埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ: 西武ライオンズ2023

ベルーナドームでのロッテ戦です。

20230726_174906



本日の公示で、本田投手が特例抹消となり豆田投手が初昇格となりました。

Screenshot_20230726-163301~2

豆田投手は嬉しい初昇格です。

登板があれば、1軍相手に武器であるゾーン内の高めのストレートをビビらず投げ込めるか注目です。




スタメンは、

Screenshot_20230726-173947~2





【結果】

Screenshot_20230726-211312~2


ライオンズ連勝です。

危ない場面もありましたが、今日も投手陣が何とか踏ん張りました。打線は拙攻もありましたが、長打と小技で得点が取れました。






【投手】

Screenshot_20230726-211412~2

與座

6回途中4安打1失点と試合は作りました。

今日も前回同様に、高めのストレートで空振りが取れませんでしたが変化球を上手く打たせました。変化球はやや散らばりましたが、右打者への制球、特にスライダーは良かったです。

欲を言えば6回を投げ切りたかったですが、最少失点で試合を作ったと思います。

だいぶ遅れましたが、今季初勝利です。


佐藤隼

ポランコ選手相手に登板しましたが、ストレートの球威でゴロを打たせました。


佐々木

左が続く事で7回を任されましたが、四球と2ベースでノーアウト2、3塁のピンチを作りました。三振で1アウトは取りましたが、水上投手にスイッチです。

チェンジアップは良かっただけに、先頭の四球が余計でした。


水上

1アウト2、3塁からの火消し登板でした。

外のスライダーが続いていましたし、もう少し低く投げたかったですが、スライダーを上手く打たれて失点しました。さらに四球でピンチを拡げましたが、最後は高めのストレートで併殺に取り、1失点で凌いでいます。

マウンド度胸は流石です。ただ、制球や球速をもう少し高めたいので、投げながら状態を上げたいです。


平井

2アウトは取りますが、そこから連続四球で満塁まで行きましたが何とか無失点です。

今年は防御率は悪くないのですが、空振りが取れず内容的には良くないです。ちょっと怖さがあります。


増田

不運な当たりもあり失点はしましたが、後続は抑えました。カウント球は甘いこともありましたが、失点後に三振を奪ったストレートは、左打者のアウトローに良いストレートを投げられました。


ただ、平井投手は空振りが取れない状態が続いていますし、増田投手は開幕時よりは良いとは言え、年齢的な衰えもあるため、獲得報道もあったクリスキー投手が終盤を任せられる状態であって欲しいです。





【野手】

Screenshot_20230726-211343~2



試合を振り返ると、


2回、

栗山選手のホームランで先制です。



これで7月は、5安打中3本がホームランです。

Screenshot_20230726-213724~2

今季はなかなか本調子になりませんが、良い時の栗山選手は2ベースを量産出来ます。得点力不足解消には足よりも長打ですので、長打力不足の打線を引っ張る活躍をしてもらいたいです。





同点に追い付かれた直後の5回は、外崎、栗山選手がチャンスメイクすると、ペイトン選手の、投手のグラブを弾く内野ゴロの間に勝ち越しです。






さらに続く6回には、

佐藤選手が2ベースで出塁すると、

マキノン選手の2ランホームランで追加点です。



交流戦は不調により失速しましたが、しっかり巻き返しています。

Screenshot_20230726-213752~2

アプローチが良く、長打の期待もあるのは頼もしいです。






2点差に迫られた直後の7回は、古賀、長谷川選手でチャンスメイクすると、

岸選手のスクイズで追加点です。



松井監督ならやるだろうなと思いましたし、正直運が良かったです。

Screenshot_20230726-202546~3

3塁ランナーの古賀選手は好スタートでした。

ただ、もう一押し出来る展開でした。勝負をこの回で決められるチャンスを活かせなかったのは残念です。

今回はスクイズが上手く行きましたが、運が良かった所もあるので、状況に応じて1点で満足しない采配も奮ってもらいたいです。




ライオンズは連勝です。

Screenshot_20230726-213400~2


上位チームに連勝出来たのは、チーム状態の良さを感じられます。

とは言え、借金10とまだまだ浮かれられない状況です。

ただ、少ないチャンスで点を取り投手陣が守り抜くという、チームとしての勝ちパターンが出来ています。



戦力的にも打線に大きな上積みがない、、、あるにはありますが山川選手は不透明ですし、上積みがないと考えれば投手陣の頑張り、特に先発陣がキーとなります。



今日は昨年二桁勝利の與座投手が、ようやく今季初勝利です。

Screenshot_20230726-213521~2


開幕前に体調不良もあり大きく調整が遅れましたが、最近は試合を作る投球が出来つつあります。

まだまだ、高めのストレートで押し込む投球が出来ていませんし、変化球も散らばっており昨年程良くはないですが、後半戦は全部勝つつもりでチームに貢献してもらいたいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









イースタンは巨人戦です。

20230129_174702


試合前には先日45歳の若さで亡くなられた、巨人、西武で活躍をされた三浦貴さんを偲びました。

20230726_151630






Screenshot_20230726-124113~2





【結果】

Screenshot_20230726-165117~2

両チーム共に、安打数の割に点にならない試合でしたが、9回にオコエ選手のサヨナラホームランで敗戦です。






【投手】

Screenshot_20230726-165158~2

宮川

6回2失点と試合は作りました。

上手くゴロを打たせられていましたが、四球が多いので改善したいです。

1軍登板の時のようにパワーカーブに依存し過ぎる投球にならないように、ストレートの制球と出力を高めたいです。


粟津

無失点が続いていましたが、ストレートが真ん中に集まり弾き返され失点しました。


公文

無失点で抑えていますが、制球とスライダーで空振りが取れるキレを高めたいです。


田村

真ん中のストレートを弾き返され、オコエ選手にサヨナラホームランを浴びました。

今季はファームの守護神として抜群の安定感を見せていますので、次回はしっかり抑えたいです。







【野手】

Screenshot_20230726-165117~3



牧野選手が2安打1四球です。

右に左に2ベースと長打が出ました。

まだ今季中の支配下入りへの可能性がゼロではないため、良いアピールになりました。もし今季中でなくても、球団的にはいずれは支配下と考えていると思いますので、焦らずにレベルアップのためのトレーニングを継続してもらいたいです。




児玉選手が3安打です。

二遊間ば源田、外崎選手と盤石ではありますが、出突っ張りの外崎選手の疲労も気になりますし、打撃の状態を上げて1軍を目指したいです。





渡部選手が2回の守備から交代しています。

1軍へ緊急昇格という訳でもなく、早々に交代しました。

ベンチにはいましたが、昨日はホームランを打ち、今日もヒットが出て良い感じで調子を上げていただけに心配です。

何かあったので交代したのでしょうけども、1軍昇格が先延ばしになるネガティブな事でなければ良いです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします








ベルーナドームでのロッテ戦です。

20230725_180419



スタメンは、

Screenshot_20230725-180445~2


佐藤選手を3番に抜擢です。

打数が少ないので参考程度ですが、対左の成績が良くメルセデス投手から前回ヒットを放っている事からの起用です。

迫力不足ではありますが、中軸を打てる選手が少ないため仕方ない部分はあります。

ただ、今季の佐藤選手は率はそれ程ですが、飛ばしている打球は良いため期待したいです。





【結果】

Screenshot_20230725-204958~2


髙橋光成投手が2試合連続完封勝利です。

打線の拙攻を、これぞエースという投球でカバーしました。暑い中、素晴らしい投球でした。





【投手】

Screenshot_20230725-205044~2

髙橋

2試合連続完封勝利です。


髙橋光成投手の前のエースになる予定だった、多和田投手以来の連続完封です。


20230725_211138


今日も落ちる変化球で空振りやゴロを打たせ、点を与えませんでした。

序盤は三振こそ少なかったですが、カットが機能しゴロを打たせました。中盤から終盤にかけては、落ちる変化球で空振りも増えました。

7奪三振1四球と素晴らしい投球です。

9回はピンチも作りましたが、ストレートも150中盤出ていましたし、しっかり三振で試合を締めるなど、本当に逞しい投手になりました。


20230725_212009


夏場のベルーナドームは、体力的にも消耗する環境ではありますが、1人で投げ切ってくれたのはチームとしても助かります。

本人も前回の完封で、9回のマウンドに上がる時の大声援が忘れられないと話していましたが、この興奮を早くも感じられて良かったです。

今のライオンズが勝つには先発の頑張りが必要なため、今日のエースの力投を見て他の先発投手達も奮起してもらいたいです。







【野手】

Screenshot_20230725-205023~2



試合を振り返ると、


初回、岸選手が2ベースでチャンスメイクすると、

佐藤、マキノン選手の連続タイムリーで2点先制です。


佐藤選手の起用が当たりました。

山川選手が居たとしても、今季は長打の期待値が高い選手が少ない陣容のためやり繰りが必要です。これで味をしめて固定ではなく、打球や調子を見て起用して行きたいです。

ただ、佐藤選手にとってはこうやって起用してくれるのは大チャンスです。

以前はプロスペクトとして、サードのレギュラーを狙えるチャンスがありましたが、自身のトラブルで棒に振りトレードまでされました。あれから伸び悩んでいますが、今度こそチャンスを掴みたいです。






良い試合展開でしたが、3回には源田選手が死球のアクシデントです。

Screenshot_20230725-184730~2


右肘に当たった球が顔に当たりました。

一時うずくまり心配されましたが、治療後復帰しています。鼻に絆創膏を貼って復帰はしましたが、折れていないかは心配です。

Screenshot_20230725-190514~2


源田選手の離脱は痛すぎますので無理はさせたくないです。

ただ、見たことないくらいチームメイトが集まる所は流石の人望です。

Screenshot_20230725-184704~2






続く4回には、先頭の長谷川選手が2ベースでチャンスメイクすると、ペイトン選手がバントし3塁に進ませますが無得点です。

毎回書いていますが、序盤且つ下位に向かう打順でのバントは消極的過ぎます。

ましてや、打力を期待して起用しているペイトン選手ですし、プルヒッターですので普通に打たせてもライト方向に打球が行くので打たせて良かったです。

1アウト1、3塁でボール球を打って犠牲フライも打てない愛斗選手の打撃もイマイチでしたが、それ以上に消極的過ぎる采配が追加点のチャンスを潰してしまいました

今日のメルセデス投手ならライオンズ打線でも、序盤でもう少し点が取れただけに残念な采配です。






2点差のまま迎えた6回には、1アウト1、3塁のチャンスを作ると、

古賀選手のスクイズで追加点です。


もっと早くに追加点取れた試合でしたが、拙攻で膠着状態でしたし、何とか追加点が取れたのは良かったです。





得点は、これだけでしたが守備では良いプレイもありました。


中でも、1塁守備は安定しているマキノン選手が良い動きを見せました。

攻守に活躍です。

本職の1塁の方が安定していますが、渡部選手が復帰し3塁を守らせるのは怖さがありますので、基本は3塁となると思います。

動きは良いので、送球面や打球判断など3塁守備も鍛えたい所です。

今のまま行けば来季の契約も結ぶと思われるため、オフに3塁守備を徹底して鍛えてもらいたいです。










連勝が止まり仕切り直しのライオンズは、良いスタートを切れました。



20230725_212416


バッテリーのお陰です。


得点力不足のライオンズが勝つには、打線がワンチャンをものにし、投手陣がその少ない得点を守り抜くしかありません。

今日のメルセデス投手なら、もう少し点が取れても良かったのですが、結局3点しか取れない所を見ると、再び連勝を目指すなら先発投手のQSは必須となります。

打線は、劣勢を跳ね返す程の爆発力はありませんし、松井監督もそう思って消極的な采配になっていますので、何とか守り抜く試合を見せたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









イースタンは巨人戦です。

20230129_174702


スタメンは、

Screenshot_20230725-131610~2





【結果】

Screenshot_20230725-163950~2





【投手】

Screenshot_20230725-164447~2

松本

8回120球とイニング、球数は投げましたが、まだ本調子とは行かない内容でした。

今季はストレートで空振りが取れないのが課題ですが、今日はカーブとの緩急で空振りは取れたものの、良い時のようにストレートゴリ押しでも空振りが取れるとは行きませんでした。

上手く変化球で打ち取りはしましたが制球もバラつく事がありましたし、1軍登板を見据えてゾーン内で勝負出来るようにしたいです。


田村

チェンジアップで空振りを奪うなど、3人で抑えています。


公文

最速147キロと球速は戻って来ました。後はスライダーで空振りが取れる状態にしたいです。






【野手】

Screenshot_20230725-164012~2


山村選手がホームランを含む3安打です。

延長10回に勝ち越しのホームランを打ちました。今日はセカンドを守りましたが、年齢的にも山村選手がセカンドで見通しが付けばチームとして大きいため、攻守共にレベルアップしてもらいたいです。




渡部選手にホームランが出ました。

四球も選べましたし長打が出たのは良かったです。

松井監督は8月からと話してますが、得点力不足は続いていますので、痛めた部位に問題がなければ1軍昇格が前倒しにするかも知れません。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします









正捕手を目指す古賀悠斗選手です。




今季のライオンズは、長谷川、渡部、蛭間選手と次世代の野手の主力候補を育てながらのシーズンとなっていますが、古賀選手もその1人です。


キャンプの時の野田バッテリーコーチのコメントからは、柘植選手の方が評価が高い様子が伺えましたし、開幕してからも柘植選手を中心とした併用起用でした。

しかし、柘植選手が怪我によりファーム調整中と言うこともあり、最近は11試合連続スタメンマスクと、集中的に起用されています。


古賀選手としては、このチャンスを活かしたい所です。


Screenshot_20230724-175047~2




ただ、レギュラーとなると課題はまだまだ多いです。


ブロッキング、スローイング、フレーミングと捕手としての技術的な部分はレベルアップが必須です。

特に、フレーミングは指標的にワーストと他球団の捕手と差を付けられています。ちなみに柘植選手もです。

Screenshot_20230510-184834~2


昨年の古賀選手は、肩は良いのですがスローイングの動作や精度に課題があり、盗塁を刺したり抑止するほどのレベルではなかったですが、今季は盗塁阻止率リーグ2位と少しずつ成長はしています。


ブロッキング、そしてフレーミングは一朝一夕とは行きませんので、今季の経験に加えてオフ、キャンプに徹底的に鍛えたいです。







捕手としての技術的な部分のレベルアップは必須ですが、もちろんレギュラーを目指すなら打撃もです。

Screenshot_20230724-190932~2


森友哉の移籍により、「捕手打てない問題」が再燃すると書きましたが、やっぱり再燃しています。

ライオンズとしては炭谷選手以来、久しぶりです。


森友哉のようにクリーンアップを打てなくても、下位打線で上位に繋ぐ打撃が出来れば十分なのですが、今季は打撃もイマイチです。


打撃に関しては、昨年ルーキーながらアプローチが良く、柘植選手よりも打撃の期待値は高かったです。


今季もアプローチは良いのですが、打球が弱く結果が付いてきません。6月にオープンスタンスにしてから、良い打球も増えて来ましたし四球も選べるようになって来ているので打撃も期待したいです。


捕手は守備力が優先されるからこそ、打てれば打線的には非常においしいです。

古賀選手はまだまだOPSが低いですが右にも打てる選手ですし、アプローチの良さを継続しながらも、当てに行くのではなくしっかり強い打球が打てるように振り切ってもらいたいです。






古賀選手以外にも、ライオンズ既存捕手陣には期待をしていますが、チーム的には捕手は補強ポイントです。

Screenshot_20230614-134836~2


長距離砲も足りませんが、それは外国人補強で何とかなる可能性がある反面、捕手は外国人補強で何とかしにくいポジションです。


FAでオリックス若月捕手を狙っているなんて言う、憶測報道もありましたが、若月選手がライオンズが好きでライオンズでなければ嫌だと言わない限り、資金力的にもFA獲得は無理です。




確固たるレギュラーが欲しいポジションだからこそ、個人的には今季のドラ1が捕手でも良いと思うくらいです。


ただ、チーム的には山川選手に代わる長距離砲の獲得が、戦力的にもイメージ的にも優先されると思いますので、古賀選手を含む捕手陣の伸びしろに期待をしなければなりません。


現状、捕手レギュラー争いの先頭を走るのは古賀選手ですが差は僅かですので、既存捕手陣の奮起と競争に期待したいです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします







↑このページのトップヘ