埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

本日行われた西武グループ株主総会の場で、秋山翔吾選手獲得に対して、後藤オーナーも熱望しました。




株主からの秋山翔吾選手を獲得してほしいとの声に対して、球団社長、オーナー共に獲得を熱望しています。



秋山選手獲得による、話題性やグッズの売上という面は一時的かも知れませんが、秋山選手の獲得は戦力アップになるので、今後優勝争いを演じられれば、伸び悩む観客動員数にも良い影響を与える可能性もあります。



秋山選手はストイックな選手ですので、若手の良い見本にもなりますし、将来の指導者としても期待が出来ます。また、個人のキャラクターとしても、TV番組でも喋れる人ですし、いじられキャラでもあるので、メディアでの注目度も上げられると思います。



戦力以外の部分でも期待の持てる人材ですので、是非オーナーには、予算の面でバックアップしてもらいたいです。





ただ、前回も書きましたが、広島カープが獲得に名乗りを挙げたのは不安です。



秋山翔吾争奪戦は、関係性の良さからライオンズが有力と言われ、ソフトバンクがその関係性を打ち破る条件を出せるかという構図でしたが、予算的には劣る広島カープが参戦したことにより、ライオンズ有力説も怪しくなってきました。




広島カープの編成も、調査をした上で獲得レースに参戦している訳ですので、例えば資金力のある楽天や巨人なら、とりあえずオファーという、とりあえずがありえますが、資金力が決して高くはない広島カープが参戦したという事は、調査した結果、ライオンズで決まりではないと言う判断だと思います。




記事にもありますが、永久雇用を考えればライオンズ、金銭で言えばソフトバンクですが、広島の参戦はそれ以外の何かを秋山選手が求めている可能性も考えられます。




その何かが、秋山選手本人が環境を変えてセ・リーグでやりたいという想いだったとするのであれば、ソフトバンクに行かれるよりはマシですが、ファンとしては寂しい気持ちもあります。




渡辺GMは近いうちに会うとコメントしていますので、今週中にも状況に変化が起こると思いますが、出来ればマネーゲームにしたくはないので早期決着が望ましく、ライオンズ復帰決定との報道であってもらいたいです。




ソフトバンクよりもお金は出せないかも知れませんが、それ以外の部分では融通を利かせられるように対応してもらいたいです。







親会社のトップである後藤オーナーも、秋山選手獲得を了承し、熱望してくれているのは嬉しい事です。


出来れば、今後控えている森、山川、源田、外崎選手のFA引き止めのために、総予算も上げてもらえると助かりますが、そのためにも観客動員数を上げられるようにファンの協力も必要となってきます。



ちなみに、



あの球団は文句言われるから取らないそうです。



今更ではありますが、森、山川、源田、外崎選手の時も同様に動かないでもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日のロッテ戦は、佐々木朗希投手との対戦となります。


Screenshot_20220622-075242~2




怪物となった佐々木朗希投手相手に、ライオンズはどう立ち向かうのかが見ものですが、辻監督は攻略法を思い描いているようです。





記事には、佐々木朗希投手対策を辻スペシャルと書いていますが、粘って球数を増やしたり、ランナーが出れば足で揺さぶるという、目新たしいものではないです。



このクラスの投手になると、分かっていても打てないという対策を超えてくる事もあるので難しい所もありますが、ライオンズ打線は淡白になりがちなので、粘ると決めたならそういう指示をしっかり選手に徹底させたいです。




当然、ロッテバッテリーも球数の事は頭にあるでしょうし、前回の対戦時でも自信を持って3球勝負に来ますので、力負けしないスイングやフォークの見極めも大切になってきます。




辻監督の言う対策の中には、コンパクトなスイングで反対方向への意識というのもありますが、山川選手以外の選手は徹底させたいです。


特に、愛斗、川越、若林、西川選手と言ったレギュラーを争う立場の選手には大切だと思います。置かれた立場的にも、振り回すよりもコンタクトを高めた打撃を見せたいです。





ライオンズの先発はエンス投手です。


相手が佐々木朗希投手ですので、ロースコアゲームが予想されます。


そのため、まだ打撃が本調子ではない森選手ではなく、古賀選手との相性が良いので、古賀選手のスタメンマスクがありそうです。


古賀選手はリード面で活躍を見せていますが、打撃も悪くなく、四球も選べますしアプローチの良さも見せています。


ファームでは反対方向へのヒットも良く打っていたので、相手は怪物ですが打撃でも期待したいです。






1点を争う試合となると、四球やエラーを減らせるかがポイントになります。



相手は慣れたホームでの登板ですので、苦戦が予想されますが、昨日のように守備でもエンス投手を助け、ワンチャンスを確実に活かして行きたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










今日から千葉でロッテと2連戦です。

20220621_174911


スタメンは、

Screenshot_20220621-174602~2


先発は松本投手です。

ローテ再編で、カード頭を任される事になりました。ただ、ZOZOマリンとの相性は良くなく球場別防御率は、2019年2試合6.55、2020年3試合7.11といずれもワーストです。

昨年は、1試合で8回2安打5三振無失点と好投しましたが、5四死球与えていますので、本人の中で苦手意識がなければと思います。

今井投手が不在ですので、カード頭は髙橋光成投手、松本投手に託したいという首脳陣の想いから任されたと思いますので、期待に応える投球をしてもらいたいです。




【結果】


Screenshot_20220621-205556~2



松本投手が8回2アウトまでノーヒットノーランと素晴らしい投球でした。


打線はロッテ小島投手に、こちらも6回ノーヒットで抑えられましたが、7回に先制、8回に追加点と勝負を決めました。


ライオンズは5割復帰です。



【投手】


Screenshot_20220621-205637~2


松本

8回2アウトまでノーヒットピッチングと、素晴らしい投球でした。

球速は特別出ていた訳ではなく、140中盤くらいではありましたが、フライアウトを量産する松本投手らしい投球でした。

変化球も低目に集められましたし、特に左打者へのフォークが効果的でした。


今日は味方守備も松本投手を助けました。
秋山翔吾選手が日本球界に復帰しますが、守備では負けないとばかりの、愛斗選手の好プレイでした。



今季のライオンズはノーヒットノーランを2度もされていますし、されてばかりではなく、松本投手には達成してもらいたかったですが残念です。


ただ、結果的には今日は素晴らしいですが、内容的には昨年の後半戦の方が、今日よりももっと良い投球内容でしたので、まだまだ上を目指せる投手だと思います。


スピンの効いた空振りの取れるストレートを、アウトローに決められる制球の安定性を身に付け、球速も常時150キロ出るようなハイレベルな投手を目指してもらいたいです。



平良

松本投手のノーヒットノーランがなくなった、8回2アウトから登板。

ヒットが出たら交代すると言われていたと思いますが、2アウトからという難しい状況での登板も難なく抑えました。



増田

今季は、今までのようにストレートゴリ押しでは打ち取れなくなっていますが、変化球を上手く使い、試合前まで防御率0.38と抜群の成績です。

今日は、レアード選手から高めのストレートで三振も取れましたが、スライダーやフォークも使いながら後続を抑えました。




【野手】


Screenshot_20220621-205615~2



試合を振り返ると、


松本、小島投手の投げ合いで、6回まで両チームノーヒットでした。


小島投手とは何度も対戦していますし、決して打てない相手ではありませんが、ライオンズ打線はボール球を振らされてしまいました。





しかし7回、

先頭の源田選手が両チーム通じて初安打で出ると、オグレディ選手も続いてチャンスを作り、

山川選手のタイムリーで先制です。

ここぞのチャンスで、一気に点を取れたのは良かったです。

ただ、尚もノーアウト1、2塁から追加点が取れなかったのは残念です。







8回には、

代わった小野投手から平沼、川越選手が出塁すると、

オグレディ選手、外崎選手のタイムリーで追加点です。

ツーアウトからタイムリー2本と、良い攻撃が出来ました。主力にタイムリーが出始めたのは良い傾向です。









今日はここぞの場面で集中打か出ました。


森選手はまだですが、山川選手以外にもオグレディ、外崎選手が当たってきたのは打線としては心強いです。





一方、若林選手が三振も多く、ボール球をだいぶ振らされています。


1年ぶりに1軍復帰し、ここまで必死にやってきたので、そろそろ疲れも出ていると思います。


足の方は大丈夫そうではありますが、体重も減ってきているとのことですし、疲労も考慮し一度調整させたい所です。


元々、ムラのある選手ですので、突然固め打ちするかも知れませんが、1軍で上位で使うのなら、まずはボール球に手を出さない打撃を見せたいです。






明日は佐々木朗希投手との対戦です。


今日の6回までのように淡白に行っては、そのままやられてしまいますので、山川選手以外の選手達は、ただ大振りするのではなく、工夫をしなければなりません。



スコアラー、コーチ、選手が一体となり、束になってかかりたい相手です。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









イースタンは巨人戦です。

Screenshot_20220621-155823~2


スタメンは、

Screenshot_20220621-153149~2

渡部選手が打撃復調傾向です。

来季飛躍するためにも、今季の後半戦には1軍に昇格して1軍投手相手に長打を打ちたいです。

そのためにも、ファームでは長所であるホームランは勿論のこと、コンタクトももう少し良くして行きたいです。




先発は浜屋投手です。

中5日での登板です。

前回は先発スミス投手の後を受けて、5回62球4安打1三振無四球無失点と好投しました。

比較的ゾーン内に投げ込め、カーブ、フォークも効果的に使えました。前回は、スライダーよりもカットを投げることが多かったですが、スライダーやカットと言った横変化の球も安定感を高めたいです。





【結果】

Screenshot_20220621-200038~2


高木渉選手のホームランで先制するも、浜屋投手が打たれて逆転されました。ただ、山野辺選手のタイムリーなどで終盤に点差を縮め、9回には岸選手の3点タイムリー3ベースで逆転勝利です。





【投手】

Screenshot_20220621-200122~2

浜屋

5回9安打2三振3四球4失点と、イマイチな投球でした。

怪我から復帰後、投げるたびに良くなっていましたが、また振り出しに戻ったような投球でした。

なかなか空振りが取れずに粘られた事もあり、球数も増えましたし、ストレート、変化球共にもう少しキレが欲しい所です。

特に基本のストレートは、球速は140前半くらいで制球も言い訳ではないので、同じ1軍の左腕投手と比べても物足りないです。

すぐにでも1軍へというチーム状況ではないので、ストレート、スライダーの状態を高められるように改善したいです。



佐野

1イニング2失点でした。左が続く打順でしたので、スライダー中心に攻めましたが打たれてしまいました。

元々左キラーではなく、球威あるストレートで押していくタイプですが、球速も140を切ることもあり、なかなか長所を活かせません。



大曲

ストレートがいつもより走らずに、制球もイマイチですので変化球を使いましたが、結果的に無失点だったという投球です。

ウイニングショットの変化球も身に付けたい所ですが、ストレートの球威があってこそですので、調整して行きたいです。



田村

アウトローに良いストレートを投げ込み、三振も奪いました。球速は140前半と控え目でしたが今後は球速も上げていき、パワーピッチが出来るように状態を上げたいです。




【野手】

Screenshot_20220621-200105~2


呉選手は2安打です。

ただ、3三振ですので本調子とはいかないです。1軍打線はまだまだ貧打ですので、四球も選べる呉選手の復調に期待したいです。





岸選手は、逆転の3点タイムリー3ベースを打ちました。

今日は3ベースと2ベースを打ちました。長打もあるのが魅力でもありますが、粗さもある選手ですので、確実性も身に付けたいです。

また、今日は四球も選びましたが、岸選手には呉選手のように、四球も選べる選手になってもらいたいです。




高木渉選手にホームランが出ました。

ユーティリティの熊代選手を1軍に残していますが、守備固めや代走要員なら他にもいるので、出来れば打てる状態の高木渉選手を上げたい所です。

好調期はそこまで長続きしませんので、上げるなら早めに1軍で使って上げたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








今季1軍でも活躍した牧野翔矢選手が、右肘内側側副靭帯再建術および関節鏡視下クリーニング術を受けました。





いわゆるトミー・ジョン手術ですので、全治は1年、今季は絶望となります。



トミー・ジョン手術は、投手が多いですが野手でも、現ファームバッテリーコーチの中田コーチが現役時代に受けています。





今季1軍で存在感を出し、今後に期待をしていましたが、ファーム降格後行方不明になっていたと思ったら手術でした。



1軍では盗塁をされる事が多く、送球面が不安定でしたが、痛みによるものもあったようです。



怪我がちの選手ですが、昨年ファームで打撃が大きく成長し、今季は1軍でも飛躍のための第一歩を踏み出したばかりですので残念ですが、まだ若いですし不安なくプレイするために、思い切った決断をしました。





ライオンズは、昨年は投手4人がトミー・ジョン手術を行いましたが、今季も早速出てしまいました。




捕手は、森、岡田、古賀選手に加えて、柘植、斎藤誠選手もいますが、アクシデントに備えて、育成の中熊選手を支配下登録する可能性も出てきました。



支配下枠は空いていますので、代えの効きづらい捕手ですし、中熊選手を支配下登録して万が一に備えたいです。







牧野選手は、ここから長いリハビリとなります。


元々怪我がちの選手でしたが、今回は大きな手術となってしまいました。


将来のために思い切った決断をした訳なので、焦らずにじっくり治し、来年の夏頃には少しずつでも試合に出れるようにしたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ