埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: ドラフト

ドラフトから一夜明け、毎年恒例のドラフト採点が行われています。






採点する人にもよりますが、ライオンズは概ね平均点くらいの採点をされています。




改めて振り返ると、

20221020_205015


全体的に、昨年の即戦力ドラフトから、育成することを見越したドラフトとなりました。






古川、野田、山田選手と高卒を取りましたので、今ドラフトが成功なのか失敗なのかは、4、5年先に分かります。



特に、高卒野手となると投手よりも時間がかかることが多いので、良い素材を取りましたし、指導者を含めて育成環境を整えたいです。



ファームは投手コーチを厚くしましたが、出来れば来季は現場を離れる田辺コーチにも、打撃面で古川、野田選手は見てもらいたいです。



今ドラフト支配下指名選手を、現時点でポジティブな完成形を想像するなら、



1位蛭間選手 走攻守に優れた3番センター
2位古川選手 長打のある5番ライト
3位野田捕手 パンチ力もある8番キャッチャー
4位青山投手 ローテーション投手
5位山田投手 エースor守護神
6位児玉選手 堅守の9番ショート(セカンド)



実際にプロとしてグラウンドに立ち、プレイする内に当然変わっては来ますが、野手ならクリーンアップや守備の要、投手ならローテーションや勝ちパと、勝利に大きく影響を与えるような選手へと成長してもらいたいです。








また、育成選手は思い切った指名が目立ちます。



ほぼ野手として出場してますが二刀流の野村選手、7月に投手から野手に転向したばかりのモンテル選手、大学で20kg体重を増やした三浦投手、ほとんどリーグ戦に出場していない是澤選手と個性豊かな選手達です。



育成はロマン枠で良いですが、せっかくなので水上投手での大成功を活かした育成指名を分析して、育成選手のスカウティングにも取り入れてもらいたいです。











個人的に気になったのは、ライオンズお馴染みのドラ2ロマン枠の復活です。



昨年は評価の高い即戦力である佐藤投手を指名したことで、ドラ2ロマン枠はなくなったかと思いましたが、素材型の選手を指名しました。



同じように、素材の良さでドラ2となった西川選手が、思うように育っていない現状を見ると育成に不安も残ります。



今年のドラフトは不作と言われていましたし、昨年と比べてドラ2の指名順も遅いので、仕方ない部分はありますが、古川選手という良い素材を指名出来ましたのでしっかり育てたいです。



ライオンズのレギュラー陣を見ると、ドラフト上位指名者が多いです。そう考えると、育てたというよりも元々の能力の高さからレギュラーになれている、スカウティング能力が高いとも言えます。



しかし最近は、野手育成、スカウティングにも陰りが見え始めています。



ライオンズは野手育成が上手いと言われる事もありますが、実際は育成が遅れています。



自分たちの野手育成の方法に驕らず、しっかり育成方法を分析して、良い素材を活かせる選手育成をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










埼玉西武ライオンズ、2022年ドラフト全指名選手です。

20221020_205015




ドラフト1位

蛭間拓哉 22歳 外野手 早稲田大学

Screenshot_20221020-182614~2


大学通算12本塁打の、大学No.1スラッガーです。コンタクトに課題はありますが、長打を打てる能力は魅力的です。



渡辺GMもずっと追いかけていたとコメントし、蛭間選手も1番行きたい球団だったと言ってますので、相思相愛です。


秋山選手が渡米して以来、埋まらないセンターのレギュラーを1年目から狙ってもらいたいです。







ドラフト2位

古川雄大 18歳 外野手 佐伯鶴城高

Screenshot_20221020-190715~2

185cm90kgと恵まれた体格を活かした身体能力は、世代No.1とも評価される外野手です。補強ポイントの右打ちの外野手でもあります。走攻守揃った、パワーとスピードが自慢の、完成形は右の柳田選手と言った所です。


高校生の中では評価の高い選手を取りましたが、蛭間選手に続いてまた外野手です。もしかすると、現役ドラフトを見越しての事かも知れませんが、球団も本気で外野手争いを終わらせに来ました。


蛭間選手同様に当たれば飛ぶタイプですので、コンタクトを改善しなくてはなりませんが、長打を打てる選手を1、2位と指名してきました。


打力で言えば、ライオンズに居そうな体型であり、評価も高い航空石川の内藤選手もおり、指名できるチャンスはありましたが、ライオンズは古川選手を選びました。


球団としての期待も高い選手ですので、大きく成長してもらいたいです。







ドラフト3位

野田海斗 18歳 捕手 九州国際大付高

Screenshot_20221020-195725~2

173cm74kgの右打ちの捕手です。昨年に続いてドラフト上位で捕手を取りました。


ということは、森選手の残留は厳しい見込みですかね。。。


ただ、森選手の動向に関わらず、捕手の年齢バランス的にも高卒の捕手は補強ポイントです。


また、九州国際大付高の監督は、ライオンズでスカウト部長も務めた楠城監督ですので、色々情報を掴んだ上での指名だと思います。


野田選手の強みは肩です。高校通算15本塁打とパンチ力もありますし、数年後正捕手を狙う選手へと成長したいです。







ドラフト4位

青山美夏人 22歳 投手 亜細亜大

Screenshot_20221020-185723~2

亜細亜大学を日本一に導いた、183cm94kgの本格派右腕投手。MAX151キロのストレートに、カーブ、ツーシーム、スプリットを使う総合力の高さがある投手です。


爆発力こそ低いですが、ゲームメイクも出来ることから、先発ローテ入りを目指したいです。







ドラフト5位

山田陽翔 18歳 投手 近江高

Screenshot_20221020-185642~2

浅野選手と共に、甲子園を沸かせた山田選手を5位で取れました。


MAX149キロのストレートに、スライダー、ツーシームが武器の世代を代表する右腕です。高校日本代表では、クローザーを任され圧巻の投球を見せるなど、メンタル面の強さも武器です。


甲子園ファンからは人気も高く、将来性もある投手ですので、今後が非常に楽しみです。






ドラフト6位

児玉亮涼 24歳 内野手 大阪ガス

Screenshot_20221020-195614~2

守備と足が武器の、166cmと小柄な即戦力ショート。非力さが課題ですが、広角に打て粘り強い打撃が出来る選手です。


即戦力内野手は補強ポイントですが、6位でようやく取りました。滝澤選手で味をしめたのか、同じようなタイプの守備型選手です。


今年は上位で高校生を指名してますので、下位で即戦力野手という部分は良いと思いますが、打てる内野手ではなく守れる内野手を取りました。


滝澤、山野辺、山田選手と同じような守備型タイプがいますが、それでも24歳の内野手をとった事で、現役ドラフトにどういう影響が出るのかも注目です。





支配下選手は、昨年同様に6人指名しました。

1位から3位まで野手を指名し、且つその内高校生が2人と蛭間選手以外は将来性重視の上位指名です。逆に下位は大卒右腕に、社会人野手と即戦力を指名し、さらには甲子園のスターも指名できました。


野手を多めに取りましたので、球団としても次世代の野手の中心選手を作りたいといった所だと思います。







続いて育成指名選手です。






育成1位

野村和輝 19歳 投手 石川ミリオンスターズ

Screenshot_20221020-193045~2

東大阪大柏原高時代は、通算27本塁打に最速148キロと二刀流の選手です。

独立リーグでは、外野、サードと野手での起用中心ですが、投手としては最速151キロのストレートに、スライダー、カーブ、フォークも投げます。

評価的には、強肩強打の内野手です。

表示的には投手となっていますが、スカウトコメントでは大型内野手の長距離砲と紹介しているので、内野手だと思いますが、二刀流をやらせるのかも注目です。





育成2位

日隈モンテル 22歳 外野手 徳島インディゴソックス

Screenshot_20221020-202032~2

元々は投手でしたが、7月に野手に転向した身体能力の高い選手です。身体能力の高い育成外野手となると、ジョセフ選手っぽいです。

入団テストからの指名です。

色々なデータをとった上で、まだ伸びしろもある選手との判断での指名ですので、大化け出来るようにしたいです。




育成3位

三浦大輝 22歳 投手 中京大

Screenshot_20221020-202323~2

180cm92kgの右腕投手。

MAX151キロのストレートに、スライダーが武器の投手です。主にリリーフとしての登板が多いですが、3年秋にはリーグ戦で防御率0.84と結果を出し、ベストナインと最優秀防御率に輝きました。

大学では20kg近く体重が増えストレートの力も上がり、奪三振率5.15ですが、反面、制球の安定感に欠け四球率4.03と課題を残しています。

ストレートの回転数が平均で2700と、ストレートの質にこだわりもあるようですので、その出力を安定して出せるようになりたいです。





育成4位

是澤涼輔 22歳 捕手 法政大

Screenshot_20221020-201838~2

試合途中からの出場が多く、リーグ戦での実績は少ないですが、強肩を武器とする捕手です。

まずは、同じ育成の古市捕手と共に支配下入りを目指したいです。








育成選手も昨年同様に4人の指名です。

最近は、水上投手を筆頭に、中熊、赤上、長谷川、滝澤選手と育成からの支配下選手も増えています。


実績的には物足りない部分もあり、育成指名となりましたが、ライオンズはチャンスもある球団ですので、しっかりトレーニングを行い、第2の水上投手を目指したいです。







2022年のライオンズのドラフトは、上位で高校生野手2人を指名と、昨年の上位3人即戦力から一転、将来性に賭けた指名となりました。

ただ、下位で大卒投手、社会人内野手を指名出来たのでバランスは悪くないと思います。


ドラ1、2位が外野手ですので、既存の外野手達もいよいよ正念場となります。来季はハイレベルな争いを見せてもらいたいです。



しかし、野手を上位指名に使った反面、即戦力リリーフの確保は思うように行きませんでした。


今季はチーム防御率1位だったとはいえ、3本柱に加えて、與座、エンス投手、さらに隅田、佐藤、渡邉投手と期待の若手もいる先発に比べて、中継ぎは増田投手の衰えも見え始め、また今季は酷使もあり終盤は失速してしまいました。


ファームの中継ぎ陣は制球難の投手も多く、すぐに使えるかは不透明ですし、そもそもファームは投手不足で一杯いっぱいです。


枚数的にももう少し欲しい所ですので、後は戦力外や現役ドラフトを使って確保したいです。



今ドラフトでの悪い意味でのサプライズは、ドラフト上位候補だと思われていた、立大の山田選手が指名漏れとなった事です。


打力に優れた内野手ですので、即戦力内野手が必要なライオンズには良いと思いましたが、プロのスカウトの目には止まりませんでした。


全球団から指名がないので、それがプロの目だと思いますが、最強世代とも言われた大阪桐蔭出身の、甲子園でも見ていた選手だっただけに残念です。




今回指名された選手は、プロの目に止まった選手たちです。特にライオンズは戦力が足りないチームですので、ルーキーだからと遠慮せずにレギュラーを狙ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












ライオンズの2022年ドラフト1位は、早稲田大学の蛭間拓哉選手を単独指名です。


Screenshot_20221011-120950~2


事前に公表した蛭間選手を無事、単独指名です。



今年は不作とも言われ、事前に9球団が公表する異例の事態でしたが、重複せずに指名出来たのは一安心です。



蛭間選手は、ライオンズジュニア出身、高校も埼玉の浦和学院でナベUとチームメイトと、ライオンズとも縁も深い選手です。



ライオンズの左打ちの外野手は飽和気味ですが、外野はそれでも埋まらない、ライオンズの弱みでもあります。そのため、左のスラッガーとして存在感を出してもらいたいです。




蛭間拓哉


20221020_175642



177cm87kg 左投げ左打ち 早稲田大学


大学通算で64試合、.258、12HR、36打点の大砲候補。守備面では、肩に課題がありましたが、大学で磨きをかけています。また、50m5.93秒と遅くはなく守備も悪くないため、打てる外野手として1年目からレギュラーが期待されます。



秋は打率.143と調子を落としていますが、4年春までは、.276 12HR 34打点 出塁率.374 長打率.584 OPS.958 四球率11.6% 三振率22.8%



高いレベルの長打力を持っていますが、三振が多くコンタクトに課題もあり、当たれば飛ぶ選手と言った所です。



ただ、能力は高い選手ですので、即戦力として期待したいです。ここ数年の課題でもある、ライオンズの外野手争いに終止符を打って貰わなければならない選手です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ドラフト会議が明日に迫りました。

20221019_112319


流出が多くFA補強のないライオンズにとっては、貴重な戦力補強の場です。



昨年はドラフト1〜3位で、隅田、佐藤、古賀選手と、将来の主力候補が獲得出来た素晴らしいドラフトでした。



今年もドラ2ロマン枠は廃止し、しっかり上位は即戦力や将来性の高い選手を獲得したいです。







今年のドラフト1位には、早稲田大学の蛭間拓哉選手を公表しました。

Screenshot_20221011-120950~2


コンタクトに課題はあるものの、今季のドラフト候補者の中でも屈指の長打力を持っている選手です。



肩はそれほど強くはないですが、守れる選手ですので、1年目からレギュラーを狙ってもらいたい選手です。



今年のドラフトは不作と言われ重複を避けたい球団も多く、現時点ですでに7球団が事前にドラフト1位を公表している異常事態です。


※今日の夕方時点で2球団増え、9球団が公表となりました。重複はなしです。




事前予想では、蛭間選手の重複はなさそうですが、何が起こるか分かりませんし、後は重複しない事を祈りたいです。



ライオンズの場合は、ドラフトが主な戦力補強の場になりますので、2位以降の指名もかなり重要です。

現状、コア4の後釜作りを含めた野手育成が急務です。期待の渡部、ブランドン選手がイマイチ伸びてこない事もあり、蛭間選手以外にも上位で野手を指名したい所です。




ただ、ライオンズとしては先日来季の組閣を決定しましたが、投手や育成選手を増やしたいような配置となりました。





渡辺GMから、野球はやっぱり投手とコメントがあり、来季のファーム投手コーチは清川、大石、長田、内海コーチの4人体制となりました。



投手コーチ4人に対して、打撃コーチは2人だけなので、投手育成に力を入れたい思惑を感じます。




また、新任の荒川、鬼崎コーチには3軍の肩書をつけました。今季はリハビリ組が実質3軍扱いでしたので、来季も同様の運用になるかと思いましたが、渡辺GMとしては、まだ人数的に足りないが3軍をおいて選手を育てたい意向を述べました。




一度は3軍制を廃止しましたが、水上、滝澤選手のように、最近は育成選手から戦力を生み出していますので、早期の方針転換です。


今季のファームは、BCリーグとの交流戦も行いましたし、3軍の人数、設備、指導者等揃えば、BCリーグなどのアマチュアとの試合を積極的に組んで、3軍を活かして行くのも良いと思います。


ただ、そこまで本腰を入れて3軍を作るのであれば、それなりの予算も必要ですし、しばらくは、リハビリ組や基礎体力中心組のための3軍となりそうです。



基本は、支配下のドラフト選手に期待ですが、ロマン溢れる育成選手の指名にも注目です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ドラフト会議まで1週間を切りました。

Screenshot_20221005-150604~2


各紙報じているように、今年のドラフトの傾向は1位指名候補を絞るのが大変だという、不作とも言われる年です。



そういう事情もあり、今年は例年以上に1位指名選手を公表し、確実に1位指名を取りに行きたいという各球団の思惑も見られています。





今年のドラフト有力候補者です。

Screenshot_20221014-175750~2


巨人は浅野選手、日ハムは矢澤選手、オリックスは曽谷投手、ソフトバンクはイヒネ選手、広島は斉藤優汰投手、そしてライオンズは蛭間選手を事前に指名公表しました。




すでに6球団が1位指名を公表する事態となっていますが、ライオンズとしては当然重複は避けたいです。



公表することで他球団を牽制出来る一方、公表しない球団はくじ前提で重複指名出来ますので、ハズレ1位も決定済みで臨めますし、公表することが必ずしも有利とは限りません。



後は、重複しないように祈るだけです。







流出が多く補強の少ないライオンズとしては、ドラフトは貴重な戦力補強の場ですので、1位はもちろんですが、2位以降もかなり大事になります。




森、外崎選手のFAがありますので、即戦力内野手やチームバランス的に出来れば高卒の捕手も欲しいです。




また、今季はまだ戦力として使える、十亀、武隈、内海投手と、ベテランたちが引退してしまったので、ファームの投手不足を考えても投手の指名も必要です。







あれもこれも欲しいですが、まずは打てる野手が欲しいです。




ファームの打線を見ても、期待の渡部、ブランドン選手が伸び悩み迫力不足です。



2位では取れないと思いますが、残っていれば立大の山田内野手や、大阪桐蔭の松尾捕手はチームに必要なポジション、年齢です。



2位指名時に残っている選手の中から、最も打てる選手が投手よりも魅力的なら2位も野手で行きたいです。








投手では、上位なら先発候補、下位なら大社の即戦力中継ぎや将来性を感じる投手を取りたいです。




増田投手の衰えや、平良投手の先発希望もあり、中継ぎの補強も必要ですが、勝敗に大きく影響を与える先発投手、特に上位で指名するならローテ入りが出来るポテンシャルの投手を取りたいです。




今年のファームの酷使を見ても分かるように、投手は何人いても困らないので、即戦力、将来性を考えてバランス良く投手も取りたいです。







コア4を残せない可能性があるだけに、すでに足りないポジションだけでなく、今後足りなくなるポジションも出てくるだけに、編成としても大変です。




昨年は、上位3名を即戦力として獲得出来た、非常に良い指名でした。



個人的には、当たらないドラ2ロマン枠がなくなっただけでも満足でしたが、今年も当然ドラ2ロマン枠は禁止です。



やるなら下位や育成で、ロマン枠をやってもらいたいです。





スカウトの腕は信じていますが、上位は有名所で良いので実績のある選手を選び、賭けるなら下位指名で、遊ぶなら育成でお願いしたいです。





選手寮の問題や、イースタンには育成選手が出られる人数制限もあることから、ライオンズは3軍も廃止しましたし、たくさんの育成を指名出来る訳ではありません。



ただ、選手寮は近くのマンションでも借りあげればいいですし、イースタンにはローテーションで出場すれば良いので、育成も複数人しっかり指名し、ワンチャンに賭けたいです。







ライオンズファンにとって、今オフは森、外崎選手が去るかも知れないオフですので、非常にネガティブなオフです。




ただ、ドラフトは別です。ドラフトは将来への期待しかありません。




評価の低かった選手や無名の選手が、大活躍する例もありますので、来週のドラフトは今オフの最後の楽しみになるかも知れませんし、期待に胸膨らませるドラフトになってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ