埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

大型補強に動くソフトバンクが、補強予告にリーチをかけました。



今や巨人に代わり球界一の金満球団となったソフトバンクですが、今オフは積極的に補強に動いています。



スポンサー向けのパーティーでは、阪神のガンケル投手、ロッテのオスナ投手、FA近藤健介選手と思わしきシルエットを出し、補強予告を行いました。





スポンサー向けのパーティーで披露しましたので、自信もあるのでしょう。




実際に、ガンケル投手は獲得濃厚、そしてオスナ投手も獲得が決定的となりました。




予告通りに補強が進んでいます。残りは近藤健介選手のみです。





近藤選手とは再交渉も行っている事から、手応え的に厳しい状況が予想されますが、獲得に名乗りを上げている他球団と比べてかなり条件も良いので、近藤選手がお金では決めないとしても心が揺らぐ本気度です。




近藤選手が優勝を狙えるチームを選びたいという気持ちがあったとしても、ソフトバンクは外国人補強も順調に行えていますし、来季も優勝候補筆頭の状況です。



特に今季は長年守護神を努めた森唯斗投手が先発に回るなど、ブルペン整備も行ったシーズンでしたが、オスナ投手獲得となれば盤石となります。



来季のソフトバンクは、モイネロ、オスナ投手の8回、9回ですか。。。打てますかね。






平良投手が先発に回るライオンズからしたら、純粋に羨ましい補強です。




昔の巨人みたいに、チームバランスを考えずとにかくライバル球団の4番を引き抜く乱獲なら、戦う上でもやりようがありますが、ソフトバンクの場合は的確に補強してくるのが非常に厄介です。




ライオンズとしては、そのソフトバンク相手に戦っていかなくてはなりませんので、新外国人を当てるしかありません。



オスナ投手クラスのリリーバーに、カブレラやメヒア選手クラスの野手を2人打線に加えることが出来れば十分戦えると思いますが。。。



やってはいけないのは、ユーティリティの中距離ヒッターという中途半端な外国人獲得です。



以前在籍したヘルマン選手は良かったですが、ユーティリティでの起用は難しく結局はサードで使いましたし、他のユーティリティ選手で当たったことはほとんどないので、そろそろそういう選手の獲得は辞めたいです。



戦力ではソフトバンクに劣りますので、主力が怪我なくシーズン通して戦えないとさらに差は拡がります。


オフは身体を休めながらも、怪我なくシーズンが送れるように食生活も含めたトレーニングを徹底してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











オリックスの吉田正尚選手のレッドソックス入りが決まりました。





ポスティングでのメジャー移籍を目指し公示されましたが、僅か1日のスピード決着です。


5年9000万ドルの大型契約です。


ライオンズファンとしては、吉田選手には苦い思い出の方が多いです。ただ、メジャーリーガーになりましたし敵ではなくなりましたので、純粋に応援したいですし、日本人の力をアメリカに見せつけてもらいたいです。





吉田選手の移籍が決まったことで、ライオンズファンとして気になるのは人的補償とFA近藤健介選手の動向です。




吉田選手の移籍により、オリックスは吉田選手をプロテクトしなくて済みますので、当落線上の選手を1人残せる事になりました。



ただでさえオリックスは、育成を使ったプロテクト対策を講じているためライオンズとしては人的補償を選択するなら、吉田選手の移籍早期決着はデメリットです。



金銭補償と人的補償の差額6300万を考えると、それに見合った選手がプロテクトから外れている可能性は低く、金銭補償になるかも知れませんね。




個人的な気持ちの部分では、森選手を我慢して育てたにも関わらず育った所で移籍となったので、取られっぱなしは癪に障りますし、オリックスに人的補償でダメージを与えたい所ではありますが、、、



オリックスからしたら、吉田選手の譲渡金で約21億入りますし6300万は痛手でも何でもないですが、ライオンズからしたら貴重な予算となるのが悲しい所です。







また、FA近藤選手の決断も気になります。



近藤選手に関しては噂レベルの記事が多く信憑性に欠けますが、吉田選手の移籍を待ってから判断する説もあります。



お金に困っていないオリックスですので、吉田選手の移籍が決まったら近藤選手に対して増額した再提示をするという報道には疑問もありますが、近藤選手は年内には決めると言ってますし、いつ決断しても可笑しくない状況です。



ライオンズファンとしては、zakzakの西武入り決断報道が本人から否定されたこともありトーンダウンしてますが、僅かな希望を持っている方もいると思います。




個人的には、近藤選手の獲得の成否に関わらず大砲の外国人獲得、さらには平良投手の先発転向により守護神候補の外国人リリーバーの獲得が必須と思っています。



どちらにせよライオンズは近藤選手との再交渉予定もありませんので、もし近藤選手がライオンズを選んでくれたらラッキーくらいの感覚で、新外国人獲得に注力したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












松井監督は、大社卒組のルーキー蛭間、青山、児玉選手の3選手の1軍キャンプ入りを示唆しました。





今季のドラフトは高卒も多く、将来性重視の指名も目立ちましたが、大卒の蛭間、青山選手、社会人卒の児玉選手に関しては即戦力候補のため、春季キャンプで直接見極めるようです。








蛭間選手はレギュラー候補のドラ1です。



チームとして課題の外野を埋めるために獲得した選手です。愛斗、鈴木選手など既存外野手も頑張っていますが、現状外野3ポジションが固定出来ていないため、蛭間選手にはそこを埋める活躍を期待したいです。


まずは、長所でもあるバッティングが即戦力なのか、若干の手直しが必要なのかを確認し指導したいです。


また、足も速く守備も良い選手ですので、外野のどこを守らせるのかもある程度決めて連携プレイなど徹底させたいです。



チームとしてはセンターラインは固定したい所ですので、センターを守りレギュラーとして試合に出れるレベルだと助かります。


ただ、外野は特に守備だけでなく打てなくてはなりませんので、既存外野手の大きな刺激となるように、蛭間選手には走攻守でアピールしてもらいたいたいです。









亜大のエース青山投手は先発希望との事です。


 今春はリーグMVPになるなど、ドラ4ですが事前評価はドラフト上位評価だった投手です。


最速151キロのストレートに先発として基本的な変化球もあり、イニングも投げることが出来る体力もあります。


制球も悪くなくまとまった投手ですが、やや出力の部分で尖ったものがなく、この辺がドラ4の評価だったのかも知れません。


ただ、プロに入った以上指名順は関係ないので、まずは先発やロングリリーフとして活躍をしたいです。



来季の1軍先発は、平良投手も加わることで競争も激化しますので、まずはファームからとなりそうです。


ファーム先発陣も今季ほどではないですが枚数が少ないですし、加えて赤上投手の手術もありましたので、青山投手にはイニングを投げてくれるとチームとしては助かります。


ただ、将来があるルーキーですので酷使させないように運用には気をつけてもらいたいです。









社会人卒の児玉選手には、即戦力の期待がかかります。



内野の守備型ユーティリティは、山田選手のトレードによりチームとして居てもらいたい役割です。


明日の現役ドラフトの結果にもよりますが、児玉選手には内野の守備型ユーティリティとして即戦力の期待がかかります。


もちろんレギュラーを狙ってもらいたいですが、打撃面では非力さもありますので、1軍キャンプでは同じ社卒で守備型選手との評価で入団した源田選手にプロ仕様の打撃を教えてもらいたいです。



また評価の高い守備面も確認が必要です。


今までだと、ドラフト時では守備の評価が高かった源田選手は即戦力、山野辺選手は時間がかかっています。


この辺の見極めは、前任の辻監督が上手いのですがキャンプも見に来てくれるでしょうし、首脳陣はアドバイスを貰いたい所です。







松井監督はスピード感のある野球を目指しています。




ルーキーですし、それにフィットする動きを学ぼうとすると思いますが、ルーキーだからこそまずは自分のアピールポイントを伸びしたいです。 


長所を活かして、チームの勝利のためのピースとなるように、来季から期待をしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







たった2日で方針変更した、平良投手先発転向の舞台裏です。





関係者談なので信頼性の問題はありますが、記事には1度目の保留の後、平良投手先発転向に関して親会社の意向も働いたとの事です。



 
1度目の保留の際に渡辺GMは、平良投手の気持ちを理解しつつも、起用法に関しては選手の気持ちよりも現場の首脳陣の考え重視という考えを示しました。



首脳陣の意向優先という方針は、GMとしては当然の態度だと思いますが、たった2日で方針を変更し、平良投手が言うには席につくなり先発転向を認められたとの事です。





平良投手もYou Tubeで交渉の舞台裏を話し、世論も挑戦くらいはさせてやれという雰囲気でしたし、親会社もイメージ悪化を恐れたのかも知れません。




長引きそうでしたので、編成やチーム戦略、平良投手のトレーニングなどの問題を考えると、スピード感ある方針転向は個人的には良いと思います。



また、平良投手も駄々をこねている訳でも先発ローテ確約を貰いたかった訳でもなく、先発挑戦をさせてほしいとの事でしたし、早期の方針転換は親会社の意向が働いたとしても、結果的に良かったと思います。





もちろん平良投手が結果を出してこその英断であり、平良投手自身も頑張らなくてはなりません。



平良投手もメジャー思考がありながらも、アピールの場にもなるWBCを辞退してでも先発調整を優先するとやる気になっていますし、期待したいです。




ただ心配なのは、本当に親会社の意向で方針転換したのであれば、松井監督がそのプランでしっかり勝ち筋が見えているのかという事です。





松井監督も平良投手の先発転向はNOの立場でしたが、たった2日で方針転換しましたので、親会社が言っているし仕方ないと言う先発転向だと心配です。




方針転換のきっかけが親会社だったとしても、先発転向自体は悪くないと思っているのでそこは心配ないですが、現場を預かる松井監督が先発平良海馬を想定したプランを描けているかは気になる所です。




おそらく投手起用に関しては、来季も今季のパターンを頭に入れていたと思いますので、豊田コーチとミーティングを重ねて、新たなプランを固めて行かなくてはなりません。




野手出身監督なので、投手起用に関しては豊田コーチに一任するかも知れませんが、一任するなら腹を据えて余計な口出しは禁物ですし、関わるならとことん議論を重ねなくてはなりません。






球団はメディアへの露出も含めたイメージアップも松井監督に期待しているかも知れませんが、ファンとしてはとにかくチームが勝ってもらいたいです。




監督業の中でも、投手起用、打線・守備の構築、選手の入れ替えなどは、試合中の采配以上に勝敗に影響の出るものだと思っています。





数年前から既定路線と言われていた松井監督誕生には不安もありましたが、就任したからには勝つために全力で取り組んでもらいたいです。



前任の辻監督は、暗黒期から就任2年で連覇を果たしましたので求められるレベルは高いですし、チーム事情的に流出が多く補強の少ない苦しい戦力ではありますが、少しでも勝つ可能性が高い選手起用を工夫して構築してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












ライオンズを支える、エース高橋光成投手、4番山川穂高選手です。

20221009_174823




今季も投打の柱として、チームの最下位脱出、そしてクライマックス進出へと導いてくれました。





高橋投手

Screenshot_20221201-180004~2


Screenshot_20221129-135822~2

26試合175.2回

WHIP1.16 K/BB2.51 QS80.8%

奪三振率6.56 与四球率2.62 FIP2.95




今季もチームのエースとして安定した投球を見せてくれました。



特に昨年のQS65%から今季は80.8%(HQS57.7%)と、加藤、山本投手に次ぐリーグ3位となる大幅改善です。



今季は投球フォームを変えて挑んだシーズンでした。シーズン始めはまだ馴染んでいないような感じではありましたが、徐々に効果も表れ、今季は昨年よりも制球面が良くなりました。



投手の能力を表すFIPも、昨年の4.19から2.95へと大幅に改善しました。



今季もフォーク、スライダーと落ちる変化球中心の投球で試合を作りました。空振り率もフォーク14%、スライダー13%とキレも良かったです。



ただ、パ・リーグには山本由伸投手という大エースがいますので、高橋投手をエースと呼ぶには物足りなさを感じる方もいると思います。



高橋投手はイニングも投げられますし、試合も作れますので現状でも先発として十分ではありますが、ここで満足はせずに、ここぞの試合で勝てる大エースになれるようもっと上を目指してもらいたい気持ちもあります。




そのための課題はストレートです。



今季もストレートの空振り率3.6%と、元々空振りが取れるストレートの質ではないため決め球は落ちる変化球とはなりますが、変化球一辺倒ではせっかくのキレの良い変化球が活かしきれません。



フォーク、スライダーと落ちる変化球の良い投手ですので、それを活かすためにも基本のストレートで押して行けるような投球スタイルも取り入れたいです。



高橋投手のストレートは、空振りこそ取れませんがファールを打たせる球威はあります。まだ若いですし150キロ出せる投手ですので、ベテランのように変化球で躱す投球ではなく、力で押して行き最後は変化球で仕留める投球にしたいです。



また、長いシーズンですのでストレートが走らない試合もあると思います。それでも落ちる変化球を活かすためには、真っ直ぐ系統の球は入れたいのでカットを有効的に使いたいです。



今よりももっと良くなる可能性がある投手ですので、さらなるレベルアップを期待したいです。


今季もストレートで押していく投球を見せた試合もありましたので、来季は捕手も変わりますしバッテリーで話し合って、より良い方向に行けるようにしたいです。












山川選手

Screenshot_20221201-180228~2

Screenshot_20221201-180319~2

129試合

出塁率.375 長打率.578 OPS.953

三振率21.6% 四球率12.9%






ここ2年の鬱憤を晴らす大活躍のシーズンでした。本塁打、打点の2冠王です。



出塁率3位、長打率1位、OPS2位と怪我による離脱はあったものの、4番として存在感を十分出せたシーズンでした。



怪我もあり満足な成績が残せなかった過去2シーズンでしたので、今季は復活するためにシーズン前から4番として圧倒的な成績を残すと発言し、自らにもプレッシャーをかけて臨みました。


有言実行、ホームランバッターとして圧倒的な成績を残しました。


シーズン終盤に失速したのは反省点ですが、ライオンズ打線自体が山川選手に頼りすぎマークが集中してしまった部分もありますので、これはチームとしても改善しなくてはなりません。



過去2シーズンは打率も残そうとしたことで打撃に狂いが生じ、さらに怪我も重なりました。そこで今季は、原点回帰でフォームも戻し臨んだ事が功を奏しました。元々、無駄の多い打撃フォームなのですが、山川選手にはこれが合っています。



来季は盟友である、森友哉選手がいない打線を引っ張って行かなければなりません。


四球数はチームトップ、敬遠もチーム19個の内13個が山川選手と勝負を避けられる場面や、勝負に来ても厳しいコースに来ますので、チーム死球数の1/3は山川選手です。


そうなると大事になるのは、山川選手の後ろを打つ5番打者です。



現状の適任者は栗山、中村選手だと思っていますが、来季40歳の大ベテランにいつまでも頼れませんので、新外国人や若手の台頭に期待です。


メヒアのような打撃特化の新外国人が取れれば理想的ですので、スカウト、球団の頑張りに期待です。



また、5番が頼りないと責任感の強い山川選手ですので、多少のボール球でも打ちにいく可能性がありますが、これをやると山川選手のバッティングが崩れやすくなります。



今季もありましたが、悪いときの山川選手はボール球に手を出し、ストライクを見逃す傾向があります。打席で迷いが顔に出ている時もあるため、泥沼に嵌らせないようにしなくてはなりません。



来季もライオンズは、山川選手中心の打線ではありますが、あくまで中心であって山川選手のみに頼る打線ではいけません。


もうどこからでも点が取れる山賊打線ではありませんので、上位が出塁し中軸が返すという基本的な部分を徹底出来る打線を組まなくてはなりません。


山川選手なら、コンディションさえ悪くなければ来季も結果を残してくれると思いますので、周りがサポート出来るように補強、成長をしていきたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













↑このページのトップヘ