埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

佐藤隼輔投手は、開幕ローテ入り&新人王を目標に掲げました。










投球スタイル的には、ストレート、スライダー中心の投球です。他の変化球は、チェンジアップも持っていますが、ほぼストレートとスライダーです。



先発としては球種の少なさが指摘されていますが、学生時代は先の事も考えて、球種を絞って勝負をしたとの事で、実際は他にも投げられるようです。筑波大学の監督が言うには、フォークも持っているそうです。





プロで使えるかどうかはまだ分かりませんが、伸びしろがあるのは魅力的です。





菊池雄星もデビューしたばかりの時は、ほぼストレートかスライダーで投球していました。その後球種も増えましたが、投手の基本はストレートです。





今の所は、菊池雄星みたいな剛腕ではなく、キレで勝負するタイプだと思いますが、佐藤投手はクロスファイヤーが武器と話していましたし、強気にインコースにもストレートが投げられる投球を期待したいです。









ドラ1有力と言われながらも、怪我の影響もあってか、ドラ2の評価は本人的には納得していないと思います。




学生時代は、素晴らしい投球を見せる反面、怪我も多かったために評価を落としたと思います。



プロのスカウト陣を見返してやりたい所です。



直近では脇腹を痛めましたが、再発しやすい箇所ですし、癖になると自覚がなくても庇ってしまうために、投球フォームも崩してしまいます。



ライオンズには立派なトレセンがありますので、まずは再発しづらい体作りを行い、キャンプ、オープン戦でアピールするための準備をしたいです。









ライオンズは先発の駒不足から、隅田、佐藤投手はローテ入りが濃厚です。




しかし、本来は本人の成長のためにも、競争させて勝ち取らせたいです。



ライオンズの場合、昨年の浜屋投手のように、状態よりも期待値でローテ入りさせてしまう所もあるので、エンス投手の来日が遅れると、ますます競争せずともローテ入りしてしまう可能性もあります。



首脳陣には、無理な運用は控えてもらいたいですので、隅田、佐藤投手2人で1人と考えて起用してもらいたいです。また、3本柱以外の先発投手は、横一線の実績の少ない先発投手ですので、期待値ではなく、開幕時に状態の良い投手をローテ入りさせてもらいたいです。




佐藤投手には開幕ローテ入りを期待してますが、これからの投手ですし、無理な運用は禁物です。






成長には競争は不可欠ですが、同期に隅田投手がいるのはお互い良かったと思います。



ライバル意識を持ちながら切磋琢磨し、ライオンズの投手陣を引っ張る存在へと成長してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













隅田投手が、早速プルペン入りを宣言しました。










1ヶ月調整を早めて行い、今日にもブルペンに入りたいとの事ですが、担当スカウトからは「落ち着きなさい」と止められた模様です。



ルーキーの意欲は時に空回りし、怪我に繋がる事もあるので、調子が良くても、長いシーズン戦うためにも今は土台作りを優先したいです。





合同自主トレですし、この辺の判断は、球団がしっかり管理したいです。






隅田投手はドラ1といえども、ローテ入りには競争して勝ち取らなくてはなりません。しかし、ライオンズの投手事情的には、よっぽど状態が悪くなければ、ローテ入り前提で考えていると思います。

 



なので、練習はしっかりやってもらいたいですが、焦って怪我でもされたら困ります。






昨年も、先発左腕として期待をかけられていた浜屋を、期待値で判断し、調子が良くないのに開幕ローテに入れました。






結局、浜屋は昨シーズンは活躍が出来ませんでしたが、1軍実績の浅い若い投手程、期待値よりも状態が良い時に投げさせたいです。




隅田投手は、大学時代は素晴らしい成績を残しましたが、リーグレベルが決して高くないので、どこまでやれるかはまだ分かりません。ただ、他球団も評価し競合した選手ですので、能力は高い素材だと思います。





その素材を活かすためにも、コンディションの良い時に登板してもらいたいです。




ヤクルト奥川投手やロッテ佐々木投手のように、登板間隔を空けて登板し、プロとしての調整方法は、キャンプで内海兼任コーチから指導してもらいたいです。





隅田投手は、早くもブルペン入りを宣言しているくらいなので、おそらく投げたがりの投手だと思います。





ライオンズで言えば平井が投げたがりですが、この辺の調整方法は合う合わないがありますが、まだプロとしては未知数のルーキーは、無難に休ませながらが使いたいです。





個人的には、投げたがりの平井にしても、登板が嵩むとキレが悪くなるので、投げ過ぎには注意が必要です。特に、体が出来ていないルーキーとなれば、肩や肘は消耗品ですし、学生時代からの勤続疲労もありますので、無理する必要はないです。





球団も育成プランがあるでしょうし、まだ本人任せにはしないための合同自主トレです。



まずはそのプランに沿って調整をさせて、徐々に隅田投手に合ったやり方にしていければと思います。




隅田投手は、アピールする時期はまだ先ですし、キャンプの実戦登板でアピール出来るように、今はまだ体作りに専念してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













支配下6名、育成4名のルーキー達による、合同自主トレが今日からスタートしました。

20220108_141208







辻監督も視察に訪れ、プロに入ってからがスタートである事、今後の野球人生は努力次第でいくらでも夢は叶うと言う事など、新人たちに訓示をしました。



20220108_141427





期待の隅田、佐藤投手のキャッチボールを見て、期待値が上がったとも話されました。



1軍で使える左腕不足のライオンズにとって、隅田、佐藤の両左腕投手は、現場の指揮官的には期待しかないと思います。



正直、現状の先発陣を考えると、隅田、佐藤投手には、間隔を開けながら起用して、2人で1人分のローテを埋めてもらわなければなりませんので、期待をするしかないです。



今の時期のルーキーは大いに期待をして、可能性を潰さずに大きく育てたいです。その後のキャンプ、オープン戦に入り、徐々に現実的な評価をして行けば良いと思います。






隅田、佐藤投手以外にも、期待の選手としてドラ3古賀捕手がいます。古賀捕手も即戦力と言われています。何度か書いてますが、1軍の第3捕手としてベンチの置物にするくらいなら、まずはファームで大きく育てたいので、牧野捕手と正捕手争いをしてもらいたいです。



ドラ4羽田投手、ドラ5黒田投手は素材型の高卒ルーキーです。まずは体作りが優先ですので、ファームの投手が足りないからと言って、イニング消化のために無理して投げさせないでもらいたはいです。



ドラ6中山選手は、素材型の大型ショートです。オリ紅林選手も大型ショートとして頭角を現していますし、サイズは大きくても動ける事を証明し、ファームの山村、川野選手とショート争いをしてもらいたいです。

 

育成選手は、強肩の古市捕手、スピードの滝澤選手、奪三振能力の菅井投手、打力の川村選手と、育成らしく一芸持ちの選手達です。昨年は水上投手が大当たりで即戦力となりましたので、今年も掘り出し物を期待したいです。川村選手は育成指名ではありますが、打力が高く支配下もあり得た選手ですので期待したいです。




ライオンズは昨年最下位ではありますが、大型補強はせずに、少数精鋭との方針なのか支配下枠も余らせている状況です。そのため、ルーキーといえども戦力としての期待もかかります。




チャンスは大いにある球団ですので、キャンプ、オープン戦と、しっかりアピール出来る状態にするために、有意義な合同自主トレにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













渡部健人選手が、ホームラン後の新パフォーマンスを予告しました。











昨年は、山川のドスコイを借りていましたが、オリジナルのパフォーマンスを今季はやるそうです。




まだ、1軍実績のない選手がホームラン後のパフォーマンスを予告したり、取り上げられるのは異例ですが、それだけの期待をされている選手と言う事です。








昨年は、イースタンでホームラン、打点の2冠を獲得しました。




入団時から、期待されていたハードルをクリアーしたのは素晴らしいですが、イースタン後半は不調が長引きました。




1軍でもお試し起用されました。ソフトバンク和田の緩い変化球を上手く捉えてホームランにしましたが、和田の決して速くないストレートでも差し込まれ、空振りも取られるなど、1軍クラスのストレートへの対応に課題を残しました。








昨年秋頃からは、新打撃フォームで練習をしています。



中村剛也の弟子の巨人岡本に弟子入りして、自主トレも行い、きっかけを掴もうとしています。



自主トレでは、本人もストレートに差し込まれる事は自覚しており、中村からは始動の遅れを指摘され、差し込まれずに打球が飛ぶ具体的なアドバイスもされていました。








渡部にとって、同じチームに中村がいるのは大きいです。



キャンプの振り分けはまだですが、外国人もいませんし、1軍キャンプメンバーに入ると思うので、実戦で差し込まれない打撃が出来るのか、中村にも見てもらいながら取り組みたいです。








飛ばす能力は高い打者です。



大砲の外国人を獲らなかったライオンズにとっては、大きな期待をしたい選手です。



まずは打撃フォームを固めて、ファームクラスの投手相手なら、無双できる打撃を見せて、昨年のようにお試し1軍ではなく、実力で1軍入りを勝ち取ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













ライオンズ期待の若手として、ブランドン選手が取り上げられました。













写真からも見た目の良さが際立ちますが、プレイでもルーキーイヤーだった昨年、大きく成長した選手でもあります。





Screenshot_20220107-121817~2






昨年はドラフト下位指名ながら、長打力をアピールしてA班キャンプに抜擢されました。




粗さはありますが、当たれば飛ぶロマン砲といった打撃を見せていましたが、ファームでしっかり力をつけて、長打力を残したままコンタクトを上げる、理想的な成長を見せています。




今年の目標に、100試合出場と打率3割を掲げました。




ホームランも打てる選手ですが、どちらかと言えば中距離砲です。ツーベースを量産出来るような打撃が出来れば、大きな戦力です。




どちらかと言えば、積極的に振っていくタイプではないですが、1軍では何度も甘い球が来ることはないので、初球でも甘い球が来たら、一発で仕留められるように勇気を持ってスイングしてもらいたいです。





メインは中村の守るサードの選手ですので、中村を休ませるためにも、出番は貰えると思います。




ただ、送球が不安定な所もあるので、打撃ならブランドン、守備固めは山田となるように、打撃でアピールしたいです。





今年39歳になりますが、打撃、守備のバランス的にも、サードの1番手はまだ中村剛也です。




中村の休養日に代役となる選手は、ブランドン以外にも、呉、ジャンセン、山田、平沼、渡部といます。





呉とジャンセンは外野に回る可能性もありますが、ジャンセンの外野守備は未知数ですので、サードがメインになるかも知れません。




センターライン以外は、スタメンは打撃型、途中出場に守備型選手が基本だと思っているので、ブランドンは同期の渡部、新外国人のジャンセンがライバルになりそうです。




将来の事を考えれば、ジャンセンよりもブランドンを使って育てたい気持ちもありますが、そこは競争して、結果を出せる選手が優先です。





個人的には、ブランドンの今季は状態の良い時に使って1軍で通用する打撃を理解させ、来年、渡部とレギュラー獲りを競ってもらいたいと思っています。




理想は、ブランドンの状態が悪ければ抹消して渡部を昇格、渡部の状態が悪くなったら抹消して、ブランドンを昇格と交互に起用出来る事です。しかし、まだ若手の選手ですし、調子のコントロールはそんな上手くは行かないので、プロとしてのキャリアはあるジャンセンが、その間を埋める選手になれたらと思います。




サード中村の後継者探しはここ数年の課題ですが、優先度的には外野3ポジションを埋めることが先です。





そのため、呉や山野辺など外野も守れる選手は出来るだけ外野で使うためにも、ブランドン、渡部とライオンズの誇るプロスペクトが、今季は中村の代わりを務められるシーズンになってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












↑このページのトップヘ