埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

今年も出ました。


毎年恒例の、阪神藤浪晋太郎選手のトレードの話題です。








もはや、オフの風物詩となりました。




本人も、この手の話題は飽き飽きしていると思います。






大谷と競い合っていた時は、将来が楽しみでしたが、制球難が改善せずにここまで来てしまいました。




2軍で苦しんでいる藤浪ですが、元ライバルの大谷は、メジャーでMVPに輝く活躍をしているのも、メンタル的にはきついですね。






ライオンズには高校時代にバッテリーを組んだ森友哉がいますので、藤浪晋太郎トレード話になるとライオンズも候補に挙げられています。




高校時代にバッテリーを組んでいたとは言え、もう何年も前ですし、それだけで制球難が改善することはないと思います。





ただ、長引く不調の原因が、メンタル面が大きいのであれば、トレードで環境を変えるのは良いと思います。






ライオンズは投手が足りていないので、先発投手ですし取れるなら欲しいです。




復活しなくてもファームのイニング消化が出来ますし、復活すれば1軍ローテ入りです。





一時期ファンの間では、メヒアとトレードしたらどうかなんて話も出ましたが、実現はしませんでした。




藤浪投手の現状は1.5軍クラスです。



ただ、ネームバリューが一流なので、主力を出さなくてはならない可能性もある事から、復活する保証もないですし、そこまでのリスクは取れないです。



もし、ライオンズもある程度知名度のある、主力クラスの選手を出すのであれば、出せるのは金子選手くらいになります。金子選手ともう一人つけて、1対2のトレードです。




ライオンズは外野手が飽和状態ですので、足りない投手獲得のためにもトレードは手ではありますが、金子は複数年契約中ですし、阪神のメリットも薄いです。




阪神が藤浪に、環境を変えて再チャレンジをと親心を見せて妥協してくれないと、ライオンズに来るのは難しそうです。







ライオンズには制球難の投手がたくさんいるので、藤浪投手を修正出来るとは思いませんが、もう何年も同じことの繰り返しになっているので、思い切って環境をガラリと変えるのは良いと思います。




ただ、出来ればライオンズに来てもらいたいです。




あの剛速球がどこに行くのか分からないのは、怪我人が出たら終わりの、ライオンズ野手陣にとっては困ります。






藤浪トレードは、もはや恒例行事ですので、実現はしない可能性が高いですが、ライオンズとしては、トミー・ジョンが多く、投手補強が必須となっていますので、トレードでの投手補強、戦力外からの投手補充も考えてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










来季は期待ドラ3古賀捕手が入団しますが、その古賀選手とイースタンの正捕手争いを演じるのは、牧野選手と、斎藤選手です。




牧野選手は、高卒で入団し来季は4年目となります。






Screenshot_20211204-160411~2




今季のイースタンの成績は、

Screenshot_20211204-152947~2

34試合 OPS.684 長打率.358 三振率15%

今季は打力が上がり、3番を任される事もありました。

フェニックスリーグでは、OPS.900、長打率.531と成長を見せています。

ちゃんと成長していますので、今後に期待をしたいですが、怪我が多い選手ですのでオフの間にビルドアップして予防をしたい所です。



来季はルーキーの古賀捕手とファームの正捕手争いをしなくてはならない存在です。












斎藤選手は、来季は5年目27歳となります。




Screenshot_20211202-113214~2




今季のイースタンの成績は、


Screenshot_20211204-153413~2



状況的には厳しく、来季のファームでも牧野、古賀選手の起用が中心となると思われます。







求められるのは、



牧野、古賀捕手をファームで育成している間に、1軍捕手陣にアクシデントがあった場合、昇格して戦力になる事です。



1軍は、森、岡田、柘植と盤石の捕手陣です。



現状だと、その壁を破るのは難しいですが、怪我などのアクシデントがあった場合は、今季もありましたが3番手捕手として昇格候補です。




ただ今季の昇格は、人数合わせ的な要素も強く戦力としてはまだまだ厳しいです。



牧野、古賀捕手が1軍戦力になるまでの繋ぎ的な役割ではありますが、1軍で使って貰えれば斎藤選手にとっては大きなチャンスでもあります。







少ないチャンスではありますが、それを活かすためにも、いつでも行けるようにコンディションを整えておきたい選手です。先日結婚もされましたし、家族のためにも戦力となるように、アピールしていきたいです。




森がFAを控えていますし、岡田もベテランになってきました。現状は盤石の1軍捕手陣ですが、守りの要でもある、次世代の捕手育成は必須です。



ファームで競争をして、成長していってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日のファンフェスタで、松坂大輔選手の引退セレモニーが行われました。


Screenshot_20211204-174455~2




個人的にも、横浜高校時代から見ていた事もあり、感慨深いです。














先発投手らしい投手でした。




球数が多くなろうが、降板を申し入れずに最後まで投げたがる投手です。大事に使えばもっと長くやれたのではと言う質問にも、先発として早くマウンドを降りたくないと言い切りました。




本人はそういう時代だったからと言ってましたが、確かに今は分業制であり、先発投手はQSの数値が一つの目安になります。




それでも、先発投手としてのプライドは、今のライオンズの3本柱にも引き継いでもらいたいです。








セレモニーのハイライトは、スピーチ後の場内一周を終えてからでした。




平成の名勝負と言われたイチロー氏による突然のメッセージに加えて、本人登場のサプライズです。



20211204_165500





松坂大輔は涙してましたが、絵になる光景です。









色々なパフォーマンスで、ファンを楽しませてくれる選手もいますが、イチロー対松坂のように、演出ではなく、存在感でファンを楽しませてくれる選手は稀です。




そういう選手が、ライオンズに居てくれた事はファンとして誇りでもあります。




イチロー氏も、わざわざ来てくれて有り難いです。




松坂大輔投手、長い間お疲れ様でした。


次は指導者として、ライオンズで活躍してくれるのを待っています。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ライオンズが足りない中継ぎ左腕として、存在感を出したかった佐野泰雄投手です。



Screenshot_20211130-111547~2





今季は1軍で23試合に登板しましたが、


防御率4.91 WHIP1.64 K/BB0.88



結果を出せませんでした。






イースタンでも19試合に登板し、


防御率4.50 WHIP1.70 K/BB1.22



ファーム相手でも打ち込まれる事が増え、来季に向けて心配な選手です。







ライオンズは中継ぎ左腕が足りませんが、左腕が足りないのではなく、左キラーが足りていません。


佐野投手の左右別被打率は、



右.172 左.386


左打者対策としては使えないと言う結果となりました。







武器は球威あるストレートです。



今季オープン戦では、中継ぎ陣の中でも最もアピールした投手でした。



松本投手のように空振りの取れるストレートではありませんが、球威がありゴロやファールを打たせるなど、押し込むことが出来ます。



オープン戦では、右打者のインコース、左打者のアウトローへもストレートを投げ込めていました。


ヤクルト村上選手からも、ストレートで押し込みカウントを稼ぎ、最後はスライダーで三振を取るシーンもあり、期待の出来る内容でした。



ただ、シーズンに入り制球難が顔を覗かせる場面も増え、ストレートの力も落ちていき降格となりました。






投球の5割はストレート、3割はスライダーの投手です。


ただストレートは.324、スライダーは.280の被打率と決め球に欠けています。フォークが最も被打率は低いですが、精度に欠ける事から全体の1割程度しか使っていません。



ストレートに力があるので、フォークを扱えるようになれば、空振りも取れる中継ぎ投手になれるのですが、キャリア的にも上積みは厳しい可能性が高いです。


先発も中継ぎも出来る投手ですが、今のままだと今季の吉川のように、ファームのイニングイーターが主な役割となってしまいます。




これも大事な役回りですが、今季のオープン戦の様な投球を定着させ、1軍の戦力になりたいです。



オープン戦の時のように、球威あるストレートを右のインコース、左のアウトローに投げ込める制球が鍵です。


若い左腕投手も入ってきますし、プロ8年目となる来季はキャリア的にものんびりしていられません。



生き残りをかけて、来季は存在感を出せるシーズンとしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ライオンズの契約更改が着々と行われています。



今季はコロナ禍による収入減に加えて、チームも最下位ですが、思っていたよりもアップ提示の多い契約更改となっています。





今の所、推定で1億以上のアップとなっています。




今後は、源田、平良、水上とアップ提示濃厚の選手もいますし、ダウン提示濃厚の山川、外崎はFAも近いことから、ある程度はダウン幅を抑えるでしょうから、選手にとっては暖冬更改となりそうです。






今季は主力の離脱もあり、年俸の安い若手が多く試合に出た事や、本来、大幅ダウンの成績だった金子、増田が複数年契約と言うのも大きいです。






ただ経営的にも厳しいですし、球団経営が圧迫されても困るので、外国人を含めた総年俸は昨年と同等か、それ以下くらいには抑えるとは思います。








契約更改を見ていると、チームとして重要視している部分も見えてきます。



今季前半はリハビリに費やし、終盤に1軍に上がったもののヒット1本だった戸川が微増。オープン戦は良かったものの、シーズンでは打ち込まれる事も多かった佐野が現状維持です。



主力以外の選手は、成績が悪くても1軍での出場試合数を重視している様子が伺えます。


まずは1軍の試合に出ること、主力になれば成績を重視するといった流れが見えて来ますので、若手選手たちは、まずは1軍の試合に出れるようにキャンプからアピールしてもらいたいです。




 



選手としては、年俸アップは嬉しいですが、数年前の暗黒期のように、チームは低迷していても、個人成績だけはよく、年俸だけが上がっていくと言う状況は避けたいです。





優勝争いをしていないチームから、タイトルホルダーが生まれる事はよくある事ですが、年俸が高騰してしまうと、ライオンズの場合は流出の可能性も大きくなります。




森、源田、山川、外崎が揃っている状況は長くは続かない可能性もあります。

4人の主力たちがいる間に、悲願の日本一を掴んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ