埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: ドラフト

今季のドラフトでは上位指名は、隅田投手、佐藤投手、古賀捕手と即戦力を、下位指名は素材型の選手と、珍しくドラ2で遊ぶことなく、良い指名が出来ました。




即戦力と期待している上位選手は、来季から主力を脅かす存在になってもらいたいですが、

下位の素材型選手、特に高卒のドラ4羽田投手、ドラ5黒田投手はまず体作りからとなり、ライオンズの育成能力が試されます。










どちらも魅力的な素材型投手です。




羽田慎之介投手

191センチの長身から投げ下ろす、MAX149キロのストレートを軸に、スライダー、チェンジアップ、カットを投げる、奪三振能力の高い左腕投手。

高校時代は怪我に泣きましたが、素材としての評価は高い投手です。

制球はあまり良くないですが、力で空振りを取れる可能性もある素質を秘めています。




黒田将矢投手

188センチ82キロと細身の体ではありますが、MAX149キロのストレートに、スライダー、カーブ、フォークを投げます。

特にフォークの評価が高い投手です。

青森県内の試合では、被打率がやや高いですが、三振を取れる魅力もあります。








ライオンズは、中塚や川越のように、素材型の投手をなかなか育てられません。


既存の投手陣は、ドラフト上位組と下位指名でも社会人出身が大半です。



ただ、ドラフト下位指名の高卒素材型投手は、近年大きく育った例もあり注目されています。山本由伸や平良海馬もそうです。




羽田投手、黒田投手は今のスペック的に、すぐに1軍とは行きませんが、伸び盛りでもあるので、体を作り上げれば球速も150キロを超える事は出来ると思います。



羽田投手はチェンジアップ、黒田投手はフォークと言う武器はありますが、

まずは、ストレートで空振りが取れるようになってもらいたいです。



ストレートの質を高めるための体作りを行い、出来上がった体に合った投球フォームを作る所までを、1年目は行ってもらいたいです。2年目から実戦経験を積めるようになれば、順調だと思います。




今のライオンズで言えば、井上投手が下位指名の高卒素材型投手ですが、1年目は怪我の完治に加えて体作りを行い、フェニックスリーグで頭角を現しました。


2年目となる今季は1軍にも昇格しましたが、壁に当たっています。3年目となる来季には壁を打ち破り飛躍を期待されている投手です。




羽田投手、黒田投手共に、井上投手のように1年目の後半に登板が出来れば御の字と言う気持ちで、焦らずにじっくり体を作り上げてもらいたいです。



両者共に、目標は大きく、常時150中盤のストレートで空振りが取れる投手になってもらいたいです。





ライオンズの育成能力が試される指名です。


今まではあまり育てられない事が多かったですが、スカウティングと育成で勝負する球団としての底力を見せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










期待のドラ1左腕、隅田投手がライオンズへの入団を内諾しました。









今のライオンズには右左関係なく、即戦力先発投手が必要ですが、特に足りない先発左腕を獲得出来ました。



今季は、浜屋、佐々木、ダーモディ、内海とライオンズの左腕達が2勝8敗と結果を出せず、防御率も6点台と散々な状況です。



そのため、隅田投手にかかる期待は大きいです。





隅田投手の魅力は空振りが取れる所です。


ストレートはMAX150キロですが、平均球速は140程度と速くはありませんが、それでも空振りを取れるキレのあるストレートを投げます。



変化球はカット、スライダーはカウントを稼げ、フォーク、チェンジアップは空振りが取れます。



フォーク、チェンジアップといった落ちる球とストレートのコンビネーションで、空振りを取る投手です。



制球はそれ程良くはないですが、今秋から制球力が上がった事で、4球団競合する目玉になりました。






隅田投手は決してレベルの高くない地方リーグではありますが、圧倒的な結果を出しています。


アマチュアの場合、所属するリーグによるレベル差が大きいので、数字で判断するのは難しいですが、4球団競合と言う、他球団のスカウトから見ても良い投手と判断されているので、それを信じたいです。







現状は、ストレートよりも変化球の評価の高い投手です。



隅田投手は、ストレートの力で押していく投手と言うよりも、変化球を駆使して球のキレで空振りを取っていく投手です。


ただ、投手の基本はストレートです。



ストレートは球速よりも質ですが、空振りが取れるキレは保ちながらも、140程度の平均球速をもう少し上がるようになれば、より変化球も活きて来ますので、今後レベルアップしていきたいです。





オリックス田嶋、楽天早川と左腕をクジで外して来たライオンズにようやく誕生した、即戦力左腕です。


まだプロとして1球も投げていませんが、コンディションに問題がなければ、ローテ入りの可能性も高いです。



それだけ、ライオンズ投手陣は良くはなって来ているとはいえ、他球団と比べると物足りなさがあります。



プロとして早々にチャンスが貰える可能性が高いので、まずはコンディションをしっかり整えてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












2021年ドラフト会議で指名された、パ・リーグ各球団の選手達と総評です。




ライオンズは、来季こそは優勝争いするために、即戦力を中心としたドラフトを行い、専門家からも軒並み高評価です。


ライオンズは即戦力中心でしたが、球団によって様々です。ドラフトでは、チーム強化の方向性が見て取れますので、ライバルとなるパ・リーグ各球団の指名をまとめます。





【西武

支配下

20211012_080259

育成

20211012_080619


ドラフト1位評価の隅田、佐藤両左腕投手を獲得しました。3位でも即戦力捕手を獲得した事で、来季からの戦力の底上げをしました。


下位&育成は将来性を買っての指名です。今までは上位で素材型のロマン枠を使っていましたが、上位は即戦力、下位は将来性と、今季の低迷を来季巻き返すための指名が出来ました。



選手個々の情報は、こちらで紹介しています。







【日ハム】

支配下

20211012_080314

育成

20211012_080652


ライオンズと共に今季最下位争いをしている日ハムですが、上位は高校生中心のドラフトをしました。


ライオンズのように、今季は低迷しましたが、ここ数年優勝争いをしていた選手達がいる状況とは違い、日ハムは下位に沈むことも多かったですので、思い切って数年後を見据えた育成に舵を切りました。

低迷しているチームを根本的に変えるために、将来に賭けた指名となりました。

ファンにとっては、しばらく我慢のシーズンが続きそうです。





【ロッテ】

支配下

20211012_080252

育成

20211012_080555


打てる野手を上位で獲得しました。


ライオンズのドラ2候補としても名前が挙がっていた松川捕手をドラ1指名です。捕手として育てるのか、コンバートして打力を活かすのかはポイントですが、高校生野手が育ってきているロッテは、さらなる強化を試みました。

上手く育てば、既存の若手野手と一緒に、強力打線が組めるような指名です。






【オリックス】

支配下

20211012_080245

育成

20211012_092503


近年、高校生を中心としたドラフトを行って来ましたが、今年の活躍を見ても分かるように、上手く戦力になってきている事もあり、大卒中心の即戦力ドラフトを行いました。


下位に低迷する事が多かったオリックスですが、近年の将来性を買っての指名が成功した事による、即戦力の獲得です。


チームを固めるために、必要なピースを獲得したドラフトと言った所です。









残りは、今季こそ低迷していますが、来季も優勝予想されるであろう巨大戦力の2チームです。




【ソフトバンク】

支配下

20211012_080236

育成

20211012_080541



チームの高齢化が懸念のソフトバンクですが、将来性、即戦力とバランス良く指名しました。


今季から育成を拡大する方針もあり、育成選手は大量14人指名です。これだけの育成を育てるスタッフ、設備を持っているのは羨ましいです。

最近は外国人も育成しているソフトバンクですが、長期的には日本人、外国人共に育成し戦力化し、短期的には既存戦力の底上げと外国人で賄う方向性だと思います。


最近は、ヘイトを集めるような無理なFA補強はしていないですが、DeNA宮崎は補強ポイントに合致してますので、今年は動きそうです。







【楽天】

支配下

20211012_080309

育成

20211012_080643

毎年のように大型補強していますが、結果の出ない楽天ですが、中長期的視点での素材型中心のドラフトを行いました。


ソフトバンクのように、毎年優勝争いをしているチームや、日ハムのように下位が続いて根本から変える方針のチームなら、中長期的視点のドラフトは分かりますが、オーナーから優勝を指示されている楽天としては、何かしら疑ってしまう指名です。

流失の多いライオンズファンなので、被害的になっているだけかも知れませんが、短期的にはFA補強前提のドラフトだと感じます。


ドラ1は外野、ドラ2はサードへのコンバートも視野に入れた選手ですので、ライオンズとしては、セカンドを守る外崎や、捕手の森の動向は気になる所です。










投手豊作と言われるドラフトで、投手中心の指名をした西武、逆に野手を上位指名したロッテ、楽天と、各球団、チーム強化の方向性や思惑があっての指名です。



大事なのは、ここからの育成です。



ライオンズは素材としては評価の高い左腕を、2人獲得しました。

2人を育成する指導者も大事ですが、ライオンズだと今は球団にいる土肥氏辺りは現場復帰するかも知れませんね。



投手運用では結果を出せませんでしたが、伸び悩んでいた菊池雄星と二人三脚でフォームを作り、覚醒のきっかけを作りました。



素晴らしい素材を活かすも殺すも、後は育成です。


球団を上げてしっかり育成していきたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






















西武ライオンズは、2021年ドラフト会議では、支配下6 名、育成4名の合わせて10名の交渉権を獲得しました。




20211011_203851


支配下、育成合わせた内訳は、投手5人、捕手2人、内野手2人、外野手1人です。


投手は5人中4人が左腕です。


ライオンズのチーム編成的には、左腕と捕手を増やしたドラフトとなりました。





以下、ドラフト指名選手の紹介です。




ドラフト1位

隅田知一郎投手 西日本工業大 22歳


大学トップクラスの左腕投手。最速150キロのストレートに、多彩な変化球で奪三振能力の高い投手。

4球団(西武、巨人、ヤクルト、広島)競合の末、西武飯田球団本部長が引き当てました。

最速は150キロですが、普段は140前半から中盤くらいで、キレで勝負するタイプです。変化球はスライダー、チェンジアップを軸に、ツーシーム、カット、スプリットと多彩。特に、チェンジアップの評価が高い投手です。

開幕ローテ入りが期待される即戦力左腕です。





ドラフト2位

佐藤隼輔投手 筑波大 22歳


隅田投手と並び、大学トップクラスの左腕投手。最速152キロのストレートに、スライダー、チェンジアップを投げる制球の良い投手。

140中盤から後半のストレートに、変化球はスライダーとチェンジアップのみと球種は少ないですが、出処の見えづらいフォームから、コーナーに投げ分ける制球力が武器。

ドラ1で消えると思いましたが、まさかのドラ2で獲得出来ました。

大学では肘の怪我や、直近では右脇腹の怪我と、故障がちでもあります。それもあってか、事前の評価では、ドラフト1位濃厚の投手でしたが、他球団が敬遠したのは気になる所です。

万全ならば、即戦力のドラ1投手です。怪我を治し、隅田投手と共に、開幕ローテ入りを目指したいです。



ドラフト3位

古賀悠斗捕手 中央大 22歳


即戦力捕手と高い評価をされている選手です。

攻守に長けたバランス型と言われていますが、飛び抜けた能力が足りないとも言える選手です。打撃は三振も多く確実性が課題です。

即戦力捕手を取ったと言う事で、FA持ちの岡田、FA間近の森の交渉が上手く行っていないと予測出来るので、動向が気になってしまいますが、古賀捕手としては、まずはファームの正捕手を目指したいです。



ドラフト4位

羽田慎之介投手 八王子学園高 18歳


191cmの大型左腕です。

最速149キロのストレートを主体に、スライダー、カーブ、チェンジアップなどを投げます。奪三振能力も高いですが、与四球率も高く制球に課題があります。

怪我持ちの投手でもあります。

左肘骨髄浮腫により登板実績は少なく、3年夏の大会は登板がありません。9月からは、医師より投球許可も出ています。

怪我はありますが、和製ランディ・ジョンソンとも言われ、他球団からも伸びしろやポテンシャルの高さは評価が高い、素材型の投手です。

ライオンズの地元所沢出身で、ライオンズJrに所属していた選手でもあります。




ドラフト5位

黒田将矢投手 八戸工大一高 18歳


12球団が視察に訪れた右腕。

同校OBのロッテ種市2世とも呼ばれ、188cmの長身から投げ下ろす、最速149キロのストレートに、スライダー、フォーク、カーブを投げます。

長身から投げる角度のあるフォークの評価が高い投手。




ドラフト6位

中山誠吾内野手 白鴎大 22歳


190cm97kgの大型ショート。体型はオリックスのラオウこと、杉本選手のようです。大学3年では本塁打王を取るなど、左打ちの大型スラッガー。

攻守共に粗さがありますが、完成形が楽しみなロマン枠です。

ロマン枠をドラ2ではなく、下位指名で使ってくれたので、個人的にはそれだけで満足です。







育成1位

古市尊捕手 IL徳島 19歳


二塁送球1.73秒と強肩捕手。

肩の強さには定評がありますが、その他はまだまだです。

育成は一芸に秀でている選手で良いので、肩の強さで取った選手と思われます。



育成2位

滝澤夏央内野手 関根学園高 18歳


165cmと小柄な選手。ショートと投手の二刀流ですが、武器は50m5.8秒の足。盗塁や守備範囲の広さも定評があります。



育成3位

菅井信也投手 山本学園高 18歳


130後半のストレートとスライダーで、イニングを超える三振を奪う左腕。

課題は制球ですが、左キラーの中継ぎを目指したいです。



育成4位

川村啓真外野手 國學院大 22歳


4年春には首位打者を獲得した、左打ちのヒットメーカー。守備に課題はありますが、打撃センスを買われての指名だと思われます。








これでもかと、左腕を取りまくったドラフトでした。





左腕にこだわり過ぎると、以前の斎藤大将のドラ1指名のように、評価よりも高い順位での指名が起こりやすいですが、


今回はドラフト1位評価の2人を1位、2位で取れた、満足感の高いドラフトでした。




個人的には、ドラ2でロマン枠とかいう遊びをせずに、評価の高い即戦力を取りに行ったので、それだけで満足です。




昨年は素材型の野手ドラフトでしたが、今年は1位から3位までは即戦力を獲得したドラフトでした。



事前評価で勝ち負けを決めるのであれば、隅田、佐藤両投手を取れたライオンズは、勝ちドラフトになります。




評価が高いからと言って成功する訳ではありませんが、課題の投手陣に即戦力左腕が2人入ります。



ずっと投手の駒不足に悩まされて来た辻監督にとっては、来年が羨ましい結果となりました。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















2021年のドラフト1位は、隅田知一郎投手となりました。


20211011_173712



ヤクルト、広島、巨人と4球団競合の末、西武飯田球団本部長が引き当てました。




即戦力左腕を獲得出来ました。


最速150キロのストレートに、ツーシーム、チェンジアップ、スプリット、カットと変化球も豊富な投手です。

速いストレートも魅力ですが、変化球のキレが特に良く、三振の取れる投手です。



ドラフト1位が予定通り取れたので、ホッとしました。


あとはドラフト2位で遊ばないで貰えれば、完璧です。


(追記)

ドラフト2位は、筑波大の佐藤投手を取りました。


ドラ1候補だった左腕投手です。


隅田投手と佐藤投手は、大学左腕No.1を競う評価でしたが、佐藤投手は怪我もあり他球団はドラフト1位を避けました。


ライオンズは、隅田投手公表前は、佐藤投手をドラ1指名の噂がありましたが、まさか両取り出来るとは思いませんでした。


ライオンズらしからぬ、メジャーどころのドラ1、ドラ2獲得となりました。


ドラ1が有力だった佐藤投手を他球団が避けたのは、気になる所ですが、ドラ2で遊ばなかったので、今の所は大満足です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















↑このページのトップヘ