埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手


イースタンで多和田投手が登板してます。


多和田はライオンズが大学1年の時から目をつけ、囲い、単独のドラフト1位で入団した逸材です。
松坂以来開けていた18番を与えた事からも期待の高さがわかると思います。

最多勝も取り、菊池がメジャーに行ったことで、繰り上がりではありますが、エースとしてライオンズの投手の中心となるはずでしたが、自律神経失調症になってしまいました。

しばらく休んでましたが、治療が順調にいったようで選手契約を終え、選手として復帰しました。

以前のブログでも何度か触れましたが、

(良かったら読んでください。)



このメンタルの病気は非常に難しい病気です。

私は仕事でメンタルの疾患のある方と接する事が多いのですが、調子が良くても急に悪くなることもあるし、一喜一憂出来ない病気です。


薬物療法を中心に、生活リズムを変えたり、柔軟な思考も持てるようにしたりと、行動療法や精神療法を組み合わせて治療します。


多和田がどういう治療受けたかは分かりませんが、野球選手なので薬よりも生活や思考の面での治療を重視したのではないかと思います。


周りの理解も必要ですが、プロとして1軍のマウンドに立つなら多和田自身の覚悟が必要です。


なので、今年はリハビリとして野球が楽しめればそれでいいと思ってましたが、思ったより早く復帰しました。

エースのいないライオンズですが、居ないのではなく、お休み中なだけなんです。


エースは多和田です。

Screenshot_20200823-145615



あれ??
だれ???

いつも坊主だったのに。

でも、オシャレのためではないのは確かです。


多和田はそういう人じゃないですしね。


そういえば坊主の時も、切るタイミングは験を担いでたし、


願掛けか何かですか?




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

やってしまいました。
相内、佐藤の2人が自粛期間中、ゴルフに行き速度超過で捕まったそうです。

無期限で対外試合禁止となりました。

佐藤は今季、飛躍を期待してただけに残念です。
中村の後釜争いは今季の必須だっただけに、その一番手だと思ってた佐藤の離脱はライオンズ的にも痛いです。

全盛期の中村相手なら無理ですが、もう何年も出来ないので、佐藤にとっては大チャンスな訳です。

しっかり反省して、復帰後は野球に邁進してください。

そして何度目だ相内。


コンプライアンスにうるさいライオンズでは、もう無理かもですね。

そもそも実績的にも首が近い現状を分かってるんですかね。

投球もそのくらいの図太さがあれば良かったのですが、野球に関してはメンタル弱いですしね。

今までの彼は友達に影響されて悪さをしてしまうタイプでしたが、

何度も反省して、

でも変わらなかったということです。

せめて野球で結果を出していればと思いましたが、そういう性格だとプロでは結果出せないのかもしれませんね。

私は今でも清原ファンなので、悪さには寛容なのですが、それは野球での活躍あってのファンなので、相内はちょっと厳しいですね。
残念です。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ