埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 契約更改

ライオンズの契約更改が終了しました。




後は、補強を残すのみです。




今季は最下位でしたが、怪我や不調により主力の離脱が相次ぎ、年俸の安い若手が代わりに出場した事に加えて、本来は年俸をダウンさせたい選手が複数年契約を結んでいたため、暖冬更改となりました。










とはいえ、コロナ禍により西武グループは大赤字ですし、当然球団にも影響はあります。







それに、最下位ですので、球団からしたらチーム総年俸的には下げたい所ですが、

今年の契約更改では、2億円程度のプラス査定となりました。





ここに、ドラフト加入選手の総年俸およそ7000万、エンス、オグレイディ、タカハシの新外国人たちの総年俸およそ2億を足すと、4億7000万のプラスです。






外国人を含む退団した選手の年俸が、7億3000万くらいなので、


チーム総年俸は今の所、およそ2億6000万程度減らしました。




まだ外国人を2人取る予定ですが、報道通りウィッテ選手を獲得するなら、メジャー経験のない31歳マイナーの選手なので、5000万程度だと思います。





残り1人の外国人投手に、2億使うことは考えられず、良くて8000万程度でしょうから、僅かではありますが、昨年よりはチーム総年俸は減らせられそうです。






今季最下位であり、さらにコロナ禍により経営も大変な中、チーム総年俸を大きく減らさなかったのは、選手想いの渡辺GMを筆頭にライオンズらしい査定だったと思います。




ただ、心配なのは来年オフです。





森、源田、山川、外崎と2023年にはFAを取得見込みの主力4人の引き止めが待っています。





チーム総年俸をあまり減らさなかった事を考えると、総年俸を大幅に上げるか、流出やむ無しにするのかですが、西武グループの経営的には、総年俸を大幅に上げることは難しく、全員残留は厳しくなってきました。





最下位ながら今年の暖冬更改や、FAせずに残った栗山、中村の高待遇を見て、長い目で見ればライオンズに残るメリットが大きいと思ってくれれば良いのですが。





総年俸を大幅に上げる可能性もゼロではなく、来季は入場制限がなくなる方針ですし、その他の西武グループの観光事業も好転する可能性があります。





今まで行けなかった方も球場に足を運び、毎試合のように満員で試合が出来、グッズなどの収入も増えれば、昨年、今年よりも経営は良くなります。




さらに、優勝をして世間にアピール出来れば、大口のスポンサーも付くかも知れません。




日ハムの様に、主力をノンテンダーして、強制的に若手に切り替える手法は、プロ野球ファンとしては慣れていませんし、FA流出を何度も経験したライオンズファンからしたら、昨日まで好きだった選手が敵になって嫌いになるという想いはしたくないです。





ソフトバンクや楽天の様に、目先のお金は出せませんが、ライオンズは長い目で見れば、選手想いの球団です。



栗山や中村の現状を見てみて、FA取得見込みの主力たちに球団の姿勢が伝わる事を祈りたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













チームで唯一、契約更改が終わっていなかった平良海馬投手が、5800万アップの1億円で更改しました。












ここまで契約更改が行われなかった理由として、手術した患部にバイ菌か何かが入ってしまい、11月から再入院していたとの事です。




そのため、都内の病院で契約更改を行った模様です。






あまりお金にゴネるタイプに見えませんでしたし、自主トレで海外にいるのかと思いましたが、入院中だったとは驚きです。





回復に向かっていてキャンプには支障はない様なので、一安心です。




術後も順調で、すぐに投球練習をするなど脅威的な回復を見せていましたが、無理しなくても普通にやれれば良いので、今度は安静にしておきたいです。










復活を期待していますが、昨年複数年契約を結んだ、守護神の増田が思っていたよりも早く陰りが見えてしまったので、来季も平良には9回を任せたい所です。





ギャレットの代わりになる中継ぎ投手の補強がまだですが、増田、森脇、平井、宮川辺りが復活してくれないと、今季の様に平良に負担が大きくかかります。





平良はタフな投手ではありますが、今季は連投が続き、パフォーマンスも明らかに落ちていたので、他の中継ぎ陣の奮起に期待したいです。





昨年は先発転向を直訴しましたが、今季は抑えに意欲を見せていたので、しばらくは封印した様です。




先発平良も見てみたい所ですが、増田、森脇の不調、宮川の絶不調と、先発に比べて中継ぎの上がり目が今の所少ないので、チームとしては抑えをやってもらいたい所だと思います。




どちらにせよ、平良の体が万全ではないと苦しいです。年俸も大幅に上がりましたので、松坂大輔が言っていたように、平良は体のメンテナンスにはお金をかけてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















契約更改も終盤となり、主力選手も次々に終えています。



注目は、今のライオンズ野手陣の中心であり、2023年にはおそらく同時にFAになる、森、源田、山川、外崎の4人です。


Screenshot_20211205-201830~2




本日、源田、山川、外崎が契約更改をしました。





全員単年契約です。


これで、


森  2億1000万 5000万↑

源田 1億9000万 4000万↑

山川 1億3000万 4000万↓

外崎 1億400万  2600万↓


FA流出阻止のための勝負は、来オフとなりました。




このレベルの選手たちとなると、流出阻止には数億単位のアップに複数年契約は必須です。



もし今季と同様の成績だったとしても、流出阻止には森5億、源田3億近くくらいはかかると思います。




さらに、不調だった選手でもFA持ちには流出阻止のために億単位のアップを必要とする事もあるので、今季同様の成績でも山川、外崎も2億前後はかかります。活躍すればもっとです。





現状でも億単位の複数年契約の選手がいますし、ライオンズの経営状態を考えると、全員残留は厳しくなってきます。


ダメ元でも今季の成績ベースで複数年契約を提示して、FA取得よりも先に結んでくれたら、年俸も抑えられて良かったのですが、このクラスの選手なら来季は活躍して年俸をアップさせる自信もあるでしょうし、そう簡単には行きませんでした。






万が一、全員残留か厳しいのであれば、今季までの成績から個人的な優先順位は、


森、源田、外崎、山川の順に残したいです。



勝利への貢献度と、代わりが効きづらい順です。








最優先は森友哉です。


来オフ複数年契約を結ぶと一時的に総年俸は上がりますが、次の2023年オフには中村、栗山、金子の複数年契約が切れるので、先行投資だと思って森の残留に全力を尽くしてもらいたいです。




また、源田、外崎、山川にも誠意を持って接し、あまり金額は出せなかったとしても、来オフにはダメ元でも複数年契約を提示して、ライオンズに必要である事を伝えたいです。






ライオンズは、ソフトバンクや楽天の様に青天井で年俸を出せるチームではありません。



ライオンズだけでなく、他球団でも厳しい球団は多いです。





ロッテでは何人かの選手に、一律25%ダウンから下交渉を始めると伝えたとして、選手会から抗議文が出されました。







誤解を生む発言だったと釈明していますが、当然どの球団もコロナ禍により経営は厳しいです。




ライオンズも同様に厳しいですが、今季最下位ながらアップ提示が多く、暖冬更改となっています。結果を出した選手はちゃんと評価する姿勢からも、選手想いの球団とも思います。



お金はあまり出せませんが、情に訴えかけて森、源田、外崎、山川の流出阻止に動いてもらいたいです。




来季からは、観客の上限撤廃がされる見込みです。



毎試合多くのファンでメットライフドームが埋まるように、また、優勝して注目度を上げて、広告スポンサーを増やすためにも、来季は強いライオンズを取り戻してもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします 













中村剛也が契約更改を行い、新たに2年契約を結びました。




球史に残るホームランアーティストでありながら、西武一筋でやってきてくれた功労者です。



昨年は栗山が複数年契約を結びましたが、中村もその価値がある選手です。





チームとしても、この年齢で複数年契約を結ぶ意味は大きいです。





流出の多いライオンズですが、残留した場合はこうやって大事にしてくれると言うアピールにもなります。




2008年の日本一の中心メンバーだった、片岡、栗山、中島、中村たちは、結果的にライオンズに残った栗山、中村が高待遇を勝ち取っています。さらに、引退後も指導者としての道も用意されています。




もちろん本人たちの努力により、この年齢まで主力としてやってこれたのが一番です。


ただ、球団としては今の主力である、森、山川、源田、外崎にアピールしたい所です。




最も残留させたい森友哉とは、単年契約でしたが、来季は他球団からのタンパリングも活性化すると思われます。




森にとってライオンズは居心地の良い球団だと思いますが、金銭面でもアピールをしたいです。



ベースが2億1000万になったので、来季は今までのライオンズの基準で考えれば、おそらく5億の複数年契約の提示で引き止めに当たると思われます。




個人的には、年数を伸ばして7、8年契約くらいの今までのライオンズにない年数で誠意を見せたいです。




もしFAとなった場合、単年での金額は他球団に敵いませんが、残留すれば中村や栗山のように、長期的に高待遇をしてくれる球団だと森に伝わってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ライオンズの投打の要である森友哉が、推定5000万円増の2億1000万で更改しました。








おそらく再来年にはFA取得のため、早めに長期の複数年契約をしてもらいたかったですが、単年のようです。








交渉の中身までは分かりませんが、いまや森友哉はライオンズの中心ですし、年齢的にも再来年に劣化する事は考えられないため、柳田、山田クラスの長期契約をしてもらいたかったです。



最下位チームではありますが、FAが近く、貢献度的にも5000万円アップは安めなので、心証が悪くなってなければ良いのですが。。。







来季からは入場上限が撤廃見込みですし、経営状況も改善してくると思われます。



ただ、チームが弱くなると離れるファンやスポンサーもいると思われます。



強いチームは中心がしっかりとしているチームですので、予算的に厳しいのは分かりますが、


先行投資としてライオンズの投打の柱であるである森友哉に複数年契約を打診してもらいたかったです。



これで来オフの契約更改が勝負になります。





FA取得が近くなればなるほど、他球団からのタンパリングも活性化してくると思われるので、予算的にそこまでは出せないライオンズにとっては不利になります。







そのための、早めの複数年契約でしたが残念です。





お金を出せないなら、誠意や居心地と言った気持ちに訴えかけるしかありません。



GMは、シーズン中からコミュニケーションをとって、森友哉に残留してもらいたい事を訴えかけてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ