埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021公式戦

本日も、まだ今季勝ちのない楽天との対戦です。


今季初先発のニールが昇格、川越が抹消となっています。


川越は、昨日結果を出した鈴木と比べて、先日のスタメン3三振の印象が悪かったです。

本当は好調だった昇格時に、すぐ使ってあげたかったですが、なかなか出番がありませんでした。

立場的にチャンスは少ないので、その少ないチャンスを活かせるように、もう一度2軍で鍛え直しです。




本日のスタメンは、

Screenshot_20210512-133351

若林が9番センターで復帰しました。

怪我前は打撃の調子が良かったので、またその状態に持っていきたいですね。



先発がゴロピッチャーのニールなので、二遊間の守備が大事なため、セカンドは山田です。


昨年の被打率が、対右.219に対して、対左.343のニールに、楽天は左打者を並べてきました。


昨年は、小深田、鈴木、茂木には4割打たれています。

さらに、

特にライオンズ戦で良く打つ島内は、昨年ニールに対して6割を超える打率を残してますので、ライオンズバッテリーが左打者に対して、どう対策を取るのかも注目です。



また、登板間隔の空く、今井達也がベンチ入りしてます。




【結果】

3対4で敗戦です。

今年は楽天戦が鬼門です。競ってはいますが、大事な所で決める楽天、決められないライオンズと差が出ました。

優勝するためには、楽天は避けては通れませんので、苦手意識は持ちたくないです。



【投手】

Screenshot_20210512-165710


ニール

ツーシーム、チェンジアップ中心のいつもの投球。ストライク先行で、内外に投げ分けながら、テンポ良く投げられました。

唯一、4回だけ低めに投げきれずに、4失点と崩れましたが、それ以外は良い投球でした。

らしい投球が出来ていたので、今後もローテーション投手として、しっかり回ってくれそうです。


武隈

今年は調子が良いですね。全盛期と比べると、凄い球を投げてる訳ではないのですが、ストレートでも打ち取っているのを見ると、思ったよりキレがあるようです。


小川

スライダーで小深田を三振に取りますが、次の鈴木はスライダーで四球です。まだ制球は不安定ですが、良くはなっています。


森脇

抑えましたが、本来の力からしたら物足りないです。もっと凄い投球が出来る投手なので、調整して、ストレートと勝負球のフォークの精度を上げたいです。

元々、フォークが武器の投手ですが、昨年はストレートの力が増したことも飛躍した要因の1つでしたが、今日は140前半とまだまだでしたので、状態を上げていきたいです。




【野手】

Screenshot_20210512-165624


森が猛打賞。栗山がマルチです。

今日もヒットや四球でランナーを貯めるが、あと一本が出ない試合でした。


試合を振り返ると、


まずは、


山川の先制2ランです。


アウトローのストレートをホームランです。今日は0-2と追い込んでからあのコースを、楽天バッテリーはよく使っていたので、山川は狙いましたかね。



森のタイムリーで追い上げます。



8回は四球でランナーを出しますが、代走の金子の盗塁死もあり、無得点。これで金子は盗塁成功率4割です。長所であった盗塁がこれでは厳しいですね。



 
9回も楽天松井からツーアウト1、3塁のチャンスを作りましたが、中村が倒れて試合終了です。





これで今季の楽天戦は0勝6敗2分です。

ただ、


若林がヒット&フルで出れた事、ニールが今年もローテーション投手としてやれそうな事が確認出来たのは収穫です。


ライオンズは森、山川のチームなので、その2人に打点がついたのも良かったです。



明後日からは、打順もいじりそうです。

ライオンズらしい形を作り、得点に繋げたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










本日から仙台で楽天2連戦です。


ライオンズ先発は、本日はダーモディ、明日は今井ではなくニールが先発となります。


首脳陣が想定していた、高橋光成、松本、平井、今井、ダーモディ、ニールのローテーションがようやく組めそうですね。





本日のスタメンは、

20210511_174843

若林は今日もスタメンではありませんが、打撃練習にも参加し、ベンチ入りしています。


鈴木が久しぶりにスタメンです。

今季の飛躍を期待されていましたが、今の所、結果を出せていません。期待するところは打撃です。鈴木は打席で見てしまう事もあり、消極的と捉えられがちです。岸相手では、鈴木に対して四球はあまり期待出来ないので、積極的に行きたいです。



セカンドはスパンジー、呉ではなく、山田で来ました。

今日は岸が相手ですし、9番打者なら守備重視で山田で良いと思いますが、主力が打つこと、山田はケース打撃をする事が必要です。
打撃の呉、守備の山田とセカンド起用は悩ましいですね。両方が高いレベルの外崎の偉大さが身に沁みます。




【結果】

両チーム決め手に欠く試合となり、

3対3の引き分けです。


今季は9回までと決まったので、しょうがないですが、このペースだと引き分けがかなり増えそうですね。

シーズン終盤、引き分けの数は順位を決める大きなポイントになりそうです。





【投手】

Screenshot_20210511-212755

ダーモディ

制球良くストライク先行で、三振も多く奪いましたが、被安打も多く、粘られて球数も増えました。


今日はスライダーでカウントが取れず、ストレート中心の投球となりました。ストレートは140前半から中盤でしたが、高めで空振りが取れるキレがありました。チェンジアップとのコンビネーションも良かったです。

ただ、左投手ですが課題は左打者です。

今日も8本中5本が、左打者に打たれました。

ライオンズが欲している、左キラーになれない事は、確認出来ましたね。


先発として5回は物足りないですが、試合は作りましたので、悪くはないですが、

三振も多いがヒットも多く、制球は良いが球数が多いという、評価の難しい投球です。


十亀

今日は良い日でした。カーブで緩急を使った良い投球でした。今なら、勝ちパを森脇とチェンジしても良いくらいの投球です。


森脇

フォークの精度がまだですね。結果的に抑えましたが、調整を続けたいです。


平良

ストレートは初球に投げたきりで、スライダーとチェンジアップで抑えました。


ギャレット

3者連続三振で終わらせました。決め球は全てストレートと、今日はストレートが走ってましたね。





【野手】

Screenshot_20210511-212716


先日のソフトバンク松本もでしたが、岸といいブセニッツといい、以前からではありますが、ライオンズ打線はカーブが苦手ですね。



相手バッテリーも分かって投げてきてるので、ライオンズ打線も対策は取らないとですね。





ただ、初回の攻撃は見事でした。

岸の立ち上がりを、積極的に振って行きました。

森の2ランで先制です。



森のホームランの後も、中村、山川と続いて、初回から大量点のチャンスに愛斗、鈴木と連続三振でした。



この辺は格の違いを見せられましたが、4回には愛斗、鈴木の連打でチャンスを作り、スパンジーの犠牲フライで同点になりました。

経験の浅い愛斗、鈴木がすぐにやり返す辺りは、今まで燻っていた若手野手の成長を見れましたね。







今季勝ちのない楽天戦ですし、今の平良、ギャレットなら1点でもリードしてれば勝てるだけに、決め手に欠いてしまい、残念でした。


明日は、今季初先発のニールを打線が援護したいですね。



明日は試合開始が14:00からなので、皆さんお間違えないように。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









今季の相性の良さで引き分け、勝ちと来ましたが、いずれ本領発揮してくると思うので、その前に、本日も勝っておきたいソフトバンク戦です。




本日のスタメンは、

Screenshot_20210509-122904

守備がチャレンジですね。

呉がサード、スパンジーがセカンド、愛斗がセンターです。


愛斗は守備も良いので、大丈夫だと思いますが、内野が怖いですね。呉とスパンジーは逆の方が良いです。もしくは、スパンジーは打撃の状態が悪いので、セカンド山田でも良かったです。

ただ、今日は打ち勝つぞというベンチの意思は伝わる打線です。


ベンチの意思を選手が理解して、序盤から得点を取り、点差をつけて守備固めをしたいですね。




川越は今季初スタメンです。

イースタンでの好調を受けて昇格しました。

経験の浅い選手達は、好調な時に使って、自信と課題を見つけたいので、本当はすぐに使いたかったですが、出番がようやく回って来ました。

活躍を期待したいです。




また、若林は本日もベンチ外ですが、練習には参加していたようです。

先日の入れ替えで外野手を増やしましたが、なぜこんなにも外野ばかりと思いましたが、若林がソフトバンク戦出れないと見越しての増員だったという事ですね。




【結果】

守備のミス、走塁のミス、単調な攻撃と、平井が作ったいい流れを、野手陣というより首脳陣が、相手に流れを渡してしまいました。

1対3の敗戦です。



【投手】

Screenshot_20210509-163001

平井

ストライク先行の投球に、スライダーがいつも以上にキレキレでした。

右打者はいつもの様にボール球を振ってましたが、今日は左打者へのインスラも良く、左打者の膝下へのスライダーで三振も多く取れました。6回で9三振です。

スパンジーの守備に足を引っ張られましたが、集中力を切らさずに良く投げましたね。

これだけの投球をしても、勝ちを付けられないのが残念です。



武隈

先頭の周東にセーフティーバントを決められますが、その後は、良いコースに投げている訳ではないのですが、打たせて取りました。


小川

柳田の場面で、武隈からスイッチ。本調子ではない小川には酷な場面ですが、首脳陣は、今までの実績から小川を送り込む賭けに出て、結果、失敗しました。

柳田に対して、小川の方が相性が良いという判断なのでしょうが、今の小川は過去の実績より、現在の状態を見て判断した方が良いです。


十亀

最近調子が良かったのですが、ビハインドでの登板です。今日は制球が荒れている日でした。

こういう試合でも抑えていれば、首脳陣の中に今まで蓄積された信頼の低さを回復させるチャンスでしたが、ダメ押し点を取られてしまいました。残念です。




継投失敗しましたが、投手陣は頑張りました。




【野手】

Screenshot_20210509-162932


4安打では勝てません。

ソフトバンク松本は、打ち崩せる相手でしたが、カーブを振り回し過ぎました。


攻撃型のオーダーにしましたが、無策では戦えません。

打撃コーチは何をしてたのでしょうか。







今日の試合、

スパンジーのセカンド、ピンチにまだ万全ではない小川の起用と、賭けがことごとく外れました。



打ち勝ちたい気持ちは非常に分かりますが、


今日は山本由伸や千賀を相手にしている訳ではないので、冷静に考えれば、賭けをするような試合ではないです。




守備のミス、走塁のミス、選手任せの単調な攻撃と、今日の敗戦は、辻監督、阿部、赤田打撃コーチの采配ミスです。


昨年もですが、打撃コーチの役割が見えません。



秋山、浅村がいた頃のように、タレント揃いで、ほっといてもある程度打ってくれる打線ではありません。


栗山、中村といったベテランはともかく、川越、愛斗、呉クラスの選手には、しっかり作戦を授けて徹底させなくてはいけません。


今日の川越は3三振です。無策にしか思えません。


打撃コーチの責任が重い敗戦です。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








昨日は投手陣の頑張りで引き分けましたが、今日こそは打線が投手陣をカバーしたい、ソフトバンク戦です。





スタメンは、

Screenshot_20210508-132052


若林は今日もお休みです。
今日は、若林の代わりの1番を置くのではなく、上に詰めた形を取りました。

木村を1番にするよりも、良い打順だと思います。


対戦成績では、森、源田は相性が良いので、2人でチャンスメイクをして、中村、栗山に回す形です。


また、呉をセカンド起用してきました。今日は先発が久しぶりの松本なので、ある程度の失点覚悟ですから、点を取るための打線には呉は必要だと思います。



今日こそは打線の力で、平良を出さなくても良い展開に持ち込みたいですね。




【結果】

2対0で勝利です。

エラー3つに、終盤はピンチの連続と、よく勝てたなという試合でした。昨日も負けそうな試合を引き分けましたし、今日も逆転されそうでされなかった試合でした。

福岡での試合といえば、長年相性が悪く、今日みたいな展開ならいつも逆転されてましたが、今年は、ソフトバンクに相性が良いですね。




【投手】

Screenshot_20210508-161240

松本

素晴らしい投球でした。

ストレートが走り、ゾーン内で勝負出来ました。高めに行くこともありましたが、球威で抑えました。

いつものストレート主体の投球は変わりませんが、縦スラやスプリットでも空振りが取れていたのが良かったです。

これだけのストレートが投げられれば、コースを狙うよりゾーン内勝負で良いですが、ストレートが走らない時もあるので、変化球の精度も高めていきたいです。



森脇

エラーと四球でピンチを作りましたが、何とか凌ぎました。まだ、フォークの精度が甘いので、調整を続けたいです。



平良

2点差で勝ちに行く試合ですので、やむを得ず登板です。ピンチを作りますが、変わらず投げられるメンタルは流石ですね。

これで19試合連続無失点です。


明日はお休みでしょうから、ゆっくり休んで下さい。



ギャレット

制球が不安定でした。四球3つで満塁にし、バッター柳田という西武ファンの胃を破壊する場面でしたが、ストレートの力勝負で抑えました。

登板過多の平良が投げたので、負けなくて良かったです。






【野手】

Screenshot_20210508-161312


初回は、今日の打順が打線として機能しました。源田、森のチャンスメイクを栗山が返しましたね。


欲を言えば、山川でドカンと一気に行きたかったですが、そう上手くはいきませんね。


その後は、抑えられていましたが、愛斗のタイムリーで追加点と、少ないチャンスを活かせました。



今日は打つ方よりも、守りの面で3エラーは反省です。





正直、よく勝てたなという試合でした。


ソフトバンク打線が決めきれなかった訳ですが、毎回毎回上手くは行かないので、僅差で投げる、森脇、小川は状態を上げていきたいです。

明日は平良を休ませるでしょうし、打線がカバーしたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日から、福岡でソフトバンク3連戦です。


本日、山川、木村が昇格しています。


それと、

與座も昇格しました。

が、代わりに抹消されたのが、多くなった外野手ではなく、投手の宮川でした。


持ち味が出せていなかった宮川の抹消は良いと思いますが、中継ぎが苦しい中、こんなに外野手ばかりいらないですし、辻監督はどうせ使わないので、投手を厚くしてもらいたかったです。



ギャレットの怪我、森脇の調整具合によっては、中継ぎ崩壊も起こりかねないので、ブルペンの豊田コーチにはしっかり調子を見極めて、西口コーチに進言してもらいたいですね。






本日のスタメンは、

Screenshot_20210507-174535


辻監督は木村が好きですねー。



先日若林が負傷交代したので、代わりに木村がセンターで1番です。

木村は、イースタンではホームラン連発してましたし、昨年は石川に対して.375と相性良いですし、好調期は確かに期待できますが、復帰明けで即1番打者の選手ではないです。




ライオンズ打線は、1番打者がポイントなので、

若林が出れないなら、栗山かスパンジーを諦めて、1番ファーストで呉、山川指名打者、木村は7番が妥当です。


木村は必要な戦力ですが、使い方次第の選手です。



それと、セカンドはやはり山田で来ました。


打撃の良い呉が控えなのは、もったいないですが、今日は高橋光成なのでロースコアゲームを想定して、守備の良い山田ですかね。

基本は打てる選手がスタメン、守れる選手は途中出場ですが、9番という打順なら守備での貢献度が高い山田で良いと思います。



ただ、あまりに打てなくなれば呉に代えられるように、呉にもセカンド守備練習を積極的にさせたいですね。




【結果】


2回表のノーアウト満塁の、大チャンスを活かせなかったライオンズ打線が作った嫌な流れを、9安打浴びながらも高橋光成、平良、ギャレットと継投で何とか凌ぎ、

2対2の引き分けです。




【投手】


Screenshot_20210507-211335


高橋光成

今日は尻上がりに調子を上げていきました。失投をホームランされましたが、全体的に低めに丁寧に投げていました。

今日もスライダーが良く、フォークでカウントを稼いで、スライダーで空振りを取る最近の投球スタイルでした。

今日の試合は、流れ的にはソフトバンクでしたが、負けなかったのは高橋光成の力です。

これでさらに髪の毛伸びますね。



平良

スピードは出てましたが、抜け球がいつもよりも多く、満塁まで行きました。ショートライナーゲッツーで切り抜ける辺りは、持ってる男ですね。


平良やソフトバンクのモイネロ、森もですが、一流だからこそ何試合も使われてしまいます。

中継ぎ投手に酷使はつきものですが、今、平良に何かあるとライオンズは終わってしまうので、フィジカル面でのフォローはしっかりやってもらいたいです。


ギャレット

先日、打球を受けて負傷降板しましたが、とりあえず、投げられて良かったです。

ストレートも走ってましたし、カーブが良いアクセントになり、2三振奪いました。






中継ぎ投手の登板過多が心配です。


ただ、中継ぎ投手には悪いですが、

個人的には、試合に勝つ事が最優先なので、勝つために必要な酷使はやむを得ないと思ってます。



ただ、まだシーズン序盤の段階で、平良、ギャレットしか使えない状況はチームとして良くないので、

どこかで思い切って休ませる勇気も、辻監督、西口コーチには必要になってきますね。


今日の試合は、ソフトバンクの勝ちの流れでしたが、引き分けられたのは、高橋光成、平良、ギャレットのお陰です。頑張りましたね。




【野手】

Screenshot_20210507-211258


ソフトバンク石川の前に8回4安打8三振でした。



2回のノーアウト満塁のチャンスを、スパンジー、愛斗、山田が倒れ、無得点で終わった事で、石川をのせてしまいました。


その中で、良くも悪くもホームランでの得点のみというライオンズらしい点の取り方で、何とか追いつきました。


山川は復帰試合でホームランです。

力で持っていきましたね。



栗山のホームランで同点にしました。





今日は投手陣の活躍で引き分けましたが、苦しい中継ぎを救うためにも、明日からは打線でカバーしたいです。


野手の駒が揃って来ましたので、辻監督の選手起用が今後はポイントになってきます。



もう言い訳は出来ないので、ここからは打順を打線に出来るように、徹夜してでも考えてもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ