埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2021 > 2021公式戦

本日の、

2021

ロッテ戦が前半戦最後の試合です。


ここからおよそ1ヶ月のオリンピック休みとなります。


一つでも借金を減らしたいので、今日は総力戦で勝ちにいきたいです。




スタメンは、

Screenshot_20210714-174638~2


金子に代えて、昨日代打ホームランの岸がスタメンです。


イースタンで好調の川越を上げて使いたかったですが、現状の1軍メンバーならこのメンバーになりますね。


昨日同様に、中村、栗山に期待がかかる打線となっています。



【結果】

今日は3本の効果的なホームランがでました。

先発高橋光成も無四球ピッチングで、中継ぎも無四球でした。

8対3で勝利です。




前半戦は借金5で終わりました。


優勝を目指すには、非常に苦しい位置にいますが、後半戦は主力中継ぎ陣も戻って来ますので、まだまだ反撃出来ます。

毎年、後半戦に強いチームなので期待したいです。





【投手】


Screenshot_20210714-201857~2


高橋光成

4回に3点を奪われましたが、それ以外は無失点で抑えました。

フォーク、縦スラの落ちる球を中心にゴロを打たせる投球。ストレートも尻上がりに、球速も上がり良くなりました。

無四球と制球も良く、球数も少なく7回を投げきりました。


今回は中6日でしたが、前回、前々回と中5日での登板で疲れたと思いますが、頑張りました。



ギャレット

カーブ、スプリットが低めに決まり、無失点で切り抜けました。



平井

前半戦の締めは平良かと思いましたが、点差が空いたので平井を登板させました。

ヒットを打たれますが、最後は左の安田をスライダーで三振に取りました。



後半戦は先発か中継ぎか分かりませんが、左打者が弱点の平井だと、相手はスタメンに左を並べます。左対策が取れれば問題ないですが、結果を出せませんでした。


シーズン序盤はスライダーがキレキレで、左相手でも三振を取ってましたが、スライダーのキレが悪くなると、打ち込まれてしまいました。

中継ぎとしてブルペンに厚みを持たせるのか、もう一度先発として投げさせるのか、辻監督、西口コーチの判断にも注目したいです。





【野手


Screenshot_20210714-201836~2


外崎、中村がマルチです。


中村、呉、山川にホームランが出ています。

全員ソロではないのが大きいですし、勝ちに繋がるホームランとなりました。





試合を振り返ると、




3回、

源田をランナーに置いて、

中村のタイムリーで先制です。

今日も中村は振れています。4番の働きです。



さらに、栗山がヒットで続き、

呉の3ランホームランです。

ヒットやホームランはそう何本も打てないので、打線を復活させるには、四球で塁に出ることと、ランナーを置いた場面での複数点だと思います。四球も選べ、得点圏で打てる呉の存在は大きいです。





そして7回、


4回から継投に入ったロッテ中継ぎ陣に抑えられていましたが、


ツーベースの森をランナーに置いて、

中村の2ランホームランで追加点です。

昨日に続いて、ランナーを置いてのホームランです。打った瞬間のホームランでした。明日から休みになるのが惜しいくらい好調ですね。





ダメ押しは8回、


四球で出塁の呉を置いて、

山川の2ランホームランです。

中村が4番の打撃を見せてくれていますが、いつまでも頼ってばかりいられません。後半戦は山川が4番にどっしり座れるように、休みの間に調整してもらいたいです。






久しぶりに、ランナーを置いての3本のホームランで勝ちました。


後半戦は、イースタンで調整中の選手達の合流もありますし、休み期間中に戦力を整えて、後半戦は巻き返したいです。




特に、投手陣は増田、森脇、宮川、小川の中継ぎ陣、浜屋、上間、本田、内海の先発陣がイースタンで調整中てす。

さらに、ローテーション投手だった、平井、ダーモディの使い方も決めなくてはなりません。

現状の1軍投手陣も含めて、整備が必要です。



先を見越して、個々の選手に調整をさせてもらいたいです。




そして、

源田、平良はオリンピックがありますので、頑張ってもらいたいですね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















本日、明日のロッテ戦は、

2021

です。


ph_0501




前半戦も残り2試合です。


後半戦の巻き返しに向けて、相性の良さは大事にしたいので、ロッテ戦連勝を狙いたいです。




スタメンは、

Screenshot_20210713-171203~2


外崎を1番に戻しました。

今日も中村、栗山に頼る打線となっていますが、山川が良くなってきたので、ランナーを貯めての一発を期待したいです。



【結果】


先発松本が序盤で7失点と大差をつけられますが、その後は中継ぎ陣が無失点で抑え、打線は諦めずに攻撃を続けて、1点差まで詰め寄りましたが、あと一歩届かず、

6対7で敗戦です。





【投手】

Screenshot_20210713-212027~2


松本

2回までに7失点と大炎上です。

立ち上がり先頭の荻野にホームランを打たれ、リズムを崩しました。2回には、ツーアウトから3連続四球で押し出し、さらにマーティンに満塁ホームランを打たれました。

ストレートは140前半と、良い時と比べると球速が出ずに、制球も悪かったです。

オールスターもありますし、後半戦に向けて、休み期間中に調整したいです。



渡邉

5回から登板。

壊れかけていた試合を落ち着かせました。

回跨ぎとなった6回に2四球で降板しましたが、結果的に5回に打線が追い上げてくれたので、無失点に抑えたのは大きかったです。


武隈

左の藤原に対して登板しますが、スライダーが決まらずに、四球を出して降板です。


平井

右の中村に対して登板。

生命線のスライダーが良かったです。アウトローに決めて、空振り三振を取り、ピンチを切り抜けました。

こういう場面は何度も経験している投手です。

さらに右打者相手なら、平井のスライダーが効果的なので、中継ぎにいると助かります。


ギャレット

中軸相手のため、7回から登板。

ストレートで空振りが取れませんが、スプリットが決まり、無失点です。


水上

バースデイ登板です。

今日も僅差のいい場面で登板しました。

ツーアウト取りますが、そこから連続ヒットでピンチを招きますが、山川の良いプレーもあり、無失点で切り抜けました。

制球が良く、ストレートは150キロ、カット、スライダーと投げて抑えました。十分過ぎる活躍を見せていますが、落ちる球もあると空振りも取れて、投球の幅もさらに広がりそうですね。

これで10試合連続無失点です。



十亀

明日でしばらく休みなので、負けていても平良を出すかと思いましたが、十亀でした。

左に3割以上打たれいる十亀を、楽天戦では左打者相手にも投げさせ失敗しましたが、

今日は左のマーティンには、やはりヒットを打たれますが、右打者はきっちり抑えて無失点です。

右打者に対しては、平井、十亀とスペシャリストがいるので、後は左打者対策ですね。





【野手】


Screenshot_20210713-212000~2


森が3安打とチャンスメイクしました。


今日も、栗山はタイムリー、中村はホームランと、2人がランナーを返しました。






試合を振り返ると、



序盤に7失点と大きな差が付きましたが、


3回、

外崎、森のヒット、中村四球で満塁とすると、

栗山のタイムリーで1点返します。

借金5のライオンズは、勝つしかない訳で、諦めては駄目です。その中で、序盤で点を返せたのは良かったです。






さらに5回、

源田、森が出塁すると、

中村の3ランホームランで2点差に詰め寄ります。

個人的には、今日のような点差がある中でのソロホームランは負けフラグだと思ってますが、3ランホームランは逆転の期待が持てる素晴らしい点のとり方でした。





8回、

呉がヒットで出て、ホームランが出れば同点の場面でしたが、

山川、代打スパンジーと三振に倒れて無得点でした。

都合よくホームランなんて、そんな上手くは行かないですが、山川ならと期待しましたが、残念でした。





そして9回、

先頭の代打岸のホームランで1点差にします。

今日のスタメンの正解は岸でしたね。明日は金子に代わり、センタースタメンですかね。


さらに森がヒットで同点のランナーとして出塁しましたが、中村が三振で倒れました。









0対7から1点差まで追い上げましたが、届きませんでした。


あと一歩で、大逆転を演出する、伝説のユニフォームになれたのですが、残念です。

Screenshot_20210713-215403~2



何点差でも負けは負けですし、これで借金6となり、勝ち星が欲しいライオンズには痛い敗戦です。


ただ、今日のように最後まで諦めない気持ちは、いくらゲーム差が離れていても、優勝が決まるまで、選手、首脳陣は持ち続けてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













本日も仙台で楽天戦です。



昨日は元同僚の涌井、炭谷バッテリーに打ち勝ち連敗脱出と、ライオンズファンの感情的には、特に嬉しい勝利となりましたが、まだまだ楽天には2勝7敗2分と、大きく負け越しています。


今日も勝って、一つでも負け越しを減らしたいですね。





スタメンは、

Screenshot_20210711-122231~2


スパンジーに代わり愛斗がスタメンです。

守備を考えれば、この形の方が良いです。

外崎と呉の併用起用は、外崎セカンド、呉サードが基本になりそうですが、外崎は外野守備練習もしています。

個人的には外崎はセカンドが良いですが、栗山次第ではレフトを守るオプションもありそうです。



先発はニールです。

今日から茂木が1軍昇格しましたし、左打者の多い楽天打線は要注意です。中継ぎ不安はありますが、日程的に中継ぎをどんどん投入出来るので、初回から飛ばしていきたいです。

ゴロピッチャーのニールですので、雨で濡れたグラウンドでのゴロ処理は、特に内野陣は気をつけたいです。




雨の楽天戦は、楽天都合で続行や中断をしているように感じる事も多いですし、鳥が邪魔をしに来たり、ろくな事がないので、早めに勝負をかけて点差をつけたいですね。





【結果】


久しぶりの山川のホームランでいい雰囲気になりますが、中継ぎが大量失点し、

3対9で敗戦です。





【投手】


Screenshot_20210711-162148~2


ニール

ゴロアウトを量産してましたし、らしい投球はしました。

6回にノーアウト1塁から、浅村に出した四球でピンチを広げ、失点に繋がりましたが、調子は悪くなかっただけに、四球はもったいなかったです。

試合の流れ的には抑えて欲しかったですが、6回3失点の結果だけ見れば、いつものニールです。



十亀

苦手の左が続く所でしたが登板しました。
2ベース、死球でピンチを作って交代しました。

継投は難しいですけど、結果的に失敗でした。



武隈

左が続くので、十亀ではなく、始めから武隈でも良かったですが、ピンチになってから登板しました。

しかし、鈴木大地に初球の真ん中のカーブを3ランされました。

その後は、浅村、島内と抑えただけに、悔やまれます。

十亀・武隈セットが打たれてしまいました。増田、森脇、宮川の復調が待たれます。




佐々木

残り試合も少ないので、良い投手を注ぎ込める状況にも関わらず、敗戦処理を使わなくてはいけない状況は残念です。

佐々木にとっては、頭部死球での退場以来の登板です。


連続四球でピンチを作ると、代打炭谷に対して、力のない真ん中のストレートを、3ランホームランにされます。


ライオンズファン的には、炭谷は代打を出される側の打者としか認識していませんが、ライオンズ戦で打つんですよね。

遅いくらいですが、佐々木は1軍ではまだ厳しいことが、首脳陣もこれで分かったと思います。期待はされていますので、後半戦に戦力になるように、ファームで出直して欲しいです。







【野手】


Screenshot_20210711-162128~2


山川が復活のマルチです。


ただ、他の選手が打てませんでした。

雨もあり、序盤は早打ちが目立ってましたが、特に上位が機能しませんでした。





試合を振り返ると、



先制されますが3回、


山川のツーベースからチャンスを作り、

金子の犠牲フライで同点にします。

山川にようやくヒットが出ました。7月初ヒットです。甘い球でしたので、ホームランを期待しましたが、今の山川には結果が欲しかったので、打てて良かったです。







5回、ツーベースの中村を置いて、

山川の2ランホームランで勝ちこしです。

先程のヒットで気持ちが楽になりましたね。ランナーをおいてのホームランは、得点力向上に不可欠ですので、チームにも山川にも大きなホームランです。喜びが分かりやすく表情に出てますね。





今日は山川デーになる予定でしたが、他の打者が打てずに、中継ぎも打たれて負けてしまいました。




山川の復活は心強いですが、本来は、負け越しが多い楽天にリハビリしている場合ではないです。


明後日からのロッテ戦は、大活躍を期待しています。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日は仙台で楽天戦です。



あまり見たくはなかったですが、ライオンズファンには懐かしい、涌井ー炭谷のバッテリーと対戦します。 


手強い相手になりますが、懐かしんでないで、打ち勝ってもらいたいですね。




スタメンは、

Screenshot_20210710-152015~2

打順を変えて来ました。

比較的好調な、源田、外崎、栗山を上位に、下位に不調の山川をスタメン起用しました。


今のライオンズは打線がなかなか繋がらないので、好調な選手を打席が多く回る上位に固めて、そこで点を取りたいです。



前半戦残り少ないですが、不調の山川を使ったからには、練習を見て、そろそろ打つだろうという首脳陣の判断でしょうから、信じて期待したいです。




【結果】



打線がようやく繋がり、涌井、炭谷バッテリーを撃破しました。先発今井もしっかり試合を作り、

6対2で連敗脱出です。



やっぱり野球の最大のファンサービスは勝利ですね。




【投手】


Screenshot_20210710-190631~2


今井

連敗中のチームを救う、ナイスピッチングでした。

ストレートはそれ程球速が出てませんでしたが、右にはスライダー、左にはチェンジアップ中心の投球で、空振りも取れました。


四球は相変わらず多いですが、今季は四球から崩れないのが大きいです。昨年の楽天戦の防御率は10点台ですが、楽天打線からしたら、昨年とは全く違う投手だったと思います。

涌井や岸との走り込み中心の自主トレを1年で辞めて、筋トレ中心の自主トレをした事が、間違いではなかった事を証明出来ましたね。



ギャレット

真ん中のストレートをホームランされますが、ソロで助かりました。

スプリットは低めに決まってましたので、後続は抑えました。



平良

前半戦残り試合も少ないですし、日程も緩いので4点差ですが登板です。

ヒットを打たれますが、浅村、島内を連続三振と素晴らしい投球でした。





【野手】


Screenshot_20210710-190552~2


中村猛打賞。


源田、森、栗山、呉がマルチです。


今日は打順がハマりました。猛打賞、マルチの選手の打順がくっついて居たのが、得点に繋がりました。







試合を振り返ると、



2回、栗山、中村のヒットでチャンスメイクすると、

呉のタイムリーで先制します。

ライオンズファン的には、涌井ー炭谷バッテリーから、ライオンズ時代共にチームを支えた、栗山、中村がチャンスメイクしたのは、熱い展開でした。



さらに、山川が四球を選び満塁にしますが、スパンジー、金子が連続三振。



嫌な雰囲気の中、

源田のタイムリーで追加点、さらに森のタイムリーでこの回4点取れました。

過去のライオンズ戦士たちに、今のライオンズ戦士たちが打ち勝ちましたね。




3回、またしても栗山、中村がチャンスメイクすると、呉の四球で満塁とし、

山川の押し出し四球と、涌井の暴投で追加点です。

楽天バッテリーは誘ってましたが、山川は低めの変化球に振り回さなくなりましたね。スパンジー、金子が前の回同様に、打てなかったので、暴投での追加点は助かりました。




ダメ押しも欲しかったですが、その後は、得点出来ませんでした。

明日に取っておいたと思いましょう。







涌井、炭谷と共にライオンズを支えた、栗山、中村の活躍が光りました。


たくさん流出しましたが、まだライオンズには中村、栗山が居る頼もしさを感じる試合でした。


涌井、炭谷がライオンズにいた頃は、勝負を決める打者だった栗山、中村がチャンスメイクして、今の主力である森、源田、呉が打つ当たりは、育成とスカウティングで勝負する、ライオンズらしさが感じられましたね。




連敗脱出しましたが、まだまだ借金がありますので、浮かれずに明日もきっちり戦いたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














本日も旭川で日ハム戦です。



雨によるグラウンドコンディション不良のため、試合開始が遅れました。

20210707_172600


打球処理は、内外野共に要注意です。特に今日の両翼は打撃重視の布陣ですので、滑らないように気をつけて守って欲しいです。





スタメンは、

Screenshot_20210707-174838~2

ライトにスパンジー、レフト栗山と、両翼を打撃重視のスタメンにしました。

今季は打撃重視の打線が機能しないことが多いですが、外崎が1番に居るので、下位から上位へのチャンスメイクも期待したいです。

昨日のように、ヒットは出るが得点にならないという事がないように、選手任せにせずに、しっかり作戦を立てて、実行出来るように首脳陣の采配にも期待したいです。



先発は高橋光成です。

前回に続いて中5日です。

かつてのライオンズのエース、松坂大輔が引退を発表しましたが、チームが苦しい時に活躍するのが、ライオンズのエースです。

今のライオンズのエースとしての投球を見せてもらいたいですね。



【結果】


高橋光成が悪条件の中、試合を作りましたが、今日も打線は9安打放つも、1点止まりで、

1対2で敗戦です。




【投手】

Screenshot_20210707-221508~2


高橋光成

2試合続けての中5日でしたが、悪天候の中、7回まで投げきりました。

2失点しましたが、犠牲フライと併殺の間の失点と、打ち崩されはせずに、しっかり試合も作りました。

今日も、フォーク、縦スラと落ちる球主体でしたが、テンポ良く投げられました。


松坂大輔のように圧倒的な投球とは行きませんでしたが、チーム状況が悪く、さらに悪天候の地方球場で中5日という条件を考えれば、十分な投球でした。



水上

投手としてもまだ経験の浅い選手なので、悪天候の地方球場という、いつもと違うマウンド環境に対応出来ませんでしたかね。

制球の良い投手ですが、2四死球とヒットで満塁にして降板です。



武隈

満塁のピンチで、対左として登板。

水上とは逆に経験豊富な投手だけあって、ストライク先行で投げられました。

日ハム王相手に、甘い球に見えるのですが、ストレートで三振に取りました。



平井

久しぶりの中継ぎ登板は、終盤の満塁のピンチでの登板となりました。


日ハム渡邉に対して、アウトローにスライダーを集めますが、なかなか振ってくれずにフルカウントまで行きましたが、しつこくアウトローにスライダーを投げ、最後は空振り三振にしました。

平井が気持ちを切り替えて、一昨年の様に中継ぎとして活躍をしてくれれば、増田、森脇、宮川復帰後、厚い中継ぎ陣が形成出来ますね。








平井が本格的に中継ぎに配置転換するのであれば、元々適正のあるポジションですし、中継ぎに厚みも出ます。



先発は高橋光成、今井、ニール、松本の4人は安定しているので、残りの2人を、浜屋、上間、本田、内海に加えて、渡邉や佐々木といった若手も加えて争う形を取りたいです。

特に、後半戦は中継ぎを酷使する傾向があるので、増田、森脇、宮川が復帰しても、平井を中継ぎにして厚みを持たせておいた方が良いと思います。





【野手】



Screenshot_20210707-221449~2


源田が3安打、1四球で4出塁。



栗山がマルチです。



森は昨日の死球の影響があるのか、打撃の状態が急停止しています。






試合を振り返ると、




2回、栗山がヒットでノーアウトのランナーを出すも、ブランドンが併殺。


4回、ワンアウト2、3塁のチャンスに栗山三振。代打高木渉が四球で満塁にしますが、呉が凡退と今日も打線が重苦しいです。




そんな中、5回、ツーアウトから外崎がヒット&盗塁でチャンスを作ると、

源田のタイムリーで1点を返します。




しかし、流れは変わらず、


6回、栗山、呉のヒットでチャンスを作ると、スパンジーに代わり、代打山川が登場しますが、ショートフライで無得点。


7回、愛斗、源田をランナーに置いて、森、中村が凡退で、またチャンスを潰します。





雨も降っていたので、早めにベンチも動き代打を使いましたが、結果は出ませんでした。




得点圏にランナーを置くまでは出来ていますが、決めきれません。得点圏打率も、7月は1割にも届かず、極端に悪いです。



主力不在の交流戦でも得点圏で打てない時期がありましたが、主力が戻ってきても状況が変わらないです。


今までの様な選手任せの打線は限界に来ています。スコアラー、打撃コーチで作戦を立てて臨ませください。



旭川での2試合は、選手達もかなりストレスの貯まる試合だったと思います。


明日、明後日で切り替えて、週末の楽天戦に臨みたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














↑このページのトップヘ