埼玉には何もない。

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2022 > 2022オープン戦/練習試合

ライオンズのライバルとなる、パ・リーグ他球団のオープン戦からの現状です。




オリックス

Screenshot_20220322-120727~3

オープン戦 8勝7敗 6位

山本、宮城投手の2枚看板が健在。

宮城投手は防御率こそ悪いですが、両者共にイニング数を超える三振を奪っています。



吉田、杉本選手はオープン戦不調。

吉田選手は打率.167、杉本選手は打率.233で、両者共にホームランはありません。ただ、吉田選手は出遅れましたし、ライオンズキラーでもあるので、不調を引きずるとは思わない方が良いです。


投手力の高いチームですので、ライオンズとしては無駄な四球からの失点がないようにしたいです。






ロッテ

Screenshot_20220322-120727~4

オープン戦 5勝9敗2分 9位

ご存知のように、佐々木朗希投手が凄い球を投げています。

この時期から160キロのストレートを投げ、さらにはフォークも鋭く落ちています。

奪三振率は驚異の15.83です。

球速が出ているだけでなく、制球も出来ているので、コンディションさえ崩さなければ、今や日本一の投手となった山本由伸投手を超える可能性もある投手です。


対策必須の投手ですが、対策を取り、分かっていても打てない投手になりうる可能性を秘めた今シーズンです。





野手では、オープン戦首位打者の高部選手が注目です。

3年目24歳の外野手ですが、オープン戦は打率.393、OPS.935と共に1位です。

ライオンズはロッテとは相性が良いです。ただ、ライオンズは、長年ソフトバンクに苦手意識を持ってましたが、選手が入れ代わり、それもなくなりました。ロッテも若手が伸びてきているので、同じようにならないように、しっかり抑えて行きたいです。






楽天

Screenshot_20220322-120727~5

オープン戦 11勝2敗3分 1位

日ハムから移籍した西川選手が打撃好調です。

規定打席には届きませんでしたが、打率364、OPS996と好成績です。昨年もライオンズ戦には強かったので、要注意です。ライオンズは楽天の左打者が苦手ですが、また1人難敵が加入してしまいました。



外国人次第では、優勝候補筆頭に。

投手は、田中、則本、岸、早川、瀧中投手とタレント揃いです。野手は、浅村選手を中心に好打者が多いですが、大砲がいません。その中で、マルモレホス、ギッテンス選手を獲得しましたので、この2人が機能すると投打ともに充実したチームへと変貌します。




ライオンズは昨年、大きく負け越していますので、ファン心理的にも楽天には勝ち越してもらいたいです。






ソフトバンク

Screenshot_20220322-120727~6

オープン戦 8勝5敗3分 4位

メジャーリーガーのガルビス選手加入。

今宮選手の不調が続いている事もあり、二遊間の補強として、現役メジャーリーガーを獲得しました。キューバ3人衆もいますので、外国人の層も厚いです。チームは過渡期を迎えていますが、その分育成も補強もお金をかけるチームですので、強敵なのは変わりありません。





投打のチグハグさを解消出来るか。

主力の高齢化が進んでいるとはいえ、千賀投手、柳田選手という投打の軸は健在です。

昨年も、勝敗に大きく影響を与える得失点差がパ・リーグ1位の+71もありながら、負け越したというチクハグさを、新任の藤本監督がどう立て直すのかがポイントです。





日ハム

Screenshot_20220322-120727~7

オープン戦 8勝6敗2分 5位


ドラ8北山投手圧巻の投球。

150キロを超える、空振りの取れるストレートに、キレの良いフォークで三振の山を築いた守護神候補です。

奪三振率は圧巻の19.5です。


ルーキーですし、シーズンに入ったらどうなるか分かりませんが、オープン戦では、バットに当てるのもやっとの、仕上がりの良い投球をしていましたので、強敵となりそうです。





やっぱり新庄ビックボスが注目。

エンターテイナーでもあるので、勝敗以上にマスコミからの注目も抜群です。ただ、野球人としても、選手をよく見ている指導者でもあるので、モチベーターとして機能すると厄介です。


戦力的には、他球団と比べると落ちるものの、対戦成績的にもライオンズとしては、油断できる相手ではありません。ビックボスは開幕3連戦は遊んで、真剣勝負は札幌3連戦からと発言されてますので、ちょうどライオンズ戦から本気出すようです。










ライオンズにも、新戦力や若手の飛躍とポジティブ要素がありますが、同様に他球団にもあります。



戦力層的には、楽天、ソフトバンクが強力ではありますが、主力が結果を残せればライオンズも負けてはいません。



昨年の最下位という、残念な結果より下がることはないので、選手、首脳陣は思い切ったプレイや采配をしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











昨日でオープン戦は終了し、金曜日からはいよいよ2022年シーズンが開幕します。





今年のオープン戦の結果です。

Screenshot_20220321-200051~2


ライオンズは7勝7敗1分の7位で終了しました。

チーム防御率 2.51(4位) 失点41(3位)

チーム打率  .233(7位) 得点43(8位タイ)

投手陣の仕上がりが良い結果となりました。

ライオンズは、勝敗に大きく影響を与える得失点差が、2年連続でマイナスとなっており、チームの低迷にも繋がっています。



オープン戦では、得点43、失点41と僅かながらプラスになりました。



試合数も違うので、他球団との比較は参考程度にはなりますが、得点は4チームが並ぶ8位タイ(ビリから2番め)に対して、失点は3位と投手陣の頑張りが見られます。



今年はキャンプから、投手陣は気合が入っていましたので、仕上がりも早かったですし、その結果が成績にも出ています。シーズンに入れば、オープン戦では、まだ状態の上がっていなかった野手も、状態は上がってくるので、同様に抑えられるかがポイントになります。



ライオンズ投手陣の課題の一つは、与四球の多さです。


四球でランナーを貯め、崩れるパターンに陥らないように、強い球をゾーン内に投げ込んで行きたいです。











オープン戦では、新戦力や今季の飛躍が期待できる選手の活躍が目立ちました。



新戦力では、隅田、佐藤投手、オグレディ選手、飛躍が期待される選手は、鈴木選手です。



隅田投手

Screenshot_20220318-192447~2

3試合15回

防御率1.80 WHIP1.27 K/BB2.60 被打率.259

四球が少なく三振が取れる、流石ドラ1の活躍です。K/BBはチーム先発陣では、松本投手に次ぐ成績です。

やや被打率が高いので、ある程度打たれるかも知れませんが、ストライクを取るのに苦労する投手ではないので、ランナーを貯めてもしっかり勝負出来ます。



多彩な変化球が武器の投手ですが、オープン戦を見てると、基本のストレートの出来が鍵です。変化球を活かすためにも、ストレートで押し込めるかがポイントになりそうです。








佐藤投手

Screenshot_20220320-170830~2

4試合11回

防御率0.82 WHIP0.64 K/BB1.67 被打率.111

急遽、開幕ローテ入りとなりましたが、期待の持てる投手です。


隅田投手と比べて、奪三振は少ないですが、球威あるストレートとスライダーのコンビネーションで、凡打を築いています。



ややストレートが荒れ気味ですので、球威は維持したまま、制球面を調整出来ればと思います。



球種の少なさを指摘される事もありますが、ストレートを軸に、左にはスライダー、右にはチェンジアップ、さらには右打者へクロスファイヤーを投げきれる制球と球威があれば、勝負出来ると思います。








オグレディ選手

Screenshot_20220315-131026~2

4試合14打席

打率.308 出塁率.357 長打率.385 OPS.742

開幕に間に合いました。

まだシーズンは始まっていませんが、ファーム、オープン戦での活躍から、当たり外国人ではないかと一気に期待が高まりました。



長打もあり、力のある打球が打てているので、そのうち打球も上がりホームランも出ると思いますが、タイプ的には中距離ヒッターですし、上位を任される事も増えそうなので、ツーベースを量産するような選手になってくれると、打線の破壊力も増します。



外野もしっかり守れているので、シーズン通して活躍してもらいたい選手です。








鈴木選手

Screenshot_20220311-151756~2

打率.333 出塁率.424 長打率.451 OPS.875

三振率9% 四球率12%

長年期待はされていましたが、ようやく今季ブレイクの兆しです。


オープン戦規定打席選手の中で、打率、出塁率はオープン戦2位、OPSは3位です。



特筆すべきは三振率の低さです。

四球も選べてますし、三振が少なく出塁出来る、理想的な1番打者の成績となっています。

ここまでは、想定以上の順調ぶりで来ています。後はシーズンで結果を出せればといった状況です。


今季こそは、1軍の壁を超えられるように、開幕から活躍してもらいたいです。









オープン戦では、新戦力や若手の活躍に目が行きますが、昨年最下位のライオンズが、上位へ進出するためには、主力の活躍が不可欠です。



投手では、先発は高橋、松本、今井投手、中継ぎは増田、平良投手。野手では、森、山川、源田、外崎選手です。



彼ら主力の活躍が土台にあり、新戦力や若手の活躍がプラス出来て、初めて優勝争いをするチームとなります。




今井、森脇投手の離脱、平良投手の出遅れと不安要素はありますが、平良投手は間もなく復帰となりますし、新外国人選手もファームで調整中と、プラス要素もあります。



今季こそは、優勝を目指して行けるチームとなってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日は、オープン戦最終戦となります。




内転筋の炎症により、今井投手が登板回避となり、ドラ2佐藤投手が先発となりました。
Screenshot_20220321-121356~2

オープン戦初先発ですし、緊張するでしょうけども、ポテンシャルは高い投手ですので、期待をしたいです。







本日のスタメンです。

Screenshot_20220321-123259~2

今日は外崎選手が2番です。

左投手の時は外崎選手が、右投手の時はオグレディ選手が2番に入ることを想定してのスタメンです。

左右で極端に成績が違うのであれば、それでも良いですが、固定はせずに、上位は調子の良い選手を配置する柔軟さを今季は期待したいです。





山川選手は今日もスタメンを外れました。

昨日は、下半身の張りで欠場しましたが、今日も無理させずにお休みです。辻監督は昨日、山川選手は故障ではないとコメントしていたので、大丈夫だとは思いますが、ここ2年、山川選手はどこかしら痛めているので、怪我には気をつけたいです。

 


【結果】

Screenshot_20220321-172151~2


オープン戦は7勝7敗1分で終了しました。


序盤は投手陣の仕上がりの良さが目立ちましたが、後半に入り野手も打てるようになりました。


今井投手、森脇投手の離脱というアクシデントはありますが、隅田、佐藤投手と新戦力の目処もたち、彼らの活躍はポイントになってきます。




【投手】

Screenshot_20220321-172311~2

佐藤

5回を1安打無失点と、急遽の先発として上出来でした。


注目の立ち上がりは、青木、村上選手から三振を奪う、上々の立ち上がりです。村上選手には、ストレートを続けましたが、力のある球が投げられました。


全体的にストレートが荒れていましたが、その分スライダーが機能しました。


ただ、荒れてはいるもののストレートの球威はあるので、制球面の調整が出来れば、期待の出来る先発投手です。

試合後辻監督から、今井投手は無理をさせないと言う事を話され、代わりに佐藤投手が開幕ローテ入りすることが明言されました。


球種の少なさから、相手チームは狙い球を絞って来るでしょうが、まだデータも少ないですし、左右高低を使い抑えてもらいたいです。




田村

ゼロには抑えたものの、内容は良くないです。ストレートが制球出来ずに、2四球と前回同様に制球に苦しみました。

キャンプから好調でしたが、ここに来て調子を落としています。僅差登板の位置にいましたが、ここ2試合の状態では、ビハインド要員になりそうです。

ただ、これで終わりではないので、再度状態を上げて、僅差で使われる投手にレベルアップしたいです。




大曲

先頭に四球を出しましたが、その後は抑えています。課題の制球面も改善したいですが、ストレートを活かすためにも、スライダーかスプリットか、使える変化球を一つ欲しいです。




佐野

佐藤投手が先発入りし、武隈投手がファームで炎上したこともあり、中継ぎ左腕不足のため、1軍で試しました。

ファームでもあまり良くなかったですが、今日も変化球が高く、先頭から3連打を浴びました。

中継ぎ左腕が欲しいのは分かりますが、今の状態なら、利き腕よりも投手の調子を見て、ブルペン入りの投手を決めたいです。





赤上

ツーアウト3塁でヤクルト山田選手相手の登板でした。ストレート2球で打ち取りましたが、こういう場面で試してもらえるのは、支配下も視野に入れての登板だと思います。

ファームでは、3者連続三振を取ったかと思えば、次の試合では四球連発したりと、安定感はまだないです。良い球を持っているので、投球フォームを安定させて行きたいです。




佐々木

オープン戦、中継ぎとなってから好調キープです。安定して速いストレートが投げられていますし、開幕1軍は確定です。

左相手での起用が増えると思いますので、スライダーの精度は高めておいてもらいたいです。







【野手】

Screenshot_20220321-172218~2



源田選手にホームランが出ました。


ベンチもびっくりのホームランです。
Screenshot_20220321-142423~2

雰囲気の良さを感じられるシーンですね。







愛斗選手の二塁打から、鈴木選手が送り、外崎選手の犠飛と、貴重な追加点を取りました。


序盤からのバントは、個人的には良い選択とは思いませんが、試合展開的に追加点の欲しい場面での小技は良いと思います。

チャンスをものにする、チームとしても良い攻撃の形でした。









試合後、辻監督からのコメントです。


外野は、鈴木、愛斗、オグレディ選手に決まりました。

オープン戦で結果を出している、鈴木、愛斗選手は順当ですが、もう一人欲しかった所に、オグレディ選手が間に合ってくれました。

オグレディ選手は、来日間もないですが、今日もヒットを打ちましたし、期待の出来る選手です。コンディションを整えて開幕を迎えたいです。






山川選手は開幕は大丈夫です。

今日も欠場しましたが、開幕は行けるとのことです。ここ2年、打撃が奮いませんが、コンディションも万全ではないシーズンでした。

今季は、万全の状態で開幕を迎えてもらいたいです。







若林選手は開幕はファーム、ただ、近い内に1軍を検討中。

ファームでは結果を出していますので、本人、トレーナーとも話し合い、良いときに1軍に呼んでもらいたいです。ただ、少しでも不安があれば無理には上げずに、ファームで調整です。

イースタン開幕してから試合に出ていませんが、寒かった事もあり、用心してとの事です。







育成の長谷川選手は、将来ライオンズを背負って立つ選手になる。

と、辻監督から大きな期待しているとのコメントです。


SNSでトラブルがありましたが、プレイヤーとしての評価は高いです。ファームでも出ていないので、何かあったのかなと疑ってしまいますが、トラブルの事実は分かりませんので、疑うわけにもいきません。


どちらにせよ、長谷川選手はライオンズの選手である以上、辻監督からの評価の言葉を大切にし、野球に専念してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日もヤクルトとのオープン戦です。






スタメンは、

Screenshot_20220320-125246~2


今日もオグレディ選手は2番です。

センター鈴木、レフトオグレディの方が収まりが良さそうですので、開幕もこのようなポジションになりそうです。オグレディ選手は本職の外野手ですし、今の所無難に守れているので、打つ方に集中していきたいです。

元同僚のダルビッシュからは、ボール球を振らない事をアドバイスされたとの事です。外のスライダーの見極めや、インハイの速いストレートへの対応と、今後弱みを見せるとしつこく攻めて来るので、試合に出ながらもスコアラー、コーチと一緒に対応策を考えられる環境にしてもらいたいです。





先発は渡邊勇太朗投手です。

初の開幕ローテ入り確定の投手です。今後は日曜日を任されますので、長い回を投げられるようになってもらいたいですが、中継ぎを注ぎ込める日曜日ということを考えれば、初回から全力で行きたいです。

キャンプからあまり良くなく、オープン戦でもイマイチでしたが、徐々に良くなっています。前回は、今までのオープン戦では一番良かったです。

四球から崩れる事の多い投手ですので、ランナーを出してからの投球も注目したいです。




【結果】

Screenshot_20220320-155341~2

最終回、森、外崎選手が塁に出て、長打が出ればサヨナラもある状況を作りましたが、平沼選手が倒れて、敗戦となりました。





【投手】

Screenshot_20220320-155428~2

渡邊

5回無失点と試合は作りました。

結果だけ見ると悪くはないですが、個人的には不安の残る内容でした。理由はストレートです。

オープン戦では、このストレートの制球が悪い時が多く、今日も制球がイマイチで、空振りも取れませんでした。


元々、空振りを取りまくる投手ではありませんし、それでも抑えたことは良い所ですが、昨年1軍デビューしたときのような、力強いストレートをゾーン内に投げ込めるようになってもらいたいです。


ローテ定着してもらいたい投手ですし、力はある投手ですので、開幕3戦目までに調整してもらいたいです。





水上

ヤクルト青木、山田と主軸相手でしたが、わずか7球で抑えました。出遅れましたが、武器である制球は健在ですし、開幕にはもう少し状態も上がりそうです。




宮川

先頭を四球で出しタイムリーを打たれる悪い流れでしたが、味方守備に助けられました。
パワーカーブで三振を取るなど、良い球も投げているので、昨年からの課題ですが、宮川投手には安定感が欲しいです。




平井

危なげなく3人で終わらせました。

使われ方を見ると、8回を任されそうです。オープン戦から状態が良いので期待をしたいです。




増田

ヤクルト村上選手に、フォークをホームランにされました。

変化球は、あまり得意ではない投手ですが、打たれたフォークも落ちきってないです。

やはり、増田投手はストレートの投手ですが、そのストレートでも空振りが取れずに、開幕に向けて不安が残る内容でした。

まだ開幕まで時間はあるので、調整を続けたいです。






【野手】

Screenshot_20220320-155402~2


中村、外崎選手が2安打です。

外崎選手は一時期の絶好調から、少し落ち着いて来てましたが、ヒット2本出たのは良かったです。







栗山選手にホームランが出ました。

昨年は、栗山選手にとって2000本安打のメモリアルイヤーでしたが、その影では長打が減り、本人も満足のいく成績ではなかったと思います。

大ベテランに頼らなくてはいけないチーム戦力もどうかと思いますが、それでも頼らなくてはならないので、長打も打てる打者として、今季も活躍してもらいたいです。







オープン戦は残り1試合です。

最後まで怪我なく、気分良く開幕を迎えられるようにしてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












本日のオープン戦は、ドラ1隅田投手オープン戦ラスト登板です。




開幕2戦目を託されます。ここまで順調に来ていますので、課題のストレートを確認しつつ、気分良く開幕を迎えられる投球を見せたいです。





スタメンは、

Screenshot_20220319-123121~2


オグレディ選手は2番、今日はセンターでスタメンです。

昨日はレフト守備を無難にこなしました。クッションボールの処理も良かったです。

今日はセンターをお試しです。外野が本職なので動きは問題ないと思いますが、レフト、ライトのカバーや声掛けなど確認をしたいです。





【結果】

Screenshot_20220319-163513~2



山川のサヨナラヒットで勝利です。


新1、2番の鈴木、オグレディ選手の活躍に、主軸である山川選手の活躍と良い流れです。


投手陣も、田村投手は打たれましたが、隅田投手は試合を作り、佐々木、平井、大曲、増田投手と無失点で抑えました。





【投手】

Screenshot_20220319-163559~2

隅田

ストレートは140後半と力が入っていました。制球も良く投げられていましたが、回を追うごとに球速が落ちていた事は、やや心配です。

今日も6球種を使いましたが、いつもより変化球の制球が悪く、3四球出しました。

ただ、それでも試合を作れる能力は素晴らしいです。長いシーズン、その日の良い球、悪い球と出てきますが、一つの球種に依存せず、どの変化球でも勝負出来るのは、隅田投手の大きな武器です。





田村

4失点と打ち込まれました。中継ぎ投手は好調な投手も多いことから、僅差を任せる投手としては印象的に悪くはなりました。ただ、昨年から好投が続いていたので、今日は悪かったですが、オープン戦で良かったと思い切り替えてもらいたいです。

今日は、制球がまとまらずボール先行の苦しい投球。やはり、四球を出すと苦しくなります。1イニング3四球は多いです。特にカーブ、チェンジアップと決めきれませんでした。

球速は140後半まで上がってきましたので、しっかり反省し、次は巻き返したいてす。




佐々木

ストレートがかなり良かったです。球速も、常時140後半とキレのあるストレートを投げていました。

昨年の制球難のイメージが強いので、いつか崩れるのではないかと不安もありましたが、オープン戦で中継ぎとなってからは、ずっと好投が続いています。

公文投手が投げていないので、ファームの武隈投手の状態次第ですが、開幕の左腕中継ぎは佐藤、佐々木投手が有力です。




平井

オープン戦好調です。今日もスライダーで空振りも取り、右打者は問題なく抑えられています。

やはり課題は左打者となります。調子が良いときは、インスラやバックドアのスライダーで抑えることもありますが、不安はありますので、相手の打順との兼ね合いも考慮し、左の佐々木、佐藤投手とも合わせて柔軟に起用したいです。




大曲

ストレートは150キロ出ましたが、今日も変化球の精度が低かったです。

スプリットで三振も取りましたが、低めに決まる確率が今の所低いので、力のあるストレートを活かすためにも、変化球の精度を高めたいです。




増田

守護神として9回に登板です。

スローペース調整でしたが、開幕前に状態を上げてきています。ヤクルト村上選手から、高めのストレートで三振も取りました。

球速はもう少し上げてくるとは思いますが、ストレートゴリ押しで勝負出来るのが増田投手の良さです。

今季は、変化球よりもストレートで押す、増田投手らしい投球を見せてもらいたいです。







【野手】

Screenshot_20220319-163535~2



オグレディ選手は、オープン戦2試合目で猛打賞と、早速結果を出しました。

まだシーズンに入っていませんが、期待が膨らむ打撃を見せています。開幕スタメンは確定でしょう。


昨年まで在籍したスパンジーも苦しみましたが、インハイや外のスライダーは、今後しつこく投げてくると思うので、対応したいです。


四球も選べるようになれば、長打も出塁も出来る攻撃的な2番として、定着出来るかもしれません。










オープン戦好調の鈴木選手は好調キープです。

良い状態でシーズンに入れそうです。このまま、鈴木選手の師匠でもある秋山選手のように、覚醒となってもらいたいです。


守備では、やや球際の弱さを見せてしまいましたが、まずは打撃です。とにかく打撃で結果を出し、守備でも安定したパフォーマンスを出せれば、確固たるレギュラーになれる選手です。


今季は期待の持てるシーズンになりそうです。








鈴木選手、オグレディ選手と活躍していますが、やはりライオンズ打線の中心は森、山川選手です。


山川選手は、オープン戦結果を出せていませんが、悩むとプレイに大きく影響する選手ですので、数字よりも自分の感覚的なものを大事にして、悩まず、迷わず打席に入れる状態で開幕を迎えてもらいたいです。



今日は3安打にサヨナラヒットも出ましたので、気分良く明日以降を迎えてもらいたいです。






にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












↑このページのトップヘ