埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021公式戦

本日の日ハム戦は、ライオンズの2021年シーズン最終戦です。



ライオンズにとって、今季は悔しいシーズンとなってしまいましたが、最下位と言う不名誉は避けたい所です。


今日の試合、勝つか引き分けで5位確定ですので、最後くらいは気持ちよく勝って終わりたいです。




スタメンは、

Screenshot_20211026-172852~2

今日勝てば最下位回避ですが、投手は豪華に、野手はあまり順位にこだわらないメンバーで来ました。

森、源田はベンチ入りしてますが、中村、栗山はベンチ外です。日ハム上沢相手にきついですが、好調のブランドン、3戦連発中の山川に期待です。

一方、

投手では高橋光成、今井、松本がベンチ入りです。また、今季はもうあがりだと思っていましたが増田が登録され、野手に比べて豪華な中継ぎ陣となっています。



先日の試合で、落球により点を与えてしまった山野辺が、今日も同じレフトでスタメンです。

渡辺久信政権時、エラーした浅村を翌日4番に据えた采配を思い出します。山野辺と浅村では格が違いますが、取り返すチャンスを貰えたので、山野辺は打って取り返したいです。




【結果】


Screenshot_20211026-204746~2


若手中心の打線は、やはり日ハム上沢を打てませんでした。先発與座は好投しましたが、見殺しとなってしまいました。最後は、申告敬遠からの押し出しでサヨナラ負けです。


勝てば最下位回避でしたが負けてしまい、後は日ハムの結果次第となりました。

日ハムが残り2試合、2勝か1勝1分なら、ライオンズは42年ぶりの最下位となります。


そして、


長らく敵として戦った日ハム栗山監督とは、今日で最後となりました。就任時、ライオンズの様なチームを作りたいとコメントされた事は、ライオンズファンとしては光栄でした。

長い間お疲れさまでした。



ライオンズは、今日の試合で今シーズン終了です。

2021年シーズンは、55勝70敗18分で終わりました。





【投手】

Screenshot_20211026-204838~2

與座

前回好投した相性の良い札幌のマウンドでしたが、今日も6回無失点と素晴らしい投球でした。

最近はストレートの出来が良く好投が続いていますが、今日も左右高低を使いながら抑えました。

アンダースローの天敵でもある左打者へは、外中心に攻めましたが甘い球もあり、左対策は来季への課題です。

ただ、右打者へはインハイで空振りを取るなど、厳しいコースにも投げ切れました。

シーズン後半からは、先発として結果を出せるようになっています。オフにしっかり練習し、来季の開幕ローテを狙いたいです。


森脇

今季で引退の谷口にヒットを打たれましたが、その後はしっかり抑えました。

今季は怪我で出遅れましたが、来季は開幕からブルペンを支えて貰わないと困る投手です。


公文

西川からストレートで三振も取り、無失点で抑えています。

ライオンズは、小川、榎田を戦力外にしましたので、来季は貴重な中継ぎ左腕として公文にかかる期待は大きいです。


武隈

今日の試合から増田を上げたので、9回は増田だと思いましたが、左の近藤に対して武隈を出しました。

が、ストライクが入らずに四球を出し、田村に交代しました。


田村

ノーアウト1塁から登板。

バント処理した捕手柘植の、フィルダースチョイスもありピンチを作ると、最後は申告敬遠で満塁にして、押し出し四球でサヨナラ負けです。





【野手】


Screenshot_20211026-204814~2


若手中心の打線は2安打と、日ハム上沢に格の違いを見せられました。





9回には、ロッテ和田と盗塁王争い1位タイの源田が、代走で出て走りますが、盗塁は失敗に終わりました。

ロッテは残り3試合あるので、源田の盗塁王は厳しくなりました。


9回ツーアウトから、森も代打で出ましたが、三振に終わっています。







おそらく、多くのライオンズファンは、今年らしい負け方だと思ったことでしょう。



投打共に精彩を欠いた今シーズンでしたが、高橋光成、今井、松本が先発投手として成長し、抑えの平良は日本代表クラスにまで成長、さらに渡邉、水上といった若手が出てきた投手陣に比べて、野手陣の物足りなさが目立ちました。



2018、2019連覇時の山賊打線のイメージが強いので、物足りなさを感じてしまいますが、成績的にも、捕手の森、ショートの源田以外は他球団と比べても劣る結果となっています。


得点力に大きく影響するOPSを見ても、軒並み物足りなさが目立ちます。



投手陣は成長したとはいえ、各指標的には軒並みワーストですので、決して楽観的には見られません。



ライオンズは大型補強はしないと思われるので、投打共に全選手が一回り大きく成長しないと、積極的に補強をしている他球団と差をつけられてしまいます。


オフの間もしっかりトレーニングを行い、来季は巻き返したいです。




今シーズンは情けない結果となりましたが、来季は期待しています。


選手、監督、コーチ、スタッフの皆様、今シーズンお疲れさまでした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日のフェニックスリーグは、オリックス戦です。



スタメンは、

Screenshot_20211026-122847~2




【結果】

Screenshot_20211026-151213~2


先発の佐々木は、9回に逆転をされますが、今日は素晴らしい投球でした。

打線は、逆転された9回に、長谷川のタイムリーで追いつき、引き分けにしました。




【投手】


Screenshot_20211026-151252~2

佐々木

8回まで4安打1四球10三振と素晴らしい投球でした。

9回ツーアウトを取り、完封勝利まであと一人でしたが、ヒット、ホームランで逆転されてしまいました。


今日はチェンジアップ、スライダー、カーブと変化球がキレが良く低めにも決まり、空振りが取れました。

9回は、その変化球が高めに行ってしまい打たれましたが、素晴らしい投球でした。

ただ、前回のフェニックスリーグ、ロッテ戦は5回に崩れて12安打8失点の大炎上でした。

今日のように、変化球を低めに集められれば、キレも良く空振りも取れるので、良かったり悪かったりではなく、ファーム相手なら無双するくらいの投球を続けたいです。




【野手】

Screenshot_20211026-151234~2


打線は、初回に渡部のタイムリーで先制しますが、オリックス先発山下、後を受けた谷岡、中田の前に7回まで11三振と抑え込まれました。



9回に、長谷川が同点タイムリーを打ち、何とか引き分けました。

育成の長谷川は、フェニックスリーグでもアピールをしています。


今日もオリックス漆原のストレートに力負けせずに、タイムリーを打ちました。


フェニックスリーグに入り、徐々に投打共に元気がなくなって来ていますが、ライオンズは投打共に底上げが必要ですので、若い選手のアピールに期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日は、京セラDでオリックス最終戦です。



今季のライオンズは、楽天に7つ負け越しと苦手にしているイメージが強いですが、オリックスにも8勝14敗2分と6つ負け越しています。


連覇していた数年前までは、ライオンズからしたらオリックス銀行とも言われる貯金カードでしたが、ひっくり返されました。

山本由伸、宮城という2大投手ばかり当てられた事も原因としてありますが、若手が大きく伸びてきたオリックスと、停滞しているライオンズとの差が出たシーズンです。


今日は、その大きく伸びた若手の一人、宮城が相手ですが、来季に向けて苦手意識を作らないように勝ちたい試合です。




スタメンは、

Screenshot_20211021-174311~2

今日も若手中心の打線です。中村はベンチからも外しました。


難敵宮城相手ですが、若手にとっては、トップレベルの投手と対戦出来るのは良い機会です。

昨日プロ初の猛打賞のブランドンもスタメンです。長打を打てる選手は、ライオンズ打線に必須なので、今日も結果を出したいです。

山野辺を今日はレフトで起用しました。イースタンでは打撃が良く昇格しましたが、レギュラーを目指すなら内野には守る所がないのが現状ですので、外野でもアピールしたいです。





【結果】


Screenshot_20211021-204434~2


打線はオリックス宮城を相変わらず打てませんが、ブランドンがホームランを含む2安打と活躍しました。


先発今井も、優勝争いをしているモチベーションの高いチーム相手に良く抑えていましたが、今日は慣れないレフトを試した、山野辺の落球による2失点が痛かったです。




【投手】

Screenshot_20211021-204518~2

今井

今日は三振をあまり取れませんでしたが、ストレートに力はあり、打たせて取りました。

制球は荒れていて、変化球はチェンジアップは抜けていましたが、スライダー、カットが低めに決まれば空振りも取れました。

打ち取った当たりを、山野辺の落球で2点失いましたが、その他は宗にソロホームランを打たれた失点のみです。

守備に足を引っ張られましたが、6回を3安打と悪くはない投球でした。


水上

空振りが取れずに粘られましたが、最後はフォークを打たせて、3人で終わらせました。

頻度は少ないですが、落ちるボールも使うようになりました。精度はまだ低いですが、キレの良いストレートを活かすためにも、モノにしたいです。


大曲

昨日に続いて連投です。中軸相手でしたが無失点で抑えています。

ヒットは打たれましたが、杉本をカットで併殺に、T岡田は高めのストレートで打ち取りました。





【野手】


Screenshot_20211021-204457~2

今日の試合は、ブランドン、山川、岸が2安打と振れていました。




ブランドンは宮城からホームランです。


ブランドンは宮城から初回にツーベースも打っています。

シーズン序盤は粗削りのロマン砲でしたが、イースタンで着実に力を付けて、1軍でも少しずつその結果を出せるようになってきました。10月のOPSは1.000を超えました。


中村もまだまだ頑張ってくれていますが、打てるサードはライオンズに必須ですので、来季に向けて期待の持てる活躍を見せてくれました。




山川は3試合連続のホームランです。


ここに来て、山川がホームラン量産体制です。来季は、シーズン通して長打の撃てる打者として中軸を担ってもらいたいです。





試合は、


9回。山川のホームランで1点差にしますが、最後はツーアウト1塁の場面で、エラーを取り返したい山野辺がそのまま打席に立ちますが、三振に倒れて試合終了です。





ブランドンが昨日3安打、今日2安打とアピールしました。


全て長打というのが、ポジれる要素です。




一方、

山野辺は慣れないレフトとはいえ、打ち取ったフライを落球し、2点を与えてしまいました。


Screenshot_20211021-192239~2


フライを取るのにグラブが胸の辺りにありますが、打球判断を誤りました。


打球の追い方も悪かったですが、何とか取ろうと、落下地点には入れたのですが。。


この回、無失点になるはずが、2点を与える痛恨のエラーです。


フェンスも気になったでしょうし、慣れない守備に戸惑いもあったとは思います。


ライオンズとしては消化試合ですし、経験のためにエラー承知でレフトを任せているので、最後まで山野辺は試合に出して貰えました。





印象というのは怖いもので、守備は決して悪くないGG佐藤氏がオリンピックで落球した事で、守備が下手という印象になってしまいました。



当時ライオンズではライトを守っていて、肩も強く、良いライトでしたが、慣れないレフトでエラーした事で、悪い印象だけ残ってしまいました。



山野辺も痛恨の落球で、悪い印象が付きましたが、その印象を払拭するには、活躍をするしかありません。



まだまだ挽回出来ますので、悔しさはオフにしっかり練習して、来季取り返したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日はホーム最終戦となる日ハム戦です。



昨日の敗戦により、ライオンズは最下位となりました。日ハムの方が残り試合数も多いので、最下位回避は他力にはなりますが、直接対決は今日を入れて2試合あるので、勝っておきたいです。




スタメンは、

Screenshot_20211020-172530~2

先発は松本です。

今ライオンズ先発陣の中では、最も期待できる投手です。スピンの効いたストレートが良く、スライダー、カットといった変化球も効果的に使えています。

打線は貧打が続いていますので、今日も得点を与えない投球を期待したいです。



打線は森、中村、源田を外しています。

昨日最下位転落しましたが、スタメン的には順位にこだわりがない様です。

ただ、ファンとしては負けて喜ばしい事はないので、スタメンの選手は精一杯プレイして、最下位は避けてもらいたいです。




【結果】


Screenshot_20211020-205248~2



打線は久しぶりに集中打が出て、12安打7得点です。


先発松本は5失点でしたが、中継ぎが踏ん張り、勝利しています。


最下位脱出です。



【投手】


Screenshot_20211020-205309~2

松本

好調が続いてましたが、今日は5回5失点でした。


あまり良い投球ではありませんでしたが、

プロ入り初の二桁、10勝達成です。


今季は不調から中継ぎもやりましたが、先発として大きく成長した証です。

今日は、序盤は140中盤のストレートで空振りも取れていましたが、徐々に球速も落ちストレートで空振りが取れなくなってきた5回に、3ランホームランを打たれました。

ただ、ストレート主体の投球ではありますが、今日も前回同様にスライダーでも空振りが取れました。

来季に向けて、スライダー、カーブ、スプリットといった変化球の精度を上げて、カウント球、決め球になるくらいのレベルになれば、もっと勝てる投手になれると思いますので、オフのトレーニングに期待したいです。



大曲

変化球の精度はもう一つですが、ストレートに力があり、3人で終わらせています。

プロ入り初ホールドです。

制球にバラツキはありますが、1軍に昇格してから、大崩れせずに投げられています。


公文

四球を出しましたが、ストレートが140後半と球速も出ており、その後は抑えました。

榎田、小川の両左腕が戦力外になりましたし、来季の公文は武隈と共にシーズン通してブルペンを支えて貰わなければなりません。

シーズンを通して投げられるように、体のメンテナンスはしっかりやって行きたいです。


森脇

変化球の精度が良くなく、ストレート中心となりましたが、そのストレートを打たれてピンチを作りました。

最後はようやくフォークが低めに決まり、三振を奪っています。


田村

消化試合ではありますが、敗戦処理で好投を続けて、ついに今日はクローザーを任されました。

実績的には森脇や武隈ですが、田村も調子が良いので良い起用だと思います。

チェンジアップは抜けていましたが、ストレートに力があり、今日も150キロ出ていました。ストレート押しの投球で、無失点で抑えています。

プロ入り初セーブです。

今季は期待されながらも、結局、昨年同様に敗戦処理となりましたが、来季こそは開幕から僅差で投げられる投手へとレベルアップしたいです。





【野手】

Screenshot_20211020-205327~2




試合を振り返ると、


2回。

この回制球が乱れていた日ハムアーリンを攻めて、

満塁から山田の走者一掃のタイムリーツーベース、さらに1、2塁から栗山のタイムリーツーベースと集中打で5点を取ります。





3回。

山川の2試合連発となるホームランです。




5回。

一点差に詰め寄られますが、川越、ブランドンがチャンスメイクすると、

岸のタイムリーで追加点です。


この回から登板の日ハム村田から、若手の活躍で追加点が取れました。来季は、トップクラスの投手相手でもこういう打撃が出来るようにしたいです。





今日は打線が頑張り、久しぶりに集中打も出ました。


そして、投手では松本、大曲、田村と初尽くしでしたが、野手でも、

ブランドンがプロ入り初の猛打賞です。


全て長打でしたし、中距離ヒッターとして良いアピールが出来ました。

シーズン序盤は粗さが目立つロマン砲でしたが、イースタンで打撃を磨き、ファームの中では、頭一つ抜ける存在へとレベルアップしました。

1軍相手では、まだ実績は少ないですが、来季に向けて期待の持てる活躍でした。





そして、余談ですが、


今日のウイニングボールは、初セーブの田村なのか、初二桁の松本なのか注目してましたが、まさかの金子がスタンドに投げ入れてしまいました。




ライオンズファンはよく分かっているので、投げ返してくれましたね。



Screenshot_20211020-205745~2


選手想いのファンで良かったです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日はメットライフドームで日ハム戦です。


松坂大輔の引退試合でもあります。



松坂の引退会見、先発登板は長くなるので別記事にしましたので、良かったらご覧下さい。





本日のスタメンです。

Screenshot_20211019-173516~2




【結果】


Screenshot_20211019-212446~2

松坂大輔の引退試合ですし、気を使わせないためにも勝ちたかったですが、敗戦で最下位転落です。



投打ともに情けない結果となってしまいました。




【投手】


Screenshot_20211019-212528~2

松坂

全5球、最速118キロでした。長い間お疲れさまでした。




十亀

高橋光成を2回頭から登板させるために、松坂大輔の後という、もし点を取られれば松坂を負け投手にしてしまうかも知れない、プレッシャーのかかる登板でしたが、無失点で抑えました。


高橋光成

本来の先発です。2回から登板しましたが、飛ばしていた事もあり、ストレートの球速も155キロが出ました。

そのストレートでも空振りが取れ、4回6奪三振でしたが、勝負所で甘く入り8安打4失点でした。

いつもとは違う環境でやり辛さはあったと思いますが、最近は甘く入って打たれるを繰り返してしまっているので、改善していきたいです。


降板後に松坂と話し込んだ様です。色々とアドバイスも貰ったでしょうし、ライオンズのエースとして少しでも松坂に近づけるように、頑張りたいです。


水上

2イニングを投げ、2奪三振無失点です。

最近は長所である制球も不安定ですが、今日もストレートは良かったですが、スライダーの精度に欠けました。

経験の少ない回跨ぎもしましたし、水上にとっては良い経験となりました。


井上

立ち上がり内野安打とバントヒットでランナーを許しバタついてしまいましたが、満塁から杉谷をストレートで三振を取るなど、良い所もありました。

木村に対して四球で満塁にしてしまいましたが、あそこを抑えたかったです。木村も外のスライダーに手を出しませんでしたが、井上はまだまだ制球に課題はあるので、フルカウントになる前に勝負したかったです。


武隈

井上が作ったツーアウト満塁から登板。ストレート3球で抑えました。最近は、今が全盛期と言える程の活躍を見せています。



ギャレット

ツーアウトから四球、ホームラン、四球と今日も四球に失点と不安定な投球でした。





【野手】


Screenshot_20211019-212507~2


4安打と今日も貧打でした。



日ハム先発生田目からは6回1安打と、打てない相手ではありませんが、打線に活気がありませんでした。 


得点は、山川の犠牲フライとホームランの得点です。

8回に山川にホームランが出ました。


この回はノーアウトで栗山が出ましたが、柘植が併殺で倒れた後でした。ホームランで1点は入りましたが、打線の繋がりに欠いてしまいました。






松坂大輔の引退セレモニーは、12/4のファン感で行うことになりましたが、試合後にはグラウンド1周し、ファンに挨拶もしました。



プロ野球選手、松坂大輔の育った所沢のマウンドにも挨拶をしました。


Screenshot_20211019-214942~2



その後は、マウンドで胴上げも行いました。

Screenshot_20211019-215401~2





松坂大輔に勝利で引退の花道を作りたかったですが、叶いませんでした。


さらに、最下位転落と情けない結果です。



チームとしても、お試し起用も増えており、勝敗は二の次となっているのはしょうがないですが、そこまで極端な若手起用でもなく主力は出ているので、もう少し打ちたいです。



采配も育成するのか、勝負に拘るのか、はっきりせずに両睨み的な采配も見られます。



若手起用と言っても、結局主力を出しているので、休ませないのであれば勝ちに行きたいです。


明日はホーム最終戦です。



今季はファンも辛いシーズンとなりましたが、最後は勝利で飾ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













↑このページのトップヘ