埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

本日からライオンズは、キャンプ第2クールが始まります。





山川、長谷川選手も無事合流し、練習に参加します。




20220206_085517




注目は、フリー打撃に、フォーム改良した高橋光成投手、キャンプ好調の今井投手、ルーキーの隅田投手、佐藤投手の登板です。




高橋投手は、完成度が7割程度と言う新フォームが、どこまで固まるか、また打者相手に力を入れたときでも同様に投げられるのかを徐々に試して行きたいです。



今井投手は好調ですので、おそらく良い投球を見せてくれると思いますが、好調だからこそハイペースにならないように、怪我なく調整してもらいたいです。



隅田投手は、今の所順調に来ていますので、打者相手に投げる感覚を戻してもらいたいです。



佐藤投手は、怪我明けですので第1クールは疲れもあり、投球にも影響が出てました。焦る必要はないですが、昨日の休みでリフレッシュ出来たらと思います。





今後、感染者も復帰してきますが、新たに感染者が出る恐れもありますので、一つの練習に集中して取り組んでもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















第1クールで最も良い状態を見せた選手といえば、今井達也投手です。




Screenshot_20220205-161052~2




辻監督も、球の力強さだけでなく、昨年後半からは自覚も芽生えて来たと、高い評価をしています。




一昨年までは、投球フォームの不安定さから、シュート回転したり、制球が乱れたりと先発としての責務を果たせませんでしたが、昨年は大きく飛躍しました。



ただ、課題だった不安定なフォームが安定した訳ではなく、ストレートがシュート回転したり、フォームをシーズン中に若干変えてみたり、試行錯誤しながらの登板でした。








今キャンプでは、左右の足を動かし、体重移動を意識しているかのような投球フォームを見せています。





右足の踵で地面を踏んだら、左足が勝手に上がるイメージで行っています。




自分なりのタイミングを見つけた様で、これがハマって、キャンプでは好調ぶりを見せています。



ただ、毎回一定のリズムで投げていると、打者もタイミングを取りやすくなったり、また、ランナーを置いての場面ではどうするかですが、体重移動のタイミングが掴めれば、足を動かさなくても応用は効くと思いますので、このまま続けて身に付けてもらいたいです。






三振も四球も多い、ロマンの塊のような投手ですが、もう一段階上のレベルに行くために、自分なりに考え、成長に繋げようとしています。




昨年のキャンプでは、平井が好調でしたが、シーズン序盤はその勢いのまま好投が続きました。




キャンプでの状態が良ければ、シーズンでも期待が持てる可能性も高いので、怪我なくキャンプを過ごしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします


















コロナ感染により所沢残留組となっていた、山川選手、育成の長谷川選手が明日からA班キャンプに合流します。







山川選手、長谷川選手共に、体調は万全との事です。






昨年、一昨年と期待値を下回る結果となった山川選手にとっては、今季にかける想いも人一倍強いです。




昨季最下位のライオンズが上昇するためには、森、山川の打線の核2人が機能しなければなりません。


山川選手は、昨年、一昨年と本塁打、打率共に減らしていますが、フィジカル的に万全ではないシーズンでもありました。


また、調子が悪くなると、ストライクを見逃し、ボールを振る傾向が強くなり、打席での迷いも顔に出る選手です。


数字的には落としているものの、それでもライオンズ打線の中では、OPSは高い部類にいます。


期待値が大きいので、物足りなさを感じますが、まずは年間通して出来る体を作り、自信を持って打席に入れるように、調整をしてもらいたいです。












育成の長谷川選手は、昨年秋のフェニックスリーグでも活躍し、平石コーチ就任時にも注目選手として挙げられた、期待の選手です。




育成選手ですが、A班キャンプに大抜擢された事で、キャンプ初日から支配下昇格のためにも、最もアピールをしたかった選手だと思います。


コロナ感染により出遅れてしまいましたが、長谷川選手への期待値の高さや、ライオンズの空いている支配下枠的にも、支配下昇格は既定路線だと思います。


体は作って来ているでしょうし、大丈夫だとは思いますが、焦って追いつこうと無理をして、まずは怪我をしないようにしてもらいたいです。


その上で、せっかくの上のレベルでのキャンプ参加ですので、走攻守全てにおいて学び、レベルアップを図りたいです。


昨年の実績的には、今季から1軍で即戦力といった成績ではありませんが、伸びている選手ですし、オフの取り組みが試合で出せれば期待は持てます。


また、A班野手陣はまだ状態が上がらずに、大きくアピール出来ていませんので、チャンスはあると思います。













A班野手陣は、第1クールではまだまだ調整仲といった様子でしたが、山川、長谷川選手の合流で、

特に若い長谷川選手が合流する事で、若手の競争意識が強まる事を期待したいです。










ライオンズは本日キャンプ休養日ですが、與座投手が結婚を発表されました。

20220205_121612



おめでとうございます。



昨季後半からは、先発投手として良い投球が続きました。2018年にトミー・ジョン手術も経験しましたが、ようやく肘の具合も馴染んで来た頃だと思いますので、今季の飛躍に期待したいです。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















昨日でキャンプ第1クールは終了し、本日は休養日です。









期待のルーキーの隅田、佐藤、古賀選手も、まずは無事に第1クールを終えました。













隅田投手は、第1クールは4日連続ブルペン入りの皆勤賞です。

Screenshot_20220205-084227~2


4日目は、ストライクゾーンに投げる事をテーマに、ストレート、チェンジアップ、カーブ、スライダー、ツーシームと5球種を使い86球を投げ込みました。

新人合同自主トレでは、状態の良さから早期からのブルペン入りを熱望し、担当スカウトから止められた事もありましたが、キャンプに入ってからは意気込みすぎる事なく、順調に来ています。

視察に来た松坂大輔氏も言っていたように、やはりチェンジアップの評価が高いです。単純に緩急を付けるだけでなく、変化量もあるチェンジアップです。昨日の投球後は、渡辺GMともチェンジアップについて話をしたそうで、見る人見る人、隅田投手のチェンジアップには魅力を感じています。













佐藤投手も、昨日はブルペン入りをし70球投げました。

Screenshot_20220205-084309~2


ストライク、スライダーに加えて、新球のカーブ、フォークも投げました。フォークは何球か良い所に投げられたとの事ですが、試合で使うには今後の練習次第となります。

大学時代から、ストライク、スライダーの2球種で抑えてきた投手ですので、基本は力強いストレートにキレの良いスライダーで勝負です。

昨日はそのスライダーがあまり良くなかったとの事ですが、怪我明けの選手ですし、疲れも出てきています。

辻監督も新人3人については、コンディションが完璧ではない選手もいたと話していましたが、おそらく怪我明けの佐藤投手です。

この時期の投手陣は仕上がりが早く、周りと比べると焦る気持ちもあると思いますが、佐藤投手は怪我明けの選手ですし、抑え気味にマイペース調整をしてもらいたいです。

佐藤投手の長所は、インコースにも投げきれる力強いストレートに、キレの良いスライダーです。

まずは、その2球種を完璧に仕上げる事と、焦って怪我をしない事を目標にしてもらいたいです。













古賀捕手は、森、柘植、牧野捕手と共に、毎日特守に励んでいます。

Screenshot_20220205-082908~2



本人もキツかったと話していますが、正捕手の森とコミュニケーションを取りながら、一緒に練習が出来るのは、将来のための土台作りとしては良い経験が出来ています。

打撃練習では、パンチ力もある所を見せていましたが、そのパンチ力を残したままコンタクトも上げていきたいです。

第1クールは、守備練習がメインとなりましたが、キツイと言いながらも、しっかりと付いていっていますし、体力はありそうですので、主力が戻ってくる第2クール以降は、プロとしての組織プレーを学んで行ってもらいたいです。








隅田投手は即戦力投手として順調、佐藤投手はまだ調整段階、古賀捕手は将来のための土台作りが出来ているといった第1クールでした。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















ライオンズキャンプは、本日で第1クールが終了となります。














連日、打撃も守備も付きっきり指導を行っている渡部選手は、本日も早出特守を行いました。



20220204_120639




1軍首脳陣に見てもらえるのは、技術向上だけでなく、起用をする際にどの程度エラーを計算しなくてはならないのかと、首脳陣が把握出来る機会でもあるので、良い機会となっています。

体は大きいですが動きは良いので、打撃も守備も成長を期待したいです。



また、渡部選手が話題に挙がることの方が多いですが、山野辺選手も特守を受けるなど、今キャンプでは期待をされている選手です。



山野辺選手は、動きも良いですしアピールも出来ています。昨年もでしたが、キャンプでは良い動きを見せていますが、試合になるとドタバタしてしまうので、落ち着いた守備が出来るように、ある程度は決まったポジションで使ってあげたいです。



セカンドには、外崎、山田がいますし、サードには打力に長けたブランドン、渡部がいますので、レギュラーを目指すなら外野が良いと思います。



育成の長谷川選手も、本来なら付きっきり指導を受けられた選手だっただけに、出遅れは痛手です。


第2クールからは、所沢残留組の合流も始まりますので、楽しみも増えますね。








全体的に、野手に関してはまだまだ調整段階と言った印象です。






ロッテOBの里崎氏も、渡部、呉、鈴木、岸の打撃練習を見て、正直当たりは良くないと言っていますが、キャンプに合わせて調整をしてきたと言うよりも、キャンプで状態を上げていこうと言うような印象を受けます。


若手の中では愛斗が良い打撃を見せていますが、他の若手たちのアピールは第2クールからとなりそうです。







一方投手は、この時期は野手よりも仕上がりが早い事もあり、今井のように状態の良さを感じられる投球を見せる投手もいますが、第1クールでは2年目の佐々木投手が良い投球を見せています。



昨年秋のフェニックスリーグでも、高い奪三振能力を発揮していました。しかし、最大出力は高いのですが、安定感がなく突然制球を乱したり、球速が落ちたり不安定さがあります。



2年目ではありますが、大卒社会人からのプロ入りですし、隅田、佐藤投手に負けないように、存在感を出したいです。エンス、スミスと先発外国人の入国が遅れているので、佐々木投手には大チャンスです。安定して高いパフォーマンスを出せるようにして、先発枠を狙って行きたいです。







その外国人選手達の入国時期ですが、今の所は全く未定です。2月末までが一応の入国制限期間ですが、今の感染状況では再度延長する可能性もあります。




そんな中、開幕から4月までの公式戦は上限なくチケット販売出来るようになりました。





政府の方針に沿って、上限なし開催が出来るようになりました。政府は、感染対策と経済活動の両立と言う課題もありますので、このような形になったのだと思います。



政府は、上限なしの開催に踏み切った訳ですし、こうなると3月からの新外国人の来日を期待したくなります。


NPBも交渉していると思いますが、1日でも早く来日出来るようにしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします



















↑このページのトップヘ