埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 選手

ライオンズは、トミー・ジョン手術を行った上間永遠投手に、来季の契約を結ばない事を通告しました。

 







GMからリハビリに専念してもらうために、育成契約とすると発表がありました。





上間自身も、焦らずにじっくりリハビリをして、パワーアップして帰ってくるとコメントがありましたね。






これで、ライオンズは支配下選手が52名となりました。





ドラフト組が全員入ると58名となり、新外国人は5人を予定しているとの事なので、

合わせて63名となる見込みです。



昨年は支配下67名で開幕をしましたが、来季も同数程度は必要です。





現状、昨年開幕時と比べると、4人足りていません。







野手に関しては、育成の長谷川が有力ではありますが、足りないのは手術→育成が多い投手です。




現実的には、トレードか戦力外から人数合わせの獲得をしなければならなくなりました。

今季の吉川の様に、ファームのローテに入りイニング消化してくれる投手がいると、若手を無理に登板させなくて良いので、ファームの育成にも支障が出ません。




1軍戦力という観点からは、無駄な支配下枠の消化になってしまいますが、育成という観点からは、ファームのイニング消化してくれる投手は必要です。


榎田がいてくれれば、チームにも慣れていて、先発も中継ぎも出来、1軍戦力にもなるので良かったのですが、榎田の4000万くらいの年俸だと今のライオンズには厳しい様なので、半分くらいで再契約してくれるなら、頭下げて榎田に戻ってきてもらいたいです。





実績のある投手だと、楽天牧田、オリックス吉田、西武小川、日ハム秋吉辺りの中継ぎ投手となりますが、こちらも年俸次第となります。



この中からなら、チームに慣れていて直ぐに使える選手が良いので、年俸を下げて、頭も下げて、榎田同様に小川にも戻ってきてもらいたいです。

また、支配下枠でなくても、宝くじ感覚のワンチャン枠として、若くて怪我をしていない育成投手を獲得しても良いと思います。







個人的には、戦力外の獲得はあまり戦力にならない事も多いので、頭数を揃えるための補充だと思っています。

ただ、今のライオンズだと投手が足りていないので、少しでも1軍戦力になる可能性のある投手を獲得したいです。




コネクションを使って、金銭トレードでも良いので、補強を進めたいです。





(追記)


渡辺GMからは、来季は支配下枠をある程度空けて、育成が昇格出来るようにするとの事です。


育成選手を保有出来る最低ラインの、支配下65人を7月までにするとの事なので、新人、外国人を入れた63人で開幕を迎える可能性もあります。



育成からの昇格を必ず出来る枠を残すと言うことなので、育成選手にとってはチャンスですが、渡辺GMの発言から、念の為の余剰人員獲得はしないと思われるので、これ以上離脱者が出ると戦力的に苦しくなります。



現状でも、素材型高卒新人たちを1年目からファームのローテに入れる事は出来ないので、育成の出井や豆田もローテに入り、イニング消化していきたいです。



戦力外から誰か獲得しても1軍戦力にはならないかも知れませんが、ファームの育成のためにも、ファームのイニング消化出来る投手の獲得は考えてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










今季は初勝利、初セーブをあげるなど、シーズン後半戦に存在感を出した田村伊知郎投手です。







昨季は敗戦処理ではありましたが、良い投球を見せ、個人的にも今季の飛躍に期待をしていましたが、球威、制球共に安定感に欠け、降格となりました。




イースタンでは、150キロのストレートで三振を取る力強い投球が戻り、防御率1.13、WHIP1.00、K/BB3.00と抜群の成績を残し、シーズン後半戦に入り1軍昇格し戦力となりました。




1軍では昨季同様に、敗戦処理からの再スタートでしたが、シーズン終盤には僅差を任される事も増え、そこでも好投を続けました。



初勝利には涙も見せましたが、辻監督からも田村はずっと頑張ってたと労いの言葉が印象的でした。






今季の1軍成績は、


Screenshot_20211120-120700~2

22試合 31イニング 

WHIP1.06、K/BB1.25、被打率.167



敗戦処理がメインだったとは言え、チームへの貢献度の高い良い内容でした。






球種別では、


メインはストレートの投手ですが、カットが12.5%、チェンジアップが16.3%と空振りが取れ、被打率も1割を切っています。




力のあるストレートで押していき、カットやチェンジアップで空振りを狙うスタイルです。



1ボールからのストライクを取りに行った球が、被打率.571と極端に高いので、カウントの取り方は課題となってきます。








田村は、1試合辺り1.4イニングを投げる、回跨ぎも連投もやってくれるタフさが武器です。



今季終盤は、負けこむことが多く、しかし、そういった試合でもイニング消化はしなくてはならないので、タフな田村の貢献度の高さが身に染みる試合が増えました。







ただ、来季こそは、僅差で使われる投手へと飛躍してもらいたいです。


今季はストレートやチェンジアップが抜ける場面もあり、安定感に欠けました。



しっかり投げ切れば、150キロのストレートを軸に、チェンジアップも効果的に働きます。



回跨ぎも連投も出来るタフさは田村の武器です。敗戦処理としての便利屋ではなく、僅差での便利屋枠を狙い、ブルペンに欠かせない投手へと飛躍を期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











期待の若手でもある、上間永遠投手がトミー・ジョン手術を行いました。







シーズン中も1ヶ月程度離脱がありましたし、復帰後もイマイチの投球が続きました。あまり情報がなかったので、心配していましたがトミー・ジョン手術により、来季はリハビリの年となりました。





斎藤、伊藤、粟津に続いて、今季4人目のトミー・ジョンです。




学生時代からの蓄積疲労もあると思いますが、近年の野球選手は、球速も上がり、変化球も多岐に渡りますので、肘への負担は増しています。




医学の進歩により、トミー・ジョン手術の信頼度も高く、思い切って手術に踏み切る選手も増えました。




ただ、今季のライオンズは、まだプロとしてのキャリアの浅い4人が手術とちょっと多いですね。








チームとしても上間の離脱は痛いです。


支配下枠の空いているライオンズですが、上間を育成に落とすかどうかは分かりませんが、どちらにせよ来季は登板出来ないので、補強は必要になります。




外国人以外だと、金銭的にも戦力外か育成からの昇格くらいしか補強は出来ないので、ローテ候補である上間の離脱は戦力的にもきついです。




上間は2年目の今季、キャンプ、オープン戦での好投で、1軍先発も経験しました。



球速こそ140程度ですが、キレの良い空振りの取れるストレートが武器の投手です。



制球に課題がありますが、来季の飛躍を期待していた選手の一人でしたので、非常に残念です。





ただ、トミー・ジョン手術後に球速が上がる投手も多いですし、痛みがなくなれば、もっと良い投球が出来る可能性もあります。





上間はまだ20歳です。




未来のある投手ですので、焦らずにリハビリを行い、再来年は戦力になれるように頑張ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










支配下昇格を目指す、育成の長谷川信哉選手です。




先日、平石コーチから122番が気になると就任会見で発言がありましたが、しっかり認知してもらいましたね。






イースタンでは今季3回サヨナラ打を放つなど、何かと目立つ活躍をしています。





今季のイースタンでは、


Screenshot_20211120-155936~2

72試合 OPS.616 出塁率.284    長打率.331 三振率23% 四球率9%



シーズン後に行われたフェニックスリーグでは、


OPS.738、盗塁4、三振率9%



フェニックスリーグでは、長打も出ましたし、三振率9%は素晴らしい成績でした。



確実性が増し、力負けしない打撃も出来るなど、成長の見えたシーズンでした。







内外野を守り、今季は途中出場も含めて、セカンド11試合、ショート11試合、サード15試合、外野33試合と守りました。




内野守備に関しては、長谷川だけでなく若手全体に言えますが、エラーもあり、まだまだ怖さがあるのが現状です。




走攻守全てレベルアップが必要ですが、支配下を目指すなら打撃です。




大きく飛躍する可能性もありますが、来季から1軍戦力になるかと言われれば、現状では厳しい可能性が高く、焦って支配下にする必要はありませんが、フェニックスリーグを見てもちゃんと成長していますし、ライオンズは支配下枠がかなり空いています。支配下への昇格も間近だと思います。




また、



数字とは別に、根拠のない感覚的な話になりますが、




練習試合ながら初打席初本塁打を放ったり、名古屋ドームで被本塁打ゼロのマルティネスから、ホームランを打ったり、イースタンではサヨナラ打3回やったりと、


何かと持っている選手です。





どんどん成長している選手です。



せっかく新任の平石コーチに目を付けてもらったので、パワーを付けて長打を増やし、来季はさらなる成長曲線を描いてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











先日、文春に捕手を辞めたいと直訴したと書かれた森友哉ですが、一部報道を否定した上で、捕手継続を宣言しました。







文春の内容は、捕手としては誰もが持つ愚痴レベルの内容でしたが、大袈裟に書かれてしまった事で大きな話になってしまいました。









責任感の強い選手ですので、ライオンズ投手陣の軒並みワーストの成績を背負ってしまいました。




既にライオンズの中心は森友哉ですが、捕手としてはこれからの選手です。数年後にはそんな事もあったと笑い話になるように、成長していってもらいたいです。




今回の件は、愚痴レベルだと思っていたので、捕手継続に関して驚きはないですが、来季優勝を目指すライオンズにとっては、一安心です。







後は、これから始まる契約更改が注目です。





FAが近い森友哉に、複数年契約を結べるか、またそれは何年かがポイントです。






何度か書いてますが、個人的には、



ヤクルト山田やソフトバンク柳田の様な、超長期の複数年契約を希望します。




捕手としてはベテランになればなる程成熟していきますし、万が一、体力的に捕手が出来なくなっても、あの天才的な打撃はどのポジションでもレギュラーを張れる存在ですので、超長期の複数年でも後悔しない選手です。



まだ20代ですが、生涯ライオンズと思わせるような、超長期契約をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













↑このページのトップヘ