埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2022

3タテをかけたオリックス戦です。

20220804_174854

本日の公示で田村投手が抹消され、松本、スミス投手が昇格しました。

スミス投手はブルペン待機となります。

本職は中継ぎですし、今の所は短いイニングでのパフォーマンスの方が良いです。助っ人ですし使えるのに使わないのは勿体ないですので、今後は更に疲れが出てくる中継ぎ陣を厚くするためには、良い決断だと思います。

どういう起用法になるのか分かりませんが、個人的には、まずは先発が早期降板したときのロングリリーフや5、6回辺りを森脇投手と共に担いたいです。

中継ぎとして嵌まれば、勝ちパの前を担ったり、勝ちパを休ませるときはそこに入れるようになれば、チームとしても大きな補強となりますので期待したいです。




スタメンは、

Screenshot_20220804-173854~2

柘植選手がスタメンマスクです。

昨年は山崎投手に対して6-1でしたが、その1本はホームランでした。松本投手をリードすることが優先ですが、打撃でも期待をしたいです。




【結果】


Screenshot_20220804-211348~2



中村選手のおかわり弾でサヨナラ勝ちです。


好調オリックス相手に3タテと、チームも波に乗ってきました。




【投手】


Screenshot_20220804-211435~2

松本

点を取って貰った直後に同点にされる不甲斐なさもありましたが、7回2失点と意地を見せました。

今日のストレートは球速も出ていましたし、7奪三振とキレあるストレートを初回から投げられていました。

バッテリーを組んだ柘植捕手の、お粗末なエラーで足を引っ張られましたが、鉄壁の二遊間には助けられました。
逆をつかれ、エンドランもされている状況で併殺を取れるのは、おそらくライオンズの二遊間だけです。


松本投手のストレートが走り、二遊間は鉄壁とくれば、このままテンポ良く行きたかったですが、丁寧に行きすぎてカウントを悪くする悪癖も出てしまいました。

ただ、球数的にも交代かと思われた7回も続投し、しっかり3人で終わらせましたし、柱としての意地は見せました。

ストレートは良かったですし、気合も入っていたので、次回はチームを勝たせる投球を期待したいです。


本田

3番から始まる、オリックス打線のストロングポイント相手でしたが、無失点で抑えました。

先頭にストレートの四球を出しましたが、吉田選手を三振、杉本、宗選手も打ち取りました。

キャリアはありますが、中継ぎとして1軍で投げ続けるのは初めてですし、登板も増えているので疲労も心配ですが、よく抑えました。


水上

今日は、スライダーを多投しました。浮き気味のスライダーもありましたが、しっかり3人で終わらせました。




【野手】


Screenshot_20220804-211413~2



試合を振り返ると、


初回はノーアウト1、2塁、2回は1アウト1、2塁と、今日も早い回からチャンスは作りますが、残塁の山を築きました。




しかし4回、

山川選手が死球で出ると、

中村選手の2ランホームランで先制です。

やっと打球が上がりました。

昨年2本のホームランを打っている、好相性を活かせました。長打を打てる選手が復調となれば、得点力も上がりますので、これをきっかけにしてもらいたいです。






しかしその後は、山崎投手やオリックス中継ぎ陣に抑えられましたが8回、代打の川越選手が四球でノーアウトのランナーを出します。

ここで打撃好調で、今日も2安打の外崎選手にバントさせましたが、これは勿体なかったです。

終盤のバントは必要な時もありますが、源田、森選手も期待の出来る打者とはいえ、当たっている外崎選手ならバントよりも打たせたかったです。







そして9回、

ライオンズファンにとっては、嬉しいホームランが出ました。

おかわり君こと、中村選手のサヨナラホームランです。

4回に2ヶ月半ぶりのホームランが出ましたが、今日2本目のおかわり弾はサヨナラホームランです。


夏場に強い選手ですが、いよいよ頼れる主砲が量産体制に入りました。


中村、栗山選手はライオンズの象徴でもある選手ですので、今季は不調が続いた中村選手の復調を感じさせるホームラン2本は、特に嬉しいホームランとなりました。





チームも良い雰囲気です。

Screenshot_20220804-210212~2

ちょっとビックリしましたが、若い長谷川選手がドサクサに紛れた訳でもなく、1人で中村選手の所に行って堂々と水をかけるのも、中村選手が水をかけられる姿勢を取るのもライオンズらしさです。









好調オリックス相手に3連勝です。



最高の結果となりました。

内容的には、今カードはライオンズ打線の残塁の多さが目立ちましたが、とりあえず勝てたので良かったです。


他球団は波に乗り切れずに、勝ったり負けたりしてますし、コロナで離脱者も多く抱えているチームもあります。よって個人的には、このホーム6連戦は6連勝を狙ってもらいたいです。









明日からはロッテ3連戦です。



コロナ禍により離脱者も多いロッテですので、チャンスはありますが、足元を掬われないようにしたいです。



そのためにも、今季の強みはディフェンス力ですので、投手、守備で最小失点に抑えられるようにしたいです。



打線も上り調子ですし、頼れる中村、栗山選手も揃いました。



良い流れで明日からも戦えるように、ロッテ戦初戦となる明日は、今井投手の力投に期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










NPB現役ドラフトが、今オフから実施の見通しとなりました。


詳細はこれからとなりますが、選手会としては現役ドラフトを実施したという実績を作りたいと言うのを優先した形で提案、実施となります。




元々は、メジャーのルール5ドラフトを参考にしたものになります。



メジャーでは40人枠以外の選手の中から、18歳以下で入団した選手は6年以上在籍、19歳以上で入団した選手は5年以上在籍している選手が対象となります。


さらに、指名した球団は元球団に金銭を払い、獲得した選手を日本でいう1軍枠となる、25人枠にシーズン全期間登録する必要があります。


もし、25人枠から外すのであれば元チームに返還するというルールもあります。


マイナーで燻っている選手や、飼い殺しを防ぐための制度です。


このルール5ドラフトから、スター選手となった選手も多く、サイヤング賞のヨハン・サンタナ選手なども、ルール5ドラフトから花開いた選手です。




ただ、メジャー40人枠が日本で言う支配下選手となるので、それ以外の選手となると、日本の場合はアメリカで言うマイナーリーグがありません。



しいてあげれば、育成選手はマイナーリーグのような扱いにはなりますが規模が小さすぎます。



よって、球団が指名する支配下選手2人を出し、誰か1人は他球団から獲得するという現行の案となりそうです。


しかし、本当に燻っている選手を球団が出すのかは疑問です。

現役ドラフトは、戦力外後の実施見込みですので、戦力外当落線の選手を残して現役ドラフトに出す球団も多くなるのではないかと思われます。


強制的に獲得する、トライアウトみたいな感じです。


条件に当てはまる選手は全てが対象選手となる、メジャーのルール5ドラフトのようには行かないような印象を受けます。



やりながら変えていき、プロ野球に合ったやり方になればと思いますが、特定の球団が損をするような方法は避けたいです。



ライオンズで言えば、戦力層も薄いので能力的に燻っている選手はいても、飼い殺しとなるような選手をフォームに置いておく余裕もないので、出せる選手となれば、戦力外当落線の選手となりそうです。




例えば阪神が、燻っている藤浪投手を出したとして、他球団は戦力外当落線の選手を出してしまったら釣り合いが取れません。



球団の男気にかけるのではなく、ある程度プロ入り年数や1軍登録日数など条件をつけないと公平さもないので、運用も難しくなりそうです




ライオンズは支配下選手も少ないですし、出せる選手がいるのかも悩ましい所です。また、ファン心理としても、ライオンズで活躍してもらいたい気持ちもあるので複雑です。



ライオンズは予算的に、支配下全てを埋める事すら難しいですが、こういう制度を導入するなら支配下枠も拡大しないと、厳しくなる球団も出てきそうです。



色々と懸念事項もありますが、現役ドラフトをやると決まったなら、少しでも戦力となる選手を獲得したい所です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日のオリックス戦は、3タテをかけた試合となります。

Screenshot_20220804-074913~2


山本、宮城投手の2枚看板に勝ったライオンズとしては、緩めることなく一気に3タテを狙いたいですし、優勝するためにもここで突き放したいです。



パ・リーグは混戦ですので、負けこめば下位にも行く状況です。さらにコロナ禍ですので、いつ戦力ダウンが起こるかも分からないです。



ライオンズもコロナ感染が止まってはいませんが、主力は健在ですので、このホーム6連戦は6連勝を狙って行きたいです。








先発は松本投手です。



最近の登板は大崩れはしてませんが、持っている能力からすればイマイチな投球です。



ストレートの球速は出ているので、それを活かすための変化球の精度を高めたいです。ストレートも、コースに決められれば簡単には打たれない力はあるので、制球面を気をつけたいです。


立ち上がりに課題がありますが、前回登板から間隔も空きましたし、初回から力強い投球を期待したいです。






対するオリックスは、山崎福也投手です。



ライオンズにとっては、あまり良いイメージがない投手ですが、今季は3戦して2つ負けを付けています。


ストレート、スライダー、チェンジアップ中心に投げて来ますので、緩急でやられないようにしたい所です。


昨年は山崎投手に対して苦手にしている選手も多く、山川選手.200、源田選手.143、愛斗選手.143、栗山選手.000です。


一方、外崎選手.333、森選手.364と上位の選手が昨年は良く打っていましたし、今季に関しては山川選手も打っていますので、今日もコア4の活躍に期待したいです。



また、昨年は中村選手が3-2で2本塁打と打っています。


今季は未だに打撃が上がらない状態ですが、昨日はスタメンで試運転しましたし、今日は昨年の良いイメージで山崎投手を攻略してもらいたいです。









オリックス戦の次カードは、コロナにより離脱者が増えているロッテ戦となります。




ロッテはファームは中止にしましたので、一気に感染者が増えると試合開催が危ぶまれますが、ライオンズとしてはやってもらいたい所です。



ロッテは大変な状況ですが、戦力的にはライオンズにとっては勝てるチャンスもありますので、尚更今日の試合は大事になります。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











ベルーナドームでのオリックス戦です。

20220803_174607


金子選手が、右ハムストリングスの軽い肉離れで抹消です。

前回痛めた部位ですので再発です。

鈴木選手が離脱したタイミングで金子選手が昇格してくれたので、穴を埋められると思いましたが残念です。癖になってしまいましたが、再発予防も含めてしっかり完治させたいです。




スタメンは、

Screenshot_20220803-174124~2

中村選手がサードでスタメンです。

久しぶりのサードスタメンです。先日モイネロ投手から2ベースを打ちましたが、復調のきっかけになっていてもらいたいです。

夏に強い選手ですし、コア4の後ろを任せられる選手として期待したいです。




【結果】

Screenshot_20220803-204357~2



調子が下降気味だった平井投手が、休み期間中に、しっかり調整してきて好投を見せました。


打線は森選手の2連発もあり、ライオンズが連勝です。



【投手】

Screenshot_20220803-204439~2

平井

6回3安打1失点とQS達成です。

右打者へは外にスライダー、内にストレートを投げ、左打者には内にスライダー、外にシュート、フォークと、外一辺倒にはならずに、インコースも使いながら抑えました。

最近下降気味だったスライダーのキレも良く、三振も5つ取っています。

今日はファームで隅田投手が先発し、5回1安打9奪三振の圧巻の投球を見せましたが、簡単には先発を譲らないとばかりに、平井投手も素晴らしい投球でした。

平井投手が先発としてこのパフォーマンスが出来るのなら、隅田投手が1軍に復帰しても、少し状態を落とした先発投手の間隔を空けながらの起用も出来るので、バリエーションも増え、チームとしても大きな戦力アップです。


本田

今日もストレートに力があり、無失点で抑えました。高めのストレートで空振りが取れているのは、変化球とのコンビネーションを使える本田投手にとっては大きいです。


水上

1番から始まる8回に水上投手を起用しました。相手の得点源の打順ですので、信頼度の高さが伺えます。

しかし、スライダーが浮き気味でランナーを2人出しましたが、最後は杉本選手へ強気にインコースにシュートを投げ込み打ち取りました。

吉田正尚選手に死球を与えてしまった直後の、杉本選手への初球でインコースにシュートを投げ込めるメンタルは流石です。また、それを要求した森選手も水上投手を熟知した良いリードでした。



平良

今日もストレート主体の投球です。ストレートで追い込みフォークで2者連続三振で締めました。

ストレートの強さがあっての変化球を、体現するような投球でした。




【野手】

Screenshot_20220803-204418~2



試合を振り返ると、


2回、山川選手の2ベースからオグレディ選手四球、愛斗選手ヒットで1アウト満塁とすると、

ジャンセン選手の押し出し四球で先制です。


際どい所でしたが、、、ジャンセン選手だけは自信を持って見逃しましたね。

ライオンズにとってはラッキーな形で先制です。


宮城投手からしたら不満の残るボール判定でしたし、一気に畳み掛けたかったですが、続く長谷川選手はボール球を打って内野フライとなり、追加点とはなりませんでした。

積極的に振りたいのかも知れませんが、この場面でボール球を打ってしまったのは反省です。落ち着いて打席に入り、しっかりボール球を見極められるように成長してもらいたいです。






3回には、

森選手のホームランで追加点です。

およそ1ヶ月ぶりのホームランです。森選手も打撃の状態を上げてきています。







1点差に迫られた直後の5回、

森選手の2打席連続となるホームランで追加点です。

今度は逆方向へのホームランです。

今後も、大事な試合で対戦する事もあるであろう宮城投手からの連発は、大きな意味のあるホームランでした。







さらに7回には、2アウト1、2塁で2打席連発の森選手に回ります。

この打席も森選手の打撃は良く、センターへのタイムリーかと思われた大きな当たりでしたが、オリックス福田選手の守備範囲の広い、敵ながら良いプレイに阻まれてしまいました。

得点にはなりませんでしたが、今後を考えれば森選手の打撃が上がり気味なのは、打線としては良い傾向です。








山本、宮城投手のオリックス2枚看板に勝っての連勝です。



良い形でホーム6連戦を進んでいます。カード勝ち越しを続けて行けば貯金は増えますが、パ・リーグは混戦ですのでそれを抜け出したい所です。


何度か書いてますが、個人的には、ライオンズはホームに強いですしチーム状態も良いので、優勝するためにも、このホーム6連戦は6連勝を狙ってもらいたいです。



山本、宮城投手という大きな壁を乗り越えたので、可能性は十分あると思います。




ただ、明日のオリックス先発は山崎福也投手です。



山本、宮城投手が強敵ならば、山崎投手は難敵といった所です。



決して打てない訳ではないのですが、ライオンズ打線が苦手なタイプですので、対策を立てて臨みたいです。




また、調子が良い時こそ気をつけなければならないのは、怪我です。



今ならコロナによる離脱も怖いですが、コロナは防ぐのは難しいので、せめて怪我は防げるように準備やケアをしっかり行い、明日に備えたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











イースタンはロッテ戦です。

20220803_154432



スタメンは、

Screenshot_20220803-124434~2

隅田投手がコロナから復帰登板です。

1軍から古賀捕手も出場し、ルーキーバッテリーとなりました。

ファームでは流石の球のキレで、変化球だけでなくストレートでも空振りを多く取っていました。コロナで離脱しましたが、現状どこまで投げられるか確認しながらとなります。

1軍ローテの中では、今日先発の平井投手に不安がありますので、コンディションを整えて1軍ローテに戻ってきてもらいたいです。




【結果】

Screenshot_20220803-154324~2


隅田投手が5回1安打9奪三振の好投を見せましたが、打線がロッテ美馬、鈴木投手の前に沈黙しました。




【投手】

Screenshot_20220803-154300~2

隅田

5回1安打9奪三振の好投です。

立ち上がりから2奪三振と、上々の復帰登板となりました。
チェンジアップ、スプリット、スライダー、カットと変化球のキレが良く、空振りを量産しました。

ストレートはMAX149キロと球速も出ていましたし、ファールを打たせて変化球で仕留める投球が出来ました。

しばらく実戦を離れていたので、もう1試合様子を見るかも知れませんが、状態は良さそうですので、今日1軍先発の平井投手次第では、来週の1軍登板の可能性も出てきました。



出井

ホームランを打たれましたが、ストレートの球速が140後半と走っていました。高めのストレートで三振も奪っています。

育成3年目となり、オフには一度契約が終わります。モチベーションを保つのが難しいと思いますが、球速はかなり伸びましたので、オフまでに覚醒出来るきっかけを掴みたいです。



羽田

140後半のストレートは威力がありましたが、今日は変化球の制球が良くなかったです。失点しましたが、変化球の精度も高めて、長所である力のあるストレートを軸とした投球を確立したいです。



公文

コロナからの復帰登板です。

スライダーの制球が乱れ四球を出しましたが、ストレートで打ち取り無失点でした。MAX147キロと球速は出ていました。



増田

2者連続三振から連打を浴びて失点しています。

球速は140前半から中盤といった所ですが、比較的ゾーン内に投げられていました。もう少し球速も欲しい所ですが、徐々に状態を上げてきているといった段階です。




【野手】

Screenshot_20220803-154346~2



1軍から参戦の古賀捕手はフル出場しました。

1軍では勝ち運に恵まれない隅田投手とのコンビもあるかも知れません。打撃でも2ベースを打ちましたし、攻守共に期待をしたい選手です。





コドラド選手は2安打です。

パワーはあるのでコンタクトを高めて行きたいです。まだ支配下を検討する段階ではありませんが、今季中に大化けするきっかけを掴み、来季はアピール出来る選手となりたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









↑このページのトップヘ