埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2021



ライオンズ野手陣の課題である、サードと外野手は、A班に抜擢された、ブランドン、若林が猛アピールをしてます。


このまま行けば、開幕1軍に近い存在となってます。




ブランドンに関しては、スパンジー不在、中村が怪我している状態なので、スタメンもあり得る状況です。





外野手は、センター金子、ライト木村はほぼ確定なので、

中村が指名打者で出れるならレフト栗山、

出れないなら栗山は指名打者で、レフトを若林、山野辺、岸が競う形になります。


今の所は若林が一歩リードという所です。



本日は紅白戦が行われるので、どんなプレイを見せてくれるのか、楽しみですね。






ルーキーは伸びしろしかないので、楽しみではありますが、



気になるのは、

サード、外野手のプロスペクトであった、佐藤龍世と愛斗です。









B班キャンプでは、主将、副主将を任されていますが、本来はA班にいなくてはいけない選手です。




佐藤龍世は、問題を起こしましたが、スイングスピードが速く、広角にも打てる魅力的な打撃を持っており、個人的には期待をしている選手です。

1年無駄にしてしまいましたが、トレーニングにより体も大きくなりました。

あとは、実戦勘がどこまで戻ってるかです。





愛斗は、2軍の帝王化して、1軍では結果を出せません。

個人的には、2軍の帝王の間に、トレードもありだと思ってます。



結果を欲しがり、ボール球に手を出してしまう場面も見られます。


調子が良いときは見極めも出来る選手なので、

こういうムラのある選手は、好調期に1軍で使いたいです。




ルーキー2人は疲れも出てくる頃ですし、チャンスが来る可能性もあります。


チャンスを、掴める時に掴むために、しっかり準備しておいてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







ライオンズ期待のショート、川野涼多選手は特訓中です。




 

今キャンプでは、A班に抜擢され、辻監督から守備の指導を受けています。







辻監督は、本来は守備にうるさい指導者です。





守備が上手いと言われて入団した山野辺も、練習を見て、まだプロレベルではないとすぐに判断しました。



源田には、守備で教える事は、もうないでしょうから、川野を徹底的に指導してますね。






グラブの出し方や、ゲッツーの足の運びなど、基礎的な指導をされてます。


川野は、


「もう1回見せてもらえませんか」



と、辻監督に言ったそうです。



その向上心は、良いですね。




辻監督世代には、川野くらい年下から積極的に質問されるのは、嬉しい事でしょう。





打撃でも、

スケールの小さい打者にはなりたくないとコメントしてます。



筋力アップもしましたし、今季はイースタンで1番ショートとして、打撃も期待したいです。





いずれは、ショートを源田から奪いたいと、高い目標を持ってますが、


正直、源田がいる間は、ショートを奪うのは難しいです。



しかし、


山川、森、源田と同時期にFAになるため、全員残せるか分かりません。



そのため、


川野には、源田がいなくなっても安心できる守備力に加えて、源田に足りない打撃力を向上させ、良いライバルになってもらいたいです。




本日のシート打撃では、守備のミスもありましたが、これからの選手ですので、思い切ってプレイしてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







本日はシート打撃を行いました。




自由に打たせるのではなく、

ランナーを置いた状況から、主にバントや進塁打を打つ練習でした。





バントミスが目立ちましたが、辻監督はバントを多用しますので、


特にミスした山野辺は、レギュラーになるためにはこういったケース打撃が出来るようにならないとです。






そんな中、


本日も、ルーキーのブランドン、若林はアピールしましたね。






ブランドンは、緩い球にしっかり対応出来ましたね。







若林は、狙いすました右打ちでした。





開幕の外野は、センター金子、ライト木村は、ほぼ決まりです。


レフトは、栗山を休ませながらの起用になると思われるので、若林は一歩前進ですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日からキャンプは、第4クールに入り実戦をメインに行っていきます。

本日はシート打撃、明日、明後日は紅白戦と、いよいよ実戦モードに突入となります。





野手は、開幕にスパンジー、中村が出れない事を想定して、

サード、外野手に使える選手を見極めるのがポイントになります。





投手は、

ニール不在を想定した、ローテーションを決めたい所です。







先発は、高橋光成、松本航は確定、残り4枠を争う形になります。




個人的には、



高橋、松本は固定して、残りは4人だけ決めるのではなく、複数人が先発調整をしながら、相性や調子によって、計画的に回していくスタイルが良いと思ってます。



相手が苦手な投手を、とことんぶつけていくスタイルです。



先発投手が弱いライオンズは、正々堂々立ち向かうよりも、相性や、調子に合わせて登板させる、相手の嫌な事をしていく、弱者の戦い方が合ってると思います。










ただ、昨年も、調子が良い時に2軍、下降線になってから1軍と、辻監督、西口コーチが上手く運用出来ていなかったので、



現実的には、

先発6人で回して、空きが出たら補充という従来のスタイルになりそうです。





中継ぎも足りない中、先発転向しているので、キャンプも順調ですし、

平井は確定です。




残り3枠を争う形になると思います。






ライオンズの場合は、争いといっても、決め手がなく、結局、

消極法になりがちなので、




本来は、まず2軍ローテからですが、



渡邉、井上、上間の若手3人が、1軍で使いたくなるくらいの活躍を見せると、良い競争になります。


まだまだ先輩投手の方が良い球投げてますが、伸びしろしかない若手投手の飛躍も、期待したいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







主力の外崎、金子、木村の特打が公開されましたね。










外崎は、打率、出塁率を上げる事を今季の課題としてましたね。






強い低い打球を意識したいとコメントしてましたが、一発の怖さも外崎の強みです。


ホームランを捨てるのではなく、

秋山のように、出塁率が高く、ホームランもあるバッターになってもらいたいです。







金子は出塁率と、ムラのある打撃が課題です。



悪くなってくると、特に左打席の時に、

一塁側に体が流れながら手打ちで当てにいくような打撃をします。




フォームが崩れながらでも、ヒットが打てるバットコントロールは、金子にはありません。

それが出来るのは、イチロークラスです。



軽くでもバットに当てて、内野安打を狙うのも場合によっては必要ですが、打撃フォームを崩す恐れもあります。

基本は、しっかり踏み込んで、振り抜く打撃を、金子にはしてもらいたいです。







そして、


流石です。

春の木村は。



好調キープですね。

毎年ですが、キャンプは絶好調です。



毎年毎年、若手が木村を超えられない要因でもあります。


しかし、毎年毎年、長続きしないことも知っています。


今年の木村は違うと、何度も期待し、裏切られたファンも多いと思います。



木村は、対左で下位打線での起用や、守備固めでの起用など、併用起用がベストの選手です。


そういう起用なら十分な活躍ですが、代わりがいないし、辻監督が固定起用するので、レギュラーとして見てしまうので、裏切られた気持ちになってしまう選手です。


キャンプ、オープン戦が良すぎるので、期待値が大きくなり過ぎているのもあるんですけどね。




個人的にですが、


今年の木村は違うと言っていいのは、今年が最後だと思ってます。



木村は今季オフにFA取得見込みです。


Cランク選手として、最後の稼ぎ時です。

FA取得年度だけの、確変選手はよくいます。



木村にもちょっとだけ今季の活躍を期待しています。






















にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

↑このページのトップヘ