埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

辻監督は、クライマックスシリーズの初戦を髙橋投手、2戦目を今井投手に託すことを話されました。



良い投手から使っていく、短期決戦の王道で臨みます。



高橋、今井、松本投手と3本柱がここに来て素晴らしいパフォーマンスを見せていますし、今度こそはクライマックスシリーズ突破へと期待が膨らみます。



3戦目まで行けば松本投手、ファイナルシリーズはエンス、與座投手で1、2戦を戦い、そこからは中5日で3本柱が投げると思いますが、球数次第では中4日で2戦目から高橋投手を投入するかも知れません。



先のことを考えすぎて、目の前の試合を落とすことは、取り返しのつかない短期決戦でやっては行けないことですので、まずは目の前の1勝です。




ブルペンも総動員で行きたいです。


おそらくファーストステージの相手はオリックスですので、比較的相性の良い平井投手もブルペン入りさせて、中継ぎ起用したいです。


また個人的には、増田投手が不安定ですので、状況や調子を見て平良投手の回跨ぎといった起用も解禁したいです。





打線は、山川選手が一時期の絶不調からは抜け出していますし、まだまだ拙攻はあるものの、7連敗の時のようにヒットすら出ない状況ではなくなっています。


今季はディフェンス力で勝ってきましたので、基本は投手、守備で戦うことになりますが、最後の一踏ん張りで打線にも頑張ってもらいたいです。



ライオンズはシーズン残り2試合あります。



クライマックスシリーズまでの期間を考えると、主力を抹消することは出来ませんが、休養、調整を考えると2試合残して、順位を確定させられたのは大きいです。


ただ、ここで怪我をしてしまっては意味がないので、不安のある外崎、金子選手を休ませたり、他の選手も調整に使って行きたいです。







連覇を果たしながら、クライマックスシリーズで敗退した悔しさを今度こそ晴らしたいです。



退任が既定路線である辻監督にとっては、来季も続投する可能性や、涙のクライマックス敗退のリベンジする最後のチャンスになるかも知れません。



何度か書いていますが、流出の多いライオンズにとっては、今季ここまでやれたからと言って、来季も出来るとは限りません。



投手陣は先発3本柱に、後ろには万全の平良海馬がおり、野手ではコア4が揃っている今、勝ち上がりたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










イースタンは巨人戦です。



スタメンは、

Screenshot_20220930-140452~2



【結果】

Screenshot_20220930-154731~3


滝澤、古賀選手も出場しましたが、僅か2安打に抑えられ敗戦です。




【投手】

Screenshot_20220930-154731~2

豆田

今日はストレートで空振りがあまり取れず、変化球も高く打たれることはありましたが、5回3失点と試合は作りました。

今季は、昨年まであった制球難からの大炎上も減っています。武器であるストレートを活かすためにも、変化球とのコンビネーションが使えるようにしたいです。


大曲

2イニング1失点です。最速152キロとストレートは走ってましたが、球速が出たり出なかったり、制球の不安定さもありました。ただ、スライダーて空振りが取れていたので、軸であるストレートの制球を高めたいです。


松岡

スライダー、フォークと変化球のみで僅か5球で終わらせました。無失点でしたが、コースは甘かったので気をつけたいです。





【野手】

Screenshot_20220930-154811~2


巨人育成の京本投手に5回1安打に抑え込まれ、その後もライオンズ打線は巨人中継ぎ陣を打てませんでした。


ヒットは滝澤選手の2安打のみです。


滝澤選手は守備に定評がありますが、1軍で活躍を続けるためには打撃も伸ばしたいです。特に、1軍クラスの投手の球威を考えると、ファーム相手なら長打を増やしたいです。オフにはパワーアップしたいです。


滝澤選手はセカンド、捕手には古賀選手が入りましたが、外崎、森選手の動向次第では来季、この若い2人の活躍が必要となるため、オフもしっかり野球漬けでトレーニングをしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








ライオンズの十亀剣投手が今季で引退となりました。

20220930_141439


流出の多いライオンズの中で、FA残留してくれた投手です。ルーキーイヤーから、毎シーズン1軍登板をしたタフな投手でもあります。



十亀投手の背番号21は、東尾氏が付けていた事もあり、ライオンズではエースナンバーでした。




通算成績は、

258登板 132先発 
防御率3.99 53勝50敗30HP3S 627奪三振
K/BB1.89 WHIP1.37




2015年には先発として11勝をあげるなど、主にローテ投手として活躍しました。印象的には、大事な試合で打たれるイメージがありますが、大きな怪我をせずイニング消化が出来るタフさは大きな戦力でした。


また、ソフトバンク松田選手との対戦成績の悪さも話題になりますが、実は対ソフトバンク打線自体との相性は良かった投手でもありました。


近年は中継ぎとして復活し、昨年は十亀、武隈投手がセット登板することも多く、貴重や中継ぎ投手でした。


今季は奪三振率が高く開幕から1軍で活躍しましたが、被弾も増え降格すると、そこからは投手不足のファームのイニングイーターとなっていました。



豪快な投球フォームから、力強いストレートと緩いカーブで仕留める投球が見られなくなるのは寂しくなります。



まだやれる投手ですが、厳しい事を言えば、今季で複数年契約が切れることもあり、現状の立ち位置を把握した上で、引退を決断したのだと思います。憶測ですが、ライオンズとしては安くない年俸ですし、構想外と言われたかもですね。






シーズン最終戦では、1軍登板の機会も持てそうです。


チームはCS行きを決めましたし、大物投手ではありませんが、貴重なライオンズ一筋の投手ですので、球団としてもセレモニーをしてもらいたいです。



長い間、ライオンズに尽くしてくれてありがとうございました。お疲れさまでした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








内海投手兼コーチが、来季も指導者としてライオンズに残留するとの報道です。



まだ報道の真偽は分かりませんが、指導者として残留となれば若手からの信頼も厚いですし、ライオンズにとっては大きなプラスです。




今季はチーム防御率が、リーグ1位と大きく飛躍しました。


ただ、与四球は多く奪三振は少ない所を見ると、投手陣が大きく飛躍したというよりも、昨年と比べるとようやく他球団並みになり、どちらかといえば野手の守備力がチーム防御率1位に大きく貢献しました。




それでも、昨年までの与四球の多さから他球団並みになったのは大きな進歩です。



内海コーチが本当にライオンズに指導者として残留するのであれば、おそらくファームで育成に携わると思いますので、次世代の投手育成に尽力してもらいたいです。



プロ意識も高い選手でしたし、最近不祥事も目立つ若い選手に対して、その高いプロ意識を植え付けてもらいたいです。



大ベテランになっても、若手に混ざって練習もしますし、誰よりも早くグラウンドに来ています。


プロになる選手は、地元の天才たちの集まりですが、その中で活躍出来る選手は一握りです。その一握りに入るためには練習をするしかありません。


現役で培ったプロ意識をチームに根付かせ、ライオンズが継続的に投手王国になるための土台作りに携わってもらいたいです。




また、内海投手のコミュニケーション能力の高さも指導者としては武器です。



頭ごなしに言っても聞かない時代ですし、背中を見て学べでは伝わらない選手も多いです。


個人的にも、指導者には実績寄りもコミュニケーション能力を求めているので、そういう意味でも内海コーチには期待したいです。




まずは、今季期待されながらも1軍で飛躍出来なかった一番弟子の渡邉投手を、ローテ入りさせられるレベルまでみっちり鍛えてもらいたいです。




内海投手の指導者としての道も楽しみですが、10/2のイースタンでは、古巣巨人戦で引退登板があります。




内海投手にとって、色々な思いが込み上げるジャイアンツ球場です。


最後まで内海投手らしい投球を、見せてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








楽天がソフトバンクに敗れたため、ライオンズのクライマックスシリーズ進出が決まりました。

20220929_221729


楽天もかなり必死な戦いぶりでしたが、ソフトバンクが上回りました。


ライオンズとしては、勝負所で7連敗をし優勝争いからは脱落しましたが、逆転CSが決まり何とか日本一へのチャンスは残りました。



最近の試合を見ていると、打線は貧打ながらも、今季の強みであるディフェンス力で巻き返した試合展開を見る限り、あの7連敗さえなければ優勝もあり得たのにと、悔しさでいっぱいです。



今季ここまでやれたから、来季もやれるとは限りません。



特にライオンズの場合は、毎年のように戦力が抜ける可能性を秘めているからこそ、勝てるときに勝たなければ来季はありません。





優勝は逃しましたが、クライマックスからの下剋上のチャンスが貰えたのは運も良いです。チャンスを活かしたいです。



勝負所で外崎、今井選手が離脱し、主砲の山川選手も絶不調でしたが、戦力も整い山川選手も底は抜けました。



ライオンズとしては、ようやく戦える状態になりましたし期待したいです。



黄金時代では短期決戦にも強さを発揮しましたが、近年のライオンズは短期決戦に弱いです。



不安もありますが、指揮をとるのは黄金時代の選手であった辻監督です。



少し消極的な采配が目立ちますが、涙のクライマックス敗戦から、笑顔のクライマックス勝利に向けて、指揮官としてチャレンジ精神を持ち、積極的な采配を振るってもらいたいです。



連覇を果たしたながらも、日本シリーズに出れませんでしたし、リーグ優勝していないからと遠慮することなく、あの時の分も今回こそ日本一への挑戦権を掴みたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ