埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

残り4試合、負けられないライオンズはソフトバンク戦です。

20220927_174631



スタメンは、

Screenshot_20220927-173702~2

エンス投手がベンチ入りしています。

最終戦は相性の良い日ハム戦なので、先発もあり得るかと思いましたが、ブルペン待機となりました。

メジャーでは中継ぎをやっていたので、1イニングでもロングリリーフでも出来ると思いますので、ブルペンも総力戦で戦いたいです。




【結果】

Screenshot_20220927-204911~2



エースの好投に、4番の一発でライオンズの勝利です。今日は、高橋投手のエースらしい投球が見られた試合でした。




【投手】

Screenshot_20220927-204955~2

高橋

負けられない試合で、7回1失点と素晴らしい投球でした。

8奪三振2四球と四球が少なく空振りも取れる、エースの投球でした。

今日は立ち上がりからスライダーのキレが良く、空振りを量産しました。ピンチではそのスライダーに加えて、裏をかいたストレートも力強かったです。

大事な試合ですし初回から飛ばしていたので、7回は球も浮き気味になり疲れも見え始めましたが、味方守備もエースを助けました。
ライオンズ目線では、優勝争いをしているような投球でした。CSへ望みを繋ぐナイスピッチングです。


平良

今日も160キロが出るなど球に力がありました。浮いたフォークを打たれましたが、柳田選手には159キロのインコースのストレートでバットをへし折り抑えました。


増田

ヒヤヒヤながらも無失点で切り抜けました。

ストレートの制球が良くなく四球を出すと、今宮選手には真ん中のストレートを、一度はホームラン判定される大ファールを打たれました。リプレイで見ると明らかにファールでしたが、ヒヤヒヤでした。

その後はスライダーで何とか抑えましたが、守護神としては不安になる投球でした。




【野手】

Screenshot_20220927-204931~2



試合を振り返ると、



初回、

2アウトから森選手が四球で出塁すると、

山川選手の2ランホームランで先制です。

9/12以来の久しぶりのホームランは、今季40号です。どん底は抜けたと思いますので、このまま打ち続けてチームをCSに導きたいです。





続く2回にはノーアウト2塁、3回には1アウト1、3塁と追加点のチャンスがありましたが、活かせませんでした。試合を有利に進めるチャンスでしたが、打線の弱さは改善していません。






5回には、ノーアウト1、2塁のチャンスを作るも、森選手が併殺でまたもやチャンスを潰したかと思いましたが、山川選手敬遠、外崎選手四球で満塁まで持ってくると、

愛斗選手のタイムリーで2点追加です。

高橋投手が流れを渡さずに頑張ってはいましたが、今日もあと1本が出ない拙攻続きで嫌な感じでした。

一度は潰れたかと思ったチャンスを、四球で引き戻し、愛斗選手のタイムリーは試合展開的にも大きな追加点です。






8回は、2アウト1塁から鈴木選手のセンター前に落ちるヒットを、相手センターが後逸したことで、1塁ランナーの代走滝澤選手は一気にホームへ突入しましたが、ソフトバンク今宮選手のバックアップ、ホーム返球が上手かったです。
ホームインのタイミングは際どい所でしたが、滝澤選手も足からではなく、頭から突っ込みたかったです。滝澤選手はまだこれからの選手ですし、この辺は経験として活かしたいです。








エースの好投と4番の一発で勝利です。


拙攻は見られましたが、今季の強みである投手と守備のディフェンス力で勝てました。



打線の物足りなさはありますが、こういう試合を見ていると、ライオンズにも優勝のチャンスはあったのになと思ってしまいます。





ただ、まだCSの可能性が残っています。

明日は今井投手が復帰登板となりますが、ここで今井投手が好投すれば、高橋、今井、松本投手と3本柱が揃い、勝負所で揃わなかったコア4も今度は揃ってCSへ行けます。


ライオンズ的には、ようやく戦力が揃った状態で挑めるCSを逃したくありません。



残り3試合、全勝するつもりで戦ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










イースタンはヤクルト戦です。





スタメンは、

Screenshot_20220927-124336~2




【結果】

Screenshot_20220927-161351~2


ヤクルト4番手の嘉手苅投手が大乱調で、ストレートも130キロを切るなど力なく、ライオンズ打線は一挙6点を取り、試合を決めています。




【投手】

Screenshot_20220927-161447~2

浜屋

6回7安打3四球ながら1失点と、結果は良かったです。

ストレートは140中盤出ている事もあったのは良かったですが、ボール先行になることも多く、制球の不安定さは変わりませんので、オフには投球フォームも含めて改善出来るようにしたいです。


松岡

2イニングを1安打2三振と好投です。最近は好投が続き、無四球なのは良かった所ですので、来季に活かしたいです。


出井

今日も四球を出しましたが、無失点に抑えています。





【野手】

Screenshot_20220927-161424~2



仲三河選手が満塁ホームランです。

今季は飛距離が伸びましたので、来季はコンタクトも良くしていきたいです。






山野辺選手はホームランを含む3安打です。
パンチ力は魅力的ですが、ポカも多い選手ですので、基本的なプレイでミスをしないように心掛けたいです。






山田選手も3安打です。
色々ありましたが、表面上は元気にプレイしていますし、結果も出ていて良かったです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










パ・リーグ順位表です。

20220926_212634


異次元のK/BBを叩き出している日ハム加藤は、今日も流石の投球でした。規定投球回数にも達しましたので、これでシーズン与四球数最少の日本記録を更新です。


オリックス山本投手、ロッテ佐々木投手と言った剛腕投手が目立ちますが、加藤投手も遜色ない、むしろそれ以上に素晴らしい成績です。


160キロ投げられなくても、制球の良さはそれ以上に大きな武器になります。ライオンズの隅田投手も、こういう投手になってもらいたいですし、その能力はある投手ですので、来季に期待したいです。



ともあれ、日ハムが加藤投手の好投に加えて、9回には伊藤投手を継ぎ込みプロ初セーブを上げる盤石のリレーで勝ってくれました。



これでライオンズは3位浮上です。



ライオンズがCSに出るためには、なりふり構っていられません。他力でもなんでも上位に行くことが重要です。相手が、ライオンズからFAで主力を引き抜いた楽天となれば尚更です。






ライオンズは明日ソフトバンクとの対戦です。

Screenshot_20220926-212132~2


戦力層の厚みも然ることながら、優勝争いをしているチームですしモチベーションも高いです。


ライオンズは鷹キラーの髙橋光成投手ですので、やってくれるとは思いますが、問題は打線です。


直近の試合で先発全員安打をしたとはいえ、酷い拙攻でしたので不安はあります。


ただ、最近調子があまり良くなかった栗山選手が、休み期間中にしっかり調整し状態を上げて来ましたので、同じく大ベテランの中村選手と共に頼りにしたいです。


今のライオンズ打線はコア4で成り立っていますが、平常心でいるのが難しくなる緊迫した試合こそ、骨牙の2人は頼りになります。


ライオンズは、森、山川選手が打たなければ勝てない打線ですが、もし2人が打てなくても、もうライオンズは全てが負けられない戦いですので、森、山川選手が打てなければしょうがないではなく、2人をバックアップするためにも最後は中村、栗山選手を頼りたいです。





今季限りで退任が噂される辻監督ですが、投手に関しては惜しみなく使う采配になってきましたが、野手に関してはまだスイッチオンしたような起用はしていません。


勝負所は過ぎてしまいましたが、今季の混戦のお陰でCSに出れるチャンスは残されました。勝負所で出来なかった采配を、残り4試合で出し切ってもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










セ・リーグは圧倒的な強さを見せたヤクルトが連覇を果たしました。

20220926_081019

投手を上手くやり繰りし、打線には村上選手という太い柱がいる事が大きいです。


ライオンズは次世代の大砲が伸び悩んでいます。育成方法やドラフトも含めて見直さなくてはなりません。






一方、パ・リーグはまだ混戦です。

20220926_081037

優勝争いはソフトバンク、オリックス、3位争いは楽天、ライオンズが競っています。


昨日楽天が勝利したため、ライオンズは4位に後退しましたが、楽天は連戦中のため今日の試合結果次第では再び入れ替わります。


ライオンズとしては、楽天が負けることを祈りつつ、残り試合を全部勝つつもりで戦いたいです。



明日はソフトバンク戦、明後日は楽天との直接対決です。


もう落としていい試合はありませんが、明後日の楽天戦は勝利必須です。



その楽天戦には、今井達也投手が復帰先発予定です。


ファームでは球速も出ていましたし、変化球で空振りが取れるキレもありました。



復帰戦が大事な直接対決というのは不安もありますが、総力戦ですので行けるところまで全力で行ってもらいたいです。




ライオンズは文春砲で揺れましたが、直後の日ハム戦ではしっかり勝ちきりました。


モヤモヤする所はあると思いますが、残り試合も少ないですし、目の前の試合に集中して戦いたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











イースタンはベルーナドームで楽天戦です。

20220925_125712



スタメンは、

Screenshot_20220925-113806~2





【結果】

Screenshot_20220925-145741~2


先発羽田投手が5失点となりましたが、リリーフした粟津、菅井、黒田投手は無失点で抑えました。


打線は、仲三河選手のランニングホームランなどで得点を取りましたが、逆転とまでは行きませんでした。


ホーム最終戦を勝利で飾れませんでしたが、将来を担う若い投手が、ベルーナドームで登板出来たのは良かったです。

Screenshot_20220925-171704~2





【投手】

Screenshot_20220925-145824~2

羽田

3回途中7安打5失点で降板です。

今日は四球0と、出来るだけゾーン内に投げ込んだため被安打は増えましたが、指にかかったストレートは力もありましたし、スライダー、フォークで空振りも取れるなど、5奪三振は将来への期待を感じます。

素材型の高卒ルーキーですし、本格化するのはまだ先です。まだ線も細いですので、食事やウエイトで身体を大きくして、投球フォームの再現性を高めて行ければ楽しみな投手になりそうです。

来季から戦力化は難しいと思いますが、焦って小さくまとまった投手になるのではなく、少し遠回りしたとしても剛腕の怪物投手になれるように鍛えてもらいたいです。


粟津

1.1回を3奪三振と好リリーフです。スライダー、シンカーのキレがよく空振りも取れました。

トミー・ジョン手術明けですが、来季はファームで中継ぎとして継続的に登板出来るようになりたいです。


菅井

制球はバラつきましたが、1イニングノーヒットで抑えました。15球中13球がストレートでした。


黒田

4イニング無失点と好投です。

羽田、菅井投手と同じく高卒ルーキーですが、黒田投手はイースタンでも投げていますし、思っていたよりも早く出てきました。

今日は、ストレートに力もあり、フォークで空振りも取れる投球を見せました。高めのストレート、低めのフォーク、外へのスライダーが機能し4イニング無失点です。

3イニング目となる8回に連打でノーアウト1、2塁となりますが、四球で自滅していた前半戦と比べて、そこから粘って無失点に抑えたのは大きな成長です。





【野手】

Screenshot_20220925-145802~2


仲三河選手にランニングホームランが出ました。

今季8号はランニングホームランでした。今季は長打力が開花し、パワフルな打撃を見せています。満足に送球出来ないため外野守備は不安がありますが、ポジションも含めて、この長打力を活かせる道を探りたいです。




ファームは本拠地最終戦でした。


手術により離脱となった岡田、牧野選手、行方不明のブランドン、岸選手も姿を見せました。ただ、ファームで最も安定した投球を見せ、支配下間近と思われていたヘレラ投手は最近投げていませんし、最終戦の挨拶時にも姿を見せなかったのは心配です。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ