埼玉には何もない。@埼玉西武ライオンズブログ

埼玉西武ライオンズファンブログ

カテゴリ:西武ライオンズ2024 > 2024公式戦

ベルーナドームでのソフトバンク戦です。

20240414_125216



豆田、糸川投手抹消で、ヤン、田村投手が昇格です。

豆田投手はストレートで空振りが取れる状態に、糸川投手はファームで登板機会を増やしてもらいたいです。

ヤン投手は開幕戦で特例抹消されましたが、ここからはしっかりコンディションを保ちたいです。

田村投手は、守護神候補でしたが例年通り春先不調で開幕1軍を逃しました。ファームでは、フォークの精度が復調気味ですので、一気に勝ちパ入りできる活躍を期待したいです。



Screenshot_20240414-123749~2


現状、打撃の期待値が高い4人を上位に固める打順を組みました。

昨日の打順よりは理解の出来る打順です。打線が湿っていますので、打てる可能性がある選手は出来るだけ1〜4番で固めたいです。




【結果】

Screenshot_20240414-160852~2


ライオンズは5連敗です。

ライオンズ目線でのソフトバンク戦の盛り上がりは、山川穂高への大ブーイングのみとプレイ以外の部分しか見所のない情けない結果となりました。





【投手】

Screenshot_20240414-160936~2

髙橋光成

今季初登板は絶好調ではありませんでしたが、要所を締める投球は見せられました。

Screenshot_20240414-151713~2


復帰登板としては悪くはなかったですが、今のライオンズ打線だと0に抑えないと厳しい状況なのがきつい所です。

今後はもっと出力も上がっていくでしょうから、圧倒する投球も見せてもらいです。


しかし、試合後熱中症と思われる体調不良により、病院へ直行です。



ベルーナドームは暑さも敵ですので、気をつけたいです。



田村

当たっているソフトバンク上位打線相手でしたが、味方の好守もあり無失点です。


本田

連敗中のため出番なく久しぶりの登板となりましたが、無失点で抑えています。



ヤン

来日初登板です。

相変わらず制球はアバウトですが、ソフトバンク上位打線から2奪三振は良かった所です。



お馴染みの「ラ・センテンシア99」も出ました。


Screenshot_20240414-155924~2


怒られてから控え目になりましたが、与四球率の高さは覚悟で奪三振率の高さから獲得した投手ですので、今後も三振を奪う投球を期待したいです。






【野手】

Screenshot_20240414-160915~2



今日も打てないライオンズは、ソフトバンク大津投手の前に6回まで3安打と抑え込まれました。




得点は7回、

アギラー選手の2試合連続となるホームランです。


昨日も書きましたが、結果が出てなかっただけで打球もアプローチも悪くなかったので、今後長打を量産してもらいたいです。出来れば、ランナーを貯めての一発が見たいです。






注目されたベルーナドームでのソフトバンク戦は、3タテされてしまいこれで5連敗です。


Screenshot_20240414-155435~2


情けないです。。。


負け癖をつけたくないのですが、打開策も見当たらない厳しい状況です。


負け方も、希望がある負け方ではないだけにワクワクもしない所が辛い所です。


課題は、昨年同様に得点力不足です。


ディフェンス力を高める編成をしましたが、失点を防ぐにも限界があります。0に抑え続けるのは難しいので、早い回から得点しなければ勝てません。


相手バッテリーをしっかり分析して適切な作戦の元、当たってきたアギラー選手の前にランナーを貯める場面を増やして行きたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





ベルーナドームでのソフトバンク戦です。

20240413_142724



昨日は山川穂高への、かつてない程の大ブーイングが話題にもなりましたが、今日は大人し目でした。


Screenshot_20240413-145029~2


ブーイングは賛否両論、むしろ否が多いですが、ブーイングをするしないはファンが自由に決める事ですので、今後も自由にやってもやらなくても良いと思います。



Screenshot_20240413-133047~2


山村選手がライトで今季初スタメンです。

ファームでは内野での出場が続いていましたが、使える外野が足りないためライトでスタメンです。

こうなることは想定内でしたので、ファームで積極的に外野を守らせたかったです。。。

いきなりモイネロ相手とハードルは高いですが、自分の打撃を崩さずに挑んでもらいたいです。


 

【結果】

Screenshot_20240413-172253~2

力の差を見せつけられる大敗です。

胸糞悪い試合を具現化した試合となりました。。。

昨年は4月は好調でその後落ちてきましたが、今年は早くも最下位に近づいて来ました。




【投手】

Screenshot_20240413-172337~2

隅田

5回途中3失点でKOです。

Screenshot_20240413-155929~2

6三振と持ち味も出しましたが、4四球は多いです。球審との相性も悪かったですが、持ち直せませんでした。



水上

火消し登板は無失点に抑えましたが、回跨ぎとなった6回はランナーを貯めて、山川穂高に満塁ホームランを打たれました。

ライオンズファンが最も見たくなかった、ドスコイも出ました。

Screenshot_20240413-162726~2


水上投手は、球速も出てませんし制球も甘いですし、ちょっと厳しい状態です。



中村祐

本拠地初登板でしたが、無失点で抑えました。空振りは取れませんでしたが、徐々にマジカルストレートを発揮してもらいたいです。



豆田

最悪の、山川穂高に2打席連続の満塁ホームランを打たれました。


ストレートで空振りが取れなくなって来ている中での登板でしたので、この結果も仕方ないです。

しかもど真ん中では、、、

使った方の問題ですが、豆田投手としてもストレートで空振りが取れるコンディションに戻したいです。


ちなみに、

ライオンズファンは何も悪くないですが、ブーイングをしたライオンズファンが悪者扱いになるのは非常に残念です。

ただ、勝負の世界ですので、勝ったほうが褒め称えられるのは仕方ない事です。

ライオンズの選手達は、ライオンズファンの事を想うなら奮起してもらいたいです。



糸川

シンカーで三振を奪いましたが、オープン戦と比べると制球がバラついていますので修正したいです。





【野手】

Screenshot_20240413-172315~2



予想通りと言いますか、、、モイネロ投手の前に何も出来ませんでした。


8回3安打7三振では得点は取れません。


松井監督、平石コーチはしっかり振り返り、次回の対策を取ってもらいたいです。


良かった所は9回、

アギラー選手に、来日初ホームランが出ました。


結果は出てませんでしたが、アプローチ面、打球面共に悪くはなかったので、いつかは出るだろうと思ってた所で出ました。

これをきっかけに、明日からは長打も増やして行きたいです。






ロッテ戦で、劣勢の展開から追いついたにも関わらず勝ち越せず、逆にサヨナラ負けをした時にも書きましたが、昨年同様に追いつきながら追い越せず負けてしまった試合をきっかけに、ガタガタと下位に落ちていった同じ展開となって来ました。


しかも、昨年よりも早いです。




今日のソフトバンク戦を見ても感じるように、特に打線の迫力が全く違います。投手にかけるプレッシャーが段違いです。


球団も、筒香選手を取ってくるくらいのテコ入れはしてもらいたいですが、何もしないでしょうから、松井監督としては工夫するしかありません。


Screenshot_20240413-195605~2


ファームで内野中心だった山村選手を外野で起用しましたが、1、2軍もしっかり連携を取って挑んでもらいたいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします




今日からは、ベルーナドームでのソフトバンク戦です。

20240412_152745


Screenshot_20240412-161046~2


オフを賑わせた両チームです。

山川穂高の件に関しては色々ありましたので、ライオンズファンとしては穏やかな気持ちにはなれません。

その気持ちに油を注がないように、山川穂高には打たれることがないようにしてもらいたいです。


他球団ファンも注目する、ライオンズファンvs山川穂高の開幕です。



Screenshot_20240412-172551~2


スタメン発表から山川穂高へのブーイングは起こりました。聞いたことのない、過去一の声量です。


ライオンズファンの想いの詰まったブーイングでした。

今日のレフトスタンドは、平日とは思えない客入りでしたし、いつも以上に気合いも入っていて素晴らしいです。





【結果】

Screenshot_20240412-210712~2

ベルーナドームは今季一番の盛り上がりを見せましたが、残念な敗戦で3連敗です。

個々では、期待以上の良い仕事をしている選手もいますが、チームとしては勝負弱さが抜けません。



そして、


注目の山川穂高の初打席は、今井投手が三振を奪いました。

予想した通り、山川穂高はニヤニヤしていましたが、こういう時の山川穂高は要注意です。

長年見ていて、打てない時はもっと分かりやすく追い詰められた顔をする選手です。ニヤニヤしてるのは、まだまだ余裕があると言うメンタルです。

ただ、今井投手がそれを上回りましたし、素晴らしいファンサービスになりました。

その後は、空三振、中安打、見三振でした。

明日からも打たれないように要注意です。






【投手】

Screenshot_20240412-210758~2

今井

7回10奪三振無失点と、エースのような投球を見せました。

Screenshot_20240412-205816~2

今日もストレートは、平均で152キロと球威抜群で空振りも取れました。

今季は良かったゾーン率が、今日はシュート回転するなど荒れて低かったですが、球威で捻じ伏せました。

ストレートは荒れましたが、スライダーはカウントも空振りも取れるキレが健在です。空振り率25%は圧巻でした。

まだチェンジアップがそこまで機能してませんので、それが機能すればもっと無双出来る可能性も秘めているだけに、今季はどこまでやれるか楽しみです。

異様な雰囲気の中、昂る気持ちを抑えるのではなく全面に出した投球はまるでエースのようでした。



甲斐野

古巣相手に気持ちが入りすぎましたかね。

ここまで安定していましたが、今日はフォークが浮き、ツーシームも制球が乱れ打ち込まれました。


勝ち越しとなるタイムリーは、ライト岸選手のホーム送球が逸れなければアウトでしたので、この辺の守備力もまだライオンズには足りていません。

次回は落ち着いて、いつも通りのパフォーマンスを見せてもらいたいです。



佐藤隼

変化球が浮き気味でしたが、スライダー、チェンジアップ、パームと球種も使えて上手くタイミングは外せました。

また、ストレートは相変わらず150キロ超え連発と走ってます。

無失点で抑えています。





【野手】

Screenshot_20240412-210735~2



山川穂高vs西武ファンの盛り上がりの裏で、打線は6回まで東浜投手にノーヒットでした。


嫌な展開でしたが、7回。


この試合初ヒットとなる外崎選手の2ベースから、中村剛也選手が敬遠となり2アウト1、2塁とすると、

佐藤龍世選手のタイムリーで均衡を破ります。


昨年後半から佐藤龍世選手の成長が著しいです。

外のストレートを逆らわずに反対方向へ長打と、素晴らしい打撃でした。


Screenshot_20240412-201453~2


今井達也投手も、帽子がズレるほどの雄叫びです。


Screenshot_20240412-201306~2



その後、2アウト満塁まで行きましたが追加点は取れませんでした。

ロッテ戦も、サヨナラの場面で勝負を決める一打が出ませんでしたが、ここでもう1点取れれば展開も違いました。

良い所までは行きますが、勝負弱く勝ち切れません。







さながら、山川穂高vs西武ファンと言う異様な盛り上がりでした。


西武ファンの大ブーイング、大歓声に選手が思わず反応してしまう珍しい試合でもありました。

Screenshot_20240412-195131~2


Screenshot_20240412-190059~2


大ブーイングに山川穂高は苦笑い、大歓声に今井達也は苦笑いと言うより思わず笑ってしまってます。


ファンの力は凄いです。


勝てれば良かったのですが、負けてしまっては悔しさが残りますので、明日、明後日は連勝してライオンズファンの気持ちを少しでもスカッとさせてもらいたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





ベルーナドームでのロッテ戦です。

20240410_175231


Screenshot_20240410-173957~2


好調の源田選手、昨年相性の良かった岸選手の1、2番です。

個人的には、佐藤龍世選手を1〜3番で起用したいですが、調子と相性を考慮した昨日よりは理解の出来る1、2番です。

しばらくは固定出来ないとは思いますが、上位は足よりも出塁率やOPSで選んでやりくりしてもらいたいです。




【結果】


Screenshot_20240410-212946~2



またもや延長で敗れました。

良い追い上げでしたが勝ち越せないです。




【投手】


Screenshot_20240410-213031~2

武内

7回4安打2失点と好投しましたが打線の援護なく、まるで1年目の隅田投手を見ているような感覚です。

Screenshot_20240410-203442~2


前回ほど良くはなかったですが、しっかり試合を作りましたし、2試合連続HQSと打線の援護さえあれば十分勝ち投手になれる投球でした。

初回は変化球が抜けて制球を乱しましたが、そこから試合中に立ち直れるのは、やはり並の投手ではないです。

平均球速147キロと、今日もストレートは走ってましたし空振りも取れました。初回は抜けていたツーシームも、しっかり修正し機能してましたし良い投球でした。

おそらく、ローテ的に一度抹消して登板間隔を取って次戦となるでしょうけども、次回は打線がしっかり援護してあげたいです。


佐藤隼

変化球が浮いていましたが球威あるストレート主体の投球で、味方の好プレイもあり無失点で抑えています。


増田

球速か出てなく空振りが取れずに粘られましたが、良いコースに投げ三振を奪いました。

下位打線相手だったのも助かりました。


アブレイユ

前回は素晴らしい投球でしたが、今日は外崎選手のエラーからピンチを作ると、ソト選手に勝ち越しタイムリーです。

ソト選手と勝負しない選択肢もありました。

ただ、制球難の投手ですし満塁策を取る選択は怖くて出来ませんでしたかね。左の代打の角中選手も控えていましたし、難しい選択ではあります。

しかしそれ以上に、首脳陣に不安視されないように、ゾーン内で散らばる程度には制球をまとめたいです。





【野手】


Screenshot_20240410-213007~2



昨日は西野投手を全く打てませんでしたが、今日はメルセデス投手の制球良く緩急も使った投球の前に、4回まで2安打と抑え込まれました。


1点ビハインドの5回には、佐藤龍、炭谷選手で1アウト2 、3塁のチャンスを作りますが、金子、源田選手が倒れて得点のチャンスを逃しました。


打線は変化球狙いの打撃をしていましたが、今日のメルセデス投手の変化球は低めに決まってたので、それを狙うのは厳しいです。


炭谷選手は、低めのスライダーを上手く狙って打ちましたが、上手く打たないと打てない球狙いはライオンズ打線には難しいです。





ただ、昨年と比べれば淡白な打撃でいつの間にか試合が終わると言う事はなく、今季はチームとしてしっかりボールを見て粘る打撃をしています。


しかし、あと1本が出ません。


得点は1アウト2、3塁から外崎選手の内野ゴロの間の1点のみです。


松井監督は、ノーアウト1、2塁から岸選手にバントさせて2、3塁を作る、一打同点狙いの采配をしました。


ただ、8回2点差と言う事を考えれば、1点差でも10点差でも負けは負けですので、岸選手にバントさせて同点狙いの采配よりも、岸、外崎選手のどちらかが打ってくれればと言う、逆転狙いの勝負を松井監督には仕掛けてもらいたかったです。


Screenshot_20240410-210556~2


個人的には、勝ちに行くぞと強い想いを感じない、微妙な采配でした。




そんなモヤモヤを、この人の一振りで振り出しに戻しました。

9回、中村選手のホームランで同点にします。



21年連続のホームランです。

開幕してから余り良くなかったですが、やはりホームランは正義です。

好投したにも関わらず、援護のなかった武内投手の負けも消える大きな一打でした。


Screenshot_20240410-210217~2



さらに、

2アウト2、3塁のサヨナラの場面まで作りましたが、源田選手の当たりはレフト正面と惜しい当たりで、サヨナラの好機を逃しました。

中村選手のホームランは嬉しいですが、ここで一気に行けないのは厳しいです。

源田選手は好調ですが、1番打者にすると急にみんな打てなくなります。





5位に沈んだ昨シーズンも4月は好調でした。

しかし、負け込み始めたのは劣勢の展開から追いついたにも関わらず、結局負けてしまった試合からです。

今日のような試合に負けてからです。

今季もその反省を活かせず二の舞いとなるのか、それともしっかり立て直すのか、松井監督の2年目の采配に注目したいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





本日のロッテ戦は大宮開催です。

20240409_145334


雨により開催が危ぶまれましたが、グラウンドを整えてもらい開催となりました。


20240409_142026



Screenshot_20240409-174916~2


まさかの、1、2番よりも下位打線の方が好調の打順です。

こういう打順を組みそうだったので、再考してもらいたいと書いたのですが、、、

6〜9番の選手の方が、現状調子が良くOPSも高いです。

シーズン通して考えれば得点力不足が懸念されるライオンズ打線において、せっかく好調の選手がいるのに勿体ない打順となりました。

最も打席の回る上位が弱いのは再考してもらいたいですが、結果さえ出せば問題ないですので、金子選手は何とか結果を出して見返してもらいたいです。




【結果】

Screenshot_20240409-203225~2



源田選手のエラーもあり失点に繋がってしまいましたが、それ以上に今日はロッテ西野投手を全く打てずに完敗です。




【投手】

Screenshot_20240409-203308~2

平良

苦手な地方球場のマウンドでしたが、三振>四球の投球は出来ました。

Screenshot_20240409-183339~2


球速表示は140キロ後半と地方球場と言うこともあってガンが怪しいですが、おそらく少なくとも5キロは遅い表示だと思いますので、実際は150キロ以上の高めのストレートで空振りを量産しました。

前回はあまり空振りが取れませんでしたが、しっかり平良投手らしく空振りの取れる投球が出来たのは良かったです。

源田選手のエラーからピンチを作り先制されましたが、タイムリーは初球の甘いスプリットでしたので、ピンチの場面での初球の入り方はバッテリーで話し合いたいです。

味方の援護なく負け投手となりましたが、内容は特別悪くはないため次回に期待したいです。



豆田

2失点と試合を決められました。

ストレートで空振りが取れないと厳しい投手です。変化球も活きません。

かと言って、変化球投手ではなくストレートゴリ押しスタイルで勝負する投手ですので、ストレートの状態を高めたいです。



糸川

プロ初登板はタフな場面での登板となりサヨナラ負けとなりましたが、ようやく楽な場面でのリベンジ登板が出来ました。

Screenshot_20240409-202353~2

前回同様にシンカーが高めに行っていましたが、上手く打たせて無失点で抑えました。

リベンジ登板も済ませましたし次回は気持ちも切り替えて、もっと大胆に攻めの投球で三振を奪ってもらいたいです




【野手】

Screenshot_20240409-203246~2



ロッテ先発西野投手に抑え込まれました。


5回を1安打5三振と、全く打てる気配もありません。

せめて粘って球数を稼ぎたかったですが、制球良くストライクをどんどん取って来ましたし決め球にフォークがありますので、粘るに粘れない状況でした。

結果論ですが、今日の球審はゾーンが広かったですし追い込まれてからの西野投手のフォークへの対応は厳しいため、その前に打っていかなければならない試合でした。

ライオンズ打線は振れていない訳ではありませんが、西野投手の調子も良かったです。



ようやくチャンスを作れたのは7回。

アギラー、岸選手で1アウト2、3塁のチャンスを作りましたが、西川、代打栗山選手が倒れて無得点でした。



結局、西野投手からは7回89球5安打5三振でした。


Screenshot_20240409-204655~2


6、7回とランナーは出せていたので、もう少し早く仕掛けられる展開に持ち込みたかったです。



西野投手から鈴木投手に代わった8回には、1アウト1、2塁のチャンスを作り外崎、アギラー選手の中軸を迎えますが、ここでも1本出ずに無得点でした。


今日は完敗ですが、大事なのは連敗しないことですので、明日は武内投手を失格援護してもらいたいです。



Screenshot_20240409-204407~2



個人的には、ライオンズ所属の選手は全員応援していますので金子選手を嫌いな訳ではありませんが、わざわざ打線の中で一番結果の出ていない選手を1番打者にする意味は分かりません。


佐藤龍、源田選手と当たっている選手もいますし、打順再考です。


少しでも塁に出られる可能性、打てる可能性の高い選手を上位に固めて得点パターンを作りたいです。





にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑↑ポチッとお願いします





↑このページのトップヘ