埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021


辻監督が見守る中、新人合同自主トレが行われましたね。


この時期の新人達は、ファンとしてはポジティブな希望しかないので楽しみです。




やはり、キャラクター的にもドラ1の渡部が注目されてますね。


辻監督は何人か1軍キャンプに連れて行ければと言ってますが、今年の新人達は素材型が多いので、どうでしょうか。




渡部は、お調子者っぽいですし、将来のライオンズの中心候補なので、焦らずにじっくりと2軍キャンプが良さそうです。



連れて行くなら左腕不足の現状を考えれば、ドラ2の佐々木ですね。



調整不足で別メニューとのことなので、状態次第ですが、新人達の中では一番可能性があります。





個人的には、

外野手の競争を煽りたいので、ドラ4若林も連れていきたいですね。




金子以外は、流動的な外野手ですが、木村の低い壁を超えられない高木、鈴木の奮闘を促したいので、新人を連れていくのも手だと思います。



ライオンズの外野手問題は、外野が本職の外国人を獲得すれば、クリアーする問題ではありますが、メヒア残留により可能性はほぼゼロとなりました。





若手の奮闘を期待というよりも、鈴木、高木が覚醒してくれないと、優勝を目指すライオンズとしては困ります。


焦らずにと言いたい所ですが、外野手に関しては焦ってもらいたい部分もあります。


空いてるからレギュラーではなく、競争に勝って奪い取るポジションにしたいので、新人達は良いカンフル剤になってもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




ライオンズ期待の若手先発投手の1人、ナベUこと渡邉勇太朗投手です。


地元埼玉の名門、浦和学院出身の投手です。


これまでは基礎体力強化で育成してきましたが、今季は2軍のローテーションを回し、来季は1軍へという球団のプランです。


入団以来、将来への期待が大きい選手でしたが、秋のフェニックスリーグでは、高卒ルーキーの井上投手の方が、大器の片鱗を見せる活躍でした。


ストレートは良いものを持っていますが、球威で抑えられる程ではまだないので、制球と変化球が鍵となりそうです。


内海が面倒見てくれているので、ストレートを活かすための変化球や、球のキレという部分を強化してもらいたいです。





1軍では、高橋、松本、今井がエース候補として頑張ってますが、2軍では、渡邉、井上、上間と将来のエース候補として、競い合って行くことで投手陣のレベルアップにも繋がります。


若手先発投手陣で、楽しみがあるのは久しぶりですね。


若手投手の覚醒にはきっかけが必要です。


きっかけには、練習した成果が試合で結果として出る、成功体験が効果的です。



練習に関しては、本当はコーチに頼みたい所ですが、ライオンズはコーチも育成している際中なので、面倒見の良い内海にお願いしたいです。


こうやって記事で注目されるのは、若手選手にとってはやりがいにもなりますね。


渡邉は、当たり前のように記事になる選手になれるし、なってもらいたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ライオンズ歴代最強外国人のカブレラの息子、ラモン・カブレラ捕手がBC茨城に入団するそうです。



BCリーグの方が外国人獲得に積極的ですね。


ライオンズも頑張ってもらいたいです。




BCリーグとはいえ、怪我人など出れば、ヒースのようにシーズン途中に、BCリーグから外国人を獲得する可能性もあります。


ライオンズに足りないのは、投手ですのでラモン君の獲得は可能性は低いですが、話題性はありますね。




ラモン君ももう31歳ですか。


カブレラ地蔵の前で、お父さんと一緒に撮影した写真が懐かしですね。


show_img




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





コロナ渦により、外国人選手はキャンプには間に合わないようです。


追記:松坂はすでに帰国していたそうです。



ギャレット、スパンジーは昨年の経験を踏まえて、課題をキャンプから指導したかったですが、しょうがないですね。



ライオンズファンが一番気になるのは、新外国人獲得情報がない事です。


今季も特例2020適用により、1軍登録出来る外国人枠が5人と拡大されます。


試合に出れるのは通常通り4人までですが、先発のニールが登板しない日には、別の外国人を試合に出せるので大きなメリットです。


どの球団も、この恩恵を受けるために補強してますが、我がライオンズはまだ情報が出ませんね。



新外国人は使えるかどうかの判断をキャンプ、オープン戦で見極めたいでしょうが、今年は出来ない可能性もあるので、シーズン中でも指導、練習が必要です。



昨年はギャレットが豊田コーチから教えてもらい、スプリットを習得し武器になりました。



なので、今季も獲得するなら野球に対して真面目な外国人が良いですね。


外国人投手は一度、豊田コーチに預けたいです。



来日出来ないリスクも考えて、および腰になってるのかもしれませんが、優勝を目指すなら外国人投手補強は絶対です。



今年もコロナ渦で、メジャーもどうなるかわかりません。


日本の方が安全と判断して来日する外国人もいるでしょうから、今からでも外国人投手はちゃんと補強出来ますので、動き続けて欲しいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




ドラフト7位の仲三河が入寮しましたね。


ライオンズでは、大阪桐蔭と富士大学出身者は成功例が多いです。


大阪桐蔭出身では、中村、浅村、森、岡田、富士大学出身では山川、外崎、多和田、佐藤と戦力になっています。



仲三河はドラフト7位と下位指名ではありますが、大阪桐蔭ってだけで期待してしまいますね。




左打ちの外野手ということで、ライオンズには鈴木、高木、戸川、川越と若手のライバルが多いポジションです。


正直、左打ちの外野手は余剰ですが、それでも獲るという事はそれだけの期待がある素材だと思われます。





外野のレギュラーは、金子以外は決まってないですが、辻監督も言うように若手達に突き抜けたものがないので、今季も木村やスパンジーが外野をやる事になりそうです。





球団としては、仲三河には数年後を期待していると思いますので、今年は基礎体力中心の体作りのシーズンになるでしょう。
 

思ったより使えると田辺、嶋が判断すれば、2軍の試合にもどんどん使って欲しいですね。



仲三河は、高卒なのでまだまだ焦ることはないですが、昨年のルーキー川野のように2軍でレギュラーを奪うくらいの気持ちでやって、高木、鈴木の尻を叩いてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ