埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

最大出力は高いものの安定感に欠けた、ドラ2左腕の佐々木健投手です。



20211129_145550





ライオンズ待望の左腕投手として、今季は中継ぎや先発も行いました。



ファームでは、150キロのストレートにキレの良いチェンジアップで、三振も奪うなど期待の持てる内容でした。ただ、回を追うごとに球速が下がり、制球を乱すなど先発として不安材料はありました。また、中継ぎとしても制球の不安定さから失点を重ねてましたが、人材不足から1軍に昇格させ、中継ぎ、更には先発もさせました。



1軍では、6月の中日戦で中継ぎとしてデビューし、2回1失点。更には楽天戦で先発起用され、4回8安打3失点でした。2度目の先発となったオリックス戦では、先頭打者にわずか3球で危険球退場となるなど、今季は5試合1軍経験をしましたが、結果は出せませんでした。



8月にはチームの自粛ルールを守らずに、女性と会っていた事が週刊誌にも取り上げられ、1ヶ月の謹慎処分となりました。



復帰後は先発としてファームで経験を重ねましたが、三振を多く取ったり、突然打たれだしたりと、不安定さは変わりませんでした。



ルーキーイヤーは、制球難と私生活の問題が印象的な1年でした。





ただフェニックスリーグでは、


18イニングで17奪三振、K/BBは驚異の17.00と、大きくアピールしました。



突然、制球が乱れ打たれだす不安定さはありますが、ハマれば奪三振マシーンなる、最大出力の高さは見られました。






ルーキーとは言え、大卒社会人なので来季は26歳です。







投手としては、年齢的には今が旬です。



フェニックスリーグで好投した時のように、右打者のインコースを突く速いストレートに、左打者へは低めのチェンジアップ、スライダーを投げきれれば戦力になると思います。






三振が取れるのは大きな魅力です。




最大出力は高いですが、今の安定感のなさからは、シーズン通してとなると難しいです。



しばらくはファームで調整し、調子の良い時に1軍に上げる、1、2軍の上げ下げが必要な投手です。


フェニックスリーグでは長い回も投げられましたが、球威が落ちるようなら中継ぎとして短いイニングを全力で投げる投手として育てても良いと思います。



今季は私生活の問題を起こしましたし、今オフの間は、プライベートも野球漬けで来季に向けてパワーアップしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












シーズン途中に日ハムからトレード移籍してきた、公文克彦投手です。



20211130_155605





ライオンズの泣き所である、左打者対策として起用出来る中継ぎ左腕です。



トレード移籍してから、イースタンではイマイチでしたが、1軍の駒不足もあり見切り発車的に昇格されましたが、まずまずの成績を収めました。



Screenshot_20211130-153027~2

24試合

WHIP1.34 K/BB2.80 奪三振率6.75



四球の多いライオンズ投手陣の中では、比較的ゾーン内に投げ込める投手です。




起用は対左打者が中心ですが、



右.333 左.256



成績的に左キラーとまでは言えませんが、左打者対策が必須のライオンズ中継ぎ陣の中では良い成績でした。




トレードに出される選手ですので、完璧とは行きません。



気になるのは、年々空振りが取れなくなって来ている所です。



2017、2018年と奪三振率8点台でしたが、徐々に落ちています。



球種は、ほぼストレートとスライダーですが、最も活躍した2018年と比べると、



2018年

ストレート 被打率.326 空振り率6%

スライダー 被打率.177 空振り率15%



2021年

ストレート 被打率.345 空振り率4.7%

スライダー 被打率.244 空振り率10%




ストレートはある程度打たれているのは変わりませんが、スライダーで空振りが取れなくなってきています。




スライダーが生命線の投手なので、キレ、制球共に復活させたいです。




榎田、小川を切ったライオンズですので、来季の中継ぎ左腕は武隈、公文にかかっています。



酷使される中継ぎ投手が毎年活躍するのは難しいですが、まずはしっかり休んでフィジカルを整えて、来季はシーズン通して活躍をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











今季イースタンの最高勝率を獲得した、本田圭佑投手です。



Screenshot_20211128-150533~2





今季イースタンでは、

Screenshot_20211128-141642~2

16先発 WHIP1.18 K/BB3.42 

奪三振率7.61 四球率2.22 QS50.0%




防御率、勝利数は2位、奪三振は3位とイースタンでは、優秀な先発投手です。


イースタンでは安定感があり、四球が少なく三振が取れる投手です。さらに、試合を作る能力にも優れています。



元々、一発を浴びやすいフライボールピッチャーですが、今季はストレートの球威も増し、スライダーのキレも良く、ゴロを打たせたり、空振りを取ったりと期待の持てる投球を見せました。





しかし、





満を持して1軍で6試合先発しましたが、


Screenshot_20211128-142452~2

WHIP1.44 K/BB0.64 

奪三振率3.16 四球率4.91 QS 0%




イースタンでは、四球が少なく三振が取れ、試合も作れる先発投手ですが、



1軍では、四球が多く三振が取れず、4回程度で降板する、典型的な1.5軍クラスの先発投手です。




イースタンでは、三振も多く取っているので、今季は球の力も増したと思いましたが、1軍では今まで同様にフライボールピッチャーであり、打たせて取ると言うよりも、打たれて取ったと言う内容が多かったです。









来季は、7年目29歳となります。


イースタンでタイトル争いをするよりも、1軍の戦力にならないといけないキャリアです。



ライオンズはおそらく来季も支配下選手が少なく、怪我人や育成段階の若い投手も多いため、ファームのローテを回してイニング消化してくれる本田は、若い選手の育成を考えれば存在価値は高いです。


ただ、育成の観点からは存在価値は高いですが、本人としては当然戦力としての価値を高めたいです。



1軍クラス相手だと、ある程度打たれる事は覚悟の投手ですが、今季はスライダーが被打率.105と最も低いです。





140中盤から後半の球速があれば良いのですが、今から上げるのは難しいと思うので、このスライダーを活かすためにも、ストレートを左右高低と投げ分けられる制球を高めたいです。




チームにとっては必要とは言え、このままファームのイニングイーターで終わらせずに、1軍のローテの谷間を埋める先発投手として、安定感ある投球は維持しながらも、制球を高めて生き残って行きたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












開幕ローテに入りながらも、不甲斐ない成績に終わった浜屋将太投手です。



20211128_083803





今季は、調整が上手く行かずにキャンプ、オープン戦と、イマイチ調子が上がりませんでしたが、首脳陣からの期待も大きく、開幕ローテ入りしました。



が、調整が上手く行かないのに抑えられる程甘くはなく、結果を出せずにファームに降格しました。



シーズン終盤にファームでも好投し、ようやく1軍に上がりましたが、1軍ではゾーン内に投げ込めない制球とメンタルは変わらず、またしても結果を出せませんでした。







今季の成績は、

Screenshot_20211127-160526~2

8試合36.2回

WHIP1.77 K/BB1.00 奪三振率6.38 

四球率6.38 QS率0%








先発ながら5回を持たず、四球率もかなり高い散々な結果となりました。






三振も取るが四球も多い今井達也よりも、浜屋は四球率が高いです。






ストレートは一発を浴びやすい球質ではありますが、キレの良いスライダー、チェンジアップで空振りの取れる投手です。




空振りを取れる球を持っている投手なので、首脳陣同様に期待をしたくなります。




最近はスライダーで空振りが取れずに苦戦する事も多かったですが、終盤はスライダーも良く、復調の兆しは見えました。




ただ、それ以上に制球難を克服しなければなりません。





現在は10月に行った、左有痛性外脛骨障害による骨部分切除手術によりリハビリ中です。全治は3ヶ月なので、キャンプには間に合う予定です。





個人的には、フォーム固めに加えて、筋力アップをして球速を上げてもらいたかったです。




今季を見ていると、自信を持ってゾーン内に投げられる球がないようなので、ストレートでもスライダーでも投げ込めるように、レベルアップしてもらいたかったです。





辻監督にも指摘されていましたが、強い球を投げようとすると力んで制球を乱す所があります。



昨年は柘植と組んで三振を多く取った試合もありましたが、通用しなくなり、岡田に捕手を変えてからは打たせて取る投球で好投をしました。



まずはゾーン内に投げ込むこと、そこから空振りを取れる投球へと昇華してもらいたいです。



オフの間にビルドアップして、年明けからキャンプにかけて力まずに強い球が投げられるフォーム固めを行い、オープン戦で仕上げてもらいたかったですが、怪我のため出来る事が限られるのが残念です。


開幕に間に合わせようとしなくて良いので、調整が上手く行かなかった今年と同じ失敗をしないように、リハビリと並行して一回り大きな体を作り、それが終わってから課題に取り組んでもらいたいです。






今季は、不甲斐ない投球が続きましたが、それでも起用される首脳陣からの期待の大きな投手です。



来季はまだ3年目ではありますが、同じ左腕の隅田、佐藤投手が入ってきますので、今まで通り優先されるとは限りません。浜屋にとっては正念場です。




焦りはあると思いますが、しっかりトレーニングを行い作り上げてから、勝負してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












ライオンズの金子侑司選手が、結婚した事を発表されました。





今年のファン感に欠席されるので、怪我かプライベートの事かと思いましたが、結婚とはおめでとうございます!





金子選手に対しては、シーズン中も厳しい意見も出ましたし、私も書いています。



ただ、プレイに関して厳しい意見が出る内はましで、相手にされなくなったらプロとして終わってしまいます。



辻監督の秋季練習の総括では、期待の選手として名前を上げて貰えました。



まだ老け込むような年齢ではないですので、結婚を機にもう一度体を作り直し、走攻守で活躍できる状態にしてもらいたいです。



金子が出塁率を高められる打撃が出来れば、打線の繋がりを持たせる良い9番打者になれます。



昨年終盤の、出塁出来る金子に戻ってもらいたいです。





イケメンの選手なので、結婚に残念がる女性ファンも多いと思いますが、今度はプレイでファンを獲得してもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ