埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

本日は札幌ドームでの日ハム戦です。

20220924_175135

日ハムは来季からは移転し新球場となります。

色々と問題もあった札幌ドームですが、元々は西武鉄道の元親会社であるコクドがドーム建設に関わった事から、ライオンズは準フランチャイズ球場として、札幌ドームでの主催試合も行うなどしていました。

しかし結局、2003年に日ハムが東京ドームから札幌ドームへ本拠地移転することになり、やむなく撤退しましたがライオンズとしては縁のあった球場でした。

最近は鬼門の札幌ドームとなっていますが、最後は勝利で飾りたいです。




スタメンは、

Screenshot_20220924-173337~2



【結果】

Screenshot_20220924-215426~2



16安打を放ちながらも、得点に結びつかない拙攻の連続でしたが、松本投手が踏ん張りました。


札幌ドームラストゲームを勝利しました。

Screenshot_20220924-220951~2




【投手】

Screenshot_20220924-215507~2

松本

今日もストレートが走り、8奪三振と空振りを量産しました。6回終了までで、1安打無失点と素晴らしい投球です。昨年もでしたが、今年も後半戦のパフォーマンスが良いです。

課題でもある100球前後のイニングが、今日は7回でしたが、簡単に2アウト取りながらもそこから連打を浴びて失点し交代となりました。

ただ、打線が拙攻続きで嫌な雰囲気の中、良く踏ん張って抑えていたと思います。


森脇

2アウト3塁からの火消し登板でしたが、ストレートを弾き返されて1点差とされ交代です。


公文

代打の木村選手にヒットを打たれ、1、3塁となり交代です。

森脇、公文投手と、マシンガン継投をしましたが、1アウトも取れず上手く行きません。


水上

2アウト1、3塁からの火消し登板でしたが、杉谷選手を打ち取り切り抜けました。

この回、2アウトから3投手を継ぎ込みましたが、水上投手でようやく止まりました。


平良

日ハムのクリーンアップに対して3人で終わらせました。近藤選手にはインコースに160キロのストレートを投げ込み詰まらせるなど、良い投球を見せています。

日本一球の速いYouTuberです。


増田

僅か5球で試合を締めました。ただ、変化球が甘いコースに行っていたので、修正したいです。




【野手】

Screenshot_20220924-215445~2



試合を振り返ると、



毎回ランナーを出しながらも繋がらないライオンズ打線でしたが4回、愛斗選手、呉選手の四球により2アウトながらチャンスを作ると、

鈴木選手のタイムリーで先制です。

展開的にもうひと押し欲しかったですが、2四球と貰ったチャンスを活かせたのは良かったです。






5回には、源田選手がノーアウトで塁にでると、

森選手のタイムリー、さらに栗山選手にもタイムリーが出て追加点です。

長打も出て、久しぶりに打線と言った流れのある攻撃でした。

さらにその後、平沼、呉選手も出塁して満塁まで行き、もうひと押し欲しい所でしたが、鈴木選手が倒れて大量得点とはなりませんでした。






もうひと押しが足りないものの、順調に得点を取ってきましたが、

今日のライオンズ打線は、貧打というより拙攻です。

6回は、源田、森選手が出塁し1アウト1、2塁のチャンスメイクをしますが、山川選手は三振、栗山選手はレフト前にヒットを打ちますが、森選手の走塁ミスもあり無得点でした。


7回にも、平沼、呉、鈴木選手の3連打で1アウト満塁のチャンスを作るも、金子、源田選手が倒れてまたしても無得点です。


ここまで、12安打を打ちながらも3得点のみと残塁の山です。


下位打線からチャンスを作る、良い形が出来ましたが、活かせません。欲を言えば、単打ではなく長打が欲しかったです。







拙攻続きでしたが、1点差に迫られた8回にようやく得点をします。


森選手がヒットで出塁すると、

山川、栗山選手の連続タイムリー2ベースです。


ようやく長打が出ました。単打で繋ぐのは難しいので、長打で一気に得点に結び付けられたのは良かったです。森選手も今度は良い打球判断での好走塁でした。


山川選手のヒットで先発全員安打となりました。

また、栗山選手は今日3安打です。あまり打撃の状態は良くなかっですが、休みの間にしっかり仕上げてきたのは流石です。




さらに、1アウト3塁と試合を決めるチャンスでしたが、途中出場の滝澤選手をそのまま行かせて三振となりました。


代打には中村、外崎選手といましたが、足腰に負担のかかる札幌ドームでの試合という事もあり、使いませんでした。


個人的には、もう制限なく行く試合数だと思うので、滝澤選手に代打を送り一気に試合を決めに行きたかったです。ただ、結果的に相手の暴投で追加点を取る幸運に恵まれました。







16安打6得点と、もっと点は取れる試合でしたので不満は残りますが、とにかく勝てたのは良かったです。




拙攻は困りますが、打線も一時期の貧打から抜け出し、当たりが出てきたので、次の試合も期待したいです。







これで、ライオンズは3位に浮上です。が、本日オリックスが楽天に勝利したため、ライオンズの優勝は完全消滅しました。



結果論ですが、ライオンズは自滅しましたが、ここに来てもソフトバンク、オリックスの優勝争いはまだ混戦な所を見ても、ライオンズは7連敗さえなければ優勝のチャンスは十分ありました。



今年優勝争いを出来たから、来年も出来るとは限りません。特に流出の多いライオンズなら尚更です。



千載一遇のチャンスを逃した責任は大きいですが、まだCSを突破し日本一へのチャンスは残っています。



ライオンズは残り4試合全勝を狙って戦いたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはベルーナドームでの楽天戦です。

20220924_121311



楽天は今日勝つと、イースタン優勝が決まります。ライオンズとしては意地を見せたいです。



スタメンは、

Screenshot_20220924-121221~2



【結果】

Screenshot_20220924-150231~2


僅差ゲームを落とし、楽天がイースタン優勝となりました。

Screenshot_20220924-150906~2


ライオンズファームは、今季楽天に4勝16敗と大きく負け越しました。


開幕から楽天に11連敗をするなど、楽天のイースタン優勝に大きく貢献してしまいました。


正直、今季は常に投手不足で試合をこなすのが精一杯で、勝敗どころではありませんでしたが、来季は体制を整えて巻き返してもらいたいです。






【投手】

Screenshot_20220924-150725~2

平井

3イニングをノーヒットに抑えました。

スライダーで空振りを量産とは行きませんでしたが、左打者へのフォークで三振も取れました。

西川選手の好プレイにも助けられました。


中継ぎ、ロングリリーフと使い所はある投手です。1軍最終戦は髙橋光成投手の中4日登板の可能性も報道されていましたが、平井投手は今日3イニング調整したので、最終戦はブルペンデーにするかも知れません。


他にも與座、エンス投手もいますので、状態を見ての判断となりますが、平井投手としてはそれまでに軸となるスライダーの状態を高めたいです。



齋藤大

四球からの失点と、課題である制球難が改善しません。


豆田

先頭に四球を出しましたが、後続は得意の高めのストレートで打ち取っています。


武隈

前回は3者連続三振と抜群のキレを見せましたが、今日はストレート、チェンジアップが甘く入り失点しました。


松岡

制球がバラツキ四球を出してしまいましたが、球威あるストレートとフォークを打たせて、無失点で切り抜けました。


佐々木

制球にバラツキがあり、チェンジアップも高いですが、ストレートで空振りが取れたのは良かったと思います。


ボー

先頭を出しますが、相手のバントミスにも助けられ無失点で切り抜けました。


 

【野手】

Screenshot_20220924-150646~2


山村選手が2安打です。

規定打席には達していませんが、打撃好調で3割キープです。後はパワーアップして、もう少し長打を増やしたいです。

また、守備に課題もありますので、フェニックスリーグやオフも使って、この辺もレベルアップしたいです。




山村選手だけでなく、ファームは守備が弱いです。阿部、赤田コーチもいますが、改善しなければテコ入れです。


守備を見る目で言えば、今のライオンズ指導者の中では、源田選手をルーキーから通用すると見抜き抜擢し、逆にドラフトで守備評価の高かった山野辺選手はまだまだと即座に判断した辻監督が確かです。


山村選手は二遊間を守る事も多いですが、このまま二遊間を守れる伸びしろはあるのかどうかなど、他の選手も含めて素材の見極めや、守備練習指導なども見てもらいたい所です。


万が一、辻監督が今季限りだとしても辻監督さえ良ければ、連覇を成し遂げた実績に敬意を払った、アドバイザーのような名誉職の肩書を担ってもらい、ファームの守備だけでもアドバイスしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








ライオンズは明日、鬼門の札幌ドームで日ハムと対戦となります。

Screenshot_20220923-195525~2


ソフトもハードも色々と問題もあった札幌ドームですが、来季からは新球場となりますので選手たちも思い切ってプレイ出来る環境になると思います。


良い思い出も苦い思い出もある球場でしたが、特にライオンズにとって、今季怪我人も多数出した札幌ドームは鬼門でした。


首脳陣も怪我防止のために、中村、栗山選手を極力起用しないようにしたり、山川選手をDHで起用したりと、札幌ドームでは慎重にしてきました。


ただ、残り5試合となった今は制限なしのスイッチオンです。


中村、栗山選手も調子が悪くなければ、積極的に起用する試合です。




先発はライオンズが松本投手です。

Screenshot_20220923-183122~2



立ち上がりと、球数が100球近くなる6回辺りがポイントになる投手です。


粘られ甘く入った変化球を打たれる事もあることから、決め球不足とも言われますが、今すぐ何とかなるものでもないですし、オフには変化球よりもストレートのレベルアップを図る選択をしましたので、松本投手はストレートと心中です。


そのストレートは最近は良い状態です。


明日もそのストレート、特にアウトローに決められる精度があれば、試合を作ってくれると思います。


日ハム打線は初球から積極的に振ってきますが、長打を警戒しながらも無駄な四球を出さないように、制球良く投げて行きたいです。


日程的にもゆとりがあるので、ブルペンはもちろん総動員です。


松本投手は初回から飛ばして、行けるとこまで行きたいです。








対する日ハムは、伊藤投手かと思いましたが、池田投手が先発です。




打てない投手ではありませんが、今季は5回4安打5三振2失点と抑えられました。


連敗を脱出したとはいえ、打線の起爆剤となる選手が合流した訳ではないですし、根本的な解決とはなっていないだけに不安はあります。



辻監督はここまで来たら、山川選手と心中でしょうから、4番の山川選手次第となります。



復活に期待はしていますが、出来れば山川選手の後ろに中村、栗山選手を入れて、山川選手が打ち損じた時の二の矢をしてもらいたいです。


栗山選手は打撃の状態が本調子ではありませんが、練習で悪くなければ、辻監督は腹をくくって札幌ドームでも中村、栗山選手を起用してもらいたいです。








今日の試合で、楽天は日ハムに敗戦したため0.5差に縮まりました。




楽天は今日から8連戦となり、明日はオリックス山本由伸投手が相手です。


未来のことは誰にも分かりませんが、順調に行けば明日は楽天が負けてくれるはずですので、ライオンズとしては絶対に勝たなくてはなりません。



残り試合、理想は5連勝、悪くても楽天との直接対決には勝っての4勝1敗で終え、後は祈りたいです。







山田選手の奥様の一件で、動揺もあり雰囲気も悪くなってしまいましたが、公になったことで逆に、被害者であるはずの源田選手も含めて、練習で山田選手のスタイルであるオールドスタイルで報道陣の前に現れるなど、チーム一丸となって戦う姿をアピールしてくれました。




辻監督は、その気持ちを勝利に繋げられるように選手たちの士気を高めて、勝利に導く采配をしてもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンはベルーナドームで楽天戦です。

20220923_125025



スタメンは、

Screenshot_20220923-124849~2


渦中の山田選手はスタメンです。

Screenshot_20220923-132143~2


昨日の1軍全体練習では、山田選手の代名詞であるオールドスタイルで練習をする選手も多かったですが、今日先発の隅田投手もオールドスタイルで登板です。

チームメイトの気持ちは、山田選手やファンにも伝わったと思います。ただ、本人や球団としての総合的な判断がどうなるのかは、まだ分かりませんので今後を見守りたいです。

山田選手は、大変辛い立場だと思いますし同情もしますが、表面上は元気な姿というか、いつものようにうるさい姿を見せています。頑張ってもらいたいです。



【結果】

Screenshot_20220923-163638~2



僅差ゲームを落とし、ライオンズは7連勝でストップです。


注目の山田選手は2安打と活躍、先発の隅田投手は5回3失点ながら9奪三振と変化球のキレが良かったです。





【投手】

Screenshot_20220923-163034~2

隅田

5回6安打2四球9奪三振3失点と、四球からの失点は反省ですが、9奪三振は流石でした。

今日はスプリット、チェンジアップと落ちる球のキレが良く、空振りを量産しました。

課題の一つでもあるストレートは、空振りこそ取れませんが、ファールでカウントを稼いで落ちる球で仕留めたり、クロスファイヤーを決めて見逃し三振を奪ったりは出来ました。

変化球は流石のキレですので、オフには軸となるストレートのレベルアップに取り組みたいです。

また1軍でもありましたが、打たれだすと止まらなくなる時があります。

今日も5回に2四球から連打で失点しましたが、ランナーを置いてもいつも通り投げられるように、自信を持って投げられるストレートを身につけると共に、メンタル面の成長も期待したいです。


十亀

2四球出しましたがストレートで空振りも取れ、2イニングをノーヒット2奪三振です。

今季序盤は奪三振率も高く1軍戦力になっていましたが、降格後は状態が上がらずファームに定着してしまいました。

まだまだやれる選手ですし、来季こそは1軍で投げ続けてもらいたいですが、ライオンズとしては決して安くない推定年俸7000万円の投手です。

今季で複数年契約も切れるベテラン投手と、立場的には危ういですがFA残留してくれた選手です。大幅ダウンは仕方ないですが、しっかりコミュニケーションを取って、あまり雑な扱いはしてほしくはないです。


田村

ストレートが真ん中に入り、チェンジアップも甘かったです。良い球を持ってはいますが、不安定ですので、安定したパフォーマンスが出せるようにしたいです。


出井

今季はストレートの球速が上がり、スライダーで空振りも取れるようになりましたが、長所であった制球がイマイチとなっています。

成長はしていますので、来季も育成契約を継続するのであれば、制球は良いまま速いストレートにキレのあるスライダーを投げられるようにしたいです。






【野手】

Screenshot_20220923-163703~2

ジョセフ選手は幻のホームランがありました。

ファール判定でしたが、リプレイ検証があればおそらくホームランになっていました。

2三振と粗さはありますが、初ホームランを打ってから打撃が好調です。全体的なレベルアップが必要な選手ですが、パンチ力のある打撃は捨てずに行きたいです。





山田選手はタイムリーを含む2安打です。

辛い立場ですが躍動しました。

外崎選手の動向が不透明で、源田選手も来季FA取得見込みという事を考えると、戦力的には手放したくない選手です。

ドラフト下位指名ながら、ライオンズが長い間ファームで育成し戦力化させた選手です。努力家で苦労人でもあるだけに今回の件が勿体ないです。

勿体ない気持ちはありますが、その気持ちとは別に、渡辺GMは本人としっかりコミュニケーションを取って、後悔をしない、させない選択を探りたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










ライオンズは本日、ベルーナドームでの全体練習です。



オールドスタイルでの練習をする選手が多いです。





源田選手も、おそらくあえてのオールドスタイルです。

Screenshot_20220922-185044~2

未だ文春砲に揺れるライオンズですが、選手たちはこのオールドスタイルで応えています。



ライオンズファンならご存知のように、このオールドスタイルは渦中の山田選手のスタイルです。


あえてのオールドスタイルで、報道陣の前に出る姿が選手たちの答えだと思います。被害者である源田選手もこういう姿を見せてくれるのは頭が下がります。






選手たちの気持ちは今日の姿で見せてくれましたが、後は球団としての判断です。



山田選手は1軍選手ですし、他の選手とも仲の良い元気印です。どういう扱いにするかは、FA選手の去就にも影響を与えますので、しっかりコミュニケーションを取りたいです。




もし、本人希望での放出となれば、今季から導入される現役ドラフトは候補となります。


Screenshot_20220910-093450~2


内野のユーティリティとして価値のある選手ですので、需要はあると思います。ただ、個人的には現行の現役ドラフトは、戦力外当落線の選手たちの集まりになるのではないかと懸念を抱いていますので、戦力になる山田選手に見合う選手が獲得出来るのかは不安な所です。




山田選手は奥様が誹謗中傷していた事を知らなかったと言ってますし、妻だからといって何でも知っている訳ではありません。球団もその言葉に嘘はないと判断したからこそファームには出しています。




山田選手自身は加害者ではありませんが、それでもケジメをつけるような気はします。ただ、個人的にはライオンズの選手としてこれからも貢献してもらいたい気持ちもあります。。。





ライオンズファンとしても、心が落ち着かない非常に残念な事件ですが、もちろん誹謗中傷をした人物が悪いのですが、源田選手の意向で内々で済ませようとしたのに、文春にリークした人物も悪質です。




今季のライオンズは不祥事も多いので、球団としてしっかり教育もしてもらいたいです。また、選手のご家族にも、夫の仕事に対する理解も深めて頂きたいです。





CSに向けて厳しい状況ではありますが、選手たちは一丸となって戦うぞという姿を見せていますので、ベンチ、選手が一体となって試合でもそういった必死な姿を見せてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ