埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


永遠の期待の若手外野手、愛斗です。


現状、鈴木、高木が1軍の外野手争いに入ってくる選手ですが、本来なら高木より守れて、鈴木より打てる愛斗がレギュラーになっててもおかしくない選手です。



しかし、2軍では打てるが1軍では打てない、

2軍の帝王になってしまっています。



愛斗の能力的な問題もありますが、チームがもう少し愛斗の調子のいい時に、チャンスを与えたかったというのもあります。



ライオンズは1、2軍の入れ替えという、選手マネージメントが下手なので、昨年は調子が下降気味の時に1軍に上げて使い始めました。



皆さんの記憶にも新しい、ロッテとのクライマックス争いの大一番での起用です。




結果は出せませんでしたが、

首脳陣の選手マネージメントの問題も大きいです。



個人的にも、愛斗には大きな期待をしていましたが、

あの大一番でのロッテ戦、岩下の分かりきったフォークに、全く合わない三振を見ると、今は愛斗に対して厳しい眼で見てしまってます。





何年も結果を残せないなら、愛斗のためにも、チームのためにも、需要のある内にトレードも一つの手段です。



もちろんライオンズの選手には、ライオンズで活躍してもらいたいですが、愛斗が伸び悩んでいる内に、鈴木、高木が伸び、新人も獲得し、山野辺も外野手争いに参戦しくるかもしれません。



伸び悩んでいる内に、どうしても愛斗を育てたいという状況ではなくなりました。



愛斗も、総合力なら鈴木や高木を上回る力があるにも関わらず、調子の波が大きく安定感に欠け、1軍では結果を欲しがるあまりに、当てるバッティングをしたり、思い切りの良さを履き違え、振り回すだけになったりと、

1軍に上がるとバッティングが迷走しています。


非常にもったいない選手ですね。



こういう選手には、成功体験から自信を付けさせ、覚醒へと繋げたいです。


今季は、調子のいい時に1軍で使ってあげてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






ドラ6の、タイシンガー・ブランドン大河内野手です。


アメリカ人の父を持つハーフです。



名前のインパクトと顔の良さばかり注目されてますが、スカウトも大学入学時からずっと追いかけてたそうなので、期待の新人です。


走攻守三拍子揃った強打の内野手で、高校時代は投手もやってたことから肩の強さも魅力だそうです。


ポジションはサードなので、佐藤、山田、渡部と共に、中村の後釜争いに参戦です。


走攻守三拍子揃ってるというと、魅力的に聞こえますが、ドラ6まで残ってた選手ですし、悪く言えば平均的な選手とも言えます。


何か尖った能力が欲しいですね。




プロとして、これで食ってくんだという決意と努力が必要です。


プロとして生き残れる長所を見つけ、伸ばす指導を、2軍コーチに期待します。



今の所、球団としては、打力を期待してると思います。

前評判だけでの完成形のイメージは、ライオンズの助っ人スパンジーです。


ただ、今の段階での完成形は、中距離ヒッターですが、今まで名門校でやっていた訳ではないので、プロでの指導で化ける可能性もある選手です。


ブランドンには、必死に練習してもらいたいですね。



ポジションですが、

ライオンズの野手は、サードと外野手が直近の課題です。



渡部はプロとしてシーズン通してサードが出来るか不明ですし、ブランドンはまず本職のサードとして育成です。


足と肩を活かすのであれば、将来的には外野手の可能性もありますね。





ライオンズには、久しぶりのイケメン選手です。


ラテン系っぽい彫りの深い顔立ちから、カルロスと呼ばれる木村ですが、本物のカルロスっぽい選手が入ってきましたね。


カルロスってあだ名もポジションも取られないように、木村も頑張りどころです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





緊急事態宣言を受けて、首都圏を本拠地とする球団は、キャンプインが遅れる可能性が出てきました。


しっかり対策を講じているので、あくまで予定通り行うとの事ですが、感染の状況次第では延期になりそうです。



埼玉を本拠地とする、我がライオンズも対象です。





キャンプは暖かい所でやるという以外にも、

県が球団のために練習施設を整えたりしますので、興行的な意味合いもあります。



キャンプ地を変えるとなると、県知事が出てきたり、誘致合戦が行われたりしましたね。



今年は、お客さんを呼ぶことは出来ませんが、選手達が滞在すれば、多少なりともお金を落としてくれる訳で、

観光客の少ない地域には貴重な財源でもあります。



経済的な意味では、受け入れ側もキャンプ地に来てほしいでしょうが、世論や感染を考えると判断が難しい所だと思います。




球団としては、最悪、本拠地でキャンプを行えるようにプランを考えておくべきですね。



幸い、ライオンズには立派な施設が出来ましたのでフル活用したいです。




立派な施設が出来ましたが、それでも全員が同事に練習は難しいでしょう。


主力以外の選手達は、練習する場所がなくなる恐れがありますが、今年優勝するために、主力を優先させて、時間を分けて行えるようにしたいです。


場所が足りなければ、若い選手たちは走り込みや、夜間練習が増えるかもしれませんね。



今年は、どのチームも調整が遅れる可能性があります。



しかし、

逆に開幕からスタートダッシュをかけられるチャンスでもあります。



選手達が練習に集中して取り組めるように、球団は色々な状況を想定して、プランをしっかり立てて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





昨年のドラフトは素材型の選手中心の指名でしたが、

唯一、即戦力として期待がかかるのはドラ2佐々木投手です。


ライオンズお馴染みの富士大学から社会人に進んだ、左腕です。


ライオンズの左腕は、浜屋、小川以外は、戦力となっていません。




左腕不足の現場の意見を取り入れた指名ですが、

辻監督が欲しいのは左キラーの左腕なんですよね。



浜屋は先発ですし、小川は左に強い訳ではありません。



武隈は酷使による蓄積疲労もあり、多分もう壊れてます。


斎藤大将、佐野も対左というより、ストライクを取るのに精一杯という感じです。


斎藤大将はフィールディングは上手いのですが、特筆すべきはそれくらいなので、思い切って、対左用のスライダー投手としてモデルチェンジすればまだ可能性はありますが、制球の悪さが足を引っ張りそうです。


ライオンズはこんな現状なので、ドラ2佐々木はすぐにチャンスがもらえるチームに入りましたね。



心配なのは、ライオンズファンお馴染みの、投げっぷりの良い投手という評価です。



腕が振れるのは良い事ですが、制球の悪さを改善させられる投手コーチはいません。



戦力外になった野田も、投げっぷりの良い投手でしたが、制球を意識するあまり、腕が振れなくなり、スピードも落ち、かといって制球も良くならずに終わってしまいました。


佐々木も同じ道を辿らないようにしてもらいたいです。


腕が振れるのは大きな武器です。



ライオンズファンは、制球の悪さに寛容なので、小さくまとまろうとせずに、ストレートの強さをまずは高めて欲しいですね。


正捕手の森も、制球の悪い投手慣れしてるので、高低と内外くらいのアバウトで良いので、しっかり腕を振って投げ込んで欲しいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






ドラ1渡部と共に、将来の主砲候補ドラ3山村です。



ライオンズの将来を考えると、非常に大きな期待がかかる選手です。



 

普通の采配が出来る監督がいることが大前提ですが、

常に優勝を目指せるチームを作るには、投手力を含めたディフェンス面と、打線の核の存在が必要と考えてます。






投手陣は、エース級が何人いても困りませんが、野手に関しては、4番打者を何人集めた所で、打順を打線にしなくてはチームとして機能しません。


誰もが認める打線の核がいれば、個々の役割が明確化され、打順を打線に出来ます。



一昔前の巨人のように、4番ばかりを集めて、誰が打線の核なのか、個々の役割は何なのか分からないような打線は、派手ではありますが機能しません。




目指すところは、

エース級が何人もいる投手陣と、柳田という打線の核がいるソフトバンクの様にです。




今のライオンズは、投手陣は全くかないませんが、野手陣は太刀打ち出来ます。

ライオンズの野手の核は、栗山、中村から浅村、秋山へ、そして今は森、山川です。



浅村、秋山が早めに居なくなりましたが、他球団ファンから見れば、非常に上手く野手の核の世代交代が出来ています。


常に優勝争いをするチームにするには、このサイクルを続けて行くことが必要です。




現状、高木、鈴木と期待の若手が伸び悩んでます。


ライオンズには、次世代を担う打線の核がいません。


ドラ1渡部、ドラ3山村には、次世代の打線の核として大きな期待がかかります。



ライオンズには、清原、松井稼頭央、中島を育てた土井コーチを現役の頃から見て育った、田辺コーチがいます。


スケールの大きな選手になってもらいたいので、3軍コーチではありますが、次世代を担う2人には指導してもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




↑このページのトップヘ