埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 東京オリンピック

東京オリンピック野球の日本代表が、初の金メダルを獲得しました。




20210808_090804





決勝では、ソフトバンクのマルティネス相手に苦戦しましたが、村上のホームラン、吉田正尚のタイムリーで点を取り、投手陣が素晴らしい投球をして、2対0で勝利しました。

MVPは大活躍した、ヤクルト山田哲人選手でした。






源田、平良のライオンズ選手達は大活躍とはいきませんでした。


源田は主に代走や守備固め、平良は初戦に投げたきりでした。




平良は初戦にホームランを打たれた事で、短期決戦ですし、使いづらくなりましたかね。


決勝のブルペンでは投げていたので、故障とかはないと思いますが、本人も悔しい想いが強いとコメントしてますし、





さらなるレベルアップをしていきたいです。








前向きに考えれば、

源田は慣れないサード守備でも、シーズンに引きずるようなミスはしませんでしたし、平良ももっとレベルアップしたいというモチベーションが出来たので、代表に選ばれて良かったと思います




自国開催のオリンピックで、野球初の金メダルをもたらした選手、スタッフの皆さん、ありがとうございました。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















東京オリンピックは、決勝進出をかけた日韓戦です。




韓国は日本が相手になると目の色変えて勝ちに来るので、要注意ですね。




スタメンは、


20210804_204239



菊池を外して山田がセカンド、近藤がレフトでスタメンです。


このメンツだと、あまり変えようがないですが、菊池と近藤を代えたくらいで、他は不動の打線となっています。




【結果】



Screenshot_20210804-223414~2



韓国に勝ち、日本代表が決勝進出です。





【投手】


Screenshot_20210804-223619~2


先発山本由伸は5回途中9三振と素晴らしい投球でしたが、韓国の勢いが付きそうな展開でしたし、継投で行きました。


代わった岩崎はタイムリーを打たれましたが、その後は連続三振で切り抜けました。


次の回からは前回も好リリーフを見せた日ハム伊藤が、今日も2イニングを無失点に抑えたのが大きかったです。


最後は今日も栗林が抑えました。





【野手】

Screenshot_20210804-223600~2



日本の得点は、

坂本の犠牲フライ、


吉田正尚のタイムリー、


そして、

同点の8回、山田哲人の勝負を決める3点タイムリーです。





源田、平良の出番はありませんでしたが、普段経験の出来ない、いい緊張感の中戦えていると思います。


次の決勝では、出番があれば全力でプレイしてもらいたいです。




日本代表、悲願の金メダルまで、あと1つです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日から東京オリンピックの野球は、ノックアウトステージに入ります。



トーナメント方式のステージですが、変則的なトーナメントのため、万が一今日負けてもまだ勝ち上がれるチャンスはあります。


相手は強豪アメリカですが、勝って余裕を持った状態で次に行きたいです。





スタメンは、


Screenshot_20210802-230419~2





【結果】

Screenshot_20210802-230439~2


3点差を逆転し、日本のサヨナラ勝ちです。




【投手】

Screenshot_20210802-230519~2


先発田中将大はスライダーが良く、三振も取っていましたが、4回に3失点。



5回からはドミニカ戦で打たれた青柳をマウンドに上げますが、連打を浴び、3ランホームランを打たれました。


青柳は良い投手ですが、短期決戦で2試合連続で打たれると、次が使いづらくなりました。




6回からは怪我でシーズンはほとんど出ていない千賀が投げましたが、2イニング5三振と地力の違いを見せました。



タイブレークの延長10回は、栗林が見事に無失点で抑えました。先頭を三振に取ったのが大きかったです。





【野手】

Screenshot_20210802-230500~2



3回、吉田正尚のタイムリーで先制、さらに四球でチャンスを広げて、柳田の内野安打で追加点です。



4回に逆転されますが、

その裏、元オリックスのディクソンから、坂本のタイムリーで同点にします。


ディクソンが抑えましたが、ちょっと前のオリックスの投打の柱であった、ディクソンと吉田正尚の対戦は熱いものがありましたね。


敵ではありますが、長年日本に居てライオンズとも何度も戦った、ディクソンのナックルカーブを久しぶりに見れたのは感慨深いです。



5回には4番の鈴木誠也にホームランが出るなど、2点を返し1点差まで詰め寄ります。



しかし、その後はアメリカ代表中継ぎ陣に抑え込まれましたが、

9回、浅村のヒットでチャンスを作ると、柳田の内野ゴロの間に同点にします。


この回から、浅村にの代走で源田が出場しました。次の回からはサードも守りました。



そしてタイブレーク方式の延長10回、


日本は手堅く栗原がバントで送り、2、3塁にすると、

甲斐のサヨナラヒットで勝利です。



悲願の金メダルまであと2つです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













※イースタンのライオンズ戦は、ロッテ側にコロナ陽性者が出たようで、急遽中止となっています。






東京オリンピック日本代表はメキシコとの試合です。





スタメンは、


Screenshot_20210731-114912~2




【結果】


Screenshot_20210731-151525~2


初回に先制されましたが、山田哲人の3ランが効きました。

中継ぎの日ハム伊藤の好投もあり、

7対4で勝利です。



これで、

予選リーググループA1位通過が決まりました。




【投手】


Screenshot_20210731-151504~2



先発の広島森下が2失点したものの、5回まで試合を作り、6、7回は日ハム伊藤が無失点で抑える好リリーフ。

8回には平良がマウンドに上がりました。

先頭をストレートで三振に取り、四球は出しましたが、ツーアウトまで取り、いつも通り終わらせるかと思いましたが、

オリックスにいたメネセスにまさかの2ランホームランを浴びました。


バットの先の方でしたが、パワーで持っていかれました。


ただ、点差もあったので致命傷とはならず、平良自身も次の打者をチェンジアップで三振に取り、引きずらずに終わらせました。




【野手】


Screenshot_20210731-151444~2


山田、坂本が好調です。
このメンバーだと、唯一の打線の穴となる甲斐が3安打です。4番を任されている鈴木誠也も結果が欲しいですね。



試合は、


2対1と1点リードで迎えた4回、

山田哲人の3ランで点差を広げます。




7回には、ドミニカ戦サヨナラヒットの、坂本のホームランで突き放します。




個人の能力が高いチームですが、短期決戦なので取れるときに点は取って置きたいです。



そういう意味でも、山田哲人の3ランは大きかった試合でした。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













今日から野球のオリンピックが始まります。


初戦は福島で、日本対ドミニカです。



スタメンは、


Screenshot_20210728-113335~2




【結果】

Screenshot_20210728-152622~2



日本代表はオリンピックという大舞台に、いつも通りのプレイが出来ませんでしたが、9回にようやく火が付きました。

サヨナラ勝ちです。


20210728_155308



【投手】


Screenshot_20210728-152558~2



先発山本由伸は、初回こそ緊張からか乱れてましたが、立て直し、6回まで無失点と好投しましたが、7回に代わった青柳が打たれて継投失敗となりました。


代表だと先発が中継ぎをやったりと、本職以外の役割をする場合もあるので、投手起用も難しいです。


さらにピンチの場面でしたが、青柳から平良にスイッチし、平良は見事抑えました。




【野手】

Screenshot_20210728-152537~2



打線は、ドミニカの先発巨人のメルセデスを打てずに、6回まで1安打でした。



ストレートが走り、インコースのストレートやスライダーも良い所に決まりました。日本代表の選手たちがいつも通りのパフォーマンスを出せれば、全く打てない事はないですが、この辺は国際大会の難しい所です。




7回にノーアウト2、3塁のチャンスを作り、メルセデスを降板させましたが、その後は内野ゴロの1点止まりでした。

チャンスで甲斐をそのまま打席に立たせましたが、このメンバーで代打を出すなら、甲斐の所しかないので勝負しきれていない感じがありました。


しかし、9回にようやく打線に火が付きました。




村上のタイムリーで1点差、甲斐のスクイズで代走で出た源田がホームに帰り同点。


最後は坂本のサヨナラヒットで、大逆転勝利です。




ドミニカは先発メルセデス以降の投手のレベルがあまり高くはなく、日本代表の個の力の前に負けたという試合でした。


とにかく初戦を勝てたので、一安心です。



次からは良い投手と当たっても、個の力だけでなく、チームとして対策を取り、思い切って勝負する所は勝負したいです。





平良、源田も出場しました。


平良は火消し、源田は同点のホームインと、いい仕事をしましたね。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ