埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

ライオンズは今日から仙台での楽天戦です。

20230728_174554


本日の公示で、斎藤誠人選手が今季初昇格です。

柘植選手はまだなのですね。1軍ベンチに置いておくくらいなら、状態を上げるためにイースタンで試合に出したいと言った所でしょうか。

斎藤誠選手は怪我明けという事もありファームでフルで出ていませんし、直近のイースタンではサードで途中出場していましたが、捕手としてのコンディションは大丈夫でしょうか。

佐藤選手の出場も増えていますし、チームは体調不良者が最近多いです。古市選手も今日はベンチ外です。そのため、念の為の捕手要員だとは思いますが、出番があればチームに貢献する活躍を見せたいです。





スタメンは、

Screenshot_20230728-174109~2

今日の3番は平沼選手を抜擢です。

最近は3番がチャレンジ枠になって来ています。

平沼選手は昨年の岸投手との対戦成績の良さからの起用です。中軸が足りないからこういう起用となります。

相性の良い選手を起用すること自体は良いのですが、平沼選手は打力的には下位の選手です。中軸だと迫力不足は否めませんので、来季は中軸を任せられる長打の打てる外国人選手を確保したいです。





【結果】

Screenshot_20230728-210721~2


不可解な判定で意気消沈でした。

出来れば悔しさを反撃に結びつけてもらいたかったです。






【投手】

Screenshot_20230728-210801~2

平良

4回に一挙5失点と不満の残る投球でした。

今日はあまり空振りが取れない中での投球でしたが、それでもしっかり抑えていました。

開幕からここまで、高いレベルで安定した投球を見せている平良投手ですので、空振りが取れなくてもしっかり試合を作ってくれると期待しましたが、フランコ選手に甘すぎるスライダーを被弾され崩れました。

Screenshot_20230728-192410~2

打って下さいという甘さでした。

平良投手は、いつも好投しながらもどこかで点を取られる投球なのですが、こういう所ですね。

反省し修正出来る投手だと思いますので、一発のある選手への投球は気をつけたいです。


青山

無失点で抑えています。四球を出さなかった所と、ゴロを打たせた所は良かったです。


ティノコ

今日はツーシームを多投しましたが、やはり空振りが取れませんし弾き返されます。スライダーが良いだけに、それを活かすためにもツーシームをもう少し制球を良くし、使えるようにしたいです。


豆田

プロ初登板です。

ビビらず高めにストレートを投げ込めましたし、三振を奪う上々の初登板です。

チャンスがあれば、どんどん経験を積ませたくなる投球でした。

今日の試合唯一の見所です。







【野手】

Screenshot_20230728-210741~2



試合を振り返ると、

楽天岸、炭谷バッテリーにポンポンとストライクを取りに行かれ、凡退の山を築きました。

3番抜擢の平沼選手も不発でした。そう毎試合毎試合采配が当たる事はありません。

ライオンズ打線は9回に併殺間で1点返すのが精一杯でした。


点差以上に負け試合でしたので、源田選手を途中で引っ込めたのは良かったですが、それなら出突っ張りの外崎選手も引っ込めたかったです。






今日の試合のポイントは、5回の不可解なジャッジでした。



栗山、外崎選手が出塁しノーアウト1、2塁のチャンスを作ります。あと1本が出ずに2アウトとなりますが、長谷川選手がレフトへタイムリーとなるはずのヒットを放ちますが、楽天フランコ選手に走塁妨害をされ得点になりません。


Screenshot_20230728-200503~2



まだ捕球すらしていない状況で3塁まで行けましたが、妨害されて3塁止まりです。



Screenshot_20230728-200550~2


走塁妨害は認められましたが、進塁は認められません。

栗山選手も嘘でしょといった状況でした。


せめて相手が捕球していてホームインが際どい状態なら諦めも付きますが、2アウトフルカウントでスタートしてましたし余裕でホームイン出来ただけに、走塁妨害は認めるけど3塁までというジャッジは納得出来ません。




またその理由も、


妨害がなくてもホームインは出来ていなかったと、栗山選手が足が遅いと言わんばかりの判断でした。



これでは、足の遅い選手ならタイミング的には余裕でセーフでも、妨害すればホームインを防げる事になります。


百歩譲って、確かに足が速くはないという事を認めても、そこまで遅くはありません。この打球なら確実にホームイン出来ていました。


舐められましたね。


栗山選手の走力だけでなく、捕球したレフトの西川選手の弱肩も考慮したのですかね。


このチームとこの球場で試合すると、こんなのが多いです。不満の残るジャッジです。








試合中、笑う以外の感情をあまり出さない松井監督も、流石にこのジャッジには抗議しました。

Screenshot_20230728-205714~2

どちらかと言えばこのジャッジに呆れ顔でしたが、それでも珍しく感情的に抗議しました。


うちの選手が舐められているので、当然ボスとしては抗議です。


欲を言えば、このジャッジに対する反発で打線と采配が火を吹けば言うことなしなのですが、、、今の戦力だと気持ちだけではどうにもなりませんでした。




松井監督は、あまり怒りの感情は出さない監督です。選手批判もマスコミの前ではしませんし、怒っている姿は見ません。


その松井監督の抗議する姿を見ると、今日のジャッジは相当悔しかったと思いますので、その悔しさを首脳陣同士の愚痴で終わらせたくはないです。


必死で戦う姿を監督としても見せたいですし、采配でも必死さや執念を見せてもらいたいです。


このままズルズルと行かせずに、明日はきっちり勝ちに行きたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします










ライオンズは、クリスキー投手獲得でブルペン強化に着手しました。



制球がアバウトという懸念はありますが、高い奪三振率をそのまま出せれば後ろを任せられる力のある投手です。


昨年DeNAで日本のボール、マウンドなど環境面を経験しているのは大きいですが、パ・リーグの球場でも同様のパフォーマンスが出せるのかはポイントです。


この時期に獲得していますので、当然即戦力として僅差登板を見越しての獲得です。


まずはファーム登板でどの程度出来るのか確認が必要ですが、後半戦安定して戦う上でもブルペン強化は必要ですので、後ろにハマって欲しいものです。


Screenshot_20230728-084539~2







現状は、7回は流動的、8回平井、9回増田というのが勝ちパとなっています。

Screenshot_20230614-134836~2


個人的には、固定出来ないなら無理に勝ちパを固定する必要はないと思っていますが、開幕時と比べれば9回増田投手が安定はしてきていますので、勝ちパの形にはなっています。


ただ、ストレートで空振りを奪う本来の増田投手ではなく、制球の良さで何とか抑えてはいますが、年齢的な衰えは隠せません。


来季以降も考えた時に、今季中に時期守護神の目処は付けたいです。





また、平井投手は今季ストレートの球速が上がった事で打者を押し込む投球を見せるようになり、防御率的には良いのですが、スライダーで空振りを奪う場面が減り、球速も開幕時よりは落ちていますので、いつ打ち込まれるかという不安はあります。


ここから復調する可能性もありますが、出来れば別のセットアッパーを投入出来る状態にしたいです。





後ろを任せるのであれば、最も被弾という事故がない、三振を奪える投手が望ましいです。


三振を奪える中継ぎであれば森脇投手でしたが、離脱となりましたし、ティノコ投手も三振は奪える力はあっても不安定過ぎます。スライダーがかなり良いので、来季以降化ける可能性はありますが、現状僅差を任せるには不安です。


個人的には、水上、佐藤、クリスキー投手で勝ちパを組める状態が理想です。


現状は安定しているため、9回は増田投手で良いと思いますが、この3人が調子を上げていつでも代われるようになっておいてもらいたいです。





水上投手は奪三振率は高くないですが、事故の少ない内野フライやゴロを打たせる打球管理に優れています。また、動じないマウンド度胸もありますので、昨年並の打球管理が出来るようになれば守護神候補です。

Screenshot_20230728-084353~2

今は制球、球速共に物足りませんが、個人的にずっと懸念している怪我がないのであれば、調子を上げて来てくれると思います。






また、佐藤投手は中継ぎとなった事で球速が上がり、かつての高橋朋己投手を彷彿とさせる球威あるストレートで空振りが奪えます。

Screenshot_20230728-084446~2

疲れもあるでしょうし、学生時代は怪我も多かった投手ですので無理はさせられませんが、剛球復活に期待です。





クリスキー投手が期待通りの活躍を見せる事が出来れば、7回、8回を相手打順に合わせて水上、佐藤、クリスキー投手、9回増田投手と勝ちパを形成出来ます。


現状はタラレバ要素が大きく、借金を返して行かなくてはならないシーズン中ですので試している場合ではありませんが、調子が戻れば来季以降の事も考え水上、佐藤、クリスキー投手は大事な場面を任せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









ライオンズ3軍は、信濃グランセローズとの対戦です。

20230727_142845



昨日のBC茨城との練習試合は非公開で行われましたが、ライオンズ3軍の選手が足りず表裏とBC茨城の投手が投げたようです。

昨年は怪我人がいるのに投手を確保しなかったため、イースタンで投手に負担を掛けましたが、今季は怪我人が復帰はしましたが、3軍を本格稼働させた事で人数が足りません。

ただ、FA獲得が難しいチームですし、その中でチーム強化をするために3軍を本格稼働させたのは良い事ですし継続させたいです。

お金はかかりますが増築や借り上げで寮を確保し、来季は育成の人数をもう少し増やしたいです。





【結果】

Screenshot_20230727-194418~2


勝利の輪に何故か、ボールボーイをやっていた羽田投手がこのタイミングでロジンの回収に来ました。


大物ぶりを発揮です。






【投手】

Screenshot_20230727-194225~2


ヘレラ投手は6回7失点です。

Screenshot_20230727-182914~2


三振も1つと本調子ではありません。

昨年はファームのエース級の活躍で、そのパフォーマンスが今季も出せれば支配下入り濃厚でしたが、大きくパフォーマンスを落としています。

元々、スライダーで空振りを量産出来るメリットがある一方、ストレートが140キロ程度と出力が低く、今季はストレートの球速を上げたいシーズンでしたが、まだ昨年のレベルにも程遠い状態です。

育成2年目となりこのままでは厳しいため、何とか復調のきっかけを掴みたいです。





【野手】

Screenshot_20230727-194452~2


コドラド選手が3安打2打点、ブランドン選手が3安打3打点です。

Screenshot_20230727-152329~2


コドラド選手が好調です。

パワーはあっても、アプローチに大きな課題があり活かせていませんので、育成2年目の外国人選手としては厳しい現状です。

来季の契約延長を掴むためにも、覚醒の兆しを見せたいです。





昨年入団した、育成外国人の2人が伸び悩んでいます。

20230727_200100-COLLAGE


育成選手ですし即戦力にならないのは仕方ないですが、今後に何も保証のない育成という立場でありながら、縁もゆかりもない日本と言う異国の地で頑張っている選手です。

2年目となり、個人的にも両者に対して愛着も生まれています。

ただ、プロの世界は愛着だけではやっていけませんので、今季中に球団に「おっ」と思わせる投球、打球を見せてもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








イースタンは巨人戦です。

20230129_174702



スタメンは、

Screenshot_20230727-123641~2





【結果】

Screenshot_20230727-163033~2

先発菅井投手の好投もあり、リードした展開で試合を進め、9回には相手投手の乱調につけこみ一挙5得点で勝負を決めたかに思われましたが、大曲投手の大炎上でサヨナラ負けです。





【投手】

Screenshot_20230727-163114~2

菅井

6回5安打1失点の好投です。

球速は140前半と物足りなさはありますが、今日は1四球とゾーン内で勝負が出来ました。スライダー、チェンジアップとのコンビネーションで6奪三振は良かった所です。四球を減らし、三振を増やす投球が出来ました。

球速を140中盤から後半常時投げられるように、レベルアップしたいです。


井上

僅か9球で抑えましたが、スライダーが浮き気味ですので修正したいです。


齊藤大

失点はしましたが、2奪三振と良い所も見せられました。ただ、球速が140程度だと1軍を想定した際に物足りませんので、伸びしろがどこまであるかですがレベルアップしてもらいたいです。

大曲

2アウトから7失点と大炎上です。

オープン戦ではポテンシャルの高さを見せていましたが、不安定さは変わりません。

仮にも1軍にも呼ばれる投手ですので、今日の投球は大反省です。






【野手】

Screenshot_20230727-163054~2


山村選手が今日もマルチと好調でしたが、負傷交代です。

大曲投手の、1塁牽制悪送球を取りに行く際に足を痛めました。

最近の好調で率も上がって来ましたし、今年は長打も少しずつ打てているだけに長引かなければ良いです。




牧野選手にホームランが出ました。

昨日も2安打ですし、打撃の状態が上がって来ました。まだまだではありますが、将来的に打てる捕手となれるように、攻守共に磨きたいです。




昨日途中交代の渡部選手は、9回途中に負傷した山村選手の代わりに1塁守備を守りました。

試合に出れる状態なのは良かったです。今年はチャンスのシーズンですので、コンディションを整えて1軍を目指したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








ライオンズはブルックス・クリスキー投手の獲得を発表しました。




Screenshot_20230727-114046~2



Screenshot_20230727-114149~2



渡辺GMの言うように、即戦力リリーバーです。



常時150キロを超える速いストレートに、フォーク、スライダーを投げるパワーピッチャーです。


最大の特徴は、イニング数を超える奪三振数です。


制球はアバウトですが、ライオンズ中継ぎ陣は三振が取れない投手も多いため、ハマれば大きな戦力になります。


外国人は蓋を開けて見ないと分からない所はありますが、昨年DeNAで日本野球を経験していますし、今季も3Aやメジャーでも登板していますので、未知の新外国人を獲得するよりもリスクは低いです。


昨年は怪我で離脱しましたが、その怪我さえなければ即戦力として使えると思います。


チームに一番足りないのは長距離砲ですが、この時期から即戦力で使える可能性のある野手の獲得は難しいのであれば、即戦力の可能性が高く且つ足りない三振が奪える中継ぎ投手の獲得は悪くないです。


個人的にも、ライオンズに足りない部分を補う良い補強だと思います。


来日しイースタンで調整後、早ければ8月2週目くらいには1軍合流してもらうと助かります。






この時期の獲得ですので、良ければ来季も契約延長の可能性があります。


三振が取れる中継ぎ投手は、ライオンズに足りない部分です。


昨日の試合を見ていても、僅差勝ちゲームで外国人投手を起用できない現状は、チームとしては苦しいです。


助っ人は即戦力が基本ですので、ライオンズに足りない三振を奪える中継ぎ投手として、勝ちパ入りを期待したいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








↑このページのトップヘ