埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

外野手でありながら内野も出来、チームのムードメーカー、更にはイベント時は司会までこなす、ユーティリティプレイヤー熊代聖人選手です。


20211206_194933




プロ入り11年目32歳となりました。


レギュラーでも、代打の切り札でも、守備職人でもなく、それでも常に1軍で必要とされる選手は稀です。



元々は外野手として、守備が良く、打撃も悪くはなかったのですが、足を活かすためにスイッチをやらされたり、チーム事情で内野もやったりと、振り回された結果、守備的なユーティリティプレイヤーとなりました。



どちらかと言えばプレイよりも、試合前の訓示やベンチでの声出し、オフのイベントなどでの司会などムードメーカーぶりが注目されます。




ただ、本職は外野手でありながらも、ショート守備はファームの若手よりも上手いですし、そこに至るまでの努力は素晴らしいものがあります。



野球センスのある選手なだけに、器用貧乏になってしまいましたが、チームへの貢献度は高い選手です。






来季は12年目33歳となります。


内野は山田、平沼といったユーティリティがいますし、外野もバックアップであれば数は多くいます。




ライオンズは、次世代のための育成もしていかなくてはならないので、ベテランの熊代の1軍ベンチ枠の優先度はそれ程高くはないです。




個人的には、熊代をベンチに入れるなら、いざという時の保険は熊代だけでも足りるので、他の控え野手は全員使うつもりでいてもらいたいです。




また、




中継ぎ投手が疲れてくる夏場や終盤は、投手を多くベンチ入りさせたいので、第3捕手か熊代を外して、代わりに投手を入れたいです。







現状は、チーム事情によって上げ下げされる役割となってしまいます。




そういう役割もチームとしては大事ですが、もっと使い所のある選手になるためには、もう少し打撃を向上させたいです。




理想は、代打の切り札であった平尾的な役割です。



本来は、勝負強い栗山が代打の切り札になれる状況が一番なのですが、若手外野手の伸び悩みもあり、現状は規定打席に達するくらいのレギュラーです。



そのため、ベテランになり走・守の面で衰えも出てくるであろう熊代は、打撃面でも貢献し、1軍に生き残って行きたいです。





熊代は元々、打撃は悪くはなかったですが、チーム事情に振り回され、出番も少なくなり、打撃面の育成は上手く行きませんでした。





しかし、ベテランとなり若手よりは落ち着いて打席に入れるでしょうし、同じムードメーカーだった平尾のように、打てばチームも盛り上がります。




代打の切り札だった頃の平尾は、代打はバットに当てれば勝ちと言っていましたが、まずはバットを振れる事が重要です。


熊代は、平尾程の打撃力はありませんが、メンタル的には向いていると思うので、ベテランとなり今後も生き残って行くためにも、レベルアップしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











今季日ハムからトレード移籍してきた、平沼翔太選手です。

Screenshot_20211206-082222~2




来季7年目25歳となる、左打ちの内野手です。


現状求められる役割は、サード、ショートのバックアップを行う、内野のユーティリティです。






今季の成績は、

Screenshot_20211206-082336~2

41試合 OPS.525 出塁率.266 

三振率23% 四球率8%



ライオンズには今季飛躍した山田が、守備力も高く内野のユーティリティとして1軍の戦力になっています。





平沼選手は、同じ内野のユーティリティとして右打ちの山田、左打ちの平沼と差別化はありますが、守備力は山田選手には及ばないので、山田よりも打てるユーティリティとして存在感を出したいです。





平沼選手はホームランバッターではないので、出塁率や状況に応じて犠打や進塁打を打つなどの、ケースバッティングが出来るようにしたいです。



三振が少し多いので、ここは減らして確実性を上げたいです。



ライオンズには大砲タイプが多く三振も多いチームですが、ケースバッティングの出来る選手がいると打線のバランスも良くなります。




打てなくても、進塁打などアウトの使い方が上手くなれば、平沼選手も大きな戦力になります。





ショートには源田がいるライオンズなので、出番は少ないですが、試合に出たら直ぐに活躍出来るように、安定感のある打撃を身に着けたいです。







木村、佐藤を出してまで獲得した選手です。



特に佐藤は、グラウンド外で問題を起こしたといえ、打撃に関してはライオンズのファームでもトップクラスでした。



平沼選手とはタイプ的には違いますが、期待の若手とのトレードですので、ただのバックアップとしてではなく、試合で使いたくなるような活躍を見せてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ライオンズにおいては、信頼と実績の大阪桐蔭出身の、仲三河優太選手です。




20211205_145252




中学生の頃は投手として日本代表に選ばれ、大阪桐蔭に進学してからはエース候補でしたが、故障もあり野手転向して、今季ライオンズに入団した外野手です。






今季のイースタンでは、

Screenshot_20211206-080607~2

77試合 OPS.587 長打率.315 

三振率33%



多くの試合経験は積めましたが、三振が多く、売りの長打もまだまだです。




打撃も守備もこれからの選手です。





今季は、体重を10キロ増やし100キロとなった、打撃が売りの大砲候補です。




ノーステップに取り組んでいますが、フェニックスリーグではタイミングを上手く取れていない場面もあったので、まずは色々試して打撃ファームを決めたいです。




ドラフト下位指名の外野手です。


焦る必要はないですが、現状では1軍に向けて勝負する時はまだ先になりますので、それまでに体作りと打撃ファームを決めて、自分のものにしたいです。




仲三河と同じ高卒の山田や愛斗は、長い間ファームが主戦場でしたが、今季ようやく1軍戦力になりました。



主力になる野手は、浅村のように高卒でも早い時期から頭角を現していますが、野手の育成には山田や愛斗のように本来時間がかかります。



仲三河選手は、まだ時間がかかりそうですが、伸び盛りの若手ですし、大きく化ける可能性もあり楽しみではあります。




中村、岡田、浅村、森とライオンズでは実績のある大阪桐蔭出身の野手なので、期待をしたくなりますが、まずは、自分に合った打撃ファームを見つけ、同時にプロで戦うための強い体作りも行いたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











毎年、新しい選手が入る分だけ去る人もいるプロ野球ですが、崖っぷちにいると言える、戸川大輔選手です。



Screenshot_20211202-113709~2




戸川選手は今季、シーズン中にヘルニアの手術を行いました。復帰してからは、イースタンでもあまり活躍は出来ませんでしたが、シーズン終盤に期待を込めて1軍に昇格させました。




8試合で1安打と、存在感を出す事は出来ませんでしたが、1軍の試合にも出たことからか、年俸もアップして来季の契約もしてもらえました。






ライオンズは外野3つのポジションが全て空いており、弱点でもあります。



手っ取り早く解決するには外国人補強ですが、球団もようやく本腰を入れてオグレイディ選手を補強しました。






日本人外野手は飽和状態です。






1軍には栗山、若林、岸、川越、金子、愛斗が居て、2軍にも鈴木、高木渉、西川が、若手も仲三河、長谷川といます。さらに、呉や山野辺も外野をやっている状態です。





その中でも戸川選手は、来季は8年目の26歳となりますし、優先度的に高くはありません。



思い切って外野を捨てて、守備負担の少ないファーストにコンバートして、長所でもある打力に特化しても良いと思いますが、秋季練習でも外野を練習していたので、来季も外野で勝負です。



ソフトバンク柳田に弟子入りするなど、打撃に磨きをかけようとはしています。




来季は崖っぷちのシーズンですので、オフの間は例年以上に野球に取り組み、キャンプには変わった姿を見せてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











今季肘の手術を行った、松岡洸希投手です。


Screenshot_20211202-081431~2




9月に手術を行い全治4ヶ月との事ですので、2月のキャンプには間に合う見込みです。





来季が3年目のドラ3投手です。



ライオンズが好きな、強い球を投げられるが制球難の素材型タイプです。



完成すれば魅力ですが、このタイプがライオンズで完成する事は稀なのが気になる所です。




ただ今季はイースタンで、将来に期待できる投球も見せました。


Screenshot_20211202-081230~2

13試合

WHIP1.00 K/BB5.00 奪三振率10.38 四球率2.07




三振が取れて四球が少ないと言う、指標的には圧倒的な数字を出しました。





イースタンでの圧倒的な成績を引っ提げて昇格しましたが、




1軍では5試合に登板し、

防御率11.25 WHIP2.50 K/BB0.20

奪三振率2.25 四球率11.25




結果を出せず、制球難が印象に残る登板でした。







松岡投手の武器はストレートです。



制球難ではありますが、イースタンクラス相手なら、ゾーン内で適度に散らばり、ストレートで三振が取れる威力もあります。





課題は制球と変化球です。



7割はストレート、残りはスライダーの投手ですが、1軍で活躍するためにも変化球の精度は必須と本人も感じ、2軍の杉山コーチと話し合いフォークも取り入れました。



まだ決め球になるレベルではありませんが、1軍の中継ぎとして戦力になるためには、松岡投手の場合、増田のようにストレートだけでも抑えられる程のストレートではないので、決め球の変化球は必要です。



制球に関しては、ライオンズでは今まで、球の力はあるが制球難の素材型タイプの育成に成功した例が少ないので不安はあります。




理想は、球の力を維持したまま制球を改善させる事ですが、制球を意識し過ぎて球速が落ち、球の力も下降しては意味がないです。




制球難ではあり、球は散らばってはいますが、イースタンでは13イニングで四球3と抑えられました。



ストレートの力があるので、荒れ球投手のようにボール球でも振らせていましたが、1軍では通用しなかったので、ストレートを活かすためにも、やはり変化球の精度を高めたいです。



特にフォークが武器になれば、威力あるストレートでファールを打たせてカウントを稼ぎ、フォークで空振りを奪うスタイルにもなれるので、マスターしたい所です。



ファームには、フォークが武器の大石コーチ、スライダーが武器の西口監督、制球が武器の内海兼任コーチと、松岡投手にとって足りない部分が武器だったコーチが在籍しています。



まずは怪我を治して、前半戦はファームで課題に取り組み、シーズン後半戦には1軍から声がかかるように期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ