埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

ライオンズは明日から本拠地ベルーナドームで、首位楽天と3連戦です。






森、源田、オグレディ、呉選手と欠くライオンズ打線は、昨日ソフトバンク東浜投手にノーヒットノーランをされました。


相手も良かったですが、打線の怖さが4番にしかないのは、苦しい状況です。



ファームでは、森選手の復帰、若林選手が調整中と、打線の上がり目はありますが、しばらく時間はかかります。


そのため、すぐにでも1軍に上げて、打線の起爆剤になるような選手はおらず、現在1軍メンバーの奮起に期待する事になります。








明日から戦う首位楽天は、投打ともに好調で独走態勢です。



今のライオンズのチーム状況での対戦となると、厳しい展開が予想されます。個人的には勝ち越しを狙いたいカードですが、戦力差的には1つ勝てれば御の字といった所です。



ただ、ライオンズは投手陣が好調です。

おそらく、楽天戦からは宮川投手も1軍復帰すると思いますので、投手陣の戦力アップにも繋がります。打線は何点も取れないでしょうから、僅差ゲームに持ち込みたいです。



打線は、山川選手でしか点が取れないのは、打線としては不安材料ではありますが、山川選手の前にランナーを貯めるのが基本となります。



相手バッテリーにプレッシャーをかけるためにも、山川選手が先頭打者にならないように、3番を任される外崎選手の打撃は重要になります。



外崎、山川、中村選手で中軸を組むと思いますが、源田、オグレディ選手不在の1、2番が厳しいです。



栗山選手の状態が良ければ、もう少しバリエーションを出せるのですが、現状厳しいので、ファームで振れていた川越選手や、足の状態が悪くなければ、今季打撃の良い山田選手など、練習の様子を見て、最も期待の出来る選手を1、2番に置きたいです。



足が速いとか実績ではなく、今の打撃の状態で出塁出来る可能性が高い選手が上位打順です。




駒不足感は否めませんが、普段は控え選手たちの奮起に期待したいです。




ただ、そういう選手たちは、安定してヒットやホームランを打つのは非常に難しいので、得点力不足の現状では、状況を考えた打撃をしてもらいたいです。



頭を使って、バッテリーの配球を読んだり、相手のポジションを見て狙い打ったり、アウトでも進塁打にしたりと、状況に応じた打撃が求められます。


昨日の試合後には辻監督から、もっと選手自身が考えて打撃をしてほしいとコメントしてましたが、イケイケドンドン野球がチームカラーでもあるライオンズでは、選手以上にコーチの指示が必要です。


作戦コーチ的な立場でもある、松井ヘッド、平石コーチには、相手バッテリーを分析して、外崎、山川、中村選手といった主力以外には、作戦を徹底させやすいでしょうから、しっかりとコミュニケーションを取ってから打席に入らせたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








本日は福岡でソフトバンク戦です。

20220511_175210



オグレディ選手が、夫人の出産立ち会いのため、一時帰国となりました。代わりに川越選手が昇格です。

山川選手以外でなかなか点が取れない打線の中でも、良い結果を出していたオグレディ選手の離脱は、ライオンズとしては大きな戦力ダウンです。

戦力ダウンではありますが、代わりの選手たちにとってはチャンスですので、何とかアピールしてもらいたいです。






スタメンは、

Screenshot_20220511-175433~2


山田選手が試合前練習で足を痛めたとの事で、山野辺選手がショートとなりました。

山田選手は、その後の練習に復帰しましたので大丈夫だとは思いますが、山田選手まで離脱となると、内野守備が崩壊してしまうので、慎重に行きたいです。

山野辺選手は、フットワークは良いのですが、ポカも多いので、落ち着いて丁寧にプレイしたいです。





オグレディ選手不在の打線は、栗山選手で補います。

栗山選手は、本調子ではなくスタメンを外れていましたが、この状況ですので栗山選手の復調に賭けたスタメン起用です。

森、オグレディ、源田選手としばらくは居ないので、栗山選手には何とか復調してもらいたいです。ただ、チーム状況的に離脱者も多く、悠長に待てる打線の状況ではないですので、まだかかりそうなら栗山選手の起用に固執せず、ファームで好調な川越選手など他の選手で補いたいです。




【結果】

Screenshot_20220511-204150~2



ソフトバンク東浜投手が、ノーヒットノーラン達成です。


ライオンズ打線は今日も、隅田投手を援護出来ませんでした。




【投手】

Screenshot_20220511-204230~2


隅田

序盤は制球があまり良くなかったですが、立て直して、6回2失点と試合を作りました。

多彩な変化球の中でも、勝負球になるスプリットとチェンジアップの落ちる球が、今日はイマイチでした。

ただ、代わりにカーブを多めに使い、そのカーブがカウントも取れ、アクセントにもなり、今日の投球を支えました。

武器である落ちる球がイマイチでも、別の球種を武器に代えて、このパフォーマンスが出せるのは流石です。

今日も打線の援護がないのが悔やまれますが、先発として十分な投球を見せてくれました。




水上

コロナによる離脱からの1軍復帰登板です。

ファームでは球自体は悪くなかったですが、制球がアバウトでした。今日もスライダーが高めに行くことが多く、ツーアウトは取りましたが、そこから四球、ツーベース、敬遠で満塁となり、グラシアル選手との勝負になりました。

水上投手もギアを入れて投げ、最後はインコースへのシュートで三振に取っています。

今後もブルペンを支える大事な戦力ですので、武器であるスライダーの精度は高めたいです。



森脇

無失点で抑えています。

球速も145キロと少しずつ、スピードも出るようになってきました。フォークを活かすためにも、キャンプの頃のような力のあるストレートを投げられるように調整を続けたいです。




【野手】

Screenshot_20220511-204210~2



ソフトバンク東浜投手に、ノーヒットノーランをされてしまいました。


東浜投手のシンカーに、空振りやゴロを量産されました。外野には、柘植選手のセンターフライ1つしか飛びませんでした。


ストレート、カット、シンカーどれもキレがあり、攻略は難しかったです。


森、源田、オグレディ、呉選手を欠く打線は、山川選手さえ抑えれば良い打線ですので、苦しくなるのは当然です。


いつかは主力たちも戻って来ますが、それまでにこの時期をチャンスとばかりに、アピールする若手の台頭を見たいです。







源田、オグレディ選手のいない打線は、山野辺、栗山選手を使いました。



しかし、


1番ショートで起用した山野辺選手は、攻守共にアピール出来ませんでした。

守備では、刺せた3塁に投げずに、間に合わないホームに投げる判断ミスです。
源田、山田選手と比べてなくても雑なプレイでした。慣れたポジションではないので、しょうがないですが、離脱者の多さが響きます。

山野辺選手も、起用された少ないチャンスをものにしないと、1軍定着とはなりません。キャンプでは毎日のように特守に参加した、期待をされている選手ですので、首脳陣の期待に応えられるようにしたいです。






栗山選手も結果を出せませんでした。

最近は試合出場も少ないですし、今日は相手も良かったので仕方がないです。ただ首脳陣は、今の栗山選手をスタメンに固執する必要はないので、練習の様子も見て、今の調子で判断するようにしたいです。






ファームでは、森選手が復帰をしています。



すぐにとは行きませんが、まだライオンズには大きな戦力の上積みが待っていますので、それまで下位に落ちないように、粘り強く戦って行きたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日のイースタンは、カーミニークで日ハム戦です。

20220511_125132


昨日は、日ハム側がコロナによる編成困難で中止になりました。


ライオンズはコロナに関係なく、投手の編成が常に困難ではありますが、そろそろコロナからの復帰選手も出てくる頃ですし、今週は雨予報も多いので、試合が出来る時に調整の場としてファームの試合を使いたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220511-123437~2

森友哉選手が実戦復帰です。

試合に出れると言うことは、順調に回復してきているのだと思います。怪我をしたのは指ですし、送球に問題がないかも、今後は捕手も行い確認しながら状態を上げて行くことになります。

4/2に怪我をして、2ヶ月くらいかかると辻監督はコメントしてましたが、思ったよりも早く実戦復帰出来ました。

怪我の影響がなく、コンディションさえ整えば、ファームでやることもない選手ですので、守れるようになったら1軍に上がると思います。


怪我をした経緯から、辻監督からも苦言を呈されましたが、しっかり切り替えて1軍に戻って活躍出来る状態にしていきたいです。





先発は浜屋投手です。

前回のイースタン今季初登板は、ストレートも変化球も全体的に球が高く、球威もキレもイマイチでした。

復帰2戦目となる本日は先発です。

今のファームは、長い回を投げなくてはならないため、制球良く投げていきたいです。

ストレートの球速も少しずつ上げて行きたいですし、スライダーでカウントが取れ、チェンジアップで空振りが取れるように変化球の精度も高めたいです。



また、コロナから復帰の宮川投手もベンチ入りしています。




【結果】

Screenshot_20220511-162909~2


負けはしましたが、森、宮川選手の復帰や、鈴木選手の3安打、若林選手のホームランなど、収穫のある試合となりました。





【投手】

Screenshot_20220511-163016~2

浜屋

5回5失点とイマイチの投球でした。

変化球のキレが戻っていないため、ボールになる変化球を振ってくれず、仕方なくカウントを取りに行くと甘く入り打たれるという投球でした。

日ハム佐藤龍世選手に、満塁ホームランを打たれています。
元々、被弾を浴びやすい球質ではありますが、今後もその球質と付き合って行かなくてはならないので、コースは気をつけたいです。

まだ復帰2戦目ですし、今後に期待をしたいです。





宮川

コロナからの復帰登板です。

ヒットは打たれましたが、2奪三振と上々の復帰登板です。

140後半のストレートは威力がありましたし、フォークも低めに決まれば空振りが取れました。

パワーカーブは投げませんでしたが状態も良いので、明後日からの楽天戦から1軍に合流となりそうです。





出井

3.2回までは、プロ入り1番の投球でした。

最速146キロと球速も出ていましたし、スライダーのキレも良く、3.2回までは1安打6奪三振の好投でした。

しかし、延長戦となった10回。ツーアウトから連続四球を出すと、そこから4失点しました。

ただ、今日のように140中盤のストレートに、キレの良いスライダーが安定して投げられれば、今後の成長に期待が持てる投球でした。






【野手】

Screenshot_20220511-162953~2



森友哉選手は、復帰戦でいきなりマルチ安打です。

打つ方は心配なさそうです。

後は捕手として試合に出れるようになれば、1軍へとなります。捕手として問題なく守れれば、思ったよりも早く、交流戦中には1軍復帰出来そうです。








若林選手は、ホームランを含む2安打です。

打率も3割と結果を出しています。足の状態を見ながら、少しずつ強度をあげて1軍復帰に向けて、アピールしたいです。










ファームでも結果が出ていなかった鈴木選手が、タイムリー3ベースを含む3安打です。

相手の送球エラーの間に、一気にホームまで行きました。今日は転ばずにホームイン出来ましたね。

期待をしたい選手ですし、ファームでも強い打球を打てるように、これから状態を上げて行きたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします






秋山翔吾選手が正式に、パドレス傘下3Aエルパソに入団しました。

Screenshot_20220510-225611~2


日本復帰の可能性も報道されましたが、今年はアメリカでやると決めました。


成績からも不完全燃焼なのは、ファンとしても、当然本人も感じている事ですし、厳しい現状なのは承知の上で、最後までアメリカでもがいてみるという選択は、ライオンズファンがよく知る秋山選手らしい選択だと思います。





獲得オファーをすると報道された、ライオンズ渡辺GMも応援したいとコメントしています。





ライオンズが秋山選手へ獲得オファーを出すと報道された翌日に、一転、3Aと契約しアメリカで続ける事が決まりました。


渡辺GMは、「急に決まった。こっちもびっくりしたし、アキもびっくりしていた」とコメントです。




コメントからは、ちゃんと連絡を取り合っていたようですし、関係性の良さが感じられます。


また、この関係性なら、メジャーからのオファーがなければ、ライオンズ復帰の可能性が高かったのではないかとも感じられるやり取りです。





ライオンズは怪我人も多く、課題の一つでもあるトップバッターが未だに決まりません。


秋山選手の穴は秋山選手が埋めるという事を期待していただけに、ライオンズとしては残念ではありますが、秋山選手には是が非でもメジャーに昇格して活躍してもらいたいです。


5月に入り、育成外国人を獲得したり、獲得オファーを出す予定だった秋山選手がアメリカ残留が正式に決まったりと、ライオンズも補強の意識があることが分かりました。


スミス投手、ジャンセン選手と離脱し、その後の行方が分からない状況ですし、もし帰国して治療するという事になれば、補強は必須です。


今のパ・リーグは、楽天が圧倒的に走っている状況ですが、このペースで勝ち続けるのは難しいですし、離されないように付いていき、チャンスが来たら一気に逆転に持ち込むためにも、いざという場合に備えて戦力を整える準備はしておいてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









本日のソフトバンク戦は雨のため中止となりました。

20220510_175759




スタメンまでは発表されました。


Screenshot_20220510-172824~2

オグレディ選手が、来日初のファーストでスタメン予定でした。

山田選手がショートに回らなくてはならない状況ですし、山川選手は無理に守備をさせられないので、打力を落とさずにスタメンを組もうと思うと、こういう起用となりました。


渡部選手の状態が良ければ上げたい所ですが、不調が続いているので、ファーストも手薄な状況です。






元気なのは、山田、山野辺選手です。



地方球場での試合が中止になってしまいましたし、普段見に来られないファンに、せめてものファンサービスです。


山田選手は源田選手が居ない中、内野の要として頑張っていますし、加えてファンサービスも積極的ですね。お疲れさまでした。





そして、



明日は松本投手ではなく、隅田投手がスライドすることになりました。



予告先発では、與座投手でしたが今日の試合が中止になったことで、隅田投手に変更しました。




松本投手は発熱による登板回避です。




コロナかどうかが心配です。。。。





隅田投手は中10日で明日の先発となりましたが、スライドはプロ初ですし、移動もあり慌ただしいですが、頑張ってもらいたいです。



万が一、発熱の松本投手が離脱となると、先発投手は苦しくなります。



隅田投手は、ルーキーではありますが先発の軸となる活躍を期待したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ