埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

山本由伸投手とのエース対決で、髙橋光成投手が投げ勝ち、真のエースになったと言える投球を見せました。




昨年までは、ライオンズのエースではありますが物足りなさも感じる投手でした。


渡辺GMも同様な評価をしていました。



またメジャー希望を出した際には、マスコミからそこまでの投手なのかと能力を疑われる厳しい評価もされました。




実際、落ちる変化球に依存してしまう投球スタイルはベテラン投手かと揶揄される所はありましたし、ここぞの場面で点を取られる部分もエースとしては物足りなさを感じる部分でした。



ただ、昨年は投球フォームを変え無駄な動きを省き、シーズン通してイニングを投げられる投手を目指し、実際大幅にQS率を上げました。



そして、今季は課題でもあるストレートの球速アップに取り組み、今季は150キロを連発するどころか昨日は125球目に自己最速の157キロを出しました。


有言実行です。

20230422_201057



まだ日本では、勝ち負けを重視する風潮がありますし印象も報道に大きく影響します。しかし、髙橋投手が目指すメジャー移籍となれば、日本のマスコミの印象よりもFIPやK/BBなどの指標が重視されます。


昨季QSを大幅に向上させた事でFIPも一昨年よりも良くなりましたが、奪三振率はまだまだ物足りなさがありました。



ライオンズには源田、外崎選手の鉄壁の二遊間が居ますので、落ちる変化球でゴロを打たせる髙橋投手にとってはその恩恵を受けています。


チームとしてはそれでも勝てれば良いのですが、メジャー移籍を目指す髙橋投手としては、個人の力で抑えられる投球も身に着けたいです。


打球が前に飛べば何が起こるか分かりませんし、打球方向を完全に管理する事は出来ません。


そのため、投手としては三振を奪う事がベストです。






個人的にも、メジャー移籍を目指すなら奪三振のタイトルを取るくらいになってもらいたいと書きました。




現実的には、パ・リーグには山本由伸、佐々木朗希と居ますのでタイトルは難しいと思ってましたが、今季はかなり順調に来ています。


登板数が違いますが今の所、1位髙橋光成31三振、2位佐々木朗希30三振、3位今井達也23三振です。



髙橋投手だけでなく今井投手も今季は奪三振数を伸ばしています。両者共に良い投手ですが三振が少し少なかったので、今季は投手としての成長を感じ取れる成績です。


20230422_201241



三振数は登板数が違うので他の投手と比較は出来ませんが、髙橋投手自身を比較すれば奪三振率も昨年よりも大幅に上がっています。



奪三振率6.57→8.72


まだシーズンは始まったばかりですが、大きな飛躍に期待が持てるスタートです。


もちろん総合力では山本由伸投手、爆発力では佐々木朗希投手にはまだまだ及びませんが、髙橋投手もまだ成長出来るところを見せていますし、高みを目指して行きたいです。


チームとしても、髙橋投手が投手個人としての力もアップさせ且つ源田、外崎選手の鉄壁の二遊間がいればと考えると、ディフェンス力では上位チームに負けない戦いが出来ます。


髙橋投手が希望するメジャーは、基本はFA取得前年まで待ってもらいたいですが、球団が迷い、ファンも後押ししたくなるくらいの成績を今季は残してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










エース対決となるオリックス戦です。

20230422_140821



スタメンは、

Screenshot_20230422-134337~2





【結果】

Screenshot_20230422-170643~2


髙橋光成ー山本由伸のエース対決は、髙橋光成投手の投げ勝ちです。


好調ライオンズは首位浮上となりました。





【投手】

Screenshot_20230422-170801~2

髙橋光成

エース対決は、髙橋光成投手が山本由伸投手に投げ勝つ9回完投勝利です。

2020年9月8日オリックス戦以来の完投勝利です。


今日は空振りこそそこまで多くはないですが、制球が良く無四球と無駄なランナーを出しませんでした。


また、尻上がりにどんどん良くなり、最後は157キロストレートで三振です。

125球目に自己最速の157キロです。

昨年までは物足りなさのあるエースでしたが、今季は出力も上がり素晴らしい投球を続けています。

贔屓目なしに、日本のエース相手に投げ勝った試合でした。





【野手】

Screenshot_20230422-170739~2



試合を振り返ると、


ライオンズ打線も振れている事もあり、山本投手相手に4回まで5安打とヒットは出ました。ただ、ここぞの場面ではしっかり抑え込まれ無得点です。


しかし2点ビハインドの5回、児玉、愛斗選手の連打でノーアウト2、3塁のチャンスを作ると、鈴木選手のセカンドゴロの間に1点を返します。


尚も1アウト3塁の同点のチャンスでしたが、山本投手もギアを上げ、外崎、中村選手連続三振であと1本が出ませんでした。


今日は愛斗、佐藤、柘植選手が山本投手からマルチと出塁はしましたが、中軸相手となるとギアが入る山本投手の前に抑え込まれました。





しかし8回、この回100球を超えた山本投手から外崎、中村選手の連打でノーアウト1、2塁とチャンスを作ると、

マキノン選手のタイムリーで追いつきました。






尚も、代わった宇田川投手から2四球を選び、2アウト満塁まで勝ち越しのチャンスを拡げると、

児玉選手のタイムリーで勝ち越しです。


栗山選手を代打で送らず、そのまま児玉選手を打席に立たせたのが当たりました。

こういう勝負強い打撃も出来るという所を、児玉選手としては良いアピールにもなりました。




今日は、決して悪くはない山本投手から11安打とライオンズ打線も振れています。


ただ、両エース共に四球ゼロと無駄なランナーを出さなかった事もあり、得点には結びつきませんでした。

しかし、代わった宇田川投手からは2四球でチャンスを拡げられた事でヒット1本で点が取れましたし、やはり四球は点に絡みます。








9回には、ワゲスパック投手から外崎選手が四球→盗塁でチャンスメイクすると、

中村選手のタイムリーで貴重な追加点です。


4番の仕事をしてくれました。

流石です、、、というより40歳になる年に打撃に磨きがかかっているのが恐ろしいです。




この回も四球からの得点です。

あれだけヒットを打っても点が入りませんでしたが、終盤に四球からの得点が続きました。

今日はオリックス中継ぎ陣が四球から失点しましたが、ライオンズ中継ぎ陣の方が四球は多いので、やはり四球は気をつけてもらいたいです。







エースが抑え、打線が相手エースから点を奪う素晴らしい試合でした。

Screenshot_20230422-171243~2



先日快勝した日ハム戦を上回る、個人的今季ベストゲームです。




昨年から今季オープン戦まで、ずっと得点力不足だったライオンズ打線も振れています。


どこまで好調が続くか分かりませんが、愛斗、鈴木の中堅選手やマキノン、児玉の新戦力が機能しています。


何より、外崎、中村の中軸が結果を出せているのが好調の要因です。



まだシーズン序盤ではありますし今後不調の時期も来ると思いますが、中堅、若手が出来るだけ不調の期間を短くしコンスタントに打てるようになれれば、シーズンが始まる前までは不確定なタラレバ要素であった、中堅選手や新戦力の覚醒という結果が現実的なものになります。


戦力的には、山川、源田、外崎選手以外にもレギュラーを出せるようにならないと、シーズンを通して考えると厳しくなるため、中堅、若手選手達はこの調子で一気に殻を破って、タラレバ要素を現実のものにしてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









イースタンはカーミニークでヤクルト戦です。

20230422_125030




スタメンは、

Screenshot_20230422-124349~2




【結果】

Screenshot_20230422-161629~2


打線活発のファームは4連勝となっています。




【投手】

Screenshot_20230422-161722~2

浜屋

5回1安打2失点と試合は作りましたが、4四球と課題の制球がイマイチでしたし、回を追うごとに球速も落ちて行きました。

スライダーで空振りが取れた所は良かったですが、ストレートの出力が低く且つ制球もイマイチだと1軍を考えると厳しいです。

球速はそれほど期待出来ない分、制球を高め変化球のキレで抑えられるようにしたいです。


水上

1イニング無失点ですが、最速141キロとまだ状態が上がりません。

昨年は上間、伊藤投手がファームで投げながらも球速が上がらず結局手術となりましたが、水上投手も実は肘が痛かったとか後々ならないように早めに確認をしてもらいたいです。


公文

イースタン今季初登板です。

球速はまだ140前半ですが、ストレート、スライダーとアウトローに集められました。

1軍は左腕中継ぎ不足ですので、スライダーで空振りが取れる状態にし、1軍の戦力になりたいです。


ボー

ストレートが高め中心ですので、スプリット、スライダーが低めに決まったのは良かったです。


田村

今日も無失点で抑えました。

森脇、本田投手が本調子ではないため、次カードから入れ替えたい所です。






【野手】

Screenshot_20230422-161655~2




西川選手が昨日に続いて2安打2打点です。

ファームだと流石の打撃です。長打を増やして1軍昇格のチャンスを待ちたいです。





長谷川、蛭間、西川、ブランドン選手の並びは強力な打線となっています。


中でも長谷川選手は走攻守と躍動しています。長打を増やして大きく育ってもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ライオンズの現在の支配下選手数は、先日古市選手が支配下登録された事で67名です。

20230129_174702



ライオンズファンとしては全員が戦力であり、全員に他球団ではなくライオンズで活躍をしてもらいたいと言う気持ちなのが前提ではありますが、実際はドラフトにより新入団選手を獲得するために枠を空けなくてはなりませんし、現役ドラフトもあります。


支配下選手全員にライオンズで飛躍してもらいたい気持ちがあっても、オフには複数人を切らなくてはなりません。


まだ4月ですが、あっという間にその時は来ますので、現時点で戦力化の見込みが薄い選手はファームで猛烈にアピールし、将来性がまだあると球団に思わさせなければなりません。



ライオンズファンとしては思い入れのある選手ばかりですので、誰がチームを去ることになるのかという部分はあまり考えたくない所ではありますが、チームとして考えればボーダーラインの選手達が直接的な戦力にならなくても間接的にでも戦力化させられるならしたいです。




具体的にはトレードです。



オフには現役ドラフトという強制トレードがありますが、昨年を見ても他球団からの需要がある選手は現役ドラフト前に駆け込みトレードをしていました。



オフは来季に向けたチーム作りをしている中での足りない部分を補充するトレードですが、シーズン中であれば怪我や不調などにより緊急的に必要性が増し需要が高まりトレードが成立する例もあります。




トレードは相手からの需要があって始めて成立します。需要の種類を増やすためにも、シーズン中でのトレードも視野に入れたいです。



ライオンズは1.5軍のクラスの選手が多数おり、ポジション的には外野手が多いです。飽和しているためトレードもあり得るポジションです。


内野は人数的には足りない所もありますが、1軍戦力と考えるとキャリア的にも厳しく放出候補の選手もいます。


ネット上では、山野辺⇔中日郡司捕手というソースもない噂が流れましたがどうでしょうか。



投手は昨年よりはマシとは言え、若く育成している投手も多く定期的に投げられるか不透明なため出すほどの余裕はありません。


また捕手は、古市選手が支配下登録され育成の牧野選手が早期復帰出来ましたが、人数的にはまだまだ不安もあるため出せません。


そのため、トレードに出すなら外野手か燻っている内野手となります。






トレード市場で価値の高い捕手、投手が出せないとなると良い選手を連れてくるのは難しいため、中堅の1.5軍クラスの選手か、2軍クラスの将来性に賭けたトレードとなります。



トレードとしては微妙ではありますが、1軍構想外候補であればオフまで待っているくらいなら、そういう選手で居て困らない投手か捕手を獲得したいです。



このままオフまで待つくらいなら、成立するかは分かりませんが、他球団からは評価されている選手もいるかも知れませんしトレードを仕掛けても良いと思います。







ライオンズは、補強がほぼドラフトしかないチームです。


高額な外国人を連れてくる事も当然FAも無理です。そうであれば、他の手段は戦力外の獲得かトレードしかありません。


戦力外は補強というよりも補充ですので、トレードを仕掛けて戦力補強を検討したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










ライオンズは京セラDでのオリックス戦です。

20230421_174938




スタメンは、

Screenshot_20230421-172642~2




【結果】

Screenshot_20230421-211009~2


今井ーニックスの先発でしたので、ライオンズとしては今日勝っておきたかった試合でしたが、惜しくも敗戦となりました。






【投手】

Screenshot_20230421-210421~2

今井

4回に捕まり5失点と、ビックイニングを与えてしまいました。スライダーが甘く入った所を連打されてしまいました。


ただ3回までは、ストレート、スライダーと左打者のインコースにも決める良い投球を見せていました。

ビックイニングを与えた次の5回も続投しましたが、その判断は良かったです。

今日は大量失点をしたとはいえ、空振りは取れていましたし球自体は悪くなかったです。

スライダーが甘く入った所を、オリックス打線がうまく打ったと言った所です。

長いシーズンこういう日もあるので、次回はきっちり抑えたいです。



森脇

不安定な投球が続く森脇投手ですが、今日は球速こそ140後半と出ていましたが制球が乱れ、先頭に四球を出しました。

2アウトまでは取りましたが、そこから連打されました。


愛斗選手も良く追いつき、ダイビングキャッチでグラブにも入れていただけに残念です。

Screenshot_20230421-212208~2


キャッチしましたが、グラウンドにダイブした衝撃で落としてしまいました。


Screenshot_20230421-212608~2



結果的にこのイニングが勝負を決めました。


愛斗選手は常々、投手の野球人生がかかっているからと守備に対する意識も高く外野守備も上手い選手なだけに、非常に悔しいプレイとなりました。

Screenshot_20230421-211857~2

グラブを叩きつけて悔しがる姿を見せました。


ただ、このプレイ以前に森脇投手の投球内容が良くなかったです。

同点に追いついたすぐ裏の回でしたので抑えてもらいたかったですが、森脇投手自身の投球が空振りが取れず制球もイマイチだと苦しいです。

中継ぎ不安はまだまだ続きそうです。



大曲

ボール先行で四球も出すなど嫌な雰囲気でしたが、最速153キロのストレートゴリ押しの投球で無失点で切り抜けました。



本田

1軍で投げながら、状態が上がるのを待っている最中の投手です。

球威で押していくタイプではないため、甘く入れば弾き返されますが、何とか無失点で抑えました。

高めのストレートと低めのチェンジアップで空振りが取れたのは好材料です。






【野手】

Screenshot_20230421-211034~2



試合を振り返ると、



初回、若林、外崎選手が出塁すると、

マキノン選手の2点タイムリーで先制です。


オリックス先発ニックス投手が立ち上がり荒れ気味でしたので、立ち直る前に点が取れて良かったです。



また、若林選手の四球→盗塁、外崎選手の送球間の進塁と、走魂でチャンスメイク出来たのも大きかったです。

こういう隙を見逃さない走塁や若手に多い走塁ミスを減らすという部分は、地味ですが大事な部分です。

結果的に、外崎選手の好走塁があったからこその2点です。走塁ミスも多い若手は見習いたいです。






続く2回にも、呉選手が四球で出塁→盗塁で2塁に進みチャンスを拡げると、

児玉選手のタイムリーで追加点です。


最近はヒットがなく打率も急降下してましたが、9番打者という事とこの守備力を考えれば十分です。それでも良いところでタイムリーが出て良かったです。

この回も走魂によるチャンスメイクが功を奏しました。

チャンスメイクしても、返す打者が居ないのがライオンズ打線の課題でしたが、チーム状況の良さが出ています。




しかし、3回からニックス投手が立ち直り、ライオンズ打線は打てなくなりました。




5回からはオリックスお得意の、細かく繫ぐ継投に入りましたが、2点ビハインドの6回に外崎選手が出塁すると、

中村選手の2ランホームランで同点です。


衰え知らずのホームランアーティストです。

全盛期ようにとは行きませんが、今年は昨年よりも調子が良いです。

山川選手が戻ってくるまでと言わず、今季もホームランアーティストとして存在感を出してもらいたいです。





9回には、栗山、平沼、鈴木と代打攻勢をかけますが、得点には結びつかずに敗戦となりました。






序盤は良い形で試合を進め逆転されても中盤に追いつきましたが、そのすぐ裏に勝ち越されたのが勝負の分かれ目となりました。


中継ぎ不安があるチームですので、こういう試合も覚悟しなくてはなりません。






そして、明日は楽しみなエース対決です。

Screenshot_20230421-172940~2


今年の髙橋光成投手の出来なら、堂々とエース対決と呼べます。


勝敗ももちろんですが、今季レベルアップを見せている髙橋光成投手が本物のエースとして今までの殻を破れるかどうか、非常に楽しみな一戦です。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










↑このページのトップヘ