埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

ライオンズは本日も楽天戦です。

20230405_130028



スタメンは、

Screenshot_20230405-122241~2


佐藤龍世選手がライオンズ復帰後初スタメンです。

第3捕手も兼ねているため途中交代のしづらさはありますが、オープン戦では打撃も悪くなかったので、その心配が必要ないくらい打つ方で結果を出したいです。

また、マキノン選手を5番で起用です。

中村、栗山選手をスタメンから外すとなると、山川選手の後ろを任せられるのは現状ではマキノン選手しかいません。

もう1人長打が打てる選手が欲しい所です。





【結果】

Screenshot_20230405-161636~2



貧打戦となった今日の試合でしたが、9回に追いつけるチャンスがありながらも、ライオンズは逃し敗戦となりました。



【投手】

Screenshot_20230405-161146~2


隅田

6回1失点でしたが制球に苦しむ投球でした。

Screenshot_20230405-162343~2

初回からノーアウト満塁のピンチを背負いますが、チェンジアップ、スプリットを多投して何とか1失点で切り抜けました。

その後もチェンジアップ、スプリットで抑えて行きました。危ない場面もありましたが、ランナーを出しても踏ん張り試合は作れました。楽天打線が本調子ではないという事にも救われました。

ただ、課題のストレートは140中盤から後半でしたが空振りが取れず、イニングを重ねるたびに球速も下がりました。

またストレート以外でもカウント球となる変化球もあればもっと楽に投球が出来ると思います。

チェンジアップ、スプリットと落ちる球を決め球にしたいので、ストレートで空振りが取れない分、スライダーやカーブでもカウントを取りたいです。



森脇

フォークを打たせて無失点で切り抜けました。ストレートの最速が148キロでしたので、状態も上がってきていると思います。



平井

1アウト満塁まで行きましたが、自身の良い守備もあり無失点で切り抜けています。

ストレートの状態は良さそうですが、生命線のスライダーで空振りを取りたいです。






【野手】

Screenshot_20230405-161653~2



投手選手というよりも、両チーム貧打戦といった試合展開でした。

楽天は状態が上がれば打てる選手も多いですが、ライオンズは戦力的に天井が見えているのが辛いところです。





今日の試合は9回にノーアウト1、2塁のチャンスを作り、鈴木選手が送り1アウト2、3塁にします。


ただ、ここで佐藤選手に代打を出さずにそのまま行かせて三振となりました。


次の古賀選手の所で代打を出すために、第3捕手扱いの佐藤選手を代えづらかったですかね。


代打には栗山、中村選手も控えていましたし、犠牲フライでも同点になる場面でしたので、ここは延長を考えずに勝負して良い場面でした。


消極的な采配でした。


結局、2アウトになってから古賀選手の所で中村選手が代打で行き、大きな当たりのセンターフライで試合終了です。


佐藤選手の所で中村選手が代打で行ってれば、犠牲フライには十分過ぎる当たりでした。



個人的には、捕手が柘植選手しか居なくなったとしても、佐藤、古賀選手の所で中村、栗山選手を続けて代打で出すべきだったと思います。


もし、万が一の捕手が心配だったのであれば、比較的ボールが見えている鈴木選手にはバントではなく打たせるべきでした。


今の状態なら、打撃の期待値的には佐藤選手よりも鈴木選手です。


結果は変わらないかも知れませんが、勝ちにこだわる采配を見たかったです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










ライオンズの本日の先発は、予想された松本投手ではなく隅田投手となりました。

Screenshot_20230404-200805~2


オープン戦の松本投手は、イマイチ状態が上がりきってはいませんでしたがその影響なのか、それとも今後のローテの都合なのかです。


前者なら再来週から平日は2連戦が続くため、隅田、松本投手を交互に投げさせると思います。
後者なら無理のない先発の運用が出来そうです。




Screenshot_20230404-195707~2


今週は週末が2連戦のため、土曜はエンス投手ではなく髙橋投手、日曜は平良投手が予想されます。


そうなると、翌週のカード頭の金曜は髙橋投手を中5日で先発させるのか、それともエンス投手をカード頭に入れるのかでしたが、松本投手を持ってくる事も出来ます。



来週からは、今井、隅田、エンス投手の平日ローテ、週末は松本、髙橋、平良投手のローテに変える選択肢も出てきます。



個人的には、この時期から髙橋投手を中5日で投げさせるメリットよりもデメリットの方が大きいと思いますので、出来れば翌週からもそのまま土曜に投げさせたいです。



前回は打たれましたがオープン戦からエンス投手の状態は良かったので、来週から週末カードの頭をエンス投手に任せるのか、それとも柱の投手でもある松本投手にするのか、投手采配を握る豊田コーチが、どういうローテに決めたのかは注目です。



オープン戦であまり良くなかった松本投手の出来が気がかりですので、平日カードが2連戦になるのは再来週からですし、来週のエンス投手、明日と来週の松本投手のパフォーマンス次第でも良いと個人的には思います。







そして、



今日は飛躍が期待される隅田投手が先発です。

Screenshot_20230329-142629~2


オフには上半身主導の投球フォームに変え、オープン戦では昨年よりもストレート主体の投球が出来るようになりました。


ただ、チェンジアップが浮くことが多く不安もありましたが、直近のファーム登板ではそのチェンジアップも低めに決め空振りが取れるようになってきたので、今日もストレートで押していきチェンジアップで空振りを取る投球を見せてもらいたいです。




個人的には今季は、先発転向した平良投手と高いポテンシャルを持ちながら結果を出せない隅田投手の飛躍に期待していました。


平良投手はオープン戦から高いパフォーマンスを見せ、先日の開幕3戦目でも素晴らしい投球を見せました。

絶対的なエースになれる可能性も見せています。




隅田投手の場合は、指標的には悪くないですが勝てない投手というレッテルを貼られてしまいましたが、今季はランナーを出しても慌てず、ここぞの場面でギアを入れられる頭を使った投球を見せてもらいたいです。



オープン戦ではあまり状態が良い投球を見せられなかったので、その後の調整でどこまで調子を上げられたか注目です。



同期の佐藤投手はストレートゴリ押しのパワーピッチタイプですが、今の所の隅田投手は力よりも技の投手です。


変化球を活かすためにもストレートの力は必要ではありますが、かと言ってストレートゴリ押しの脳筋の投球では駄目です。



髙橋、平良、今井投手とアベレージで150キロオーバーと、メジャーリーガーのようなストレートを今季は投げていますが、将来的にはそこを目指すとしても今の隅田投手は力よりも技です。



元々制球も良い投手ですので、速くなったストレートを制球良く投げ、スプリット、チェンジアップで仕留めたいです。



他にもカーブ、スライダーなど変化球も多彩です。これらをストレートと合わせてカウント球として機能させる事が出来れば、相手からしたら狙い球を絞るのも難しくなりますし、良い結果を出せると思います。



課題であるストレートでどこまで空振りを奪えるか、カウント球の変化球が機能するかがポイントになると思います。





将来の投手陣の柱になってもらいたい隅田投手の2年目が始まります。


昨年はあまりに勝てなく、精神的にも苦しく投球も窮屈になっていましたので、まずは今季初登板で1つ勝ちを付けたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











本日から楽天3連戦です。

20230404_134004




20230404_154601




スタメンは、

Screenshot_20230404-152321~2


打線を変えてきました。

個人的には、調整不足のペイトン選手を1番から外したのは良いですが、抹消しないならまだ始まったばかりですし、下位に置いて起用しながら状態を高めていくでも良かったと思います。

また、捕手は先日の試合で良かった古賀選手でも良かったと思いますが、首脳陣的には柘植>古賀選手といった様子が伺えます。




【結果】

Screenshot_20230404-191221~2


両チームヒットが出ずにゼロが続きましたが、ワンチャンスを活かしたライオンズが勝利しました。

こういう貧打戦でも、勝ちを拾えたのは良かったです。





【投手】

Screenshot_20230404-191302~2

今井

今季初先発はHQSと素晴らしい投球でした。

オープン戦では四球が少なく三振が多い、らしくない良さを見せていましたが、今季初登板はいつも通り三振=四球の投球でした。

ただ、昨年はここぞの場面で失点することも多かったですが、今日は無失点で切り抜ける投球を見せています。


序盤はスライダーで空振りが取れず、カーブを上手く使い打たせて取る投球でしたが、4回からは得意のスライダーで空振りを量産です。

6回で111球投げていましたが7回も続投しました。その7回も150キロ超え連発とパフォーマンスを落とすことなく投げ切りました。

球速を落とすことないスタミナも兼ね備えていますし、怪我さえなければ今季は大きな期待が出来そうな投球でした。



ティノコ

セットアッパー起用です。

守護神を青山投手で行くなら、現状ではティノコ投手と佐藤投手で勝ちパを形成することになりそうです。

苦手な左打者に四球でランナーを出しますが、高速ツーシームで狙い通り併殺を取り切り抜けました。



増田

4点差となったことで、新守護神ではなく元守護神のリハビリ登板です。

4点差とはいえ、リードしている9回という程よい緊張感もある場面ですので、調整登板としては良い場面でした。

ただ、ストレートで空振りは取れたとは言え、球速はまだ140中盤と物足りなく僅差を任せるには怖いです。

外に集めて何とか打ち取りましたが、今の球威だと被弾もあり得るので、制球された150キロのストレートを復活させたいです。

伸びしろはありますが、現状だと新守護神青山投手に不安もあるため、増田投手の復活に期待したいです。







【野手】

Screenshot_20230404-191243~2



試合を振り返ると、



楽天先発則本投手から、5回までに6奪三振と打てないだけでなく振り回してしまっていましたが、5回。


鈴木選手が四球で出塁すると柘植選手が送り、

ルーキー児玉選手の先制でタイムリーです。


高めに浮いたスライダーを捕らえ、プロ初ヒットがタイムリーとなりました。

源田選手復帰後を考えても、児玉選手は守備が良いので打てれば他のポジションでも使えるため、課題の打撃で結果が出たのは良かったです。




さらに、

好調愛斗選手のタイムリーで追加点です。


開幕から振れています。キャリア的にも確固たるレギュラーになるべき選手ですので、出来るだけ好調時を伸ばし不調時を短くしたいです。








9回は、山川、中村、鈴木選手が3連続四球でノーアウト満塁のチャンスを貰うと、

柘植選手の2点タイムリーで貴重な追加点です。


投手ゴロ併殺だと思いましたが、相手の拙守と運が味方しました。

守護神はルーキーですので2点差で9回だと不安もあるため、どんな形でも追加点が取れて良かったです。




ただ、連続四球で制球に苦しむ楽天小孫投手に対して鈴木選手にバントさせようとしたり、柘植選手のタイムリーで4点差となり尚もノーアウト1、2塁とチャンスが続きましたが、また児玉選手にバントさせようとしたりと、首脳陣のバント思考は今後に不安が高まります。


この状況でバントさせるメリットとデメリットをしっかり検証し、采配をしてもらいたいです。







攻撃面と中継ぎに不安はありますが、先発投手の出来の良さで勝ちました。

Screenshot_20230404-195102~2



現状のライオンズの長所は先発投手ですので、その好投に勝ちが付いて良かったです。


まだ打線も中継ぎも形が見えてきませんが、シーズンは始まっていますので、こうやって勝ちを拾いながらも最適な形を作って行かなくてはなりません。


願わくば、先発陣が好調な内にチームとしての形を作りたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします













ライオンズ3軍は、ハナマウイとの練習試合です。

Screenshot_20230404-131601~2




スタメンは、

Screenshot_20230404-130844~2


若林選手が復帰です。また、ブランドン選手も守備に付きます。

他にも、赤上、伊藤翔投手もベンチ入りしています。





【結果】

西武2-2ハナマウイ



リードされた展開で9回を迎えますが、モンテル選手のタイムリーで何とか追いつき引き分けにしました。





【投手】



菅井 5回4安打1四球6三振1失点

前回は大炎上でしたが、今日はアマチュア相手ということもありますが5回1失点でした。

5回に3者連続三振を奪うなどイニングも投げられ、空振りも取れたのは良かった所です。





三浦 1回1四球2三振無失点

Screenshot_20230404-145650~2

1イニング2奪三振と好投です。

育成ルーキーながら早い段階から実戦登板出来ています。四球が少なく空振りの取れる投球を目指したいです。





粟津 1回2安打1失点

キャリア的にも今季は後がないシーズンですので、今日は失点しましたが安定した投球でファームの中継ぎエースを目指したいです。





伊藤翔 1回1安打1三振無失点

Screenshot_20230404-151757~2

有観客試合は、トミージョンからの復帰後初となります。

手術前は安定感こそ欠けますが、150キロのストレートを投げる時もありましたし、変化球の変化量も大きくキレも良かったので、まずはその状態に戻したいです。





赤上 1回2四球2三振無失点

右肘手術からの実戦復帰です。

2四球出しましたが三振も取れましたし、復帰登板としては良かったと思います。

少しずつイニングを増やして行き、ファームの先発ローテにまずは戻りたいです。







【野手】

1若林 三ゴロ、空三振、三ゴロ
 岸 見三振

2川野 中飛、二ゴロ、二ゴロ、四球

3仲三河 中飛、空三振、空三振、見三振

4ブランドン 中安、中2、空三振
 ジョセフ 右安→盗塁

5コドラド 空三振、四球、遊ゴロ、二飛

6野村 見三振、右2+1、二ゴロ、投ゴロ

7モンテル 右安→盗塁、空三振、見三振、左安+1

8古川 見三振、見三振、中安

9野田 左飛、空三振、二ゴロ





若林選手が復帰です。

Screenshot_20230404-135649~2

守備ではバックホームも出来ていましたし、脇腹は大丈夫そうです。

これから強度を上げて行くことになると思いますが、怪我が多い選手になりつつあるため慎重にコンディションを高めたいです。





ブランドン選手がサード守備につきました。

ファームでは指名打者での出場が続いていましたが、今日は5回まで守備につきました。

ファーム野手の中では最も1軍戦力化の期待がある選手ですので、今季は怪我で離脱せずに行きたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










4月は今週末が2連戦と変則的な日程となります。



Screenshot_20230403-084731~2


翌週から週末は3連戦が続くため、髙橋、エンス、平良投手の週末ローテをどうするかです。

20230403_161615-COLLAGE



エンス投手が打ち込まれましたし1回飛ばして、今週末のソフトバンク2連戦は土曜に髙橋、日曜に平良投手になると思います。



ただそうなると、翌週からの週末3連戦は金曜のカード頭を中5日で髙橋投手に戻すのか、それとも1回飛ばしたエンス投手にするのか、それともファームで調整中の與座投手を入れるのか、選択肢が複数ありますので豊田コーチがどう判断するかは注目です。




個人的には、髙橋投手をこの時期から中5日で金曜に戻すメリットよりもデメリットの方があると思いますので、金曜はカード頭となりますがエンス投手や與座投手で対処したいです。



もし豊田コーチの中で、この時期から中5日になるとしてもカード頭は髙橋光成という考えがあるなら、ローテを1回飛ばすエンス投手を投げ抹消させませんでしたので、髙橋投手の球数を抑えるためにも週末のソフトバンク戦では髙橋+エンスで試合を作る起用も考えられます。



髙橋投手の調子が良いためあまりリズムを崩すような無理はさせたくないですが、どういう選択をしたかです。もう決めていると思いますが、現場で話し合い最善の方法でローテーションを組みたいです。








また、平日ローテは3連戦が2週続いた後、2週2連戦となります。

20230403_161548-COLLAGE


今井、松本、隅田投手が平日ローテを担いますが、順番的には隅田投手が外れる事になります。


ただ、5月は6連戦が続きますので隅田投手はそれまでにしっかり準備したいです。







開幕先発ローテからは與座投手が外れましたが、ファームで調整をしています。


Screenshot_20230403-161649~2


オープン戦と比べれば状態も良くなってきていますので、万が一打ち込まれる先発が出るようならローテを交代することになります。


今年は期待値の高い先発陣となっていますが、與座投手が控えている事で打ち込まれれば代えられるという競争意識が継続出来るのは良いことです。


 




今年もディフェンシブな戦いで勝ち上がらなくてはならないため、特に試合を作る先発の出来は重要です。



その中でも、先発の駒がいるからこそ大事になってくるのは起用法です。

Screenshot_20230403-162241~2



松井監督、平石ヘッドと首脳陣の中心は野手出身ですし、投手起用に関しては豊田コーチの手腕にかかっています。



先発投手たちは高いレベルで切磋琢磨出来るように、また首脳陣も先発の駒がいるからこそシーズンを通して考え、誰をどこで起用するかという適切な采配をしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします











↑このページのトップヘ