埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

外野が課題のライオンズにとって、大きな期待のかかる、新外国人オグレイディ選手です。






キャンプは間に合わず、開幕も間に合うか分からない状況です。外国人選手の中には、練習をあまりせずに、オフの間に太ってしまう選手もいますが、元同僚のダルビッシュからも、メジャーと3Aを行ったり来たりでも腐らない選手と言われていましたし、しっかり練習して来日してくれると思います。









昨年の3A成績では、来日前のスパンジーと似ていて、

外野が本職のスパンジーと言った成績です。




オグレイディ

74試合.281 15HR  OPS.913 三振率25.8%


スパンジー

113試合.309 14HR OPS.876 三振率32%



スパンジーはユーティリティ選手として、サード、レフトとライオンズの足りない部分を一人で補ってくれましたが、特に外野守備の不安定さには物足りなさがありました。



それでも打てれば良かったのですが、2年目は長打も減り、ユーティリティよりも、打てる外野専門の外国人を望む声も増えました。



そういう意味では、ようやく外野専門の外国人選手の獲得が出来ました。



指標的にも悪くなく、渡辺GMは中距離砲と評しましたが、日本野球にフィット出来れば長打の期待も出来る選手です。






1年目のスパンジーくらい打てて、外野が普通に守れれば、現状のライオンズならレギュラーです。



ただ、若林、愛斗、岸、川越、西川、鈴木、高木渉といった若手外野手に加えて、呉、山野辺のユーティリティと、レギュラーを狙っている選手たちにも頑張ってもらいたいです。





ライオンズは外野手が穴と言われていますが、打てる外野専門の外国人を補強すれば、改善出来る課題ではあります。




しかし、外国人は当たり外れも大きいですし、コストもかかります。活躍すれば、次の年から早速雇いきれなくなる可能性もあります。そういった意味でも長い目で見れば、外野3ポジションの内2つは、日本人選手でも賄えるようにしたいのが、予算内編成のライオンズです。




イマイチ伸び悩んでいる若手外野手達も、そろそろ若手ではなくなる年数に入って来ています。



オグレイディの加入が刺激になり、消極法で外野を埋めるのではなく、高いレベルで競争する外野争いになってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

















沖縄で自主トレ中の高橋光成投手は、球速アップのためのフォーム改良に着手しています。










昨年のストレートの空振り率4.2%、一昨年は2.2%と、ストレートの質的には空振りを取るストレートではありません。



チームメイトの今井は7.0%、松本は7.7%、今や日本一の投手となったオリ山本由伸は9.9%の、ストレートの空振り率です。




空振り率が低いからストレートが悪い訳ではなく、見逃し率は17%と今井、松本と同じくらいなので高橋光成の場合は、ストレートの球威でファールを打たせて、フォークやスライダーといった落ちる球で仕留めるタイプと言う事です。






昨年はフォーク、スライダーと落ちる球は良かったですが、ストレートはイマイチの試合が多かったので、ここを改善するための取り組み自体は良いと思います。




落ちる球が武器の高橋光成にとっては、それを活かすためにも、ストレートの力を高めてもらいたいです。








改善点としては、被弾の多さも気になる所ではあります。




高橋光成は被弾がパ・リーグ2位の23と多いですが、1位のロッテ二木同様に、これはフォークボーラーとして宿命です。




フォークが抜けてしまうことはあると思うので、被弾は増えやすいですが、ストレートの力が増すことでフォークだけでなく、決め球の選択肢にストレートも入るようなら、さらにレベルアップした高橋光成を見られそうです。












写真からも体が大きく、筋肉が凄いですが、



20220115_180005




フォームの不安定さから伸び悩んでいた高橋光成を、エースにまで登りつめさせたのは、菊池雄星に師事し積極的に行うようになった、この筋トレの成功です。




同様にフォームの不安定さから伸び悩んでいた今井も、昨年オフは筋トレを積極的に行いました。




この方法が、誰もが合う訳ではありませんが、伸び悩んでいる投手には、是非やってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















ライオンズはあと1人の外国人投手を獲得予定ですが、先日の辻監督の発言から先発と思われるため、中継ぎ陣の補強はタカハシ投手のみとなります。





ギャレットの投げた61試合の登板分は、増田、森脇、宮川の復調に加えて、水上、田村の成長、そして平井を中継ぎに専念させる事で補うと思われます。




今季から、投手采配は豊田コーチになり、どういう起用をするのかはまだ分かりませんが、昨年は平良が前半戦の登板過多で、後半戦はパフォーマンスも落としていたので、少ない戦力でシーズンを戦うためにも、中継ぎ負担が増さないような采配も求められます。







ライオンズの先発陣は、高橋、今井、松本以外は、長い回を投げられるかはまだ不透明です。昨年は、3本柱以外は5回が目処になっていましたが、今期も同様だと中継ぎ負担が心配です。






特に、外国人の入国が不透明な現状では、ロングリリーフの出来る投手もベンチに入れておきたいです。



左に弱いがイニング消化の出来る十亀投手、イニング跨ぎも連投も出来るタフな田村投手、本職は先発のタカハシ投手の中から調子の良い投手に、勝ちゲームに繋がる可能性のあるロングリリーフも任せたいです。




また何度か書いていますが、




與座、浜屋、佐々木、本田の1軍半の先発陣に関しては、中継ぎ負担が心配な時は、與座+佐々木、本田+浜屋のように2人で試合を作るような、勝ちパに繋ぐ王道パターンの継投だけでなく、場合によってはこういった奇策も検討したいです。







試合展開によっては、捨て試合を作ることも必要になります。



全試合勝ちたいですが、シーズンを考えれば敗色濃厚の大差ゲームでは、主力を休ませる事も必要です。





昨年終盤は、田村、十亀、平井が敗戦処理をやってくれましたが、少ない戦力の中、田村、十亀、平井と少しでも僅差ゲームで使える可能性のある投手は外したいです。





補強の少ないライオンズの場合は、育てながら勝つ事が求められるので、今季の敗戦処理は、捨てゲームですし、将来的に先発も期待している若手投手の、経験を積む場にしたいです。




現状なら浜屋、佐々木辺りに加えて、個人的にはファームで中継ぎをやってますが、将来的には先発をやってもらいたいため、井上投手も1軍の敗戦処理で、ある程度イニングを投げる経験を積んでもらいたいです。





ロングリリーフは、状況によっては勝ちゲームにするための投手を、敗戦処理は育成込みでの投手を起用してもらいたいです。




こういう起用をしようとすると、調子を考慮しながらも、昇格、抹消を上手くやりくりしなければなりません。また、ベンチの野手、投手の人数も変える柔軟さも必要です。



今までのライオンズは、その辺はあまり上手くないですが、首脳陣も変わりましたし、戦力を最大限使えるような采配を期待したいです。








今季は、先発に隅田、佐藤と楽しみな投手も獲得しました。




大事に育てるためにも、今まで以上に中継ぎ陣もやりくりを上手くやらなくてはなりません。




以前の、とりあえず牧田、とりあえず平井のような、思考停止な起用はせずに、投手陣全体のコンディションを考えた、起用をしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします















ドラ1隅田投手が、初のブルペン入りです。








キャッチャーを立たせて約20球と軽めの投球でしたが、変化球も交えての投球を披露しました。




本人は3月のオープン戦から、しっかり投げられるように調整をしています。




本来は成長のためにも、與座、本田、浜屋、佐々木辺りの1軍半の先輩達と、ローテ枠を競争する形がベストです。




ただ、外国人の入国時期が不透明な事や、1軍半の先輩たちがイマイチ飛躍出来ていないので、現実的には開幕ローテ入りはほぼ確定ではあります。ただ、それでもオープン戦からアピールをする気持ちを持っているのは良い事です。






ドラ1となると、他のルーキーよりも注目されますし、取り上げられる事も取材も増えたり、今までにはない疲労も出てきます。





今の所は、大学の時と同様の調整をしてきていますが、上手く行かなくなった時は相談出来る環境にしてあげたいです。




その辺りのフォローする役割とし��ては、キャンプでは、内海兼任コーチに担ってもらいたいです。




技術的な指導も必要ですが、始めてのシーズンですし、まずは良いコンディションで投げられる事が大切です。




起用法だけでなく、体のケアも含めた調整法を本人任せだけでなく、アドバイス出来るようにしてもらいたいです。




隅田、佐藤投手はルーキーといえども、ライオンズが優勝争いするためには戦力化必須です。内海兼任コーチは、選手としての調整もあり大変だとは思いますが、ルーキー2人に関しては特に気にかけてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














MLBのオーナー陣と選手陣は、1ヶ月半ぶりに労使交渉を行いましたが、合意には至りませんでした。









ライオンズは、残り1人の新外国人投手の獲得がまだ発表されていません。ここまで伸ばしているので、MLBのロックアウトが影響していると思われますが、長期化の可能性も高くなってきました。




どちらにせよ、現状は新規外国人の入国は出来ません。




今の国内の状況や、野球界でもコロナ感染者が出ていますので、特例により早期の入国の可能性は難しそうです。




ファンとしては編成が決まらないとやきもきしますが、辻監督は外国人2人先発と話していましたので、獲得予定の外国人投手の話はGMから聞いていると思いますので、全員入国後の編成に関しては構想が出来ています。




後は、構想通りに投げさせられる能力があるかの確認が必要ですので、オープン戦に間に合わなければ、開幕からしばらくは国産ローテ、国産打線で臨むことになります。




ライオンズは人数的にも投手が足りなくなり、昨年の反省を活かした編成ではないのが残念ではありますが、外国人抜きのローテ、打線の構築はキャンプ、オープン戦で重点的には取り組んでもらいたいです。



主力は実戦練習により試合勘を戻し、開幕からダッシュ出来る状態に、若手は投手も野手も、最も状態の良い選手を優先的に起用出来るように見極めが必要です。




戦力が揃うまでは、期待値やネームバリューではなく、最も状態の良い選手を起用出来るように、首脳陣の見極め、采配に期待をしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします

















↑このページのトップヘ