埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

イースタンは上尾でロッテ戦です。

20230129_174702




スタメンは、

Screenshot_20230801-163215~2


特例抹消の中村選手が復帰です。





【結果】

Screenshot_20230801-195552~2





【投手】

Screenshot_20230801-195637~2

浜屋

8回途中10安打打たれながらも、1失点と試合を作りました。

ヒットはたくさん打たれましたが、それでもしっかりゾーン内に投げられましたし、四球を出すよりもマシです。

2四球7奪三振と変化球だけでなく、ストレートでも空振りを取れたのは良かった所です。


井上

立ち上がりから連続四球、さらに押し出しの四球と、制球に大きな課題を残す投球でした。


齊藤大

スライダーで三振を取れたのは良かったです。補強期間も終了し、モチベーションを保つのは難しいですが、来季の契約を勝ち取るためにもアピールを続けたいです。







【野手】

Screenshot_20230801-195619~2




復帰の中村選手は2安打1打点です。

フル出場しましたし、コンディションに問題なければ早期に1軍復帰させそうです。




渡部選手も2安打です。

ファースト守備につきフル出場しました。先日途中交代があってから慎重に調整してきましたが、怪我の具合が問題なければ、次カードからの復帰も見えてきました。




若林選手がホームランを含む2安打です。

ここに来て長打が出るようになって来ました。アプローチの粗さは変わりませんが、良い時は固め打ちする選手ですので、こちらも昇格候補になりそうです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ライオンズ3軍は、東京国際大学との練習試合です。

20230129_174702



【結果】

Screenshot_20230801-184804~2





【投手】

Screenshot_20230801-184647~2


山田 7回6安打1四球11三振1失点

大学生相手でしたが、11奪三振は良かったです。四球も1ですしイニングも投げられました。



大曲 1回1四球1三振無失点

先日イースタンで大炎上しましたが、3軍で登板となりました。ただ、今日も四球を出してます。
ポテンシャルの高さを活かせていませんので、投球フォームも含めて修正したいです。





【野手】

Screenshot_20230801-184730~2


ブランドン選手がサード守備にもつきました。

ファームのプロスペクトでしたが、昨年は怪我で離脱が相次ぎ今季も守ったり守らなかったりと、コンディションが万全ではありません。

個人的には、シーズン終盤までには1軍に合流させたいと書いてきましたが、コンディションが安定しないなら、来季に向けてしっかり身体を作り直してもらいたいです。




愛斗選手が出場しています。

見切り発車で1軍に行きましたが、結果を継続的には出せませんでした。アプローチ面に大きな課題がありますが、それでも好調期は長打も良く打ちますので、状態を上げてから1軍に再昇格したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









プロ野球は、今季の支配下登録期間が終了しました。

Screenshot_20230801-092337~2



これにより、支配下経験のある育成選手、3年目以上の育成選手はオフに一旦自由契約となります。



ライオンズでは、齊藤大、粟津、伊藤、牧野、上間、出井、ジョセフ選手が該当します。

Screenshot_20230614-134836~2



これからは来季の契約を勝ち取るためのアピール合戦となりますが、選手にとってはモチベーションの低下も懸念されます。




選手の実績や球団からの期待値で言えば、牧野、上間選手は支配下登録に近い選手です。

20230801_092728-COLLAGE


牧野選手は怪我人も多くチャンスがあるポジションである捕手として、上間選手は先発として期待がかかります。

ただ、牧野選手は捕手として攻守共に全体的にレベルアップが必要ですし、上間選手はストレートの球速、制球と課題があります。

年齢的にも伸びしろはあると思いますので今後に期待ですし、オフに一旦自由契約となるため、他球団に取られないようにしておかなければなりません。






また、齊藤大、伊藤選手は1軍でのキャリアもあるため、支配下登録するなら即戦力前提です。粟津選手も年齢的には即戦力にならないとです。

20230801_092759-COLLAGE


齊藤大選手は球速を、粟津選手は制球を、伊藤選手は来季は本格復帰2年目となるので全体的な出力面をレベルアップさせてアピールをしたいです。






厳しい状況なのは、育成4年目の出井選手、3年目のジョセフ選手です。

20230801_092815-COLLAGE

両者共にレベルアップはしていますが、1軍となると物足りなさが残ります。

特に出井選手は、ストレートの球速も上がりスライダーで空振りも取れるようになってはいますが、大卒4年目となると年齢的にも厳しいです。

昨年ファームの投手不足の際には、先発に中継ぎにフル回転してくれた選手ですし、支えたくれた分支配下という結果も付いてきてもらいたい選手ですが、恩や愛着だけではどうにもならない世界です。

まだ完全燃焼していないなら、出力を高められるようにトレーニングをしなければなりませんが、どういう判断をするのか注目です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンは上尾で楽天戦です。

Screenshot_20230731-191119~2



スタメンは、

Screenshot_20230731-163829~2





【結果】

Screenshot_20230731-200832~2

投手戦となりましたが、柘植選手のタイムリーで追いつき、相手バッテリーミスで勝ち越し、ライオンズの勝利です。






【投手】

Screenshot_20230731-200914~2

エンス

6回1失点とファーム相手なら試合を作れます。

Screenshot_20230731-175236~2

今日は制球がバラつきましたが、変化球で空振りも取りました。ただ、もう少しストレートで押して行くパワーピッチが出来る状態にしたいです。

ファーム相手なら問題なく試合を作りますが、1軍だと2巡目で崩れますので起用が難しいです。

個人的には先発として使うなら、3、4回目処のショートイニングで起用し、ロングリリーフと組み合わせて2人で1試合作る起用をしてもらいたいです。


伊藤

粘られましたが、四球を出さずストレートで三振を奪えたのは良かったです。


本田

2四球と制球がイマイチでした。昨年の良い時は、高めのストレートが機能してましたので、球速も含めてストレートの精度を高めて得意のチェンジアップが活きる投球を取り戻したいです。


田村

僅か6球で抑えました。

Screenshot_20230731-201735~2

佐々木投手が抹消されたため、同じ左腕の公文投手を見切り発車させるかも知れませんが、田村投手も昇格させたい投手です。

今はチェンジアップで空振りを量産する絶好調期ではありませんが、ファームでは頼れる中継ぎとして安定してますので検討したいです。






【野手】

Screenshot_20230731-200854~2


楽天藤平投手の前に、7回7奪三振と抑え込まれました。




復帰早々好調の鈴木選手も2三振でした。

ただ、レフトでフル出場しましたのでコンディションに問題なければ、明後日からでも昇格させたいです。



また、髙松選手は1軍起用を想定した代走で出場しましたが、盗塁失敗です。

足の速さは間違いないのですが、盗塁成功率の低さは中日時代からの課題です。この辺は指導していくしかありません。



投手戦となりましたが、そんな中でも滝澤、高木、西川選手は2安打とアピールです。

高木、西川選手は年齢的にはまだ若いですが、外野が課題のチームでも1軍に呼ばれない現状は厳しいです。

両者共に長打が武器ですが、アプローチ面に大きな課題があるため、極端に言えばスイングをあえて控えて一発で仕留められる打撃をファームで身に着けたいです。



滝澤選手は非力さを改善し、ファームでは長打を増やし1軍投手相手の球威にも負けない打球が打てるようになりたいです。

タイプ的には出塁率を上げたい選手ですが、現状の打撃力的には相手バッテリーに与える怖さもなく、どんどんゾーンに投げてくるため四球を選ぶのは難しいです。怖さはなくても、頭を使ってイヤらしい打撃が出来る選手へと成長したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








山川穂高選手の判断は未だ出ず、このまま8月に入りそうです。

Screenshot_20230602-083327~2


5/11を最後に試合から離れ、名目上はコンディション不良による調整をしています。

ただ、名目上はコンディション不良ではありますが、実質的には謹慎中と言った所です。




ライオンズは司法の判断が出てから決めるとの姿勢を崩さず、ここまで待っている状況です。

個人的には、このまま判断が出ずに長引いた場合は、どこかのタイミングで球団としての処分を発表するのではないかと予想しましたが、球団は待ちの姿勢を崩しません。

球団としてそう決めたのであればそれで良いですし、例えこのままシーズン終了したとしても待ちの姿勢を崩さない方が良いです。

球団のイメージも大きくダウンしましたが、対応が二転三転とするとさらに悪化しますので、決めたのであればそれを貫きたいです。



Screenshot_20230612-183834~2



報道ベースで有識者のコメントを見ると、ここまで長引いているため不起訴になる可能性が高いと言う事ですので、もしそうなれば復帰となりそうです。

ただ、実戦からすでに3ヶ月近く離れていますし、しばらく調整は必要です。

また、現在実質的には謹慎中ではありますが、あくまで名目上はコンディション不良による抹消ですので、球団としてのペナルティを正式にかけていません。

一部報道では、文春砲より以前に球団は報告を受けて既にペナルティはかけたとの報道もありますが、この辺は今後行われるであろう会見で分かると思います。


球団として正式にペナルティを既にかけたと言うのであれば、司法の判断が出てから調整しその後1軍復帰となります。調整期間を考えると、1軍に合流出来る状態になるまで少なくとも1ヶ月程度はかかると思いますが、山川選手の性格を考えれば、おそらく本人の強い希望によりもっと早くに1軍合流を希望すると思います。


そして、昇格抹消については渡辺GMは現場判断と言うでしょうから、松井監督の采配に託されます。


山川選手の件に関しては、どういう処分をしても賛否両論と為りますので、松井監督も難しい判断をすることになりますが、司法の判断が出た後復帰となれば、そこは戦力的に必要か不必要かで決めるで良いと思うので、必要と思えばチームに馴染めるようにフォローが必要ですし、要らないのであればその理由を徹底したいです。



Screenshot_20230718-090001~2



今までの山川選手を見ていると、豪快なプレイスタイルとは反対に、メンタル的な部分が打撃に大きく影響する繊細なタイプですので、この状況で活躍出来るのかという懸念はあります。


松井監督には、本人の希望ではなく打撃の状態を見てしっかり判断をしてもらいたいです。


8月もライオンズとしては落ち着かない状況となりますが、起訴なら解雇でしょうから、現場としては不起訴で復帰することを前提に、ファームでの調整期間も含めてプランを考え、山川選手に徹底出来る状態にしておいてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ