埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021オープン戦/エキシビション


本日も中日とのオープン戦です。


ライオンズ先発は、大きな期待のかかる今井です。


前回は立ち上がりに、味方のエラーや四球から崩れましたが、その後は立ち直り、ものすごいストレートを投げ込んでいました。


まだ抜け球もあるので、その辺の調整もしてもらいたいですね。

期待値の大きな選手ですので、立ち上がりから良い投球を期待したいです。






本日のスタメンは、



鈴木、若林の1、2番を試しました。

昨日木村がアピールしただけに、鈴木、若林は正念場です。

サードには今日はブランドンです。

こちらも佐藤龍世がアピールしてるので、負けたくない所です。





【ハイライト】



1回表


鈴木のヒット、若林の四球でチャンスを作ると、山川のタイムリーで先制。中日根尾のエラーもあり、2点となる。

さらに、7番木村のタイムリーで初回から3点を獲得。



1回裏


1番大島にヒットを許すも、2番京田は三振。大島の盗塁時に森の悪送球もあり、3塁に行かれると、阿部の内野ゴロの間に1点失う。



2回裏


山川のエラーでピンチとなるが、今井は三振で切り抜ける。



3回表


森のヒット、山川の四球、外崎のヒットで満塁とすると、木村の犠牲フライで追加点。

さらに、ブランドンの2点タイムリー、鈴木のタイムリーで加点。

とどめは、

若林の3ランホームランでこの回7点。


10対1と早々に試合を決める。



3回裏


昨年までは、味方が点を獲ると獲られる傾向のあった今井ですが、一ゴロ、右飛、遊ゴロと3者凡退に打ち取る。



5回表


ブランドンが死球で出ると、源田のタイムリースリーベースで追加点。



6回表


栗山のヒット、代打佐藤の四球でチャンスを作ると、

中日福からブランドンが、3ランホームランが放つ。



6回裏


この回から上間がマウンドに。捕手は柘植に交代。

京田に死球を与えると、ビシエドにタイムリーツーベースを打たれる。

ピンチは続くも、続く高橋には、アウトローのストレートで三振に。



その後は、両チーム得点なく、試合は、

14対2でライオンズの圧勝です。






【野手】


1番に起用された鈴木が3安打猛打賞。

主力の森、山川、外崎、源田もマルチと打撃が上がってきました。

木村もチャンスに、タイムリー&犠牲フライと結果を残す。


ルーキーの若林は1安打(3ランホームラン)。

ブランドンは3ランホームランを含む、3安打5打点と大活躍。


やっと外野手争いが、消去法から競争になってきました。

内容的には、木村が一歩リードですが、鈴木、若林も強烈なアピールです。

レギュラーとして誰かが確定するまでは、この相乗効果をシーズンでも上手く使いたいです。

今年は木村を固定せずに競わせながら使って欲しいですね。


 

主力野手の打撃が上がってきましたが、

相手投手の状態もあまり良くなかったので、油断せずに調整を続けて欲しいですね。




【投手】

今井達也

5回78球2安打3三振1四球1失点


球場によって違うので、実際のスピードは分かりませんが、今日は140中盤から後半のストレートを投げていました。

珍しく四球1でしたが、制球が良かったというよりも、上手くボール球を振らせる投球をしていました。

森もナイスリードでした。


その中でも、右打者へのアウトローに良い球を投げていたので、これがシーズンでも出来れば飛躍も期待出来ます。





上間永遠

4回61球3安打3三振2四死球1失点


ストレートの制球が良く、決め球としても使えました。6回の高橋から奪ったアウトローのストレートは良かったです。


今日はカットも良かったですし、この投球内容なら、遂に、浜屋に代わって先発ローテ入りも濃厚となってきました。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします。









本日から名古屋で中日とのオープン戦です。



ロッテとのオープン戦では、若手の活躍の反面、主力の調整遅れが感じられる試合でした。


今日の試合も、主力は調整を、若手はアピールをしていってもらいたいですね。



尚、本日から柘植が1軍に、牧野を2軍に入れ替えました。






本日のスタメンは、

20210309_122632



金子、源田の1、2番に戻しました。

レフトは先日猛打賞の岸、サードは佐藤がスタメンです。



1回表

勝野

1金子 右安
2源田 四球
3森 右安
4山川 空三振
5栗山 右タイムリー
6外崎 中飛
7木村 2点タイムリー
ランナー走塁死

先発の立ち上がりを攻めるのは定石。初回から1、2番が塁に出れると得点に繋がりやすい。

追加点は木村のタイムリー。今年も、春先に強い木村の復活です。


1回裏

松本

1大島 一ゴロ
2京田 左飛
3阿部 遊安
4ビシエド 右2塁打
ランナー走塁死

 

2回表

勝野

8岸 三ゴロ
9佐藤 左飛
1金子 一ゴロ

 

2回裏

松本

5高橋 右安
6井領 左安
7滝野 二ゴロ
8加藤 左タイムリー
9根尾 見逃し三振
けん制アウト

前回は厳しいコースを狙いすぎたとコメントしてましたが、今回はゾーンで勝負が出来ています。が、コースが甘いです。高橋、井領には真ん中付近の球を打たれました。

根尾には、素晴らしいインローのストレートで三振です。


3回表

勝野

2源田 一ゴロ
3森 三ゴロ
4山川 左安
5栗山 投ゴロ

 

3回裏

松本

1大島 左飛
2京田 中飛
3阿部 二ゴロ

 

4回表

勝野

6外崎 遊ゴロ
7木村 左ホームラン
8岸 左安
9佐藤 左タイムリー2塁打(岸好走塁)
1金子 右タイムリー2塁打
2源田 二ゴロ
3森 中タイムリー2塁打
4山川 右飛

ロッテ戦に続いて佐藤にタイムリー。岸も1塁からホームインするナイス走塁でした。

しつこい様ですが、春先の木村は好調です。

木村の壁が高くなるホームランです。



4回裏

松本

4ビシエド 遊ゴロ
5高橋 右ホームラン
6井領 見逃し三振
7滝野 右安
盗塁失敗

今日の松本はストライク先行で投げられてますが、甘い球は打たれています。高橋にはスタンドまで持っていかれました。


 

5回表

橋本

5栗山 三ゴロ
6外崎 空三振
7木村 空三振

 

5回裏

松本

8加藤 左飛
9根尾 空三振
1大島 左安
2京田 左飛


松本は5回74球8安打3三振無四球2失点。


前回は四球から崩れた事もあり、今日はストライクゾーンで勝負しました。

圧倒的な球がある訳ではないので、コースに投げ分けないとある程度打たれてしまいます。

シーズンではコースを狙えるように、調整が必要です。


6回表

鈴木

8岸 二ゴロ
9佐藤 中安
1金子 空三振
2源田 一ゴロ

 

6回裏

田村

3阿部 二飛
4ビシエド 捕邪飛
5高橋 見逃し三振

前回に続いて田村が1イニングを抑えました。練習試合では、ほとんど抜け球でしたが、前回、今回とストレートをコースに投げ込めています。


7回表

谷元

3森 見逃し三振
4山川 空三振
5熊代 空三振

 

7回裏

宮川

6井領 二飛
7山下 中飛
8桂 左2塁打
9根尾 左飛

 

8回表

藤嶋

6外崎 右飛
7鈴木 左飛
8岸 右飛

 

8回裏

吉川

1渡辺 一ゴロ
2平田 空三振
3高松 右安
4武田 右飛

 

9回表

木下

9佐藤 左飛
1若林 左飛
2山田 右飛

9回裏

佐野

5三ツ俣 見逃し三振
6木下 ニゴロ
7山下 遊飛



【結果】

本日の試合は、7対2でライオンズの勝利です。



木村がホームランを含む2安打3打点と、大活躍。


金子、森もマルチです。

佐藤龍世は、本日も2安打1打点と打撃の状態を上げています。



今の所、主力野手達は、日ハム上沢、ロッテ二木や美馬といった、ローテ確定クラスの投手は打てていません。今日の相手は、ローテ当落線上の投手です。


それでも打つことで、状態を上げていってもらいたいです。







先発松本の後を受けた、田村、吉川、宮川、佐野は揃って無失点でした。

田村、佐野のストレートが良く、結果を残しています。


2018年の平井、野田の様な、勝ちに繋げるための便利屋の役割を2人が担えると、中継ぎに厚みが出ます。


しかし、

勝ちパの1人である、森脇の登板が今日もなかったのが心配です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







昨日のロッテとのオープン戦は、若手野手の活躍で、勝利しました。



岸の猛打賞、佐藤のタイムリー、山田のホームラン、鈴木、ブランドンにもヒットが出ました。



若手の活躍にポジる反面、

主力の調整遅れが心配です。





ここまでのオープン戦では、

金子.077  13-1 2四球2三振
源田.111    9-1 1四球1三振
森 .400  10-4 1打点1四球1三振
山川.214  14-3 1本塁打3打点1四球1三振
外崎.182  11-2 1打点3四球5三振
栗山.222    9-2 1打点


ベテランの栗山は、開幕に合わせて来るでしょうし、昨年の極度の不振から、巻き返しにかける想いの強い森は、よく打ってます


怪我明けの山川は、リハビリ期間も長かったのでこれからです。




心配なのは、

金子、源田、外崎です。





外崎は、全くタイミングが合わない様な三振も見られます。


今年はホームランよりも、出塁を意識し、低くて強い打球を打ちたいと言ってましたが、

確かに四球をよく選んでますが、期待している打撃の方は、今の所は上手く嵌っていませんね。



打撃コーチもアドバイスして、駄目なら打撃スタイルを戻すなり、調整を早めてもらいたいですね。



何度か書いてますが、個人的には、

長打という怖さもあるのが外崎の魅力ですし、打順も1番が良いと思ってます。







辻監督が今年の1、2番として期待をかけている金子、源田は、

練習試合は良かったですが、オープン戦に入り、塁に出れなくなりました。



金子も源田も、打撃は元々こんなものと言えばそうかも知れません。


期待をしすぎたかも知れません。



だだ、

ライオンズが優勝するためには、打ち勝たなくてはいけません。


打ち勝つためには、打線の核である森、山川の前に塁に出ることが絶対です。



1、2番を任されるからには、どんな形でも塁に出ることを考えて、

かといって、当てに行かずに、しっかり振り抜く打撃をしてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日も千葉でロッテとのオープン戦を行いました。


今の所、ローテ確定クラスの投手は打てていないライオンズ打線ですが、ルーキー相手にどのくらい打てるのか見物ですね。





スタメンは、



源田を9番に下げて、外崎を2番にしてきました。

源田を下げても、源田、金子の並びは変わらないので、どうせなら外崎1番、金子2番でも良かったです。







【ハイライト】


1回裏

前回立ち上がりの悪かった、平井の立ち上がりは、荻野にヒットを打たれますが、レフト若林の好守もあり、3人で終わらせます。




2回表


本日ライトでスタメンの岸のツーベースから、佐藤龍世のタイムリーで、ライオンズの先制です。

佐藤は、オープン戦で結果こそ出ていませんでしたが、当たりは悪くなかったので、ようやく結果に結びつき、一安心です。



4回表


木村のヒット、岸のこの日2本目のヒットで1、3塁とし、佐藤のショートゴロの間に1点追加です。


4回裏

先発平井は、

4回54球2安打3三振1死球無失点

先発ローテ当確の内容です。


ボール先行しましたが、テンポ良く投げられました。

苦手の左打者に対して、チェンジアップも使いました。ストライクにはなりませんでしたが、低めにいってましたし、良いアクセントになりそうです。


5回裏

佐野が登板。


今日はストライク先行のピッチング。3者凡退に抑える。


6回裏

井上が登板。


立ち上がり四球を出すも、小川を高めのストレートで詰まらせ併殺にし、続く藤原も、高めのストレートでセカンドゴロにしました。

コントロールにばらつきはありますが、やはり球威がありますね。高めのストレートでも詰まらせる事が出来るのは、井上の大きな武器です。


7回表


岸が、この日猛打賞となる3本目のヒットで出塁。
佐藤がバント失敗するも、続く山田がレフトに2ランホームランを打ち、2点追加。


9回裏


伊藤が、岡、吉田にヒットを打たれ、平沢のタイムリーで2失点。
平沢のセンターへの打球で、6回からセンターを守っていた若林の顔に当たり、ベンチに下がりました。





【結果】


試合は4対2でライオンズの勝利です。




今日の試合は、

若手野手の活躍で勝利しました。


岸4-3
佐藤4-2 2打点

山田2-2 1HR2打点
鈴木2-1
ブランドン1-1

山田が猛アピールです。佐藤、ブランドン、山田とサード争いも面白くなってきました。



キャンプからアピールする必要のある若手は、主力に比べて仕上がりを早めに持ってきてます。



若手が活躍するのは喜ばしいですが、

金子、源田、外崎、山川がノーヒット、森はヒット1本という結果です。


主力の調整遅れが心配にもなる試合でした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日も千葉でロッテとのオープン戦です。



他球団と比べて、実戦不足による主力の調整遅れが、打線低調となって現れているライオンズです。



衰えてきた日ハム金子は打てましたが、

日ハム上沢、ロッテ二木、美馬といった、

1軍のローテーション確定クラスの投手は打てていません。




今日のロッテ先発は、ドラ1ルーキー鈴木です。


ソフトバンクとの練習試合では、3回無失点とアピールしている左腕です。



ロッテからしたら、今のライオンズ打線を抑えられない様なら、衰えた日ハム金子くらいの力だと判断出来るので、ルーキーを見極めるのに良い試合です。



ライオンズからしたら、

主力が役割を理解した打撃を徹底することを期待します。



ライオンズは、相手が誰でも、1、2番が出塁して、森、山川が返すのが得点パターンです。


キャンプ、練習試合と好調だった金子、源田が、オープン戦では結果が出ていません。


金子を下位にして、外崎を1番にすることも考えて欲しいですが、



辻監督は頑固なので、この1、2番で開幕も行きそうなので、今日の試合では、金子、源田の頑張りに期待したいです。






ライオンズの先発は、

昨日の浜屋とは対象的に、オフ、キャンプと上手く調整した、平井です。




球種の少なさ、苦手な対左の対策に、チェンジアップをマスターしました。


今日の試合でも、実戦で使えるか確認したいですね。


前回は、立ち上がりに苦戦しましたが、どう調整してきたかも見物ですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ