埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

イースタンはヤクルト戦です。




スタメンは、

Screenshot_20220929-125010~2




【結果】

Screenshot_20220929-154444~2


引退を発表したヤクルト内川選手が、タイムリーにホームランと大活躍でした。ライオンズ先発の渡邉投手にとっては厳しい結果となりました。




【投手】

Screenshot_20220929-154530~2

渡邉

4回9安打6失点と良くなかったです。

四球はゼロでしたが、ストレートが制球出来ず変化球主体に切り替えましたが、その変化球も甘く入り打たれました。

引退する内川選手にも、130キロ台の力ないストレートをホームランにされています。
もう少し出力を高めたいです。

フェニックスリーグで、来季に希望の持てる投球を見せたいです。


佐々木

2回無失点と結果は出しましたが、もう少しストレートの安定性が欲しいです。最速147キロと上がっては来ましたが、140前半のストレートも多いので、速いストレートを制球出来るようにしたいです。


田村

1回無失点でした。変化球は比較的低めに決まりましたが、速いストレートで押し込み、変化球で空振りが取れる状態にしたいです。


ボー

最速154キロとストレートが走っていました。この速いストレートを軸に、変化球で空振りが取れるスタイルを確立するためにも、ストレートの制球を高めたいです。





【野手】

Screenshot_20220929-154505~2


山野辺選手が3ベース2本です。

パンチ力もスピードもある選手ですが、ポカも多いためなかなか使い所が難しいです。内野手を続けるなら、堅実な守備を身につけたいです。




齊藤選手が2安打です。

今季は打撃が良くなりました。森選手次第では、来季は1軍での出番も考えられるため、オフはしっかりトレーニングしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ライオンズにとっては貴重な戦力補強の場である、ドラフト会議が来月20日に迫っています。

Screenshot_20220929-090210~2



本来ドラフトは、将来のための投資でありますが、流出の多いライオンズの場合は、戦力補強の意味合いも強いです。



来季からの即戦力、将来への期待と上手くバランスを取らなければなりませんが、今季FAを取得した森、外崎選手、来季FA取得見込みの山川、源田選手とコア4の後釜も作らなくてはならない高いハードルがあります。




ライオンズが現状弱い部分は、外野手とサードです。




駒はいるけど軸となるレギュラーが不在の外野手、ブランドン、渡部選手と期待の若手はいるものの伸び悩んでいるサードと、どちらも欲しいです。また、森、外崎選手次第では捕手やセカンドも補強ポイントになります。




そうなるとあれもこれも欲しくなりますが、現状だとドラ1の基本は打てる野手です。




そんな中、甲子園のスターである将来の大砲候補浅野選手を、巨人が1位指名するとの報道です。



ライオンズは、球団や渡辺GMとの縁もある、早稲田の蛭間選手がドラ1予想されていますが、蛭間選手は既存の外野手に多い左打ちの外野手で年齢的にも近いですし、高卒のスター候補である浅野選手は魅力的です。



ライオンズのスカウトは優秀だと思いますが、最近のドラフト上位野手を見ると、ものになっていない事もあり、今までの流れで指名を決めるには不安もあります。



蛭間選手も能力は高いですし、競合になる可能性もある選手です。昨年は隅田投手を事前公表しましたが、そのへんの駆け引きも重要になってきます。



蛭間選手、浅野選手共にライオンズの1位指名候補の選手です。個人的には、ドラ1で推せる選手がいるなら高卒の大砲を取りたいですが、浅野選手に特攻するのか避けるのかも注目です。



巨人が公表したことがどう影響するのか、それともしないのか、即戦力か将来の主軸候補か、スカウトの腕が試されます。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









CSをかけた楽天との直接対決です。

20220928_174547



勝ったほうがCSにぐっと近づく、この試合のスタメンは、

Screenshot_20220928-171743~2


注目は、楽天生命パークで打率.412(34-14)、7HR、12打点、OPS1.559と得意にしている山川選手です。


相手は岸投手ですし、中村、栗山選手を2人共使って欲しかったですが、辻監督は最後までコア4頼みにしました。山川選手の一発と今井投手の力投を期待したいです。



【結果】

Screenshot_20220928-205028~2


CSに王手をかける大きな勝利です。

先週は7連敗でお通夜でしたが、そこから4連勝です。この勢いで、一気に行ってもらいたいです。




【投手】

Screenshot_20220928-205108~2

今井

この大一番で、8回無失点の素晴らしい投球です。

4四死球ですが、その倍の8奪三振を奪いました。スライダーのキレがよく、制球はアバウトでも球のキレが上回りました。

病み上がりでしたが、増田投手に不安もありますし、9回に平良投手で終わりにしたいため、8回もマウンドに上がりましたが、ここでも圧巻のパフォーマンスです。

浅村選手に対して、オールストレートでねじ伏せました。

大一番の試合で浅村選手から三振を奪うシーンは、おそらくライオンズファンが一番見たかった光景です。


GG佐藤氏からも、今井投手は主人公感があると言われていましたが、まさに今日の主役の投球でした。


森選手も盗塁を刺しましたし、源田選手も好プレイがあり、味方守備も今井投手を助けました。
全員で成し遂げた無失点です。




あれから2年が経ちました。


大きく成長しましたね。




平良

増田投手が不安定なため、やはりこの場面は平良投手で来ました。

緊迫した試合でしたが、試合後にYouTuber配信が出来るくらい、さっくり終わらせました。

メンタル的にも強さのある投手です。




【野手】

Screenshot_20220928-205049~2


試合を振り返ると、


初回、金子、森選手のヒットで1アウト1、2塁とチャンスを作るも、山川、外崎選手が倒れて無得点と、岸投手の立ち上がりを攻めきれません。


4回には、山川、外崎選手連続四球でチャンスを貰いますが、愛斗、栗山選手が倒れてまたしても無得点です。


今日も岸投手のペースで打たされ、拙攻が続くライオンズ打線です。





なかなか点が入る気配がない展開でしたが5回、

平沼選手のまさかのホームランで先制です。

大振りの選手が多い中、四球を選べるスタイルで最近存在感を出していますが、まさかのホームランです。

プロ入り2本目のホームランです。

ちなみにプロ初ホームランは十亀投手からですね。

個人的には、それでも打線を考えればスタメンは中村選手を使ってもらいたかったですが、ホームランを含む2安打と、首脳陣の平沼選手起用が当たりました。

平沼選手にとっては、ブランドン、渡部選手と伸び悩んでいる若手に代わり、来季に向けてレギュラー取りの良いアピールになりました。




ただ、その後は岸投手に抑えられました。


7回にはノーアウトから愛斗選手が出ますが、続く栗山選手が、微妙なコースでしたが見逃し三振ゲッツー。

8回は、先頭の平沼選手がヒットで出ると、代打の熊代選手が確実に送りましたが、源田、森選手が倒れて、結局岸投手に8回を投げ切らせてしまいました。



9回にもノーアウトからランナーを出しますが、得点になりません。守備固めで入った長谷川選手をそのまま打席に入れましたが、辻監督らしさでもあるのですが、ここで点を取れば試合を決められたので、中村選手を使いたかったです。







CSに王手をかける、大きな勝利を掴みました。


浅村選手を抑えて、岸投手に投げ勝つという、ライオンズファンが一番嬉しい勝ち方です。逆になってたら、メンタル的に大変でした。


これで残り2試合で1つ勝つか、楽天が残り3試合で1つでも負ければ、ライオンズのCS進出が決まります。

ライオンズは10/1まで試合がありませんが、楽天は明日、明後日とソフトバンク戦ですので、ここでライオンズのCS行きが決まりそうです。



だいぶ有利になりましたが、気は抜けません。


ライオンズとしては、楽天が全勝してくると考えて、10/1のソフトバンク戦で、自力で決めるつもりで準備したいです。


ここに来て戦力も整い、高橋、今井、松本投手の3本柱が柱としてのパフォーマンスを見せています。


歯車が噛み合えば、優勝も夢ではないチームですので、この勢いのままCSへ行けるように、油断せずに行きたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












イースタンはヤクルト戦です。





スタメンは、

Screenshot_20220928-123253~2




【結果】

Screenshot_20220928-161400~2


今日は投手陣が大乱調で17失点の大敗です。




【投手】

Screenshot_20220928-161448~2

赤上

カウントを取りに行った甘いスライダーを、満塁ホームランにされるなど、今日は4四球と制球が良くなく4回6失点です。

カーブで緩急を使いましたが、全体的に高かったので、低めに決まるようにしたいです。

キレの良いストレート、スライダーに加えて、カーブで緩急が使えるようになると、投球の幅も拡がりますので来季に向けてトレーニングしたいです。


佐野

3イニング6失点の炎上です。

ストレートも140キロを切っていましたし、制球も良くなかったです。昨年ファームに落ちてから球威が戻りません。キャリア的にも、時期的にもちょっと厳しくなりました。


齋藤大

1イニング5失点の大炎上です。

制球難が改善されません。コースに投げようとすると外れ、ストライクを取りに行くと打たれる悪循環です。手術明けとはいえ、2軍だけでなく、ソフトバンク3軍にも打たれていますし、かなり厳しいです。

来季契約は分かりませんが、ドラ1投手なのでもう少し来季に期待の持てる投球を見せてもらいたい所です。





【野手】

Screenshot_20220928-161430~2



高木選手が、イースタン単独トップの14号ホームランです。

タイトルを取って来季に期待したい反面、1軍で結果を出せなければ、そろそろ立場も危うい選手です。

ライオンズは世代の近い外野手が多いので、現役ドラフトなどもあり今後どうなるか分かりませんが、個人的には期待をしたい選手ですし、高木選手にとっても来季は1軍の壁を突破しなくてはならないシーズンになります。





山村選手が長打で2安打です。
後半戦打撃好調です。

単打が多いですが、今日は2ベース2本と長打も出ました。1軍で活躍するためにも、ファーム相手ならもう少し長打が打てるように、オフはウエイトでパワーアップしたいです。

若手野手が伸び悩んでいますので、ドラ3として来季は数試合でも1軍の戦力になれるようにしたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










まだシーズン途中ですが、今朝は球界ニュースが盛りだくさんでした。


ソフトバンク松田選手が、構想外により退団との報道です。


ソフトバンク一筋17年の生え抜きですが、戦力層の厚いソフトバンクですし、引退まで残ることは出来ませんでした。


ライオンズとしては、サードは補強ポイントですが同じ年の中村選手もいますので、獲得はないと思います。


また、ヤクルト内川、嶋選手が引退とソフトバンク、楽天で活躍したライバルたちも去っていく事になりました。



さらに、阪神藤浪投手がメジャーへという報道もありました。





この時期になるとFAと共に、球界を去る選手たちの報道も活発となります。ライオンズも何人かは戦力外になりますので、今後情報が出てくると思いますが、まずはCS争いです。






ライオンズは、本日楽天との直接対決です。

Screenshot_20220928-092503~2


もし今日勝てば、残り2試合全敗でも楽天は残り3試合全勝するしかないため、精神的にも大きなリードを取れます。


そのため、今日の勝敗がCS進出チームを決めると思っても良い大事な試合です。



先発はライオンズ今井投手、楽天岸投手となります。


ここまで来たら総力戦ですので、今井投手は初回から全力で行けるところまで行きたいです。復帰登板ですし、替え時も大事になってきますので、豊田コーチの腕の見せ所です。


出来れば、リードをしている状態で余裕を持って継投したい所ですが、相手は岸投手と手強い相手です。


打線はまだ拙攻もありますが、山川選手に当たりが出てきているのは助かります。


今日は楽天のホームでの試合となりますが、山川選手の楽天生命パークでの成績は、打率.412(34-14)、7HR、12打点、OPS1.559とかなり得意にしています。



岸投手は手強い相手ですが、被弾も多い投手ですので、山川選手の長打に期待したいです。





文春砲に揺れたライオンズですが、むしろチームは底を抜けて現在3連勝です。



トラブルの処遇は球団が考えれば良いので、選手、首脳陣は目の前の試合に勝つことを考え、集中して臨みたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ