埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

ライオンズの2023年スローガンは、『走魂』となりました。








オールドファンからすれば、言葉だけ聞けば近鉄の鈴木啓示氏の『草魂』を思い出しました。。。。





松井監督の発言から、今季は東尾政権時の野球に近いものを目指す事が予測されますので、当時の「Hit! Foot! Get!」に2023を付けたもので良いと思いましたが、流石に同じとはなりませんでした。




ただ、『走魂』ですので当時の「Hit! Foot! Get!」の流れを汲むものになります。





個人的には、盗塁は積極的でなくても良いので、とにかくしつこく粘って出塁したり、球際に強い守備だったり、常に全力疾走だったりと、躍動するという意味で『走魂』であってもらいたいです。







東尾政権時は、若い選手が躍動し「Hit! Foot! Get!」のスローガンがピッタリなチームでした。



あれから何年も経っていますが、未だにこのスローガンが頭に残っているくらい印象に残っています。



チームスローガンにプレイを寄せる必要はありませんが、監督の想いを言葉にしたのがスローガンです。



松井監督は走ることを掲げましたので、選手も全力プレイで応えたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












外野、サードとここ数年の課題も改善されていないライオンズですが、今季はそれよりも不安なのは森友哉が抜けた捕手です。

Screenshot_20230128-163344~2




森友哉が抜けた後、ライオンズで最も力のある捕手である岡田選手が出遅れた事で、春季キャンプのA班は、古賀、柘植、中熊捕手となりました。




岡田選手が万全なら、少なくともディフェンス面での森友哉流出の影響は抑えられますが、手術した膝の状態が悪く痛みもあるため、今後の野球人生自体がどうなるか分からない現状です。






そのため、古賀、柘植体制で今季は臨む事になります。





キャリアで言えば柘植捕手ですが、3番手捕手としての立場が長かったですし、シーズン通してとなると未知数です。





同じ未知数なら、個人的には大卒2年目の古賀捕手の伸びしろに賭けたいです。






昨年のルーキーイヤーでは、肩は良いが動作や判断、送球精度の面で2塁送球に課題を残しましたが、打撃ではルーキーとは思えぬアプローチの良い打撃を見せていました。




ファームで英才教育をしていましたが、思ったよりも早く戦力化が出来、おそらくシーズン中に森友哉の残留困難との球団判断から、シーズン後半は2番手捕手として1軍キャリアを積ませました。




打撃も守備も、期待の出来る内容でしたので正捕手最有力の選手だと思っています。





ただ、本来は昨年じっくり育成したかった所でしたが、森友哉の残留困難な状況により、流石に突貫工事のような1軍キャリアの積ませ方をしましたので、本音はもう少し時間が欲しかったです。




今季は育てながらの起用となりますので、ファンも首脳陣も捕手に関しては我慢のシーズンです。






捕手は固定されずに、古賀、柘植捕手の併用起用で乗り切る事になることが予測されますが、松井監督も言うように誰か1人が森友哉の穴を埋めるのではなく、捕手陣が束になって戦う事が必要です。




森友哉の時は正直第3捕手はいりませんでしたが、古賀、柘植体制となるなら終盤に代打もありますし、捕手も全員が試合に出るつもりで臨まなくてはなりません。





それこそ捕手は、束になって戦う事が求められますが、その束の質と人数が心配です。







支配下捕手は、古賀、柘植選手に加えて怪我の岡田選手、1軍キャリアの殆どない中熊、斎藤選手、そしてルーキーの野田捕手です。





今まで絶対的な正捕手がいたため控え捕手のキャリア不足は仕方ないですが、それにしても捕手の層が薄すぎます。




古賀、柘植選手が万が一怪我でもしたら終わってしまいます。




岡田選手が開幕から使える状態なら、チームとしてディフェンス面での不安は少なかったですが、現状だとオリックスからFAした伏見捕手を取りに行かなかった事が悔やまれる陣容です。




補強するにしても、捕手は外国人で担うのは難しいですし、現実的には育成からの昇格となりますが、その育成捕手は古市選手、ルーキーの是澤選手、トミージョン手術後の牧野選手のため、昇格出来るのは古市選手のみです。





古賀、柘植体制でどこまで行けるのかも心配ですが、それ以上に2人は初のレギュラー捕手としてのシーズンですので、体力面の問題も出てきますし、怪我やコンディション不良でも起こしたらチーム崩壊も招きかねません。



もし古賀、柘植捕手に万が一があれば、痛み止めを打ってでも岡田選手に出てもらい頼りつつ、ルーキーの野田選手にも捕手として戦力となってもらうしかありません。



キャンプではレベルアップも必須ですが、そういう未来にならないように、まずは怪我せずに開幕を迎えるために準備は入念に行ってもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












ロッテがFAとなっていた澤村投手を獲得しました。







澤村投手は古巣に復帰となります。



Screenshot_20230128-145400~2



ライオンズファンとしては、これを聞かせたい選手がたくさんいますね。。。







全盛期は過ぎたとはいえ、大きな怪我もなく登板数も稼げるタフネスぶりは健在です。環境的には、巨人で燻っていた時に、トレードを機に復活を果たしたロッテですしやりやすいと思います。




ロッテとしては流出した守護神オスナ投手の代わりにはなりませんが、使える投手を獲得したためブルペン補強が出来ました。




これで、有原、筒香、澤村選手と所属先の決まっていなかった日本人メジャーリーガーも今季の所属が決まりました。






ライオンズとしては、この3人には縁がなかったです。




今季のパ・リーグは、各球団しっかり補強をしています。




ソフトバンクは近藤、オスナ、ガンケル、有原選手と大型補強。オリックスは森友哉選手、日ハムは伏見選手、ロッテは澤村選手、楽天は今季の補強はないものの、昨年まで積極的にFA乱獲してましたので、それらで獲得した主力の引き止めに成功し戦力維持が出来ています。



戦力的には劣ると予想されている日ハム、ロッテでさえも、主力が引き抜かれた分補強をしました。





しかし、ライオンズは補強がなく、昨年よりも戦力ダウンで開幕を迎えます。




マキノン、ペイント、ティノコ選手を獲得しましたが、これは昨年までのオグレディ、ジャンセン、スミス選手の代わりであって純粋な補強とは言えません。どの球団でもやってる事です。



他にはルーキーに加えて、現役ドラフトとトレード、人的補償で選手を獲得しましたが、これも補強と呼べるものではありません。



近藤健介選手を獲得出来たら、これは補強でしたが叶いませんでしたし、せめて手薄となった捕手補強のために伏見選手を取りたかったです。



今季は球団が熱望した松井監督に代わり、ご祝儀補強を匂わせながらも、何もなくここまで来ました。





何もしないのはいつもの事ですが。。。





ただ、他球団の主力である近藤健介選手獲得に向かったという球団の姿勢は非常に良かったので、今までと比べれば1歩前進と言った所です。




後は球団としても姿勢だけでなく成果も見せたいので、シーズン途中でも筒香選手を獲得してくるような事があれば手のひら返しますので、是非とも補強の手は緩めないでもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします












契約延長の報道がなかった育成のヘレラ、コドラド選手も無事ライオンズの選手としてキャンプメンバーに入りました。




20230128_081531




両者共に育成外国人と言う事で、一か八かのワンチャン枠ではありますが、今季は2年目となりますのでライオンズに必要な戦力かどうか見極めが必要なシーズンとなります。




個人的には外国人には即戦力を求めているので、育成外国人となると宝くじ感覚でしたので、大きな期待はしてませんでしたが、両者共に昨年ファームで存在感を出しました。








ヘレラ投手は、昨年はファームのエース格の活躍でした。

Screenshot_20230128-093108~2



球速は140そこそこと物足りませんが、制球は悪くなくイニングも投げられます。何と言っても、高い空振り率を誇るスライダーが大きな武器となっています。




ほぼストレートとスライダーの2ピッチではありますが、それでも抑えられるスライダーのキレは十分日本でも武器になります。



エンス、ティノコ、ボー投手と支配下外国人は3人居ますが、ボー投手は育成込みの外国人ですし、もし今季も昨年同様に敗戦処理ならば他の日本人投手でも代役は可能です。



エンス投手も休ませる期間を作ったりすることを考えれば、ヘレラ投手も支配下に加えて入れ替えをしながら外国人枠を使って行く事も出来ます。



今季もイースタンで昨年のような高いパフォーマンスを出せれば、早期の支配下入りチャンスもありますので、キャンプからアピールをしたいです。



先発としては球速、球種に物足りなさはあるため、すぐに使うのであれば中継ぎやロングリリーフでの起用も考えられるため、テストとしてファームでも中継ぎを試して見ても良いと思います。










コドラド選手は、打球速度や飛距離に関してはファームトップクラスです。

Screenshot_20230128-094218~2



メヒアっぽいフォロースルーですし、飛距離を見てもメヒアの再来かと期待をしますが、問題はコンタクトの低さです。



当たれば飛ぶが空振り率が高く、なかなか当たりません。昨年は三振率32.1%とかなり高いです。




当てに行けば飛距離は抑えられてしまいますし、長距離砲としての長所を残したままコンタクトを上げたいです。コーチ、スコアラーも分析し打撃フォームやポイントなど改造して化けるきっかけを作りたいです。



ヘレラと比べると、支配下への距離は離れた所にいるのが現状ですが、元々化けること前提での育成契約です。



少しでも日本人投手に慣れさせるため、昨年はイースタンで196打席に立ちました。今季も同程度は打席に入ると思いますので、その結果を見て今後を判断する事になります。




ライオンズには長距離砲が山川選手しかいないため、チーム事情的にはコドラド選手に大化けしてもらいメヒア、カブレラになってくれたと願いますが、、、



そう簡単には行かないことは承知ですが、まともに補強が出来ないチームですので、育成選手でも戦力化してチーム力を底上げしなくてはなりません。




ヘレラ、コドラド選手は外国人ですし、2年目となる今季は勝負の年ですので、結果を残し支配下入りを掴みたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします
















ライオンズは昨日、春季キャンプの振り分けを行いました。






ライオンズは今まで上手く次世代の野手を育成してきましたが、流出ペースが早く育成も追いついて居ない現状では、野手の補強、育成は最優先課題です。




とはいえ、ソフトバンクのように大型補強も出来ない経営状態ですし、既存戦力の底上げが必須です。




森友哉の移籍に加えて、今オフにも山川選手の流出も濃厚なチーム状態ですので、すぐにでも次世代の野手の柱を作らなくてはなりません。







期待がかかるのは、それを見越して獲得したはずの2020年野手偏重ドラフトの選手達です。






Screenshot_20230127-182422~2




今季が3年目となりますので、特に大卒の渡部、ブランドン、若林選手は戦力化したいです。




スカウティングと育成で戦うチームにとって、ドラフトの失敗は致命的です。





2020年は野手偏重ドラフトでしたので、この世代から野手の戦力を作らなければなりません。




球団もそろそろ2020年ドラフト組を戦力化したい思惑もあり、大卒の渡部、若林選手、それと高卒の山村選手はA班に抜擢されました。










最も戦力化しなくてはならないドラ1渡部選手は、個人的にはまだ厳しいと踏んでいます。

Screenshot_20230127-190234~2



中村、山川と続くライオンズの長距離砲の系譜を継がせたい選手ですが、伸び悩んでいます。



1軍クラスの投手相手だと差し込まれるため、昨年オフから打撃フォームを変えましたが上手く行かずに、昨年はイースタンでも全く打てなくなりました。


今オフは原点回帰で打撃フォームを戻す決断をしましたが、1軍どうこうの前にまずは打撃フォームを固める事です。


本人も置かれている立場は理解しているでしょうから、球団から諦められる前に結果を出したいです。










若林選手は大怪我から復帰した昨年は、結果的にまだリハビリの延長線でした。

Screenshot_20230124-182526~2


秋山翔吾の後釜として一時的に大活躍したルーキーイヤーのイメージが強かったため、昨年の結果は肩透かし感もあったと思います。



ただ、ルーキーイヤーは上手く行き過ぎた面もありましたし、まずは粗さのあるアプローチ面を改善し、出塁率を高められる打撃スタイルにしたいです。



個人的には、若林選手の思い切りの良い打撃は、甘い球を逃さない好球必打というよりも、単純に振り過ぎて空振り率を高めているだけの思い切りの良さに感じます。


スイング率を控えめにし、しっかりボールを見極められるようにモデルチェンジしたいです。


また守備も打球判断が良くないため、堅実さを身に着けてもらいたいです。










新人合同自主トレでは、1人天才がいたと言われた高卒3年目となる山村選手もA班抜擢です。

Screenshot_20230127-190454~2


ライオンズでは成功者も多いドラ3野手として注目を集めました。ルーキーイヤーでは圧倒的にエラーが多くショート守備力の低さの方が目立ちましたが、時折見せる長打力はポテンシャルの高さを感じさせました。



昨年も守備力の低さは同様でしたが、打撃面でコンタクト重視にしたことで、粗さのあった打撃が率を残せる打撃に変わりました。



単打が多いため、ファーム相手ならもう少し長打も出せるパワーは欲しい所ですが、このA班抜擢をきっかけにして今季はファームで圧倒的な成績を出したいです。



守備力的に二遊間は現状は厳しいですが、それでも打力を磨いて使い所のある選手へと成長したいです。



イメージ的には、打撃の天才とも呼ばれた石井義人選手のような選手になってもらいたいです。









他にも、怪我さえなければファームで頭一つ抜けた打撃を見せるブランドン選手。











昨年パワーアップに成功した、伸び盛りの仲三河選手。






今季は特に、2020年ドラフト組の野手が個人的には気になります。




前述したように、スカウティングと育成で勝負するライオンズにとってはドラフトの失敗は致命的です。



ライオンズはここ数年、投手王国を作りたいと投手ばかり獲得してきましたので、ある程度投手の駒は揃った反面、野手が手薄になってしまいました。




 
頼みの外国人に、カブレラ、メヒア選手クラスの大当たりが出てくれば打線の中心が作れますが、こればっかりは未知数過ぎます。




好みもありますが、個人的には昨年の日ハムのように、今季は育成の年だからと開幕前から優勝を諦めるような事は論外なため、2020年ドラフト組の野手が戦力化出来ないと厳しいです。





ドラフトの失敗は暗黒期を迎えかねません。




山川選手が万が一移籍となると、そういう未来も近づいてしまうため、何としても野手の主力を作りたいです。



今季のドラフト戦略にも関わりますし、2020年ドラフト組の中から少なくとも1人でも、主力となれる見込みを今季つけたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします














↑このページのトップヘ