埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021

緊急事態宣言が出されることになりましたね。


ライオンズも自主トレ、キャンプはリモート取材に変更となりました。




前回ブログで書きましたが、

緊急事態宣言が長引いたとしても、無観客でのプロ野球開幕は予定通り行って欲しいです。








昨年の緊急事態宣言よりも、徹底した自粛はしない方も多いと思われるので、こんな時に野球なんてという風潮にまではならないとは思います。


しかし、これだけ感染拡大していると、選手達が感染し、球団内でクラスターとなる可能性もあり、そうなると開幕も危ぶまれます。



もちろん命優先ですので、無理に開幕をとは思いませんが、感染が落ち着き、徹底した感染予防をした上で、無観客での開幕をしてもらいたいです。



試合をする事で、無観客でも工夫をすれば収入に繋がります。





別の業界ですが、野球同様に、

イベントやグッズが大きな収入源のアイドルビジネスにおいても、コロナ渦でイベント中止が相次ぐ中、工夫をして成功した例もあるようです。








熱心なファンがいる事でお馴染みの、ハロプロです。

モーニング娘。などが所属してますね。



アイドルのライブは野球同様に、歓声で盛り上がるのが楽しみの一つだと思いますが、盛り上がる曲は一切なしにし、バラードのみの構成で、しっとりと聞くライブを行い成功したそうです。


ライブでの感染者も出なかったようですね。



この記事でコメントしている、ハロプロファンの方は、いつ見に行けなくなるか分からないので見れるときに見に行こうと、いつもより多くライブに行き、支援の意味も込めてグッズもいつもより多く買ったそうです。

熱心なファンは、コロナ渦でもお金を使ってくれますね。





プロ野球も昨年は、無観客での試合開催という工夫をしましたが、今季はもう一歩工夫が必要になりそうです。


球場でしか味わえない臨場感は映像では無理ですが、球場で試合以外で見たい部分は映像配信出来ます。



球場に行った時にどんな行動を取りますかね。


私の行動になりますが、

試合前の野手練習や、先発投手のブルペン投球も見に行きます。


試合中にブルペンで動きがあれば、そちらも見ます。


実際は見れませんが、試合中のベンチ裏での野手の様子も見たいです。



無観客での試合開催でも、ライブ映像で同じような部分は見たいと思ってます。


試合前のブルペンや野手練習のライブ映像を見て気分を高め、試合中はパソコンにパ・リーグTVの映像を流しつつ、スマホでブルペンやベンチ裏でのライブ映像を見て、首脳陣気分を味わいたいです。



ブルペンやベンチ裏などのライブ映像は、球団が独自に有料で配信すれば良いと思います。




無観客での開催だと、ライト層は試合を見る機会が減ると思いますが、鬼滅の刃のような人気アニメとのプロ野球コラボグッズなど、グッズも例年以上に力を入れて、ライト層にもグッズ収入での協力をしてもらいたいです。




ハロプロファンは、コロナ渦でいつも以上にお金を使ったとの事ですが、熱心な野球ファンもいつも以上にお金を使った人も多いと思います。



今季も無観客だと、いよいよ経営が苦しくなる球団も出てきます。



球団には頭のいい人がいっぱいいると思うので、知恵を出し合い、ハロプロのように工夫をして、野球ビジネスが何とか成り立つようにしてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





コロナ禍による各球団の減収を補うために、将来的には試合数を増やすことを、NPBは考えているようです。




ファンとしては、見に行ける試合が増えるのは嬉しいかもしれませんが、

各球団は、試合の質を落とさないようにしなければなりませんね。




試合数が増えれば、短期的には収入増になりますが、例えば捨て試合が増えただけの試合の質の低下になってしまうと、長い目で見ればファン離れを起こし、減収となります。



また、

試合数が増えることで、戦力層の厚いチームがますます有利になってきます。



ライオンズのように、レギュラーが怪我しない事が前提の戦力層の薄いチームは、不利に働く事が予想されます。




試合数を増やすのであれば、

支配下枠の増、1軍登録人数・ベンチ入り人数の増、抹消期間の減はやってもらいたいですね。

また、

例えば怪我人続出で捕手が足りないといった状況になる可能性もあるため、一時的にレンタル移籍などの新しい制度も必要になってくるかもしれませんね。





支配下枠を増やすことで、人件費は増えてしまいますが、試合数が増えれば、選手のパフォーマンスを落とさないためにも休養日が今より必要になるため、選手の量も必要になってきます。


何試合増やすのかは分かりませんが、

選手たちもメジャーリーグのように、先発は間隔を狭めて投げるなどの展開になるかもしれないので、新しい調整法が必要になってくるかもしれませんね。


流出の多いライオンズとしては、試合数の増加に関わらず、選手層を厚くする事が必要です。

育成球団としては、3軍を有効活用したいですね。



3軍には田辺、嶋という優秀なコーチがいますので、怪我人の調整や、基礎体力をつけるための3軍ではなく、将来的にはソフトバンクの3軍のように、試合が出来るくらいの人材確保をしたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







辻監督は、今季のトップバッターに金子を想定しているようです。


取り組み方が変わってきたとコメントしてますが、多分シーズン終盤の金子を見てのコメントでしょう。


一番打者のイメージは、ソフトバンク周東のように足が速い選手というイメージを持つ方も多いと思います。


なので、ライオンズファンの中にも、金子を思い浮かべる方もいると思います。



しかし、

多くのライオンズファンが知っているように、金子は好不調の波が大きい選手です。



タイプ的には、

一周りスケールダウンした片岡って所です。


片岡は初球ポップフライが多く、中村にもイジられていましたが、金子も似たような感じです。




シーズン終盤の金子は、出塁の意識も高く、トップバッターとしての役割を果たせていましたが、

年間通して考えるならまだ源田の方が良いです。




今季の得点力不足は、1、2番の出塁率の低さが大きく影響しています。




1番バッターは打席も多く周りますし、チャンスメイクだけでなく、チャンスの場面で打席に立つこともあります。



個人的には、

ライオンズには森、山川という、中軸を任せられるバッターが2人もいるので、トップバッターには長打の怖さもある外崎が良いと思います。




以前ブログで書きましたが、

秋山の抜けた穴は1人で担うのではなく、1、2番をセットで考えて打順を組んでほしいと思ってます。


よって、

金子を1番にするなら、2番は森や外崎といった怖さのあるバッターを配置したいです。


源田を1番にしても、同様です。



辻監督は打順を固定したがりますが、金子を1番にするなら我慢して使うのではなく、調子の見極めと、駄目ならスパッと代える判断力が必要です。



とはいえ、

辻監督は、金子、源田の1、2番にしそうな感じですので、金子は.280を最低ラインに考えて取り組んで欲しいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






新型コロナウイルスが、再び日本で猛威を振るっています。


緊急事態宣言も検討されるようになりました。


今の状況だと、多分、緊急事態宣言が発令されると思われます。


この状況でも、初詣客で混雑してる様子を見れば、しょうがないです。


昨年の緊急事態宣言程の自粛とはならないとは思いますが、それでもプロ野球への影響も多大にありますね。



直近だと、2月から予定されてるキャンプです。



移動自粛も検討されるでしょうから、宮崎には行けないかもしれませんね。


2月の所沢はかなり寒いですが、メットライフドームも開放して、怪我しないように練習メニューも工夫して取り組んで欲しいです。




開幕も、延期や無観客の可能性がありますね。



プロ野球のオーナー達は、大手企業の社長が多いので、企業イメージもありますし、国の決定に逆らう事はしないでしょう。


ただ、国に意見は出してもらいたいですね。


無観客でも、試合をすることで、活躍した選手のグッズを買うファンもいるでしょうし、試合前の練習の様子や、試合中のベンチ裏やブルペンなどのライブ映像を放映する球団独自のチャンネルを作っても良いですし、

試合さえすれば熱心なファンはお金を落としてくれます。




当然、命が最優先ですので、日本全体でスポーツやライブなどのイベントは全面中止の方針なら諦めます。


この状況で野球なんかしてんなよ、という風潮になる可能性もありますしね。



しかし、国はなんとしてもオリンピックをやりたいでしょうから、他のスポーツを犠牲にしてでも、それまでにコロナをある程度は抑え込みたいと思ってるでしょう。



観戦出来ないのは残念ではありますが、対策を取った上での無観客なら、感染のリスクは低いです。



オリンピックをやりたいがために、様々な犠牲を払わなくてはいけない、という事にはならないようにしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







2020シーズン、敗戦処理投手から勝ちパターン投手へと、大きな飛躍を遂げた成功パターンである、森脇モデルに関する辻監督のコメントです。 

辻監督は、第2の森脇に田村の名前を出してますね。



田村は一昨年から、首脳陣から名前が出るようになり、期待をかけられていました。


一昨年は結果を残せませんでしたが、昨年は年間通して良い働きを見せました。


今季は平井が先発転向したので、田村としては敗戦処理からのステップアップのチャンスでもあります。



飛躍を遂げた森脇は、ストレートが向上したことで、フォークという大きな武器を活かせるようになり、勝ちパ入りへと進化しました。


田村は、ストレートを中心に、シュート、カット、チェンジアップ、ナックルカーブと投げますが、球種的にも森脇同様、ストレートの向上が飛躍のポイントです。



そして、

田村のストロングポイントは、連投を物ともしないタフさです。



首脳陣としても使い勝手の良い投手です。


ストレートの精度を向上させられれば、平井が担っていた便利屋枠に入れます。


本人も契約更改時に、森脇さんが道を見せてくれたとコメントしてましたし、今季は敗戦処理からのステップアップを狙ってるでしょう。



まずは今季、勝つための便利屋枠で実績を残し、平良が先発転向する可能性のある来季からは勝ちパを狙いたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




↑このページのトップヘ