、12試合に登板し、内4試合に先発しました。


Screenshot_20211207-121417~2

WHIP1.78 K/BB1.54 QS25%

奪三振率5.93 与四球率3.88



育成投手の中では、まとまった投手ですが、もう一回りレベルアップしたい投手です。





武器は、制球です。


ライオンズは、球の力はあるが制球難と言う投手が多い中、ある程度まとまった投球が出来ます。



ストレートとスライダー中心の投球をしますが、球速こそ140キロ程度ですが、キレの良いスライダーと合わせて、空振りを奪う事もあります。




ただ、小さくまとまってしまっているので、現状だと1軍戦力としては厳しいです。



球速はそれ程出ないので、制球と球のキレを高めて、勝負をしたい投手です。


左右高低とストレートを投げ分けられる制球に、スライダーのキレを高めて打たせて取りたいです。






先発としては、まとまっている分、ある程度試合を作れる投手ですが、三振を取るタイプではないので、今季多かった中継ぎでは、目立った活躍は出来ませんでした。




来季はファームの先発不足から、先発ローテ入りになると思います。


イニングイーターとして終わるのか、それとも大きく飛躍するのか、育成最終年となる来季に期待がかかります。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












↑このページのトップヘ